6月30日 観測点の様子 

カテゴリ:2016年稲作

一週間ごとのつもりがすごし遅れてしまった定点観測

毎日雨が降るので水管理をほとんどしてません。

002_20160701031350e5d.jpg 

隣(左)の田んぼは用水の水位が下がったので調子が上がってきたみたいで

色が濃くなってきたけど通常より遅れて効いてるのでへの字に近い

多収できる生育になってると思う。

004_201607010313534db.jpg 

2本苗 19本→20本  3本苗 25本→23本  1本苗 14本→14本

カラースケール5、2 草丈74cm 葉齢11,2葉

茎数の増加はほとんど止まったようで、横に広がらず節を作りながら上に伸びる

MリンPK(右 施用区)の比較
007_20160701033433d92.jpg 

両側とも少し黄化してきた

もう少ししてmリンの穂肥をやるつもりだけど

そのときに両方の田んぼに硫安もやってみるつもりです。

MリンPKなし
008_201607010333025c3.jpg 

MリンPK使用
009_20160701033304d1a.jpg 

茎数の差はそれほど変わっていないようで

このまま大きくなっていくんじゃないかな。


オクラ うどん粉病と葉すす病の防除 

カテゴリ:オクラ

今年のオクラ栽培は好調のまま推移してきた。

花の位置を上から2節目をキープしたのがよかったのか

オクラは草盛を弱く作るほどよく生る。

去年は弱く作りすぎて芯止まりになり途中からまったく生らなくなったけどね。

6月10日くらいから一日平均200袋 

多いときは400袋も収穫したから大変でした。

004_20160702090847c34.jpg 

現在のオクラ畑ですが花の数がかなり減ってしまった。

収穫量は波があるのでこれからどんどん落ち込んでいくはずです。

007_201607020908443c5.jpg 

雨が多かったからかうどん粉病が一部分だけど発生してるし

008_201607020908464d2.jpg 

こちらは葉すす病

それに最近虫食いの実が時々あると思ったら

001_20160702090847b91.jpg 

早くもオオタバコガを発見

それで殺菌剤のトリフミンと殺虫剤のフェニックス

それに花がもっと咲くようにメリットの赤を混ぜて動墳で散布した。


背負い式肥料散布機のメモリを間違って倍の量を入れてしまったり

あまりにも弱いところは条間に硫安を入れたらものすごく色が濃くなったり

いろいろこっけいなこともやってます。

あまり生り過ぎて忙しいのもしんどいけど

収穫量が減るのも困る

003_20160702092031451.jpg 

今日は朝から蛇と遭遇した

目の前に急に現れたからびっくりしましたわ。


さてこれから暑くなりますががんばりまっせ・・

7月6日 観測点の様子 

カテゴリ:2016年稲作

くそ暑い毎日が続いてるもんだからオクラの収穫を朝の2時からやってる

昼間は夏風邪で休んでる孫を預かってるもんだから

ブログ更新の時間がない

ほんとに忙しい毎日が続いています 充実してるなあ

左が我が家の耕作田
003_20160708021558a0c.jpg 

7月2日にmリンの流し込み 5日に硫安10kgを流し込んだところです

mリンの穂肥をやると少し色が落ちるようで

色の薄くなった田んぼは硫安10kgを入れてます。

004_20160708021600e9b.jpg 

2本苗 20本→20本  3本苗 23本→22本  1本苗 14本→14本

カラースケール4,5 草丈80cm 葉齢12,5葉

葉齢はやっぱり間違ってるかもしれないけど そのまま続けてみます。

出穂前に稲は窒素の吸収を控えてお産(出穂)の準備をする

その時期かもしれないけど mリン施肥のせいかもしれない

やっぱりカラースケールが落ちてきました。

MリンPK(右 施用区)の比較
004_20160708021614035.jpg 

左のmリンを使ってないほうが色がかなりあがってますが

両方とも硫安10kgを流し込みをしたんだけど

右のほうが3日ほど遅かったのでまだ肥効が出てきてない

006_20160708021602d1e.jpg 

それに流し込みのとき かなり水を入れたのに

肥料が偏ってしまったみたいで

左上のほうがものすごく色が薄い

右側は倒すかも知れんなあ~


003_20160708021613b8f.jpg 

近所で4月2日に植えた田んぼはもう出穂期に入ってます

今年は穂が出るのが全体に早いから 稲刈りも早まると思う。

熱心な方の田んぼだから 大きな穂が付いています。

さてこれから日照がほしいところだけど ずっと雨模様

梅雨明けが待ち遠しいです。



穂肥の流し込み施肥は偏ってしまった 

カテゴリ:2016年稲作

6月16日に硫安の流し込み施肥をした記事を書いたけど

そのときは完全に均等に肥料が広がっていて

田んぼは隅まで同じ色で濃くなった。

今回は穂肥 mリンPKを流し込んでから

色の薄い田んぼは3日後くらいから硫安を10kg流し込んだ。

003_20160712124926569.jpg 

1週間もすると色があがってくるけど

この田んぼでは一番奥が濃い色 真ん中は薄い色

そして手前にまた濃いところがある

平均に広がってないようで 4枚くらいの田んぼがみんなこんなになった。

原因は田んぼにまったく水のない状態から流し込みを始めたからだと思う

前回は水が3cmくらいたまった上に流し込んだのがよかった。

ミズホのホームページに載ってた流し込み施肥のやり方 ミズホ式流水施肥

これでもやはり田面が見えない程度の水位1~2cmから始めるように書かれてる。


さて 肥料が入ってしまったのはもう仕方がない

倒伏はないと思うけど 青米が増えるかも知れんな~・・


出穂した 

カテゴリ:2016年稲作

1回目の田植え分は7日ほど前から走り穂が出始めたところですが

一枚だけ早い田んぼがありましてもう出穂期に入ってます。

002_201607140228172e2.jpg 

出穂 シュツホじゃなくてシュッスイと読みます。

穂が50%出た状態が出穂期

水持ちが悪い田んぼのせいか原因がはっきりしないけど

とにかく早くから穂が出てましたからね。

去年 クサネムに悩まされた田んぼで今年もかなり生えてるみたいです。

なんとか時間を作って手で取っていくしかないですね。


さて 時期的に予定していた海水の流し込みをやっていこうと思ってます。

米の食味をあげる資材 ただで手に入るんだからやってみる価値はある筈です。

穂が出始めて直立してる頃 乳熟期のデンプンがたまり始める頃を狙いたい

反当20ℓ 海に行って汲んできますか・・

生卵2個で夏バテ解消 

カテゴリ:未分類

くそ暑い毎日が続いています

オクラの収穫は5時間近くかかるので朝の3時くらいからやってます

今日は出荷が休みだからゆっくりしてます

日中の暑くなる時間を避けてのことですが

選別と袋詰めを昼までに済まし、午後から出荷

その後 田んぼの水入れと草刈など忙しい。

昼からの作業は炎天下で汗だくになるんですが

いつもと違って暑さによる倦怠感や疲れがなく やる気満々

何でだろうと考えてみたら、生卵を午前と午後に1個づつ飲み始めたんです。

べつに夏バテ対策のつもりでもなくて

日曜日と水曜日が近くのスーパー セブンでは卵が100円

これに合わせて買い物をしてるから卵が豊富にあり

半月ほど前から飲み始めたんです。

002_201607160347139eb.jpg 

ガラスのコップに割って入れて 上から醤油を少し落とし

一気に飲んでますよ これがうまいんだなあ~

なぜ元気になれるのかは不明だけど ほんとに効果を実感してます。

うそと思って試してみては以下かですか。

お米の食味アップを狙って海水の流し込み 

カテゴリ:2016年稲作

以前に農業委員会の冊子で見かけた海水の流し込みを始めてます。

反当20ℓを流し込むことで食味計の数値が10ポイント上がったとか

たぶん一桁間違ってるだろうと思うけど

去年までにがりを流し込んだのと同じで 天然のマグネシュウムやカルシュウムが

米の食味をあげることは間違いないと確信してます。

001_20160717154412e97.jpg 

海水をくみ上げるためにわざわざ口径25mmのエンジンポンプを買った

ホースがカップリングに入りにくかったけど熱湯に浸けたら簡単に入った。

中島港の岸壁に行って汲み上げてきました。

後からよく考えてみると港とは言え 川が流れ込んでいて少し薄まってる感じで

舐めてみると少し塩辛さが少ないような感じがして

最初は30ℓ 4枚目の田んぼから40ℓ流し込みました。

005_20160717154414007.jpg 

流し込み施肥は何度もやってコツがつかめてきてるから

20ℓのポリ缶で量を計りながら 一気に流し込み

その後 かなり深水になるまで水を入れ続けました。

006_20160717154415ff4.jpg 

穂はこの程度だから2割くらい出てる状態です。

少しくらい時期がずれても大丈夫と思うけど

籾にでんぷんが詰まっていく段階で効かせるのがよいと思う。

さて効果のほどはどうなんでしょう

実際に稲刈りして食べてみないと分からんな~・・


エンジンポンプなんだけどネットで買ったらかなり安く買えた

水量も多いし水圧もそこそこあるので農業機械の洗車にももってこいみたい




かぼちゃ まくわ瓜 スイカの収穫 

カテゴリ:2016年稲作

まったくの放任栽培で作ってるスイカやかぼちゃですが

4日ほど前から収穫を始めてみました。

002_20160720211617b03.jpg 

畝間のマルチ麦は思ったほど効果がなく

最近ではものすごい雑草の量で肝心のスイカやかぼちゃの葉っぱが見えない。

それでもスイカはかなりの数が生ってまして

座布団代わりに敷いたメロンシートを50枚も使った。

青い棒はトンネルに使うダンポールですがスイカのあるところに目印に立てた

002_20160720212433345.jpg 

スイカはツルの元の巻きひげが黒くなってきたのを目安にしてるけど

今回は叩いて鈍い音になったのから収穫した。

収穫遅れになったのもあって、妹が切ってみたら爆発スイカもあったとか。


003_20160720212429141.jpg 

かぼちゃは雑草が深くて見つけられにくいが

掻き分けながら歩いてるとかぼちゃにけつまづく

だいぶ硬くなってツルがコルク状になると収穫時期らしい

少ししか見てないけどこれもたくさん収穫できた。

006_20160720212431aee.jpg 

下のほうが腐ってるのもだいぶあり

やっぱりメロンシートを敷いてやらないとよくないみたいです。

マクワ瓜収穫 

マクワ瓜も黒マルチの上でごろごろ生ってまして

収穫適期のは実を持っただけでボロリとつるから外れます。


どの野菜も座りなおしをやってないので下のほうの色が薄い

出荷するレベルになってないな。

オクラは豊作 

カテゴリ:2016年稲作

長いこと記事を書かなかったけど、なんとか生きながらえてます。

去年の今頃はオクラがほとんど取れなかったのでのんきにしてましたが

今年はかなりの収穫量で忙しくて記事を書く時間も気力もありませんでした。

001_2016073003124733d.jpg 

現在のオクラ畑です。

かなり大きくなりましたが毎日4000本くらい収穫

005_20160730031152a13.jpg 

下のほうの脇芽からも実が生ってるから

取り残しがないようにすると収穫だけで7時間以上もかかる

上から見ると分かりにくいので立ったりしゃがんだりを繰り返す

選別と袋詰めは二人ほど手伝ってもらってる。


収穫以外にも草刈や肥料撒き 田んぼの水入れ などやることがいっぱい

稲刈りの準備に倉庫の片付け 乾燥機のセッティング など急がないといけない


そんなわけでしばらくブログの更新をお休みします。

また時間に余裕が出来てきたら書くつもりですのでよろしくです。

≪前月 |  2016年07月  | 翌月≫

ブログパーツ