今年も出た怒ったヤマアラシ 

カテゴリ:2015年稲作

お米はどうやってできる?

そりゃ~田んぼに稲を植えて肥料をやって実るんだよね。

だけど実際にお米が出来るもとは二酸化炭素と水から光合成で作られる

炭水化物のデンプンが籾に充填されていって玄米になるんだったね。


それでまあ、今年の我が家の田んぼ

窪地
003_2015080207175696e.jpg

傾穂期に入ってきました

004_201508020717588e2.jpg

横から見ると止め葉の間に穂が沈み込んだように見える。

普通のV字で作ってる田は穂ばっかりしか見えないのに

我が家の田んぼはそれこそ怒ったヤマアラシ状態になってきましたよ。


我が家でも大きな田んぼ

篠原の田んぼ
006_201508020717591e9.jpg

こんな状態で今年は調子がよさそうに見えます。

ただ止め葉が突き出てるのはよいが色が濃すぎると

稲自身の呼吸作用でデンプンを食ってしまいそれほど収量が上がらなかったこともある


とりあえずは良い傾向で登熟期に入ってきたと思ってます。

穂首イモチになった 

カテゴリ:2015年稲作

出荷用の菜の花を栽培して3月に全量漉き込んだ田んぼは

無肥料で通したけどよくできて豊作の予感がしてたんだけどね

001_201508031435040fe.jpg

太くて長い穂が付いてますが 奥の方の穂が白っぽいです

002_20150803143205429.jpg

真ん中あたりで白い穂が目立ちます それも広範囲にある

前回の台風からはかなりの日数が経ってるから 強風による白穂でもないみたい

004_20150803143207409.jpg

畔に近いところの白い穂はこんな感じです

006_201508031432096a2.jpg

抜き取って見てみると穂の元のところ 黒くなってるのが分かる

オクラの出荷に行ったついでに指導員に見てもらったら

穂首イモチとのことでした。

今年の野菜後の田んぼではほとんどのところで穂首イモチが発生してるらしい

7月後半に気温が上がってから数日少し気温が下がった日があったので

この時に穂首イモチが発生したんだとの事

集荷場に来ていたオクラ農家の方も一枚の田んぼは全滅状態で

共済の申請をして見に来てもらうと話してました。


さて我が家のほかの田んぼはまだ被害は出てないようだけど 心配です。



明日は小松島の西岡商会本社で疎植栽培の稲刈りをするそうで

午後からだからオクラの出荷も休みだし見に行く予定です。

見かけたら気軽に声をかけてくださいね。

イセキの体感実演会に行ってきた 

カテゴリ:未分類

春に疎植栽培の講習に行った田んぼで稲刈りをすると言うので

参加してきました。

イセキの新型コンバインは ものすごく高速で稲刈りができる

コンバインに関しては今までクボタがよいと思ってたけど

今回見たので考えを変えないといけなかもね。

他にもスタルブカルチなど 土づくりも見せてもらいました。



稲刈りが始まった 

カテゴリ:2015年稲作

今月の3日くらいから稲刈りが始まったニュースが流れてたけど

我が家のすぐ前の田んぼ 友人が稲刈りを開始しました。

006_201508101335216fb.jpg

その奥側が我が家の耕作田ですがまだまだ青い

20日頃を予定してるけど、これだけ気温が高いと早くなるかもです。


さて今年の農協の概算金だけど

コシヒカリのブランド米 阿波美人が18日までで6000円

普通のコシヒカリは5700円と去年よりかなり高く引き取ってくれるようです。

政府の補助金がたんまりもらえる飼料米に走った人が多いから

主食米の出荷が少なくなると見込んでのことですかね。

とりあえずこちらの農家は一安心と言う所でしょうか。

出穂後の水管理 

カテゴリ:2015年稲作

我が家のすぐ前 慣行V字栽培の田んぼですが

かなり黄化が進んできて今にも稲刈りが出来そうです。

出穂後 あまり水を入れてなかった。

ひどい時は5日間くらい水を入れずに田んぼはカラカラになってたんだけど

最近 急に水を入れ始めて何日も水が入った状態にしてました。

008_20150811204042eef.jpg

すると モンガレでもないのに下葉が枯れ始め 

株全体が黄色くなってしまったところが出来てます。

006_201508112040436d9.jpg

熟して黄化してるんじゃなく 根っこがおかしくなって枯れあがってるんだと思う

稲の根は水がずっと入ってるとパイプ状空気の通り道がある水根なんだけど

水がない状態が続くと空気の通り道のない畑根に変化する

稲が畑根になってるのに水を入れ続けると窒息して死んでしまう。

それが地上部にはっきりと分かるのが茎の枯れあがりでしょう。

出穂以降 稲は上根を伸ばして倒伏しないよう踏ん張ろうとする

出穂後に田んぼの中を歩くとバリバリと根が切れていくのが分かるはず

この上根は茶色いひげ根の畑根だから水と空気が交互に行くように間断灌漑にする。

今回のように水を入れっぱなしにするとたちまち茎の枯れあがりが見えてくるはずです。


すぐ隣の我が家の耕作田

隣が稲刈りを終わったからよく分かるようになった。

009_201508112040464ea.jpg

草丈こそ高いが止め葉が突き出て 下葉も青々と元気でしょう。

010_20150811204047303.jpg

それにまあ 分げつのすごいこと 多いところでは50本近くありそうです。

水の駆け引きをうまくして 刈取りまで根っこを生かし続けたいですね。

オクラをカットする 

カテゴリ:オクラ

オクラは順調に育って草丈もだいぶ高くなってきた。

002_2015081306060018e.jpg

最近の収穫量は少し落ち込んで平均200袋くらい

オクラも暑すぎると夏バテするんでしょうかね。

8月13日から15日まで市場が休みになるから集荷場も休み。

オクラは毎日生るのに毎年この期間は困る。

20日頃から稲刈りを始めようと考えているので収穫と両方は無理

それで思い切って胸くらいの高さでカットすることにした。

003_20150813060602249.jpg

両端の背の低いところはそのままで 中の5畝を最初は植木ばさみで切ってたけど

途中から草刈り機をかついで切ってしまいました。

004_20150813060619969.jpg

オクラの実は上中下の三段で生ってたけど、天生りが一番多い

その生長点をカットしてしまうのだから 脇芽が伸びあがってくるまでは

収穫量はかなり減ってしまうはずです。

現在のオクラの価格は70円で横ばい 底値の状態だからこの間お休みして

稲刈り終了後にまた収穫量を増やしていこうと考えてるけど

さて思惑通りにいくのか

下に生ってるのはやっぱり少しは出荷を続けるつもりです。

菜の花(花かざり)の種まき 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

去年は9月18日に種まきした花飾りをお盆に蒔いた。

もちろん稲刈りもまだしてないので田んぼに蒔くわけにはいかず

セルトレイに蒔いて初めての苗づくりとなりました。

003_20150816023023fd5.jpg

田植えの時に使う苗箱に128穴のセルトレイを入れて

土は愛菜1号 大阪から帰ってた弟に手伝ってもらった。

007_20150816023027428.jpg

あとから手で持ってみたけど 今回は種まき器をあらかじめ買っておいた。

RSハンドシーダーと呼ばれるものでハンドルを握ると種が落ちる

穴の大きさを変えて一粒蒔きに設定したけど 1~3粒落ちてたみたい。

005_20150816023025efe.jpg

覆土は篩の一番小さな網目にして愛彩1号を入れ薄くかけて行った。

009_201508160230266a6.jpg

その後出来るだけ細かい霧で潅水

はたして芽が出るのか?

母屋の北側で半日以上日陰になるところに置いたが

芽が出て育っていくのか だめもとでしばらく様子を見ます。


今回の花かざりは中生の品種で 早蒔きするには早生品種がよさそうに思うが

2番目の脇芽が色が薄いので やっぱり花飾りにしてみた。

さてどうなりますやら・・



倒伏した 

カテゴリ:2015年稲作

ずっと晴天が続いていたのに夕べはものすごい雨で警報が出るほどでした。

そろそろ稲刈りの準備を始めようと田んぼに入水を3日ほど前から止めてたのに

水がいっぱいになってしまってます。

出荷用菜の花を栽培してそのまま鋤込んだ田んぼは

部分的に穂首イモチが来てたけど そのあたりから倒伏しました。

273.jpg

我が家のすぐ前の隣の田んぼも部分的に倒伏してます

274.jpg

もちろんV字稲作で今年はあまり出来がよくなかったのに倒伏した。

原因は刈り遅れ 親戚どうして手伝いあうので別な場所の田んぼが熟れてなくて待ってた

コシヒカリは刈取り適期を過ぎると1週間ほどで倒れはじめる

案外刈取りの期間は短いものです。


さて我が家は20日頃から稲刈りを予定してましたが

天気の具合で遅れていくかもしれない。

今年に初めて使った水田除草剤のエグザは全くの期待外れで

どの田んぼも雑草だらけ

275.jpg

最初に雑草が出てきてアイガモンを2回ほど掛けた田んぼも

今ではこんな状態ですからね。


お米に種が混ざる雑草 クサネムとヒエは先に手で刈り取っておかないといけない

しばらくは雑草取りと水田の排水にかかりっきりになりそうです。

乾燥機の準備 

カテゴリ:2015年稲作

ほんとに稲刈りを始めようと思ったら雨ばかり

外の仕事はあまりできないから倉庫を片づけて乾燥機のセッティング

002_20150818040245463.jpg

乾燥機2台体制は無理なところがあり

乾燥機 籾摺り機 選別計量機の順で並べればよいものを

別な乾燥機からも籾を入れないといけないのでこんな形になってしまう

籾の張り込みは去年 左の乾燥機を排出にして入れて

右の乾燥機に張り込むことができたけど

なぜか今年はうまく行かない

右側の乾燥機だけ張り込みの時に移動して入れるつもりです。


今年から選別機の網目を1,75から1,85に変えた

1mm大きくなったからくず米がかなり増えるだろうな

2段選別にして中米を取るつもりだったけどヒエが多いのであきらめた

網目を大きくして食味アップを狙ってますが、どれほど効果があるのかね。

お米に混ざると困る雑草クサネムがいっぱい生えた 

カテゴリ:2015年稲作

雨が降り出したら止まらない 今まで晴天が続いた反動だろうか

おかげで田んぼの水は入りっぱなしでまたぶすぶすになってきた。

稲刈りが始められるんだろうか心配になってます。


新しく引き受けた田んぼはどこも雑草だらけになったけど

一枚は極端に水持ちが悪く 田植え以降水を入れたしながら

なんとか田面が露出しないようにしてたんだけど雑草がいっぱい生えた。

ヒエはクリンチャーで退治してあとはアイガモンを押したんだけど

今やクサネムがものすごい量で生えてしまった。

018_201508200414450c0.jpg

あまり早いうちに刈り取るとまた脇芽が伸びてきて厄介になるので

稲刈り直前に鎌で刈って田んぼの外へ持ち出す

001_201508200414476c0.jpg

クサネムと言うのはねむの木に似てるのでそういう名前が付いてるらしいが

羽根状に小さな葉が並んでるのが特徴

種は豆だからしつこく発芽するし水の中でも発芽して浮き上がり

浅いところに浮遊して育ち始めると言う

土の深いところの種は後から発芽してくるので稲刈りの時伸びあがってから気が付くことがある

003_2015082004144917e.jpg

刈り取って岸に置いた写真だけど サヤができてこれに豆が入ってる

種の大きさが玄米とよく似てるので籾摺り機や選別機で選別できなくて

玄米に黒い粒で混ざる

見た目が非常に悪いから稲刈りの前に徹底的に取っておかないと大変です。

004_20150820041449dc6.jpg

周回刈りの外側8条くらいを先に刈り取った

その部分をコンバインで刈ってから中のほうのは刈った跡に放り出すつもり

なにしろ一人だからなかなか進まないだろうな。


村の人でヒエがいっぱい生えた田んぼがあってシルバーを二人雇って

ヒエの穂だけを抜き取ったらしいんだけど

少し早すぎてまだ稲刈りを始めてないのにまた穂が出てきたらしい。

今度は分げつしてヒエの数が倍増したとか

雑草の撤去も考えてしないとね。

稲刈り開始 

カテゴリ:2015年稲作

天気予報は一日中雨模様だったのに降らない

時々晴れ間もあったから急きょ稲刈りを始めました。


乾燥機の張り込み口より少しだけ高さが低かったグレンコンテナ

毎年軽トラのタイヤに下に敷物をして籾を張り込んでたんだけど

今年はグレンコンテナその物に角材を挟んで高くした。

173.jpg

田んぼは新しく引き受けた小さな田んぼから刈りはじめたけど

水持ちが悪くて困ってた田んぼがなぜか水がいっぱい

162.jpg

それでもまあ 少し高刈りにして順調よくできました。

田んぼは中に入って見よと言うけど 雑草で出来が悪いうえに

穂イモチが来てるところがあり 籾量ではあまり収穫量は期待できそうにないです

163.jpg

イモチの原因は隣の田んぼが全部真っ赤になってイモチが来てたから

それが移ってきたみたいです。

165.jpg

種の入る雑草は手前に手で刈ってあったので雑草ごと刈り取った

順調よく進み1,7反3枚の田んぼを終了し

あのクサネムの多い田に移動

169.jpg

距離があるため 今年は自転車を軽トラの後ろに紐で吊っていった

自転車でコンバインを取に行き あとから軽トラで回収に行く


刈りはじめて少ししてトラブル発生

掻き込み部の突起付きベルトのあたりで藁が詰まってた

一度きれいに取ったけどすぐにまた詰まる

170.jpg

原因は突起付きベルトがプーリーから外れてカバーに噛みこんでたから

この噛み込んだ部分がどうしても外れない

機械屋さんを呼んでもすぐには来れないだろうし

ヒッパラーと言う道具で無理やり引き出した

突起の部分が重なって噛みこんでたから取れなかったみたいです。

再度プーリーに掛けなおしてあとは順調よくできるようになったけど

時間切れ 5時半には孫を学童保育に迎えにいかないといけない


それに籾摺りをしてくれないかと頼んできた方が居まして

夕方に30kgの米袋一杯分してあげた。

実家が岡山だそうで向こうでは自動精米の横に籾摺りも設置されてるそうで

籾保存をしてるところが多そうですね。


そんなわけで乾燥機一杯分 ほぼ満タンにした。

今日は籾摺りをしてからクサネムの撤去 稲刈りができるかね~・・

コンバインが壊れた 

カテゴリ:2015年稲作

忙しくてブログの更新が止まってましたが

やってまっせ 一人農業

朝の5時からオクラの収穫と袋詰め 出荷したのち籾摺り

午後から稲刈り 合間にオクラに追肥など

超ハードスケジュールをこなしております。

コンバインの調子が悪く 1日3反のつもりがその半分しか稲刈りできてない。

まだ3分の2ほど残ってると言うのに台風の影響で朝からドシャ降り

倒れそうなところは先に刈っておいたがどうなることやら。


例のクサネムだらけの田んぼは近所の人に手伝ってもらって

稲刈りしながら刈った後に切り取って放り出した。

001_201508250641496d0.jpg

それでも完全に取れてなかったのか籾摺りしてみると少し黒い粒がある

それで中島の大阪米穀店に色選を通せないか聞いてみたけど

玄米の色選はやってないからと見能林の農家を紹介してくれた。

電話したら1袋500円でやってあげるとの事でした。


あの部分的に倒伏した出荷用菜の花の田んぼだけど

倒れた部分は向かい刈りでは刈り取り部で詰まってうまく行かない

それで横向きに中割をして徹底して横刈りした

014_2015082507163524e.jpg

これで調子よく刈れたんだけど そのあと刈り取り部で再々詰まる

なんども詰まったのを手で取りながら刈ってたけど

結局クボタに見に来てもらった

018_20150825074014e0e.jpg

この前は突起付きベルト(掻きこみベルト)が外れたことを書いたけど 

今度はその次の搬送チェーンが伸びてしまって時々止まってた

手で持ってるあたりが株元搬送チェーンだけど半コマ短くしたけどつなげなくて断念

その上の穂先搬送チェーンも爪がほとんどなくなってるので送る機能がだめになってる

結局部品を引いてもらってから修理と言う事で火曜日の昼からになる

台風も近づいてることから 昨日は強行して詰まりながらも1,4反刈った。


今日は大雨だから籾摺りをするだけで あとはのんびりするか


色選別機を通してきた 

カテゴリ:2015年稲作

今回の台風15号 かなり離れて通過したのに雨と風がすごかった

おかげで農作業は一休み 休養の一日になると思ってたけど

朝から軽の乗用車タントに19袋積み込んで色選に通してもらいに行った。

002_2015082605105063e.jpg

見能林で20町ほどの稲作 これから3町ほどキャベツを植えるとの事で

倉庫の中ではポット苗の準備をしていました。

大がかりの農家ですので営農組合の看板が上がってました。

色選の機械はminapapaさんが持ってるのと同じタイプじゃないかな

ラインはそのままで 籾摺り機から選別機に入っていくところに

玄米を食器のボールですくって入れて行く

19袋が1時間もかからずに終了した。

気にしていたクサネムの種はほとんど入ってなくて

虫食いや籾の付いた玄米が出てきてました。

一応 全部通したので安心して出荷できます。


昼からはコンバインの修理を少し手伝った

搬送チェーンは新しく変えたので案外簡単に入れ替えることができたが

刈刃のベアリングが取れない

刈刃は横に動くけど コンバイン側は円盤が縦に回転してそれにベアリングが付いてる

回転運動を横向きに変える部分だから消耗が激しいんだろう

刈取りに入れるとガチャガチャいうときはこのベアリングが傷んでる

ベアリングを止めてるボルトが摩耗してプラスのドライバーが噛まず

叩いて緩めた。

ベアリングはもちろんバラバラになってたけど軸に入った部分が抜けない

サンダで擦って何とか外した。

さてこれで快調に稲刈りが出来るんだろうか

残り1町分 頑張りまっせ・・

への字よあなたは強かった 

カテゴリ:2015年稲作

今回の台風 九州の方へかなり離れて通ったのに

雨と風はすごかった。

014_20150827045511e6f.jpg

だいぶ後から植えたV字稲作の田んぼはまだ青いのに全体に倒れています

009_20150827045513cfb.jpg

こちらもV字の田んぼ それほど出来がよくないのに部分的ですが

根元からポッキリ折れる挫折倒伏ですね。

品種はコシヒカリのようです。

それだけ台風の勢いが強かったと言う事でしょうか。


さて我が家ですが

006_20150827050210342.jpg

全体に北に向いて傾いてしまいましたが 倒伏には至っていません

010_20150827050214ad8.jpg

我が家のオオジもなびいていますがこれだけの穂が付いてたら仕方ないです

007_201508270502124c2.jpg

よく見ると株元から傾いてる根こそぎ倒伏に近いです

終盤に用水の藻が繁茂して水はけが悪く 田んぼに水が入りっぱなしになったからで

田んぼはまたぶすぶすになってしまってた。


疎植にして元肥をやらない

これで倒伏の心配をしなくて済む

やっぱりへの字にしてよかった。


さてコンバインの修理も終わったし ガンガン刈るぞって始めたら

畔際を半分行ったらコンバインの刈り取り部が突然動かなくなった。

クボタに電話したけどなかなか来れないとの事

自分で原因を探したら

017_201508270511358c1.jpg

引き起こしチェーンが切れて 引き起こし爪が噛みこんでた

自分でばらしてヒッパラーで引っ張りながらチェーンも外した

チェーンをつなぐ部品がないので若木機工で買ってきたけど合わない

そのうちクボタから修理に来てくれてなんとか直った。


田んぼはもちろん水浸しだけど少し高刈りで快調に稲刈りが出来ました。

018_20150827051801c3e.jpg

田んぼはかなり練ってるのが分かるでしょう

それでもなんとか目標の3反は刈れた

023_20150827051804730.jpg

最後に乾燥機の繰り上げ部で籾が詰まって足元にいっぱい出てきた

これもきれいに掻き出して 何とか動くようになったけど

まあ 古い機械だとトラブルが多いですね。

雑草が多いとコンバインの2番が詰まる 

カテゴリ:2015年稲作

毎日忙しくしていますが目標の3反は稲刈りと籾摺りこなしていますよ。

16馬力のコンバインで半日3反はかなり過酷です。

修理屋さんに田んぼの耕作面積にしては機械が小さすぎるとか言われた。

でもまあトラブルがなければ刈れてます。

畔際はゆっくりでも中の往復刈りはすっ飛ばして刈ってますから

またコンバインロスが多くなるかもね。

天気が良いので稲はよく乾いていますが、雑草は脱穀を通るとかなり湿っぽい

コンバインは籾だけを送る1番ラセンと

籾と藁や枝梗が混ざったのを再度脱穀に戻す2番ラセンがあるようで

この2番に雑草の湿った細切れが多く入ると流れが悪くなって詰まる

コンバインのエンジンが重くなって刈り取り部やカッターに異常がなかったら

この2番の詰待ってる場合がある。

002_20150830053230dce.jpg

我が家のコンバインはクボタのSRーJ6だけどグレンタンクの奥にある

001_20150830053232c5f.jpg

掃除口を開けて何度かクラッチを入れてやると詰まったものが出てくる

エンジン音が軽くなるまで回してから元通りにした。

何度か詰まったけどグレンタンクを空にしないと外せないので

そのたびにバックしていって籾を排出していました。


006_20150830054239e1a.jpg

水の落ち口のない田んぼは今でも水が溜まってますが思ったほど倒れてなくて

少し高刈りで雑草さえなければ快調に稲刈りが出来てました

009_20150830054237e0c.jpg

スピード2速から3速で刈ったからかなりの量が扱ぎ胴に入ってます

005_201508300542418ca.jpg

妹に雑草の撤去と畔際や隅の手刈りを頼んでます。

そういえば すっ飛ばして刈ってるとカッターでも藁を切るのが追いつかないのか

詰まることが何度かあった

012_20150830054240f92.jpg

ベルトを外してカッター部を開くことが出来るから簡単に掃除が出来る

前は後ろから一生懸命藁を引っ張り出してましたからね

ブログ読者に教えてもらって分かったことだけど

これくらいは常識なんだろうね。

とにかく カッターの詰まりもそんなに苦にならなくなりました。


さてあと一日でようやく終わりそうですが 昨日はお寺の総代会で稲刈りが出来ず

今日からずっと雨模様だし 天気だけは仕方ないかね・・

雨の合間の稲刈り 

カテゴリ:2015年稲作

あと1日で稲刈りも終わりと言うのに朝から雨

5日間くらいはずっと雨マーク

それでヤフーの雨雲ズームレーダーでチェックして

午後からの晴れ間に出来るところまで刈った

少し風があったので稲穂は乾いているようだったが葉に水玉が付いてました。


案の定2番で2回ほど詰まったけど手慣れたもんでさっさと直したが

3回目はいつものところで詰まってないのにエンジンが重い

009_2015083107214545c.jpg

2番出口付近から熱で少し煙が出たので扱ぎ胴を開けてみた

005_20150831072143ea2.jpg

中は意外ときれいだったけど 受け網を外してみた

受け網は上にずらすと外れる

006_20150831073251adf.jpg

先のとがったものでこねてずらした

008_20150831072147a0e.jpg

あまりに湿ってるとこの受け網と下の鉄板の間に藁シブがいっぱいくっついてるけど

今回は全くついてない

ただ2番吹き出し口の奥の方で雑草や藁が固まっていました

それでシノでつついてほぐしながら鎌で切った


元通りにして脱穀のクラッチを入れるとエンジンは軽く回り始めた

その後は軽快に稲刈りが出来たんだけど

いつも通り畔際を2条ほど残して あとから逆刈りするときに

前に刈って落とした藁がデバイダーの下に溜まって

そのまま刈り進めるとどんどん溜まってしまう

010_201508310746444af.jpg

刈り取り部を持ち上げ いったんバックして

012_20150831074647ccb.jpg

デバイダーの先で押しながら中の方に押し出しておく014_20150831074647d57.jpg

これで藁が邪魔にならずに畔際も刈り取ることが出来ました


なんとか半分刈ったけど夕方からまた別な用事で中断

また今日も雨だから いつになったら終わるんでしょうかね。

≪前月 |  2015年08月  | 翌月≫

ブログパーツ