畝肩の除草に畑のシェーバーを使ってみた 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

相変わらずオクラと菜の花にかかりっきりで

あまり変わり映えしないから記事の更新もお休みしてました。


最初に植えた菜の花(早陽一号)はだいぶ大きくなってきましたが

気温が高い時に植えたから雑草がかなり目立つ

畝間と条間は管理機で除草したけど畝の肩に雑草が残ってました。

006_20161105090233c76.jpg 

けずっ太郎で除草するにはかなりの体力がいるし時間もかかる

それで何かいい方法はないかと考えて

草刈り機につける畑のシェーバーを試してみました。

005_20161105090230170.jpg 

結果はこんな感じにできて

時間も6畝の田んぼで半日もかからなかった。

動画も撮ってみました。




楽天では2480円でした


イセキの夢ある農業応援フェアに行ってきた 

カテゴリ:2016年稲作

まあ過去記事を見てみると毎年春夏秋の3回は見に行ってるね

001_20161107045904812.jpg 

またまた農業機械がずらりと並んでました。

今回は機械の実演と土づくり肥料の講習を見てきた。

003_201611070459067eb.jpg 

トラクターのロータリーは土の付着による爪の摩耗が問題

付着の少なくなる工夫の説明

006_2016110704590630d.jpg 

スタルブカルチをかける

ロータリーよりも深く掘り起こし ネリネリ層を破壊する

009_201611070459090ce.jpg 

肥料散布機 ブロードキャスターのようだけど

別な名前を言ってたような・・

どこまで撒けたか分かりずらいですねって話したら

反当何キロ撒いたと言う感じでいけるでしょうって

重なって撒いたらそこだけできすぎになるんじゃないの・・

011_20161107045909a53.jpg 

ディスクロータリー かなりの高速でかけられる

天地返しと畝盛で土の中に空気を入れる

冬場の気温が低い場合は好気性菌が有機物を分解するんだったな

019_20161107051627c8a.jpg 

アタッチメントによる畝盛

爪が内盛耕の配置になってなかったからか

我が家の鉄板を加工しただけのほうが高畝になってたな


多木肥料による土づくり講習

スキャナが故障してるから資料を写真に撮ってみた

001_20161107051943ad1.jpg 

最近はケイ酸不足による葉イモチの発生が多い

春の講習で話してたゴマ葉枯れ(やせイモチ)のことだろうね

ケイ酸の補給が重要だとの話だったが

水田では水に溶けたケイ酸が用水から補給されるはずなんだけどね


秋起こしの目的と効果

気温が高い時ほど稲わらの腐熟が進みやすい

土壌改良剤を散布後に耕起すると元肥の効果を引き出しやすい

土壌中に酸素を補給することで好気性の微生物が多くなり

稲藁の腐熟も早まる


一発肥料でも穂肥をやると多収できるとのこと

穂肥には普通化成(8-8-8)などが撒きやすい

などなど

今回もいろいろ勉強させてもらいましたが

自己流で学んできたことがほとんどでした・・



ご飯のおいしい炊き方 

カテゴリ:未分類

日本農業新聞を最近取り始めたんだけど

先月の記事でご飯のおいしい炊き方を紹介されてたので

忘れないうちに書いておきます。


お米を15分間水に浸けておいてからざるにあけ

15分待ってから炊飯器の早炊きで炊く

これだけでむちゃくちゃおいしく炊けるらしく

まだやってないけど試してみる価値はありそうです。


以前にフェイスブックでご飯を仕掛けるときに

冷蔵庫の氷を少し入れて炊くとおいしくできるとの記事を見かけて

早速やってみたけどあまり変わり映えしなかったし

それ以降 今まで保温して2日以上も置いておけたのに

少し時間が経つとご飯が黄色くなってしまって

徹底的に炊飯器を洗ったけど治らず 新しく買い替えた事がありました。


さて今回はどうでしょう・・

寒耕2回目 

カテゴリ:2016年稲作

こちらでは稲刈りから次の田植えまでの田起こしを

カンビキと呼んでますが、さて何回カンビキをするかですね。

017_20161109045839cae.jpg 

稲刈り後 まだ一回も耕してない田んぼはこんな感じで

ひこばえがだいぶ伸びてます。

020_20161109045841e47.jpg 

我が家は9月初旬に一度耕してますが

表面に残った株からやはりヒコバエが少し伸びてました。

稲わらは炭素率が高く 腐りにくいので

冬の間にしっかりと分解しておくのがよいみたい。

普通に生えてくる雑草は炭素率が低く 早くに腐るので問題ない

これから気温が下がってくると雑草の発芽もほとんど気にすることもない

生えてきても冬草は大きくならないからね。

それでまあ とりあえず2回目のカンビキを始めてます。

022_201611090458427fe.jpg 

畔際ではやっぱりキシュウスズメノヒエが生き残ってた田んぼもある

ディスクを掛けたんだけどやっぱりしぶといね。

027_20161109045844aa3.jpg 

雑草が多いと自動耕深のトラクターだけど波打つことがある

特に枕は旋回した時のタイヤ跡で凸凹になりやすい。

今回は周回耕を 外→内→中 と回った。

3回目の周回耕を回ってるところだけど ちょうどタイヤ跡を跨いでる

028_201611090458447df.jpg 

3速ですっ飛ばして耕してもこんな感じで枕はフラットにできた。

我流トラクターの使い方の記事を書いたときに吉川さんから

コメントしてもらったイセキの動画は削除されてるみたいですが

その時に周回耕は「内→外→中」で紹介されてた。

今になってみれば納得です。


我が師匠は稲株がそのままの田んぼを代かきしてたから

雑草の少ない田んぼは一回もカンビキをしないで田植えをしてたようだけど

そこまでの勇気もないから、あと2回ぐらいは耕すだろうね。

オクラは収穫終了 

カテゴリ:オクラ

しぶとく収穫を続けてきたオクラですが

かなり気温が下がってきて一日に50袋程度に落ち込んできて

手間がかかるだけですので収穫を終了します。

005_20161110053030d9e.jpg 

気温の低下とともに葉が落ちてきて今はこんな感じ

それでも実は生ってるんだけど

003_201611100530336ba.jpg 

形が悪く 半分以上がB級品

それに延びるのに時間がかかるから固い実しかならない

集荷場からもう少し出してくれとのことで続けてましたが

いよいよ終わりにします。

お盆に腰の高さでカットして稲刈りが終わってから再度収穫を始めたけど

結局 収量は思ったほど上がらず

値段も最後は90円まで回復したけどあまり良い結果にはならなかった。

006_2016111005303197f.jpg 

毎年黒マルチの撤去に苦労してるので

今年は先に畝間側と条間に分けて少しづつ撤去した。

一気に片づけられるはずです。

004_201611100530337dc.jpg 

隣では菜の花がだいぶ大きくなってきました。

004_20161110054630bd0.jpg 

早くも蕾が大きくなったのもありますが

収穫は今月後半になるでしょう。

それまでにオクラの片付けと残りの田んぼの耕転

まだまだ忙しい日が続きそうです。

鶏糞は肥料 牛糞は地力 

カテゴリ:未分類

への字稲作を続けていますが4年前の菜の花稲作から

鶏糞稲作に切り替えてもう3年になります

鶏糞は化学肥料のようによく効きます。

狙い通りとはいかないけども、窒素量3%の効果は実感できてます。

稲が育たない田んぼはグランドソワーが詰まって目的の量だけ撒けてないからでしょう。

鶏糞は肥料としてはパッと効くけど土壌改良や地力資材としては向いてないようで

実際田んぼでは稲が秋落ちするのがはっきりとわかります。

だから田んぼに入れる有機資材は牛糞を使いたかった。

牛糞は炭素率が高く 分解に時間がかかるのでゆっくりと効果が表れて

地力的に効いてくるから稲にはもってこいの資材だと思ってます。

だけどね 田んぼにどうやって撒くかなんですよ

グランドソワーでは詰まって撒けなかったし

機械で撒くとしたらマニアスプレッダーなどの高価なものしか使えなさそうです。

それで迷ってたんだけど思い切って購入しました。

008_20161111054630413.jpg 

積み込みバケットマニア

012_20161111054632f07.jpg 

下におろして堆肥をすくい込み

007_20161111054632133.jpg 

持ち上げた状態で田んぼに底から落としていく

デリカという会社の製品で詳しくはここ

イセキのアタッチメントにあるようでイセキの西岡商会で購入

さてうまく牛糞堆肥が撒けるのか?

だめなら鶏糞をこの機械で撒いていこうかと考えてます。



オクラの撤去 

カテゴリ:オクラ

収穫の終わったオクラですが、一気に片付けました。

年齢が進むほど体力がなくなってきてるので

この前書いたように黒マルチは先に撤去してあるので

朝から倒伏防止のテープを取って

支柱はまこちゃん農園さんが書いてた方法を試してみたら

今まで苦労したのがウソみたいに簡単に抜けました。

動画です


その後 草刈り機で刈り倒すか迷ったけど

結局オクラは立ったままトラクターで漉きこんだ。

001_201611120747174b4.jpg 

案外簡単にできましたよ。

002_20161112074719ff5.jpg 

残渣が目立つので横向きにも耕して

004_20161112074720fd9.jpg 

こんな感じまでできた。

5~6時間の作業でした。

イセキの夢ある農業応援フェアに行ってきましたに

コメントいただいた興味ありさんへ

春のイセキのフェアで田植えを見に行ったハナエチゼンですが

反当収穫量は4,2石だったそうで

驚いてますよ。

田んぼの地番を調べるのに便利なサイト 

カテゴリ:2016年稲作

毎年5月ごろに実行組長が配ってくる出荷契約書兼生産調整参加申請書

我が家の田んぼもそうですが小作してる田んぼも地番は分かってるけど

その場所がはっきり特定できず適当に書いてました。

だいたい固定資産税の通知書に田んぼの地番は入ってるけど

どこがそれなのかがはっきりせず 面積で想像して書いていました。

ところが簡単に調べることができたんです。

農地ナビというサイトを使えば 航空写真を見ながら

目的の田んぼをクリックするとすぐに出てきます。

農地ナビ 

全国農地ナビのトップ画面ですが自分の県を選び

続いて市 町 と選んでいくと

農地ナビ2 

航空写真と共に田んぼ毎に青い丸印が出てきます

場所が分かりにくい場合は拡大縮小を繰り返しながら

絞り込んでいくといいです。

農地ナビ3 

目的の田んぼをクリックすると青い丸が赤に変わり

下の所在・地番にその場所が表示されます。

農地ナビ4 

基本的事項の真ん中ごろにこの耕作者が利用してる農地を色分け

をクリックすると前年に申請した農地が全部赤い丸で表示される


これで申請書を書くときに迷わずにできるようになったよ~ん・・


菜の花 収穫開始 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

と言っても最初の頃は1箱単位でないと出荷できないから

今のところ家で食べるくらいです。

006_20161116062431a86.jpg 

8月28日に種まきして9月13日に植えた早陽一号

1週間くらい前からちらほらと蕾が出来始めて少しづつ取ってた

001_201611160624351ff.jpg 

今は子の蕾も出来てるのもあるけどほんの一部だから

集荷するにはまだまだ早い

010_20161116062437b98.jpg 

追肥は苗植え1ヶ月後から始めるように管理歴には書かれてるけど

我が家では半月後に尿素を反当20kg その半月後 S604

それ以降 半月ごとにNK808をやった。

11月14日の施肥だけど無理やり条間に入れた。

007_201611160624331bf.jpg 

もう一枚の田んぼは いちばん左が春雷(9/14種まき10/18苗植え)

真ん中あたりが花飾り(9/14種まき10/18苗植え)

いちばん右は小さくて分かりにくいけど花飾り(10/9種まき 11/2苗植え)

去年のようにスズメノカタビラがびっしり生えてきた。

条間に追肥の後 除草と土寄せを兼ねてサラダで耕起しながら

畝立て器で溝をきってある。

014_201611160624355d9.jpg 

妹が料理して持ってきた菜の花

ちょっとほろ苦くて美味だったな~。

高速バリカンで庭木の刈りこみ 

カテゴリ:未分類

少し前に行ってきたイセキの展示会で高速バリカンを買ったので

生垣や庭木を刈りこんでみた。

スナップショット 1 (2016-11-24 6-14)

今まで使ってたヘッジトリマーは刃がスライドして切るけど

今回のは刃がはさみのような動きをするので

枝が逃げなくて刈り易かったです。

004_20161124061959aee.jpg

長さが1,5mもあるし刃の角度も変えられるので

生垣に沿って広範囲に刈れました。



少々値段が高かったけどそれだけの値打ちがあったね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニシガキ 高枝高速バリカン(2.0m) 赤色 N-808
価格:28404円(税込、送料別) (2016/11/24時点)



菜の花 出荷を始めています 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

菜の花の出荷は11月20日から始めたけど

今のところ量が少ないので2~3日に1箱(20束)程度

001_2016112505532063e.jpg

出荷中の早陽一号は今のところ親の蕾が中心ですが色が薄い

ランクを落として出してますが、最初の頃は量が少ないので

市場から文句も出ないようです。

002_20161125055322405.jpg

畑では花が咲いてもまだまだ色が薄いのがあって

気温が高かったのと雨が多いのが原因でしょう

001_201611250553227d2.jpg

やっぱり早植えすると樹は大きくなり現在はこんな感じです

大きくても蕾は小さくて

004_20161125055325683.jpg

子の蕾はこんな感じで春雷のとでは半分くらいしかなさそう

品種の特性なんでしょうか

それに収穫時期も春雷に比べて遅かったように思う

袋表記とはだいぶ違うんじゃないかな


やっと気温が下がってきたので液肥や葉面散布で色をあげていこうかね。

バケットマニアで牛糞を試しに撒いてみた 

カテゴリ:2016年稲作

牛糞堆肥を撒くためにイセキで購入したバケットマニア

忙しくなる前に試してみた。


以前には手で撒いたのべ牧場の牛糞を今回も買ってきた

002_20161126080845ee0.jpg

軽トラにこれくらい乗せて500円だからかなり安いんじゃないかな

ふかふかの牛糞だから500kgもないかもしれない

003_20161126080847e8d.jpg

手でにぎっても塊にならないくらいさらっとしてるけど

機械を通して乾燥しただけみたいで完熟の堆肥ではないと思う。

肥料分として期待はしてないからこれで十分でしょう。

006_20161126080850c98.jpg

いざ散布してみると機械にはくっつかないけど出すぎる

最初は出口のシャッターを開けすぎでかなり落ちた

それで下におろしてすくってみたけど

田んぼを耕したすぐだからか土が混ざってしまう。

009_20161126080851fba.jpg

出口の開口度をいろいろと調整してみたけど

閉めすぎると落ちないし、少し広い目に開けると落ちすぎる

007_20161126082000442.jpg

結局かなり厚撒きになってしまい、軽トラ1回分でこれくらいしか撒けなかった

目標は反当1~2トンで何年か掛けて地力を上げていくつもりだから

少し工夫をして少量散布が出来るように改造するつもりです。

≪前月 |  2016年11月  | 翌月≫

ブログパーツ