スズメノカタビラにバスタを使う 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

稲を作った後の田んぼでは去年と同じようにスズメノカタビラが生えて

畑のシェーバーで削ってもまた再生して大きくなってきた。

今年は雨が時々降るので管理機で畝の肩に土を掛けることもできず

009_20161202061434e25.jpg

こんなに伸びてきて条間に肥料をやってる時はいいが

畝間に肥料をやったんでは効いてこないと思う

それで菜の花栽培の講習会で話してたバスタを使ってみた

011_20161202061432cb4.jpg

噴霧機とカバーの付いたノズルは農家の店で買ってきた

バスタは作物の畝間や株間に使える茎葉処理型の除草剤で

菜の花にも登録があるけど 収穫21日前までしか使えない

だいぶ大きくなった春雷は間に合わないので

残りの花かざりの畝の肩に使ってみた。

014_20161202061433487.jpg

さて結果はどうなりますか?


別な田んぼの早陽1号は相変わらず色が薄く

2番の蕾も少しづつしか出てこない

6畝の田んぼで毎日1箱程度しか収穫できないから

大きく期待はずれです。

004_20161202061435d85.jpg

葉っぱばかりが賑わしくて収穫しづらいので

大きな葉は半分契落としてます。


今年はどこの家も出足が遅く 今のところ集荷場には我が家だけ出荷してますが

値段は思ったほど上がってなくてB品1束150円程度

年末需要に春雷の出荷が間に合いそうだからそれに期待しますか・・




お米は完売しました 

カテゴリ:2016年稲作

今年はお米の売れ行きが好調で11月中ごろには売り切れになりました。

ヒエや雑草の種が混入したのは等級を落としてお米屋さんに出荷したので

在庫数もだいぶ少なくしてましたし、価格を去年下げてそのままで販売

リスクを考えると自分で管理する割には合わないなと思っていましたが

ネット上でもお米の価格は去年より高くなってたようです。


業務用に使われてる所からも注文が入ってきて消費量がかなり多く

予想より大幅に早く売り切れてしまいました。

今年から予約も取りやめましたので米蔵は飯米を残して空っぽで

長年買い続けてもらってるおなじみさんに気の毒で申し訳ないです。


アクセス解析をしてみると検索順位がかなり上がってました。

「米 直販」 「農家 直販」 などのありきたりな検索ワードでも

1ページ目の上位に出てきてるようです。

レビューを書いてもらって表示したのがよかったのか

それともお客様が知らないところでSNSなどで紹介してくれてるのかもしれない

検索順位を上げるのは容易なことではないですが

真面目によいものを販売していれば自然と上がってくるものなんでしょうね。

年齢のせいか30kgの米袋が少し重く感じるようになりましたが

来年もネット販売は続けてみるつもりです。


早陽一号(菜の花)は期待外れ 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今年はどこの家も種まきや苗植えが遅かったのか

2日ほど前に我が家以外に1軒が出荷してきただけ

だけどね出荷中の早陽一号は色が悪くほとんど○秀(Bランク)

それに収穫量が少なく まったくの期待はずれでした。

003_20161217090011cc1.jpg

葉っぱは賑わしいけど葉色はかなり薄い

尿素の葉面散布もあまり効果がなく 現在はやってません。

002_20161217090013114.jpg

それに花蕾が葉に隠れて分かりにくく

葉をかき分けながら収穫してるから時間がかかる

収穫始めも袋表記とはだいぶ違って遅かった。


別な田んぼの春雷(左)と花かざり(右)

001_20161217093311347.jpg

やっぱり葉の花の王道は花かざりだね 色が全く違って濃い

春雷のほうは12月7日から親の花蕾を採って出荷

この時に初めてわかったんだけど

秀が250円 ○秀が150円 と100円もの差がありました。

006_201612170933143b8.jpg

これから2番の花蕾を収穫し始めるから本格的になるはずだけど

これも色が少し落ちてきてます。

007_20161217093317aa9.jpg

畑のシェーバーで削った雑草のスズメノカタビラは完全に復活

肥料を横取りしてるんだろうな

004_201612170933146e5.jpg

花飾りは収穫前日数が足りてるので使った除草剤のバスタ

だいぶ効果があったようです。

009_20161217094321a8e.jpg

アップでみるとよくわかる


さて計画通り 収穫時期をずらしながらやってきてるけど

これからが忙しくなりそうです。

菜の花の出荷はほぼ予定通りに進んでる 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

色が悪くて出荷量も少ないとぶつぶつ言いながら

収穫を続けていた早陽一号は意外と長い期間採れた。

012_20161230061344e4d.jpg

もうボロボロになってますが、それでもまだ花蕾ができてきてます

010_20161230061346c5f.jpg

菜の花の出荷は28日で終わり、新年は1月4日からだから

もう漉きこんでオクラの種まきの準備にかかろうかと考えてたけど

まだ3箱ほど収穫できてるから、もう少し様子を見てみることにした。


春雷は12月8日から出荷を始めて今は子の花蕾をほぼ採ってしまった

001_2016123006205383d.jpg

今月終盤は早陽一号と春雷を同時出荷してたから忙しく一日6~8箱出荷

006_20161230062056279.jpg

孫の花蕾が出始めた頃で、出荷休みがちょうどいいタイミングになった。


そして花飾りはものすごく大きくなって

005_20161230062056f0d.jpg

こちらもたくさん収穫できそうな予感がします

003_2016123006205740e.jpg

親の花蕾は出荷せずに芯どめにして

ぼちぼち側枝の花蕾が大きくなり始めた頃です


出荷量や品質は思い通りには行かなかったけど

収穫時期をずらしていくやり方は正解だったかもしれない。


去年の失敗から早生品種を見送った家が多いらしく

出荷してくるのはまだ5軒くらいで量も少ない

今のところ秀が250円 ○秀が160円と好調だけど

1月中ごろからはがくんと落ちるかもしれないなあ・・

≪前月 |  2016年12月  | 翌月≫

ブログパーツ