カンビキ何回? 

カテゴリ:2018年稲作

前にも書いたけど稲刈りから代かきまでの耕転を

こちらではカンビキと呼んでます。

今回はどれくらいの回数耕してるか注意して見てました。

左 5回   右 我が家2回
001_2018030106275765a.jpg

左 我が家2回  右 4回 畔際を掘り出してたからもう5回目を耕すはず
003_20180301062806f00.jpg

我が村では4回ほど耕してる家がほとんどのようです

あと最後の1回を耕す時期が少し早いとまた草が生えてくるから

6回耕す所も多いかもしれません。

なぜそこまでやるかと言うとやっぱり代かき時の

浮き藁が心配なようです。

少し離れた所で見かけた田んぼは稲株がそのままだった
004_201803010637005ed.jpg

これから1回目の耕転をする所らしい

ここは以前にシャッキンの田んぼを見たって記事を書いた田んぼ

DSCF0229.jpg

これほど素晴らしい稲を作る人だから やっぱりカンビキも人とは違うね

1回の耕転だけで代かきするのかもしれんな。

我が家の田んぼは9月と12月に耕しただけ
007_20180301064903136.jpg

藁も雑草もいっぱいあるように見えるけど

菜の花の収穫が終わってからもう一回耕転するつもり

今年もカンビキ3回で代かきしまっせ・・・

今年は極早生品種を試験栽培する 

カテゴリ:2018年稲作

今回 種まきをずらして段階的に蒔いた菜の花は大成功でしたが

8月に蒔いた分は雑草の発生にだいぶ苦労した。

それで次回は稲刈りの終わった田んぼに早蒔きしてやろうと計画してます。

8月中下旬に種まきをするにはかなり早く稲刈りをしないといけないので

極早生品種の「五百川」を2反ほど作る事にしました。

4月初旬に田植えして稲刈りは8月5日頃

「ハナエチゼン」よりも少し早いかもしれない。


我が家はコシヒカリ絶対主義を貫いてきましたが

この五百川はコシヒカリの突然変異種

福島県中通り地区の農家が発見し8年かけて品種固定し

2010年に品種登録された。

だいぶ前に稲の品種改良と言う記事を書いた事があったけど

この中で書いた分離育種法で品種改良されたものでしょう。

コシヒカリでありながら登熟期間が短く田植えから100日で収穫できる

生育期間が短いので短稈に仕上がり倒伏しにくい

食味値も高く 冷めてももおいしい軽い旨さがあるとの事

ただ米粒が少し小さく千粒重は20.7g程度らしい

試しに作ってみておいしいようであれば徐々に増やしてやろうと思ってます。

稲刈り時期をずらせるので耕作面積も広げられるかもしれない。


それともう一つ 今年は餅米も作る

我が家の所属寺の道浄寺が本堂建て替えとなり 棟上げの餅投げに

もち米を持って行こうと考え これも2反ほど作る


今年から減反政策が廃止になり 飼料米を作るメリットが薄れてきてるので

カメムシ被害米の対策に飼料米は1割ほど残して

残りは主食用米にするので全体的には去年と変わらない数量になるでしょう。

菜の花の収穫を終わります 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今回の菜の花栽培は極端な早蒔きしで

周りからは「そんなことしても無理」なんて言われたけど

雑草と害虫に悩まされながらも10月後半から収穫を始め

2ヶ月ほどは我が家だけの単独出荷を続けて

4ヶ月半の間収穫を続けられました。

まだ孫の花蕾が採れそうですが、

オクラの種まきと田植えの準備が迫ってますので

価格も120円まで落ち込んできたことから収穫を終わります。

忙しくしてたので動画など撮る暇もなかったけど

収穫と出荷の様子を残してみました。



菜の花漉きこんだ 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

以前は嫁によく言われた

「田植えと稲刈り前がくるとそわそわしてる」ってね

今年も田植えを4月5日くらいから始めようと思ってるので

なんか落ち着かないですね~・・

やることはいっぱいだけど

とりあえず満開になった菜の花のすきこみを始めた

菜の花漉き込み3

菜の花栽培仲間から 花を咲かせておくと肥料分が少なくなって

稲が倒れにくいからそのままにしてるんかって言われるけど

綺麗だからおいてあるし なるべく田植えに近くまで置いておくと

緑肥効果が活かせるから今頃の漉きこみにしてます。

031_20180313065939f20.jpg

やっぱり畝盛りを崩すのがうまく行かず 立て横に耕した

なんとかフラットに近くなったけど

もう一度耕転してからの田植えになります。

インバーター発電機を買いました 

カテゴリ:未分類

去年に水口周りで水が入って困った所が何箇所かあり

直すために発電機と電動工具をいくつか買った。

工新のインバーター発電機GV16-i
発電機

他にもハンマードリル
ハンマードリル

ジグソーやコンクリートを攪拌するためのパワーミキサなど

道具は揃えたものの なかなか工事をする時間がない

用水の水が上がるのが3月21になったので

それまでに何とかしようと思ってます。

とりあえずネットで買った発電機を動かすまでの動画を作ってみました。







オクラの畝立て 

カテゴリ:オクラ

菜の花を漉きこんだとたん オクラの種まき準備です。

前回の雨から6日ほど経ったので少しは乾いてきた田んぼ

明後日にはまた雨が降るそうなので今しかないと畝立てを始めた。

前日に元肥CDU化成を反当20kg程度撒いて耕転してあった

今回もトラクターで畝立て

田んぼが小さいので畝間を2,1mにした。

002_2018031505452534d.jpg

枕の荒れた部分を管理機で直す

畝立てまくら

畝が思った以上に高くなったので手で直すには時間がかかるので

管理機を片倍土にして土上げ

畝立てまくら2

細かな調整はスコップでした

3畝立てまくら

天場を均し 水枕を置くあたりを下げて

畝立てまくら4

最後はテデナラース

畝立てまくら5

マルチの土掛けも管理機の片倍土でやった

005_201803150547090f7.jpg

3畝完成 今日は残りの畝のマルチ掛けと

水枕の設置 種蒔きと予定がいっぱいです。

ゆうパック運賃値上げで困ったことになった 

カテゴリ:お米販売

2011年から始めたネット販売は順調に進んで

去年の新米は8月中旬から始めて12月で売り切れとなるほどでした。

お米はゆうパックで発送してますが

料金を後納にする事とある程度の数を送ることで

かなり安くしてもらってました。

30kgを東京まで送ると通常1600円のところ

我が家は705円で送れてましたからね。

ところが2日ほど前に阿南の郵便局長がやってきて

4月1日から料金の値上げをお願いしたいとの事で

たとえば東京までが586円の値上げ

一般の方は3月初めから値上げになってるとの事

それに今まで30kg送れてたのが

25kgまでの運賃になり 30kgの場合は重量ゆうパックで

料金はさらに高くなるとの事

さてこのままではネットショップを続けていけるのか心配になってきました。

郵便局に一般の値上げに対して我が家の値上げ率が大きいと連絡したのですが

こちらでは一番安い設定になってるとの事で

5000個以上送ってもらえるともうひとつ上の局での値下げが出来るらしい

今の現状で行くしかなさそうです。

あまりにも送料が高いとネットで買うより近くの高級なお米を買う方が

帰って安くつくかもしれないし

我が家のネットショップはお客様の意向を聞きながら

続けていくかどうかも考えてみたいと思ってます。

オクラの種まき終了 

カテゴリ:オクラ

田植えの準備がせまってるので急いでやったオクラの種まき

001_2018032008014698c.jpg

種まきは妹に任せてトンネル掛けを主にしたけど

種蒔きしてる後ろの畝の水枕が水が抜けてしまってます。

002_20180320080153134.jpg

原因は木の枝が飛んできてポリダクトに刺さってそこから水が漏れてた

3か所くらいありましたからこれを直すのに時間がかかった。

003_20180320080156f87.jpg

とりあえず補修テープで穴をふさぎ 再度水を入れて穴のあいた所を

空のペットボトルで持ち上げて水が出ないようにしてある

近くに大きな木もないのに田んぼに枝が沢山落ちてるのはなぜか

原因が分かりました。

001_20180320080150685.jpg

すぐ横にある高圧線の鉄塔 この上の方でカラスが巣作りをしてる

003_20180320080149cc6.jpg

材料を運んでくるのはよいが合わなかったのは全部下に捨ててるんです。

おかげでこっちはえらい迷惑でした。

004_201803200810356a8.jpg

最終の日は雨が時々降る中 強行してやり上げた

畝の片側が下がったのでマルチに穴に被ってしまったのを

竹を割った杭を立てて直したり

サクビが足りずにつないだり ドロドロになりながらなんとか終了

006_20180320081036595.jpg

25m畝を10本 強風対策の紐掛けも全部にしました。


今日は雨模様でお休みして 明日は農業用水の通水に行ってきます。

23日はお寺の起工式があり 

24日からようやく田んぼの準備が出来そうです。

認定農業者の申請を出してきた 

カテゴリ:未分類

19日から雨続きで農作業はストップ

オクラの種まきを急いでやって正解だった。

そんな時は晴耕雨読

前から思ってた認定農業者の手続きをした。

19日に市役所の農林水産課で認定農業者の話を聞いてきた。

前に書いた青色申告をしてないと

申請できないと言うのは思い違いだった。

基本は5年後に農業所得をおおむね470万円達成する事と

労働時間を2000時間/年 1日8時間で250日以内にする事

これをもとに計画を立てて提出する。

提出用の書類4枚と記入例をもらってきた。

IMG_20180324_0001.jpg

IMG_20180324_0002.jpg

IMG_20180324_0003.jpg

IMG_20180324_0004.jpg

まあ これを参考に自分のやってる事を応用して

書類を作ったんだけど

何度も書き直すのも大変だし 字も汚いので

パソコンでpdfファイルを作り

文字を入れていく為にフリーソフトをダウンロードしたけど

うまく行かずにかなり時間がかかった。

結局 Adobe Acrobat Readerと言うのがパソコンに入ってたので

これでpdfファイルを読み込み入力と署名と言う機能を使うと

いとも簡単にできた。

満を持して提出しに行ったが あと3項目ほどの書類を作ってくれとの事

今度はエクセルで作った。

生産内訳
IMG_20180324_0006.jpg

減価償却と雇人費
IMG_20180324_0005.jpg

これを差し引いて所得額を出す

あくまで予定だからどんなにしても所得額を目的に持って行けるけど

突拍子もなく大きな収穫量とか反収とかを出してはおかしいので

野菜に関しては価格を低い設定にしておいた。

係の人はこれで納得してくれて書類を受け付けてくれたけど

4月に入ってから審査があるらしい

結果は4月後半に出るとか言ってました。

さてどうなる事か

やる気のある方は挑戦してみてはいかがでしょう。

3回目の耕転開始 

カテゴリ:2018年稲作

前歯が抜けかけになって歯医者に行ってきたんだけど

全部で6本 一気に抜いた。

昼過ぎに終わったけど、今日は安静にしてくださいとの事

なにくそ・・ 帰って来てからうどんを食べてから

田んぼの耕転開始

001_201803270623507a9.jpg

の田んぼ

2回の耕転でもタイミングがよかったのかあまり雑草が生えてないです。

下左の田んぼは菜の花漉き込み田

003_20180327062353812.jpg

周回耕は今年も外 内 中と耕した

四隅は挽き残し分だけスコップで放り出して再度バックして耕した

隅まできっちり雑草がなくなってるでしょう。

005_201803270623537f2.jpg

4枚の田んぼのうち 2か所の隅で死んだふりのキシュウスズメノヒエ

枯れてるようだけど暖かくなると生き返ってくる

これを田んぼに広げてしまうとまた大変なことになる

そのままにして穴を掘って深く埋め込んでやろうかと思ってます。

006_201803270624033df.jpg

左 我が家 に対して右の田んぼは5回も耕してるのに

藁が細かくなって見えてる

結局何回も耕しても土をかき混ぜてるだけなのかもしれないですね。

菜の花を漉きこんで2週間たった田んぼ
015_20180327063628aa8.jpg

2回目の漉き込みで

010_20180327063636faa.jpg

この程度まで目立たなくなったけど

大きく育った田んぼはやっぱり太い茎が飛び出てしまってました。


前日の日曜日は息子が手伝うとの事で

まだあまり乾いてない田んぼを強引に挽かせた。

022_201803270642368c6.jpg

トラクターは何度も乗ってるけど新型は初めてだったので

耕す順序と一緒に説明しておいた

柔らかすぎて苦労してたみたいだけど

四隅の雑草もきっちり手作業でなくしてたから

よくやったほうでしょう。



ああ それからもうひとつ

大阪の大学に行ってる娘が急に帰ってきた

徳島マラソンに出るとかで

絶対完走は出来ないからリタイヤした時の事を

考えておくように話したけど

024.jpeg

友達と二人で無事に時間内に完走できたそうですが

足を豆だらけにして帰ってきました。

いい思い出になったのかもしれないです。

オクラ発芽率が悪い 

カテゴリ:オクラ

今年は種蒔き前に48時間水に浸けておいたオクラの種

種蒔きの時は雨が多くて合間を縫って種蒔きしたから

水分が足りない事もなかったはずだけど

003_2018033105141858b.jpg

5粒づつ蒔いたのに1本立ちが多く 生え切れも目立つ

それで去年と同じように物干しざおに動噴のシャワーをつけて

水やりをした。

002_20180331051410d0e.jpg

トンネルの所々に穴を開けて 長い竿を差しこんでいく

かなり力がいったけど、田んぼの耕転前に1回

4日で耕転作業が終わったので2回目の水やりをした。

008_20180331051412bab.jpg

補修用のテープが外れにくい所は穴をずらして開けたので

哀れな姿になってしまいました。

気温も高いことだし これで発芽しなかったら

蒔き足すしかないけど

少ないほうが楽だからそのままいくでしょうね。

≪前月 |  2018年03月  | 翌月≫

ブログパーツ