5月30日観測点の様子 

カテゴリ:2015年稲作

忙しくて記事を書くのが遅くなったけど

一応1週間ウオッチングは記録を取ってました。


田植えから33日 吉田の田んぼ(右)
019_20150601024039dad.jpg

キシュウスズメノヒエが少しはびこってきました

広がると厄介ですがなかなか取る時間がない。

020_20150601024041bfc.jpg

左から 1本苗 2本→3本 2本苗 5本→11本 3本苗 7本→12本

草丈 20cm→25cm  カラースケール 4.0→4.5

葉齢 5,1葉→5,7葉

葉齢は葉っぱに書き込んだのが消えてしまって定かでなくなった。

今回も筆ペンで書いたから消えるかもしれない。


田植えから36日 石田の田んぼ(右)
023_20150601024042db2.jpg

3日ほど水を入れずにひっつかせてから深水管理切り替えた

しばらく茎数が増えすぎないようにするのと株の開帳を促す

024_201506010240444d0.jpg

左から 3本苗 7本→9本 1本苗 1本→3本 2本苗 3本→4本

草丈 19cm→25cm カラースケール 4.0→4.5

葉齢 5葉→5,5葉

茎数の増え方を見て水をもっと深くしてもよいかと思う

6月15日ごろで目標茎数の半分程度に持っていきたい

少なくしておけば少しだけ硫安を入れられると思う

026_201506010306253f6.jpg

今年もイネミズゾウムシは大暴れで

カラースケールの下の方 めちゃくちゃ葉っぱをかじってます。

毎年の事だから気にはしてませんけどね。

小干ししてから深水にした 

カテゴリ:2015年稲作

最近は毎年悩まされるアオミドロと表層剥離

村では多くの方がモゲトンを使って水をすっきりさせてますが

我が家は出来るだけ農薬を使いたくない

べつにアオミドロが発生しても稲を倒さなければ問題ないのですが

水を深くすると苗にからみついて倒してしまうから厄介です。

これから株の開帳を促すために深水にしたいから

3日ほど水を入れずに水がほとんどなくなるまで辛抱しました。

012_201506020631123f7.jpg

小ひびが入ってるけど 表面だけで土はしっとりとしてます。

アオミドロは水が古くなると発生するので、ここまでひっつかせて

水を入れ替えてやるとしばらくは発生を抑えられる。

014_201506020631161a7.jpg

その後 ざっぷりと水を入れてやりました

これくらい深くしないと深水管理にならない。

苗が小さいうちは深水にすると野萎えてしまって

根っこの発達が極端に悪くなり その後の生育にずっと影響する

だけどこれくらいからは深くしても苗は平気で成長を続ける。

水から早く抜け出ようとするから分げつするより上に伸びる

大柄な苗になり あとから出てくる分げつも大柄となる

そして株は開帳型になるからおもしろい。


015_20150602063115b86.jpg

小干ししたせいか色がかなり濃くなってきたので

しばらくは深水を続けて茎数を抑制する

8葉くらいから太い分げつをいっきに増やすもくろみだけど

さておもいどおりにいくんかな~・・

オクラがドカ生りした 

カテゴリ:オクラ

収穫開始してから2日ほどは一人で収穫と袋詰め出来てたけど

3日目になるとそれの5倍の量が採れた。

近所の方と妹に袋詰めを頼んで1日中収穫作業

006_20150604010141c35.jpg

この量 半端じゃないっすよ

まだまだ採りましたからね。


今日は農協で オクラ栽培の講習会があるのは分かってたんだけど

現地見学と言う事でたくさんの人が見に来た

013_2015060401014318d.jpg

写真には入りきらないけど 車がずらりと並んでました

みなさんに褒めてもらって鼻高々でしたわ。


さていつまでもは続かないと思うけど しばらくはオクラにかかりっきりになるでしょう

6月6日観測点の様子 

カテゴリ:2015年稲作

忙しくてブログの更新もままらなずですが

記録だけは残しとかんとね


田植えから50日 吉田の田んぼ(右)
023_201506062347265bd.jpg

この田んぼは深水にあまりできなかったから 株が開かずぞっくり型になってる

オクラの残差だけだから有機窒素の発現も遅いようです

024_20150606234728925.jpg

左から 1本苗 3本→5本 2本苗 11本→14本 3本苗 12本→18本

草丈 25cm→35cm  カラースケール 4.5→4.5

葉齢 5,7葉→6葉

今回も葉齢がはっきりしない

茎数の増加も少なくて への字追肥の頃少し硫安を施肥しようかと思ってます


田植えから43日 石田の田んぼ(右)
017_2015060623473136c.jpg

ほぼ同時に植えた隣に比べると極端に茎数が少なく

これで米が取れるんかちょっと不安になってますが

今は茎数が少ないほど後から対処しやすい

鶏糞が効いてこなければ硫安を追肥するつもりです。

019_20150606234730b05.jpg

左から 3本苗 9本→16本 1本苗 3本→5本 2本苗 4本→10本

草丈 25cm→39cm カラースケール 4.5→4.5

葉齢 5,5葉→7,1葉

カラースケールはまだ上がってこないけど茎数は少しづつ増えてます

草丈がかなり伸びあがったのは深水のせいだと思う

苗は息苦しくて伸びあがるらしい。


018_20150607000440ce1.jpg

すぐ横の我が家の耕作田と隣を比較したけど かなりの差がある

いつもならもう少し追いついてるんだけど

はたして出穂までに増えてくるのか?

鶏糞の量は計算通りなんだけど やっぱりちょっと不安です。

農業委員に立候補した 

カテゴリ:未分類

3か月ほど前に毎月配られてくる阿南市の広報に

農業委員の立候補について告知がありました。

以前に父親が農業委員をしていたのを思い出して

仕事も退職してることだし立候補することにして準備を進めていました。

準備と言っても簡単で、ひまわり会館2階の選挙管理委員会で届け出用紙をもらい

一緒にもらった選挙の手引きや用紙の書き方を参考に記入して

戸籍抄本を添えて5月28日に事前審査に提出

問題ないことを確認してもらい 告示日の6月7日に

立候補の届け出を出してきました。

004_20150608045052803.jpg

実際の受付会場は物々しい雰囲気で写真には撮れませんでしたが

意外と簡単に受理してもらって届け出を完了

夕方に選挙になるかどうか問い合わせたところ

私の選挙区(長生・中野島)では定員を1名オーバーで選挙と言う事になりました。

さて気軽な気持ちで立候補の届け出を出したけど

選挙運動をどうしようかね・・

投票所では立候補者の名前は掲示されてないらしいので

事前の選挙運動をしておかないと当選は無理なようです。

オクラに追肥と葉面散布 

カテゴリ:オクラ

いつもならドカ生りした後は調子が低迷して収穫量は減るんだけど

今年は最近まで好調のまま収穫量も多めで忙しくしておりました。

それこそこんな調子が続いたらオクラ御殿が建つか体力が尽きてしまうか

でしたが、やっぱりいつまでもは続かないようでちょっと落ち着いてきた。

スナップショット 4 (2015-06-11 6-34)

まだこんなに実をつけてるけど花の数が減ってきた

身分不相応に実を生らすとオクラの樹自体の存続が危険になると考えるのか

花がつぼみのままで落ちてしまうんです。

スナップショット 3 (2015-06-11 6-34)

手で持ってる先の方はつぼみのまま落ちてしまう運命です。


オクラに生り癖をつけたら追肥が必要

追肥のタイミングが難しい 今回は遅すぎた

スナップショット 6 (2015-06-11 6-47)

肥料はいつものNK808 窒素とカリが18パーセントづつ入ってる

実際に追肥したのは6月5日 効いてくるのに1週間はかかるでしょうし

畝の肩にやったから根っこから遠すぎて効果が薄いかもしれない

それで葉っぱからも養分を吸わせてやろうと葉面散布もしました。

スナップショット 2 (2015-06-11 6-29)

いつものメリット青 生育促進、葉色改善、樹勢強化に効果がある

3日おきに3回くらい続けると効果があるらしい。

虫食いによる曲がり果が増えてきてたので殺虫剤と混ぜて散布しました。

殺虫剤は今年からオクラにも適応になったプレバソン

大きな害虫にも効果があるとの事で期待してもよさそうです。


さて収穫量は回復してくるのか

あまり忙しいのも困るんだけどなあ・・




 感動的効果!プレバソン フロアブル5 250ml 

農業委員選挙は厳しい状態です 

カテゴリ:未分類

仕事も退職したし農業に真剣に取り組み始めたのを機会に

農業委員に立候補したものの、いざ選挙となると難しい。

ブログ読者で阿南市内の中野島地区(横見町 柳島町 上中町)と

長生地区の方はぜひとも応援よろしくお願いします。

今度の日曜(6月14日)が投票日で

中野島地区は中野島総合センター 長生地区は長生公民館が

投票所で 午前7時から午後8時までの時間です。

投票できる方は10アール以上の農地を耕作し

毎年春に申請して選挙人名簿に搭載された方ですので

6月8日頃に投票所入場券が送られてきているはずです。

投票用紙に記入する立候補者名は名字だけでも有効ですので

「中田」とだけ書いていただければ大丈夫です。


さて特別職の地方公務員と位置づけされる農業委員とは

いったいどのような事をするのでしょうか


農地等の利用関係の調整、農地の交換分合その他農地に関する事務を執行する

具体的には 農地の地目変更(宅地に変更したりする)などは農業委員会の許可が必要

農地の貸し借りに関する利用権設定などがあげられる


そもそも農地とは国民の大切な食料を生産する公共的な役割もあるわけで

それを勝手に売買や地目変更など無秩序に行われないように

農業委員会の許可が必要になっているわけで

個人の資産でありながら制約があるので農地に関しては

固定資産税などがかなり低く抑えられているわけです。


中野島地区 長生地区 で一つの選挙区になっているけれど

各町から一人づつならバランスよくできるのに

阿南市が那賀川町と統合になった頃にこの選挙区の定数が減らされた

おかげで我が町の柳島町からは一度も農業委員が出ない状態が続いている

任期3年がすぎれば 各町で持ち回りにすればよいようなものの

それがなされずにわが町は空白の状態が続いていたらしい。

選挙に入ってからだんだんと中身が見えてきたので

がんばるっきゃないっしょ・・




V字はウサギ への字はカメ 

カテゴリ:への字稲作

忙しくしてて稲もほったらかしになってたけど

今年の出穂予測は7月25日頃と考えています。

今日で出穂43日前 硫安一発のへの字稲作では追肥の頃ですが

よその稲はどんどん分げつして条間が見えなくなるほどになってます。

011_2015061222372142f.jpg

今は元肥の窒素が切れてきて葉色が薄くなり 中干しで茎数の増加を抑えています

ちょうどウサギとカメのレースで最初からすっ飛ばしたウサギが休憩してるところかな


我が家のへの字稲はなかなか茎数が増えてこなくて

さすがに自分でも心配になってきて追肥が必要かと考えているところでした。

009_20150612223723423.jpg

ところが最近は急に葉色が濃くなって 分げつも進んできてます

茎数が増えてきてこの状態ですからね。

鶏糞の肥効は判で押したようにタイミングよく効いてくるもんです。

葉色が上がってくると茎数も追いついてくると少し安心してます。

010_201506122237255ac.jpg

現在 これくらいの茎数で目標の半分くらい 15本くらいでしょう

さいしょからゆっくりと成長してきたへの字稲はのっしのしとレースをこなすカメのようです。

012_20150612223726208.jpg

V字稲は混み合っていかにも多収できそうに見えるけど

稲刈りの頃には茎数は半分くらいに減ってきます。

毎年の事だから分かりそうなもんですが、百姓はこの姿に満足するんですね。


さてマイペースで成長を続けるへの字稲

最終のゴールでは逆転優勝して見せます。

中期に賑わしいだけの草イネ(穂が付かないから草イネだよ)に

負けるはずがないですからね。

6月13日 観測点の様子 

カテゴリ:2015年稲作

さていよいよ出穂45日前を過ぎましたが

今年は鶏糞のみの施肥で乗り切れるかどうか思案してるところです。


田植えから57日 吉田の田んぼ(右)
005_20150613205418cc2.jpg

隣は中干しをしてる最中で 畔際の株はかなり黄化してます

中干しの理由ですか 聞いてみたら稲刈りの時にコンバインが動きやすくするんだって

ちょっとちがうんだけどなあ

006_2015061320541902b.jpg

左から 1本苗 5本→5本 2本苗 14本→20本 3本苗 18本→25本

草丈 35cm→49cm  カラースケール 4.5→5.5

葉齢 6葉→7,8葉

草丈はこれから節間伸長を始めるので急に伸びてきます

カラースケールも1スケール上がりましたが

まだ物足りず 硫安の追肥をしました

明日にでも別記事で書いてみます。


田植えから50日 石田の田んぼ(右)
002_20150613205414926.jpg

若干茎数は追いついてきましたが まだまだ物足りません

ただ葉色が上がってきたのでこれから次第において付いていくでしょう

003_20150613205415a5b.jpg

左から 3本苗 16本→23本 1本苗 5本→10本 2本苗 10本→11本

草丈 39cm→561cm カラースケール 4.5→6.0

葉齢 7,1葉→8,2葉

草丈が伸びあがったのはかなり深水にして続けたせいだと思う

茎数の増加も2本苗がほとんど増えてないのも深水のせいかもしれない

田んぼの中を歩くとものすごく泡が出てくるので鶏糞の分解が進んでるんでしょう

カラースケールもかなり上がってきました。

004_201506132054169cc.jpg

いつも撮ってる違う場所での隣との比較でも

かなり茎数が増えてきて少しは見やすくなった感じがしますが

これの倍近くは増えてほしいところです。

これからの分げつは太く充実したものだからすべてに穂が付くはずですからね。

水田除草剤 シリウスエグザは期待外れ 

カテゴリ:雑草

去年は田植え同時散布で「半蔵」を使ってほとんど雑草は生えなかった。

水持ちの悪い田んぼでも効果があるとの事で満足の結果だったんだけど

今年はたまたま農協で見かけた「シリウス エグザ」を使ってみた。

雑草図鑑の小冊子が気にいったから

同じ除草剤を使い続けると雑草に抵抗性が出来ることも考えての事でした。

水管理もしっかりと4日間は田面が露出しないようにしたのに

あちこちで雑草が生えてきた。

003_20150614164339314.jpg

新しく引き受けた田んぼは水持ちが悪かったけど

4日間は水を切らしてはないのに

やっぱり生えてしまってます。

002_201506141643368c5.jpg

ヒメミソハギとクサネムも少し生えてる

006_20150614164339b82.jpg

こちらはもっと水持ちが悪かった田んぼ

水を毎日追加してたからか いろんな種類がびっしり生えてるところもある


以前から作ってる田んぼも去年と同じようにしてるのに

016_201506141715076f6.jpg

アメリカセンダングサがいっぱい生えてしまった。

024_20150614171811184.jpg

こちらもきっちりと水を入れてたのにオモダカが一面に生えてしまいました。


さて除草剤は成分数が多いほど長く効くらしいのですが

一つ一つの成分量が少なくなってしまい 効きが悪くなることがあるらしい。

シリウスエグザは4成分だから 成分量が低すぎて効果が悪かったのかのしれない。


それにしても去年の半蔵とは大違いの結果となりました。

手で取るには限界がありますが 小さくて数が多いのはアイガモンで

大きなのは手で取っていきますか・・・

農業委員選挙は惨敗でした 

カテゴリ:未分類

選挙に立候補するなど生まれてこの方一度だけでした

中学校の生徒会会長 その時はみごと当選しましたけどね。


今回は急に思い立って立候補することにしたものだから

誰にも相談や協力の申し入れなどしてなかった。

農業委員の立場の重さが程よくわかってなかったのがいけなかったのか

今回 応援して投票してもらった方には非常に申し訳ないですが

ほかの候補に対して6分の1程度の得票しかできませんでした。


かなり前の話になりますが 今は他界した我が父親

農業委員を長く務めたのですが 今になって聞いてみると 

立候補したときは地域の実行組長が一緒に各家庭を回って

地域一丸となって応援してくれていたみたいでした。

自分一人で突っ走ってうまく行くはずのないレベルです。

今になって親父のすごさを実感してます。


ブログ読者やフェイスブックからも応援して投票してもらったと思う

頼んで回った以上に票が入っていましたからね。

どうも投票してもらった方 ありがとうございました。


さて農業委員の任期は3年

次回はどうするかって?

次は選挙にならず 市からの指名制になるとのこと

3年後の情勢をみて考えますかね・・

オクラの病気 葉すす病 

カテゴリ:オクラ

最初はドカ生りして少しは落ち着いてくれないと身が持たないと思ってたけど

今や収穫量はがた落ち 400袋から130袋くらいまで落ち込んだ。

原因は樹勢を弱らせすぎたからで花がつぼみのまま落ちたりしてる

その上に病気が発生 下葉ににこげ茶色の斑点が出来てるなと思ってたら

どんどん上の葉に広がって その葉は落ちてしまうから厄介です。

004_201506160422511bd.jpg

葉っぱが茶色くなってるのが見えますかね

下に葉っぱが落ちてるけど 別に切り落としたわけじゃなく

病気で自然と落ちたものです。

005_20150616042252de1.jpg

こちらの葉は元気そうに見えるけど 下の方に縁が巻いてる葉っぱがある

こうなると落葉してしまうんです。

対策としては殺菌剤のトップジンをやりました。

浸透力があり植物体に侵入してる病原菌をやっつける

即効性と残効性を兼ね備えてるとの事。

もちろん樹勢回復にメリット青と混ぜてやりました。


さてオクラの値段はどんどんと下がってきてるし収穫量も少なくなってきた

今年は思惑通りの採算にならないかもね。


硫安を追肥した 

カテゴリ:2015年稲作

さあ 出穂40日前になってきました。

田んぼに入れた鶏糞の肥効はタイミングよくじわじわとかつ

大胆に効きはじめました。

015_201506161751185b6.jpg

篠原の田んぼ 色が濃くなったかと思うとかなり分げつが進んできた

017_201506161751199bb.jpg

春に出荷用菜の花を栽培した木村の田んぼは鶏糞は入れてないけど

いちばん色が濃くなってきてます。


たくさんの田んぼがあるから出来の悪いのもある

013_2015061617511650f.jpg

窪地は色は濃くなってるけど茎数がまだだいぶ少ない

生育のばらつきがかなりある

014_20150616175116cf6.jpg

手前の方は色は濃くなっているものの茎数がかなり少ない

そういう傾向のある田んぼがかなりあるので

生育の悪い田んぼに分げつの少ない所に硫安を反当10kg程度追肥しました。

全部の6割くらいの田んぼに施肥してしまった。


さて鶏糞がまだまだ効いてくるとしたら過剰施肥になるかもしれない

お米はよくできるほど粒が大きくなりおいしくなると考えています。

最後に青垂れてしまわなければ 多収してお米も美味しくなる

理想はそうなんだけど 思い通りにはいかんだろうな・・・

オクラにトミー液肥をやる 

カテゴリ:オクラ

収穫量がどんどんと落ち込んできたオクラ

葉すす病で葉っぱが落ちてしまった上に肥料が効いてこない

オクラの樹勢は葉の切れ込みが深いと弱いんですが
002_201506180329556e1.jpg

どの樹もこんなように細い葉っぱになってきてます。

肥料のNK808は10日に1回のペースで施肥してるけど

畝の肩にやってるから十分吸収してないかもしれない

003_201506180329584c5.jpg

花の数が極端に少なくなってるでしょう

それで液肥をやることにした。

ハウス栽培でよく使うトミー液肥

004_2015061803295785f.jpg

動噴が壊れてるので ジョロ薄めて(200倍)やったけど

006_2015061803300067f.jpg

時間がかかるばかりで能率がかなり悪い

いよいよ動噴が必要になったと少し前にネットで注文してあったのが届いた

009_20150618034153188.jpg

洗浄動噴 農機を洗えるくらいの能力があって しかも薬剤の散布もできる

最近はエンジン式の洗車機が5万円くらいで出てるけど

洗車機の場合は真水しか使えないので 値段は倍するけど洗浄動噴にしたわけ。

010_20150618034155dac.jpg

農家の店よりもネットの方が1万円くらい安かったので楽天で購入

ハンドルを取り付けるだけで組み立て完了だけど

エンジンオイルとポンプのオイルは自分で入れないといけなかった。

010_201506180341550f5.jpg

オクラ畑に移動 やっぱり新車は調子が良い 十分な水量が出る

008_20150618034158b69.jpg

鉄砲ノズルの先に先を切った古いゴム手袋をつけて

オクラの根元に液肥をやった。


さて粒剤に比べて即効性があると言うけど効いてくるんだろうかね。

1週間に一度のペースで何度か続けてみます。




サツマイモのツルを切って植えた 

カテゴリ:野菜作り

サツマイモのツルを借り植えしてからほったらかしになってました。

003_20150618164716d46.jpg

雑草がいっぱいですが 無事に根をおろしツルもだいぶ伸びてます。

少し時間が出来たのでツルを切って 植えました。

004_201506181647167a0.jpg

ほんとは切り取ったあと一晩置いてから植えると

サツマイモのツルは親から離れたのを自覚してか 活着がよいみたいですが

去年は切ったすぐに植えても問題なかったので

今回は忙しいからそのまま植えました。

サツマイモは活着が命 葉が枯れずに根を下ろすと

根っこがひげ根にならず大きな芋が取れる

だから 必ず雨降りを狙って植えてます。

006_201506181647162d6.jpg

葉を3枚付けて切り マルチを切って水平に植えます

010_201506181647182ed.jpg

こんな感じで茎を埋め込んで葉っぱを出しておきます


借り植えの苗が伸びるのが間に合わないといけないと思い

去年の食べ残したサツマイモをそのまま埋めてみたら

009_20150619075906c8b.jpg

葉色は薄いですが こんなかんじで茂ってきました。

芽の出ない芋もあったんですが

008_20150619075908d97.jpg

下の方に向いて芽が伸びてたみたいで

種イモを植えるときは上下を意識して植えた方がよさそうです。


012_20150619075908995.jpg

こちらは農家の店で買ってきたツルですが バイオ苗とか書かれてた

調子よく活着してます。


さて時間が取れれば後二畝くらい植えてみたいけど

天気も雨模様で出来ないかもね。

関連タグ: サツマイモ,

6月20日 観測点の様子 

カテゴリ:2015年稲作

最近は雨の日が多く 水はほとんど入れてません

硫安の追肥で田んぼの中を歩くとかなり柔らかくて

これから先 根こそぎ倒伏の可能性があるので

小ひびが入るまで入水を止めようと思ってます。


田植えから64日 吉田の田んぼ(右)
009_201506201658377e2.jpg

隣は中干しを続けています 元肥の窒素が切れてきてますます黄色くなってます

010_20150620165838e7c.jpg

左から 1本苗 5本→10本 2本苗 20本→37本 3本苗 25本→43本

草丈 49cm→61cm  カラースケール 5.5→6.5

葉齢は筆ペンで書いたのが分からなくなりました

やっぱり油性マジックで書いた方がよいみたい

2本苗と3本苗がかなり茎数が増えてますが写真ではそれほどに見えないですね


すぐ南側の出荷用菜の花を栽培してた田んぼ 下から2枚目
011_2015062016584036a.jpg

淋しいところに硫安を追肥してますが 

我が家の田んぼはみんなこんな感じで色が濃くなってます

周りがラグ期なのでよけいに濃く見えます

への字栽培ではこれくらいどぎつくないと多収できない


田植えから50日 石田の田んぼ(右)
015_20150620171204f03.jpg

まあ我が家の今年の雑草の多いこと 除草剤は安易に選定しないことだね

こちらも隣より色がだいぶ濃くなってますが

かなり深水にしてたので茎数はそれほど増えてません

016_20150620171206b61.jpg

左から 3本苗 23本→32本 1本苗 10本→17本 2本苗 11本→17本

草丈 56cm→64cm カラースケール 6.0→6.0

葉齢 8,2葉→9,2葉

こちらは葉齢を書き込んだのが残ってました

今出始めてる葉から

節間伸長(分げつ芽にならず節を作りながら上に伸びる)が始まるはずです


そういえばすぐ近くの田んぼで麦を植えてたのを最近刈り取ったと思ったら

002_20150620172435927.jpg

今頃田植えをしてましたね

ちょうど話が出来たので 品種を聞いてみると

「アキダワラ」との事で 飼料米の奨励品種で産地交付金がもらえる

大農家は考えてるねえ 麦でも補助金があるんだろうな



条間が見えなくなってきた 

カテゴリ:2015年稲作

まだ全部の田んぼではありませんが 

あれほど分げつが少なく淋しかった我が家の田んぼは

条間が見通せなくなってきました。

出荷用菜の花を栽培した田神の田んぼ(右)
004_20150622080633e96.jpg

となりのV字稲作と見た目は変わらなくなりました。


我が家の田んぼはかなり茎数が増えたように見えますが

真上から見ると

007_20150622080634e2e.jpg

こんな感じで パラっと開いてるから空間がだいぶあります

平均的茎数は30本くらいでした。

まだ出穂までに30日近くありますのでもっと増えるかもしれない

坪37株だから目標は32本程度

株間30cmですのでちょうど30cm角になってるから15cm横に伸びると

となりの株と根っこが喧嘩を始めるので 

この時期からは ぴたりと分げつが止まるかもね。


左の田んぼは株間21cmで植えてたから坪50株のようです

009_201506220806363b9.jpg

真上から見るとかなり込み合ってますね

茎数を読んでみると 25本ていどでした

みるからに窮屈そうですね。


さて受光体制はもちろん我が家の田んぼが有利でしょう

あとは1穂の籾数がどれだけになるか?

これによって収穫量は大きく変わってくるはずなんですがねえ・・

遅くなったけどジャガイモの収穫 

カテゴリ:野菜作り

忙しくしてたけどようやく時間が出来て遅まきながらジャガイモの収穫

いつもなら茎が枯れてきたらすぐに掘ってたけど

今回はかなり遅くなってしまった。

スナップショット 1 (2015-06-23 18-36)

茎が完全に枯れてるのは抜きにくいので鎌で刈り取ってから

マルチを剥がしました。

黒マルチのおかげで畝の表面に芋がゴロゴロしてるけど

どれも青くなってなかった。

スナップショット 2 (2015-06-23 18-39)

芽掻きも全くしなかったけど 大きな芋がいっぱいあったよ。

スナップショット 3 (2015-06-23 18-42)

どれもきれいな芋でしょう

動画にしてみました。



オクラにテントウムシダマシ 

カテゴリ:2015年稲作

最初のドカ生りの後遺症が続いております

メリット青の葉面散布は雨の合間をぬって3日に一回

トミー液肥も1週間に1回だから2回目をやって少し経ちます

葉すす病はなかなか回復してこなかったけど

ようやく新葉に病気がうつらなくなった。

遠目で見ても頼りなかったオクラ畑はなんとか色濃くなり始めました。

034_20150625032428782.jpg

まだ花の数は少ないですが、もう少しで咲きそうな蕾がだいぶある

035_20150625032428623.jpg

これからまた忙しくなるでしょう


毎年 オクラの実に穴をあけて悪さをするオオタバコガの防除を

今年は早くからやったのに実の曲がったのがよくある

指導員に見てもらったらカメムシかもしれないと言われてたんだけど

ようやく見つけました。

005_20150625032431b46.jpg

写真では2匹しか見えないけど 5~6匹が花にたかっておりました

小さい虫だからよくわからなかったんですが 

ほかの花にはもっと大きなのが居ました。

010_20150625032429f24.jpg

写真を撮って指導員に見てもらったら「テントウムシダマシ」との事

甲虫類だから前回にやったプレバソンはこれには効かない

スタークル顆粒水和剤をやるとよいと言われたので2000倍で散布した。

もちろん葉面散布も続けるつもりで 今回は尿素を500倍で混ぜてやりました。

026_201506250324312cb.jpg

花のときに被害を受けるとこんなに曲がってしまいますからね。


そして曇りの日が多いと今の時期によく出るのがイボ果

032_20150625034712960.jpg

オクラの実にイボができてるでしょう

これなんかは少ない方で

033_2015062503493872b.jpg

こんなのは大きくなると全体にイボが出来る

これと言って対策はないようで 急激な肥効の変化を避けるくらいしかない

それで我が家では イボの出来そうな実を小さいうちに切り落とすことにした

どうせ収穫しても出荷できないのだから先に切ってしまった方がよい


現在の収穫量は去年の半分以下

忙しいのも困るけど 暇なのはなおさら困る

嫁に言われたように やっぱり百姓にはむいてないのかね~~・・




マキさんから情報を頂きました

写真の虫はアオクサカメムシの幼虫のようです。

タイトルは書き替えませんが訂正しておきます。

への字稲の根 

カテゴリ:への字稲作

さて出穂まで1ヶ月を切りました

への字稲作では最初に肥料をやってないので

稲の根っこは肥料を求めて深く伸びる

実際のところはどうなのか? 掘り上げて調べてみた

スナップショット 7 (2015-06-26 10-27)

スコップで広めに掘り上げ 田んぼの中で洗いながら泥を落とした

隣の田んぼも頼んで掘り上げさせてもらい 比べてみた。

スナップショット 9 (2015-06-26 10-35)

隣の慣行栽培のコシヒカリは根っこの長さ15cm

我が家のへの字栽培のコシヒカリは30cmでした。


スナップショット 10 (2015-06-26 10-35)

根っこの色も 隣は茶色いのに比べ

我が家のへの字稲は白くて太い根でした。


さて茎も根も十分充実した稲に育った

まだすこし成長を続けるだろうから

根っこももっと深いところまで伸びるかもしれんなあ・・


今回は動画も残しました。


6月27日 観測点の様子 

カテゴリ:2015年稲作

今年の天気は雨が降ってもドカ降りはあまりない

天気予報では雷を伴って激しく降るでしょうなんて言っても

たいしたことないのが多いね。

やっぱし 朝降りと女の腕まくりだわ。


田植えから71日 吉田の田んぼ(右)
004_20150627175558555.jpg

この田んぼは去年オクラを栽培してその大量の残差を鋤込んだ上に

色の薄いところに硫安を入れたんだけど

田んぼ全体に濃い色のままになってます

005_2015062717560130f.jpg

左から 1本苗 10本→15本 2本苗 37本→46本 3本苗 43本→44本

草丈 61cm→76cm  カラースケール 6.5→6.0

3本苗があまり増えてないのはこれが限界の本数と言う事でしょうか

数え方でも2枚出葉か3枚出葉を1本に数えるかで変わってきます。

カラースケールが少し落ちてくれたので安心です

稲は出穂の準備をする頃 葉色が少し褪めないと後で登熟に影響する

人間でも満腹でお産する人はいないでしょう


田植えから64日 石田の田んぼ(右)
007_201506271756035e1.jpg

角で写真を撮ってるから 我が家の稲はめちゃくちゃな感じだけど

中の方はもうちょっとまともなんですよ

008_20150627175602837.jpg

左から 3本苗 32本→33本 1本苗 17本→25本 2本苗 17本→18本

草丈 64cm→74cm カラースケール 6.0→5.5

葉齢 9,2葉→10,3葉

茎数があまり増加してないのはなぜか不明

おそらくもう少しは増えてくると思うけど 10葉から節間伸長が始まるから

新しく出る葉は節を作りながら上に伸びて分げつ芽にならない

ただ先に出た分げつからさらに2次分げつが出るから茎数は増えるはずです。

009_20150627175606b2d.jpg

すぐ横で隣との比較では茎数は十分追いついて来ました。



≪前月 |  2015年06月  | 翌月≫

ブログパーツ