苗箱洗浄器を買った 

カテゴリ:2017年稲作

だんだんと耕作面積を増やしてきた我が家の稲作

今年は農協の苗を206枚使ったから反当9枚とちょっと

苗箱はきれいに洗って10枚づつの束にして返す。

今までは百均で買ったタイヤブラシを使ってたけど

近所の人の話で手動の苗箱洗浄器があるのを知って

農家の店で見てきたけど結局ネットのほうが安かったので

楽天で買いました。

用水に持って行って洗ったけど、早くて楽に出来て

しかもきれいになった。

しぶとい根っこは苗箱に穴に刺さったままのがたまにあるので

てで抜いておきました。



動画が分かりやすいでしょう。




オクラのトンネル撤去 

カテゴリ:オクラ

今年はトンネル内の温度があまり上がらず

穴あけを遅れ気味でやってきたけど

オクラの調子がよすぎるようで、早めに撤去しました。

002_2017050308083672b.jpg

いつもに比べてトンネルの穴の数が少ないでしょう

葉っぱの形がまん丸で勢いがよすぎる

004_2017050308083822b.jpg

今年は土が乾きすぎて発芽しなかったのがあって

後から水やりで遅れて発芽したのが小さくて

ドカスカの出来になってしまいました。

それでも調子がよすぎるのは路地蒔きのオクラのように

005_20170503080839dda.jpg

こんな葉っぱのオクラも2本くらいありました。

007_20170503081619511.jpg

でもまあ小さいのも花芽が出来てるので思い切って撤去しました。


トンネル撤去の後 マルチの際の除草を去年のようにサラダでやったけど

002_20170503081559865.jpg

マルチが切れてしまってうまくいかない

生分解マルチに変えたから、雑草がマルチに穴をあけて根っこを下してるから

004_20170503081601004.jpg

サラダの外側の爪は逆転するのでマルチを持ち上げながら耕して

去年はマルチを破らずに除草出来たんだけどね。


006_2017050308160244b.jpg

結局 際をサラダで耕したあと 鍬でも破れるので

手で取って行きました。


010_20170503081605d68.jpg

仕上がったのはこんな感じですが

高さがばらばらで全体に小さい

今年はかなりの減収になるだろうな


008_201705030816053a1.jpg

オクラの間にスイカが伸びてた

どうしたもんかね・・

自作支柱打ち機を使ってオクラの支柱を立てた 

カテゴリ:オクラ

トンネル撤去からマルチの際の除草が終わり

支柱立てはハンマーでたたき込んでましたが

年齢的にかなり疲れるようになった。

それで竹を支柱にしていた頃に作った支柱打ち機を使ってみた。

スナップショット 1 (2017-05-13 10-32)

太いパイプの上に厚い鉄板を溶接してあるので

その長さだけ上下してもずれない

振り下ろした時の重みで打ち込んでいくから楽で早い

去年は他の仕事をしながら少しづつハンマーで打ち込んだけど

今年は一気にやりつけました。

スナップショット 2 (2017-05-13 10-33)

かなりの本数を立てたけど それほど疲れてませんよ。

動画にしてみました。




今年の定点観測は葉齢を調べるだけにした 

カテゴリ:2017年稲作

田植えから1ヶ月をとっくに過ぎてしまいましたが

への字追肥の時期を判断しやすいように

1週間づつずらして植えた田んぼ毎に葉齢を調べることにしました


田植えの苗を写真に撮っておいた。

004_20170515080438dbb.jpg

2,5葉の苗だから種モミの付いてる側が1葉になる


4月6日 田植え分
019_20170515080829f75.jpg

分かりづらいけど種モミは左側にあるので5枚の葉が出て

6枚目の葉が少し出かかってる状態

一枚目の葉はとろけてなくなりかけてます。

020_20170515081219bab.jpg

草丈20cm カラースケール 3,5  葉齢 5,1葉

目印にダンポールを切ったものを差しておいた

葉っぱに葉齢を書き込んであります。


隣(右)との比較
021_20170515080832a1b.jpg


4月13日 田植え分
025_20170515081927b0a.jpg

草丈 19cm  カラースケール 4,0  葉齢 4,9葉

隣(右)との比較
026_20170515081930af5.jpg


4月20日 田植え分
034_20170515082355423.jpg

草丈 16cm カラースケール 3,5  葉齢 4,5葉

隣(右)との比較
032_20170515082355376.jpg


4月27日 田植え分
035_20170515082357c3e.jpg

草丈 13cm  カラースケール 3,0  葉齢 4,2葉

ジャンボタニシが大量に居るので写真にも写ってます。

隣(左)との比較
036_201705150824569da.jpg

隣の田んぼは5月に入ってから植えたけど

かなり広域に沢山の田んぼを請け負ってる人で

代かきも田植えもざっとしかしてないのであまり比較にならないでしょう。


茎数が分かりやすいように一本苗ばかりを観測します。

田んぼの進入路付近の一番端の苗だから正確ではないはずだけど

数えやすいように端っこの苗にしました。


田植えを20日間ほどずらして植えたけど

葉齢にして0,9葉の差があるだけ

稲刈りの時にどれだけの差が出来るのか心配です。

ジャンボタニシ除草の今のところ順調 

カテゴリ:2017年稲作

毎年ジャンボタニシが大発生する一枚の田んぼは除草剤をやらなかった。

雑草が生えないかひやひやして見てるけど

今のところ実生稲が条間に生えてるだけです。

017_201705161333543f2.jpg

除草剤をやってないと思えないほどすっきりしてるでしょう。

それに深水にならないように慎重にしたし 高低差もだいぶなおしたから

苗が食われたところは全くありません。

025_20170516133357bd2.jpg

タニシの数はうじゃうじゃ居るというほどでもない

苗はしっかりして他の田んぼより大きくなってるように思う。

021_2017051613335692f.jpg

でももうコンクリート畔にいっぱい卵を産みつけてます。


他の田んぼはちゃんと除草剤をやったけど、今年はどこともタニシが多い

特に菜の花の栽培後の田んぼは去年少なかったのに今年は最初から多い

013_20170516134221331.jpg

畔に産みつけた卵の数が多いので分かる

菜の花後は餌が豊富だから増えるんでしょうかね。

この田んぼはクログワイが増えてきて困ってたけど

タニシが増えると食ってくれてるのか今のところ全く見当たりません。

010_20170516134230fa9.jpg

でもまあ ちょっと油断して水を入れすぎたら隅のほうの苗が食われた。

田植え直後よりも2週間くらいしてからのほうが危ない気がします。

代かきしたのち タニシが覚醒してもすぐには活動せずにいるからなんでしょうね。



いちばん最初に植えた田んぼで一枚だけいっぱい雑草が生えてきた田んぼがあります。

009_201705161349474e5.jpg

よく見てみるとクログワイとキシュウスズメノヒエ

どちらも除草剤が効かない何防除雑草

この田んぼにはジャンボタニシが居ないので食ってくれてないからでしょう。

中期除草剤のサンパンチで叩くしかない。

もう少しはやしてからへの字追肥に硫安の流し込みをするときに

深水にするので一緒にやろうと考えています。

オクラ 一部枯れてきた 

カテゴリ:オクラ

発芽の不ぞろいで焦ってトンネルの穴あけを遅らせ

今度は生育がよすぎてトンネルの穴の数が少ないまま

被覆を撤去したオクラですが、

葉の一部が赤くなったり白くなったりするのは温度が急に下がったからと

思ってたんだけど回復しないどころかだんだんとひどくなってきた。

436.jpg

葉っぱが縁のほうから茶色くなって落ちてしまうのもある。

437.jpg

畑全体からすれば1割程度だけど

原因が分からないので指導員に見に来てもらった。

病気ではないとのことで メリット青(生育促進、葉色改善 樹勢強化)

の葉面散布で様子を見てくださいとの事


元気なのは調子が良すぎだからメリット赤で押さえていくように言われたので

動噴ではなくて肩掛け式の噴霧器でそれぞれに散布した。

439.jpg

調子のよいのはこんな感じでかなり大きくなって

葉の切れ込みも浅く 上から5節目に花が咲きそうだし

下からも5節目まで花芽が付いてないから

最初の花芽は落ちてしまったのかもしれない。


アグリ阿南管内では一番早く大きくなってるとの事でしたが

枯れていくのが治るのか 生育の不ぞろいも心配です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

綜合葉面散布肥料 メリット青 成長用 1kg
価格:1814円(税込、送料別) (2017/5/18時点)



水を止めるのを忘れてアオミドロが苗にかぶさった 

カテゴリ:2017年稲作

今の時期は水を入れすぎるとアオミドロが大発生します。

それで水加減にはかなり気を使っていたんですが

堰板を抜くのを忘れた田んぼがありました。

001_20170519082439919.jpg

アオミドロはかなり発生していたので浅水で苗に被らないようにしてたのに

一晩で田んぼの3分の1ほどかぶさってしまった。

これでは水を落としても苗にかぶさったままになってしまいます。

それでモゲトンを使ってみました。

ジャンボ剤と粒剤があるのですが今回は粒剤を使った。

006_20170519082441eb4.jpg

被さった部分にパラパラと振りかけ、水口からも流し込みした。

数時間後の写真ですが分解するのに少し泡立ってました。

001_20170519082442dfe.jpg

2日後の写真です。

あまり深水にしないように書かれてたけど

苗が洗われるようにかなり深水にしてますが

ほとんど無くなり 田んぼはすっきりしてます。


使ったのは0,5反の田んぼだけ 他の田んぼは

23日から3日間旅行に出掛けるので、その間小干しして

アオミドロ対策をしておき

月末ごろからのへの字追肥に向けて準備を始めます。


   

オクラ 開花した 

カテゴリ:オクラ

調子の良すぎるオクラですが開花し始めた。

002_20170522073321d95.jpg

まだほんの少しだけど、気になるのは開花位置がかなり下のほう

上から5節目くらいだからかなり強すぎる。


そして部分的に茶色くなった葉が少しある

008_20170522074141a93.jpg

病気か虫かよくわからない

007_20170522074139ce1.jpg

こちらの写真にはナメクジみたいなのが左下のほうに映ってるけど

これの食害跡かもしれない

生育を抑えるメリット赤を動噴でやろうと思ってるけど

防除も一緒にしたいので農協で葉っぱを見てもらってからにします。

001_20170522074143d74.jpg

いつものように条間にもみ殻を入れたけど少なかったので

用水から水が入ってくる側だけにした。

5月27日定点観測 

カテゴリ:2017年稲作

堤防から見た我が家の耕作田
001_20170528074625e9c.jpg

赤くマークした田んぼがそれですが

この一帯で一番早く植えたのに田んぼはスッカスカ


4月6日田植え分
005_2017052807503041a.jpg

草丈 24cm 茎数 3本 7,4葉  カラースケール 5,2

隣(右)との比較
002_20170528075027aa0.jpg


4月13日田植え分
008_2017052807503345d.jpg

草丈 26cm  茎数 4本  7,2葉  カラースケール 5,1

隣(右)との比較
009_20170528075031a7c.jpg


4月20日田植え分
012_20170528075940728.jpg

草丈 17cm  茎数 2本  6,2葉  カラースケール 4,5

隣(右)との比較
013_201705280759446bb.jpg


4月20日田植え分
014_201705280759441b3.jpg

草丈 14cm  茎数 2本  6,1葉  カラースケール 3,5

アオミドロがひどいので軽く干してます。

隣(左)との比較
015_20170528075946cd7.jpg

この日に一回目への字追肥しましたが別記事で書きます。

への字追肥は硫安の流し込み 

カテゴリ:2017年稲作

最近出穂日を記録してなかったので2009年までさかのぼって

ブログ記事を見てみたけど だいたい7月15日から20日頃

今年は出穂55日前と35日前の2回に分けて追肥する

最初に植えた田んぼはちょうど55日前になる

5月27日に追肥した。

去年一枚だけ試してみた流し込み施肥を今年は全田でやるつもり。

今回は硫安20kg(反当)入れるがMリンPKも入れる。


土の電荷はほとんどマイナスで硫安は水に溶けるとプラスの電荷を持つから

すぐにくっつてしまい田んぼに均等に広がりにくい

去年我が家の田んぼで水口の側だけ半分濃い色になった経験があります。

それでマイナスイオンを持ったMリンPKを先に入れて少ししてから硫安を流し込んだ。


田んぼの枚数が多くなったので家で肥料を量って行ってたけど

ネットで安い量りを買ったので田んぼで計りながら投入しました。スナップショット 1 (2017-05-29 12-32)

2グラム単位で50kgまで量れて表示部が別になってるので

大きな袋もそのまま乗せられるのですごく便利でした。

動画にしてみた。



さて色が上がってくるのに1週間くらいかかる

まんべんなく広がったか心配だけど 結果はまた記事にします。







≪前月 |  2017年05月  | 翌月≫

ブログパーツ