ショッピングカートの基本設定3 

カテゴリ:ネットショップの始め方

さて商品登録が終わったらショップの体裁をやり直します

っとその前にショップ設定からショップの公開設定を選び

ka-to11.jpg

ショップ設定にマウスをのせてをクリックでショップ公開設定に進みますので

表示設定を公開にするを選び 登録をクリックしておく


それからPCテンプレートの設定を行います

ka-to9.jpg

の表示設定でPCデザイン選択がテンプレートを利用するになっている事を確認しておいてください

簡単ページを利用するになっている場合は切り替えて一番下の登録をクリックしておくこと


のPCテンプレート設定をクリックします

デザイン設定の画面が出てきます

ka-to10.jpg

PCの設定にマウスをのせるとまたプルダウンメニューが出てきますので

の公式テンプレート追加をクリックします


テンプレートと言うのはある程度ショップのデザインが出来あがったものの事です

いろんな形のデザインがありますので自分の好きなのを選んでください

ka-to12.jpg

をクリックするとテンプレートのプレビューを見る事が出来ます

実際のショップがどのように表示されるかチェックできるわけです

気に入ったものがあればの追加をクリックしましょう

いくつでも追加ができます

実際のショップに利用するには PC設定→PCテンプレートの設定で

ka-to13.jpg

テンプレートを利用するをクリックでショップに反映されます

私がお勧めはのカスタムでショップ最上部のロゴ画像なども自分で書き換えられます

少し難しいのでまた先で利用するようにして別なテンプレートを選んでおきましょう

カスタムのテンプレートは公式テンプレートの追加の中にあります。


さて一応 ショップの原型は出来たはず

管理画面の左上

ka-to14.jpg

のカートプレビューをクリックすれば別画面で自分のショップを確認できます。


次は送料の設定に進みます


香菜(シャンツァイ)コリアンダー その後 

カテゴリ:野菜作り

10月15日に種まきした香菜ですが

発芽するのに10日以上かかって心配しておりました。

発芽後もなかなか大きくなってこなくて雑草に負けそうになり

少し前に草削りと追肥をしました。

005_20131201055001f33.jpg

一応生えてるんだけど分かりにくいかな

畝の真ん中は追肥の為に浅く溝切りした跡です

追肥は無難にヨンパチ(16-16-16)を使いました 1mに一握り

次回は尿素で行こうと思ってます。

006_201312010550032b9.jpg

アップで撮ると良く分かると思いますが こちらは間引きしてない株

3~4本が同じ場所から発芽してます

009_201312010550048e6.jpg

こちらは間引いて1本立ちにした株です

収穫にはどちらが良いのかもわからず 2パターンでやってみる


間引いた時 ダイコンのように真っすぐな根っこが伸びてました

移植に弱いと言うのはこの直根があるからでしょう


匂いもカメムシ草と呼ばれるくらいでカメムシのにおいがしました

どうぞ我が家では料理に使わないでください 匂いで食べる気がしなくなる

収穫し始めたら大阪に住む中国人の友人にすべて送るつもりです。

春雷に2度目の追肥 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

週末農業続けてます と言っても日曜だけ

最初に種まきした春雷は1回目の追肥から1ヶ月になるので2度目の追肥

今回はNK808(18-0-18)をやることにした

010_20131202045741b3e.jpg

写真をみてみるとかなり大きくなったように見えるけど

去年に比べるとまだまだ小さい 去年の写真はこんなでしたからね

DSCF2504.jpg

やっぱりマキさんがコメントくれたように種まきの時期が影響してるんでしょう

去年より3日遅いだけなんだけどこれだけの差が出てしまいました。

たまたま見かけたよその菜の花は膝くらいまで大きく成長してました。


013_201312020512100dc.jpg

葉っぱがそれほど広がってないので肥料散布機サンスケで条間に入れた

そしてあまりにも小さい株や葉色の悪いのには外側から尿素をやった

003_20131202051214ba0.jpg

尿素は長い事倉庫に置いてあったので固まりになってしまい

009_20131202051212410.jpg

肥料桶の中でつぶしながら使ったのでサンスケの先は外さないと

詰まってうまく撒けませんでした。


その後 先送りにしてた条間を均す作業

017_20131202052102158.jpg

小さな雑草がいっぱい生えて根っこが張ってるから固くて土が動かない

サラダで耕してから均すことにした

020_20131202052104324.jpg

幅の広い代かき用の道具だとかなり重かったので畝立て鍬と両方使った

031_20131202052105734.jpg

花かざりには葉色が赤くなったのがだいぶ目立ったけど

どうも移植した株が赤くなってるみたい

033_20131202052106d9e.jpg

移植で根っこが傷んでるからだろうと思う

真ん中から青い葉っぱが出てるから回復してくるだろう


そして春雷にはもう蕾がだいぶ出来ていました

023_20131202052749269.jpg

全体としては1割程度だから収穫はもう少し先にと思ってたら

026_20131202052751041.jpg

もう咲きかけてるのもありました

農協に出荷用の材料と買いに行ったらもう1箱出荷してる人があった

今は出す人が少ないので箱単位で出してくださいとのこと

たくさん出始めると1箱にならなくても他の人との組み合わせで出荷できる


さあ 今年はホントに一人農業になってしまった

収穫作業をどうするかだね。

光のまち 阿南 

カテゴリ:未分類

夕方にお米の注文が入り 集荷依頼したけど間に合わず

郵便局(本局)まで持って行きました。

帰りがけ光のドームがきれいだったので寄り道してみた。

016_20131204044756ec3.jpg

阿南市の中心 市役所からすぐ近くの富岡町商店街に江戸時代を思わせる入口があり

門をくぐると光のイルミネーションがいっぱいです

006_2013120404480026c.jpg

戦国時代には、阿波守護細川氏の武将新開氏が城を作り

江戸時代には阿波のお殿様 蜂須賀家の家老、賀島氏が住んでいたと言う

富岡町の中で小高い丘になっている場所が牛岐城趾公園となっています。

007_20131204044800917.jpg

その丘の上に登っていく階段にもLEDが取り付けられ

光のアーチがきれいでしょう

008_20131204044801cfa.jpg

阿南市には初めて青色発光ダイオードを作った事で知られる日亜化学があります

最近は破竹の勢いで工場が建てられて大きな会社になってきたみたい

この青色発光ダイオードでしょう

011_201312040448064b2.jpg

そして頂上には光のドーム

恋人たちの聖地としていろんなイベントもあるようです


あまり観光資源のない阿南市では光のまち阿南と野球のまち阿南で盛り立てようと

がんばってます。

野球のまち阿南については同級生が市役所の中で中心的存在で頑張ってるので

またいつか紹介したい。



緑肥の菜の花も開花してきた 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

去年の失敗を繰り返さないように今年は畝立てして種まきした菜の花

しかも種まき機で点播きにしたから出荷用と同じようなやり方

001_20131205054844141.jpg

これは長男の家の前 まだまだ小さいけど蕾を付けてます

002_20131205054846b60.jpg

そして伸びあがって咲いてるのもあるけど分かるかな

003_2013120505484713e.jpg

アップにするとよく分かる

1月頃から本格的に咲き始め 3月まで楽しめそうです

鶏糞を150kg入れただけだから葉色はかなり薄い

尿素を条間に入れてやれば出荷できるくらいになりそうだけど

収穫する手間がない

004_201312050548480d8.jpg

こちらは発芽率が悪く 後から播き足した田んぼ

種まき機も調子が悪くて種がたくさん落ちて条播きになってしまってました

生え方を見て来年の参考にしたい

006_2013120505484960e.jpg

ここは篠原の田んぼ(2.3反)

去年よりうまく行ってるけど手前の方が発芽が悪い


そしてもう1枚 高畝にした田んぼがあり2条播き

009_201312050600261da.jpg

出荷用の菜の花とほとんど同じやり方

無農薬 無化学肥料だけど大きくなってきました

013_2013120506002869e.jpg

試しに3畝だけ条間に米ぬかを入れてみた

菜の花の有機栽培 これで出荷できれば面白いかも

011_201312050600289fa.jpg

大きな株にはすぐ横に米ぬかを置いてあります。


緑肥用だから気軽に考えて

寒引きは何回がよいのか? 

カテゴリ:未分類

我が村の田んぼ 熱心な家は稲刈り後3回も田んぼを耕してる

002_201312060435263c1.jpg

もうイネの株は全く見えない

小さなワラが少し見えてるだけです

お盆の頃に稲刈りが終わって今までに3回耕起してるから

2ヶ月も間を置かずに耕したことになる

石灰窒素などの稲ワラ分解の為の資材は入れてなくともこんな状態になる


さて友人の田んぼ

001_20131206043524c06.jpg

まだ一回も耕起してない

イネの株がそのままです。

彼の場合 田植え前に2回ほど耕すだけ

代かきした時に浮きワラはかなり出ますが、収穫量はあまり変わらない


と言う事はやみくもに田んぼを耕すことも必要ないんじゃないでしょうか

何度も耕すとワラは目立ちにくくなってますが、果たして分解してるんでしょうか?

003_20131206043527598.jpg

右の田んぼが丁寧にやってると思えるのでしょうか

燃料と爪のちびを考えると寒引きは出来るだけ少なくする

代かきの時 ひたひた水でやれば浮きワラはほとんど出ない

ワラも炭素率が高いから分解する時に周りから窒素を取り込む

未分解のワラがあると窒素飢餓が起きるかもしれないけど

その後に必ず 窒素を放出する

への字型の生育になって良い結果が出るはず


我が家ですか これまでに2回耕した

2回目に鶏糞を反当150kg入れてあるから

稲ワラ分解の為の石灰窒素と同じ効果があり分解の手助けをしてるはず

春にもう2回耕すから 計4回

菜の花緑肥をやらないのだったら友人と同じやり方で行くんだけどね~

ショッピングカート 送料の設定 

カテゴリ:ネットショップの始め方

さてショップの形がだいぶ出来てきました

あとは送料と代金の支払い方法が設定出来れば

ショッピングカートとしての機能は完成します。


お米を送るのはゆうパックがお勧めです

なぜかと言うと袋のまま送れるからです。

他の宅配業者はほとんどが箱に入れないと送れない

きちんと箱に入れて送る方は別な宅配業者でも良いと思う

我が家では5kgから30kgまですべて袋のままで送ってます。


そして送料は必ず通常よりも安く出来ます。

料金を後納(こうのう)にする事で最初から少し安くしてもらえました

持ち込み割引と複数割引を差し引いた程度でしたが

それでも家まで取りに来てもらってその上に安くなるのだったら

後納にしておくべきです。

2年目からは前年の実績が残っているので、郵便局との交渉次第でかなり安く出来ます。

後納の手続きは郵便局に問い合わせると営業の方がしてくれましたので

こちらは振り込みの口座を準備する事と数枚の書類にサインするだけです。

少し時間が掛かりますので早めに手続きした方が良いみたい。


さてショップに送料の設定ですが

ka-to15.jpg

ショップ設定にマウスをのせてプルダウンメニューから送料の設定をクリックします

最初に出てくるのが送料の有無です

送料を有料にするか無料にするかを選んで登録するをクリック

お米の場合は5kgが60サイズ 10kgが80サイズ 30kgが120サイズ

そして各都道府県でそれぞれに送料が変わってきますので

設定がかなりややこしくなります。

いっその事 お米の値段に平均的な送料を含めておいて送料無料にするのが簡単です。


今回はきちんと送料が計算できるように設定してみましょう

送料を有料にすると下段にいろんな設定方法がでてきますが

どれも難点がある

試しに都道府県別の送料を設定して自分で注文してみると

たとえば30kg一袋なら設定した送料が表示されるけど

2袋でも送料は一袋分しか出てこない


最近設定が出来るようになった重量別の送料設定では

最大注文数を2袋までにしておけば出来るかもしれない

重量をそれぞれ5kgを4kg 10kgを9kg 30kgは30kg

に設定しておいて

重量範囲が~4kg以下は60サイズ1個分の送料を各都道府県に設定し

~8kg以下は60サイズ2個分の送料を都道府県別に設定する

これで5kgが1袋と2袋の送料が完成

~9kg以下は80サイズ1個分 ~13kgは60サイズ+80サイズの送料

~17kg以下は80サイズ1個分+60サイズ2個分

と言うようにそれぞれの組み合わせを想定してその都度送料を計算し設定しておく

想定外の送料はとてつもなく高いものにしておく

ka-to16.jpg

で重量の範囲を追加できる 設定の入力は数値を入れた後リターンキーで完了する

これで注文の際 最後のカートの精算で送料が計算されて出てきます

実は計算してるのではなくすべての組み合わせを設定してるだけなんですけどね


少し話がややこしくなりました、範囲別送料設定については次回書いてみたい


田んぼで放射線測定 12月7日 

カテゴリ:放射線測定

最近のニュースで福島第一原発の高濃度の放射能の事がよく出てくるようになりました。

汚染水の事だから遠くの方まで飛散する事はないでしょうが

最近忙しくてほったらかしにしてた測定を再開しました。


水田 地上1m  測定時間17時35分  0.08μシーベルト

011_2013120805402920b.jpg

水田 地上5cm  測定時間17時40分  0.09μシーベルト

016_2013120805383654a.jpg


畑 地上1m 測定時間17時55分  0.10μシーベルト

019_20131208053715d56.jpg

畑 地上5cm 測定時間18時05分  0.09μシーベルト

020_201312080537161e9.jpg


やっぱり変化は見られないようです

菜の花の収穫開始 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今年は不調の菜の花 思ったほど大きくなってないけど

それでも何とか蕾が出来て出荷できる程度になりました。

023_2013120903363412c.jpg

今日は二人とも休みだったので初収穫始めてみました。

016_2013120903363643a.jpg

早生品種の春雷ですが、この程度の蕾がどんどん出てきてます。

021_20131209033731198.jpg

花が咲きかけてるのもあった


去年のように手でちぎって収穫してた

014_2013120903363657e.jpg

長さが束にする時12cm以上は必要で最初は計りながらやってました

011_201312090336386f8.jpg

慣れてきたら手のひらのくるぶしあたりでちょうど良かった

ただ茎が伸びあがってないのは手で折るのは固すぎて

途中からやっぱり鋏を使いましたけどね。


家では嫁さんが束にしてくれてます

029_2013120903514581c.jpg

去年だいぶやったから慣れてきてかなり早い

40分に一箱ペース

034_20131209035147fac.jpg

スチロールの箱には20束入る

035_20131209035148eb5.jpg

蓋のくぼみには冷凍庫で凍らした保冷剤を入れて出荷する

きょうはとりあえず二箱出荷

次は木曜に出荷するつもりだけどそれまで待てるかな

030_2013120903581855f.jpg

2日前に少し収穫してみたところに脇芽がでてもうこんなになってましたからね


収穫作業は2~3時間で終わりだけど やっぱり腰が痛い

時々コザックダンススタイルでやってみたけど歩きにくいね

追肥はNK化成と尿素のどちらがよいのか? 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

日曜日の作業 花かざりに二度目の追肥をやりました。

一度目の追肥は早く効く硝酸態窒素入りのS604(16-0-14)を使ったけど

二度目からはNK808(18-0-18)か尿素を使う

NKと言うのは Nが窒素Kがカリ Pのリン酸が入ってない肥料の事

NK808の窒素成分は18% 尿素は46%

尿素はNK化成の2.5倍効くと言う事です。

一般に植物に効果がでるのはこの窒素成分が大きく影響している

だから肥料の計算は窒素量であらわされる事が多い。


だったら尿素ばかりやっとけばよさそうに思う

窒素は葉色を上げ葉を大きくする葉肥と呼ばれているくらいだから

これだけでよさそうに思うけど 根っこも元気にしておかないとバランスが取れない

カリは根の発育に大きくかかわる肥料 根肥と呼ばれてる

そして水溶性だから流亡しやすいため追肥として補ってやった方が良い

ここでリン酸肥料は全く入れてないけど リン酸は必要なだけしか吸収しない

だからいくらやってもあまり変化が見られない肥料です。


さて尿素をやるかNK化成をやるか

私の場合 成長が遅くもっと株そのものを大きくしたい時はNK化成

株は大きくなってきたけど葉色が薄い場合は尿素をやるようにしてます

だから今回の2度目の追肥はNK化成を使う 反当20kgのつもり

038_20131210054724e61.jpg

肥料散布機でやるとどうしても量が多すぎてしまう

最後の2畝は足りなくなって 倉庫に置いてあった尿素を使った

044_20131210054726c5d.jpg

長い事置くと固まりになってしまう 肥料桶の中でつぶしてからやりました

尿素の場合 窒素成分が多いので施肥量は化成の半分以下にしないと

きつすぎて葉焼けを起こす

046_20131210054725bc1.jpg

かなり少なめにしたつもりだけど実際に計ってないので適当


さて花かざりは種まきを1週間ずらして播いたけど

今回は最後に種まきしたのも同時に追肥した

成長が遅すぎるので早く大きくなって欲しいから


月曜の夜中にまた雷が鳴ってドカ雨が降ってる

肥料は流れてしまうのか 水に溶けて早く効いてくれるか

天気予報はこんなに降るとは言ってなかったのにね

畝間にもみ殻を入れる 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今頃何やってるんだって感じですが、ずっとずっと置いたままの

籾殻を畝の間に入れ始めました。

050_20131211054927b8a.jpg

台風の風で飛ばされてから集め直しブルーシートを掛けてあったのを

少しづつ外しながら大きな漬物桶に入れて抱えて撒きました

049_20131211054928d3d.jpg

入れて後はこんな感じになります

雨がふっても土を練ってしまわないから歩き易い

雑草の発芽を抑え 保水効果で土も乾きにくい

まだ3筋くらいしか入れてないけど今度の日曜に続きをやるつもり


月曜の晩に雷を伴った大雨が降ったので田んぼは水浸し

002_20131211055740902.jpg

肥料が解けて良く効くどころか 流亡してないか心配です

004_2013121105574216e.jpg

田んぼの真ん中辺はこんな感じ

夕方でもまだかなり水があったので根腐れが心配になって気ました。

水の排水は落ち口付近だけしかしてないのがいけない

やっぱり手抜きした罰だね

最近のお米の売れ行き 

カテゴリ:お米販売

大口の注文が詐欺まがいの会社だったので予約以外に30袋残ったお米

数はもっとあるかもしれない

来年の新米までに全部売れるかちょっと心配してます。

その上にまだ ご近所農家のミルキークイーンも販売してるので

我が家のお米が余計に売れ残る可能性も出てきた。


ショッピングカートの訪問者なんだけど 12月は平均10人/日

hibetu13.jpg

11月もやはり10人/日でした

hibetu12.jpg

そしてお米の売れ行きなんだけど


12月は少し調子が上がってるみたいで

ure12.jpg

一日1件のペース

11月は少し悪かった

ure11.jpg


思ったほど売れないのは努力不足

こんな状態では 全量在庫に残しては完全に売れ残るでしょう

ただ新規のお客さまで再度買いに来る方が多く

積み重ねでレピーターに支えられて行く感じになってきてますので

まだまだ発展できそう。


ショップの宣伝に使ってるグーグルアドワーズは不正クリックが多いのか

金が掛かるばかりで成果につながらなくなってきた。

今はクリック単価の上限を押さえて出してるのでクリック数はだいぶ減ってます。

もう少し研究しないと上手に使いこなせない感じです。


最近買ったスマホ 入金確認や在庫管理 入金メールや発送メールなど

全部こなせるようになったので職場でも即座に入金メールが送れるようになったし

便利になりました。

ショッピングカート 支払方法の設定 

カテゴリ:ネットショップの始め方

前回送料の設定で自分で注文しながら確認すればよいと書きましたが

支払方法を設定しておかないと注文の確定まで進めませんでした。

範囲別送料の設定は先で書くことにして、今回は支払方法の設定です。

ka-to siharai

ショップ設定からお支払方法の設定をクリック

ka-to siharai2

代金引き換えや銀行振り込みなど 取り扱える支払方法にチェックを入れて行くだけ

代引き手数料も設定して 一番下の登録をクリックする


これで一応ショップの注文が確定できるところまで進めますが

自動返信メールに振込先の口座を設定しておかないと実用にはならない


自動返信メールと言うのは お客様が買い物を確定した直後に

相手のメールアドレスに注文の内容などを送り その時に振込口座も伝える

ショップの方に最初から振込口座を公表してしまっては

わけの分からない振り込みがあって混乱する事を防ぐために

注文ごとにメールで知らせるようになっている

ショッピングカートのかなめの部分です。


銀行口座は振り込みがあった時点で自分あてにメールが来るようになってないと

いちいち振り込みがあったから見に行ってたら大変だし

タイミングが大きくずれてしまう事もある。

私の場合 楽天銀行に口座を開設し自動通知メールを設定してあります


ゆうちょ送金はゆうちょ口座同士の振込手数料が無料になるのを利用したもので

手数料無料が重宝されてお客様の利用も多いです。

ゆうちょダイレクトに登録しておけば入金のお知らせメールが来るように設定できますし

携帯やスマホからも振り込みの確認ができます。


自動返信メールについてはまた先で書いてみるつもりですが

銀行口座が用意出来てる方は簡単に出来ますのでちょっとだけ書いておきます

管理画面上部のショップ設定から自動返信メールの設定をクリック

出てきた画面の下の方に決済別コメントと言うのがありますので

ここの銀行振り込みやゆうちょ送金に口座番号を入力して

一番下の登録をクリックすれば完了です。


春雷に3度目の追肥 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

昨夜は忘年会でたらふく飲んでしまいまして

不覚にも朝からムカムカして体調が悪く昼まで寝ておりました

そして何年かぶりに今夜は晩酌を止めました。


さて菜の花の収穫はまだ2回だけ 箱の数で5箱出荷

もう側枝が伸びてきてはいるのですがまだ少し小さい

それでまあ 昼から追肥をする事にした。

016_20131215225345a44.jpg

手前の成長の悪い株には前回NK肥料を頭から降りかけてやったら

少しづつ追いついて来てますがまだまだです。


それにしても春雷と花かざりでは葉色がかなり違う

017_20131215225347b7f.jpg

右側のが花かざり 肥料の量は変わらないのにやっぱり品種の特性でしょう

これだから収穫量は断然花飾りが多いと思う。


さて春雷は12月1日にNK808を追肥してるから今日で2週間

勘違いをしてましてホントは3週間目にやるつもりだった  大丈夫かいな

農協の管理歴では1ヶ月に1度のペースで追肥するように書かれてたけど

葉色とくに蕾の色を見ながらやっていくつもりです。


今回は尿素をやる

020_201312152253496b4.jpg

反当10kg だいたい春雷だけで0.6反だから 6kg施肥

022_20131215225438a13.jpg

計量機で計るとこの程度です。

れいの背負い式肥料散布機でやるとどうしても多めに撒いてしまう

尿素の場合はきついからやり過ぎると確実に下葉が黄色くなってくるから気をつける

023_20131215225440e78.jpg

先の部品をはずして肥料の出る量を目で確認しながら撒いて行きました

葉が大きくなってくると条間に入れるのは難しく 葉を傷つけてしまう

それで畝の通路側に撒きました

これくらいの出方で早歩きしたら少し余ったので 株の小さいあたりの条間も撒いた。


さて収穫を先延ばししたから普段の日に会社から帰って採らないといけない

これからがたいへんですわ。

自然農法とは 

カテゴリ:未分類

土曜日の忘年会 盛りあがったけどもっぱら農業の話が多かった

近くの方で自然農法で野菜を作ってると言う人がいた

もちろん無農薬で肥料は炭入りの発酵鶏糞を使ってるとか

通りすがりに見てきました

028_2013121705543310a.jpg

道路沿いだけど周りは田んぼばかり ちょっと変わった事やってるなと思ってみた事があった

029_2013121705543458d.jpg

本人が居なかったけど畑に入ってみるとカブの葉っぱは穴だらけ

031_201312170554369bc.jpg

これはダイコン この時期にしてはまずまずの大きさになってた

032_20131217055438c4d.jpg

白菜も葉がボロボロで無農薬だとはっきり分かる


だけどね 無農薬 無化学肥料だけでは自然農法と呼ばない

不耕起 無施肥 無除草 まで言うところもあるそうで

とにかく有機肥料もやらないのが自然農法らしい。


自然農法家 福岡正信さんの動画があったから見てみると面白いと思う


畝間がどろどろ 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今月9日に大雨が降ったけどそれの水がなかなか乾かなかった

やっと脇芽も収穫できる程度になってきたので、

不定期に休みの嫁さんがとってくれたんだけど

まだ足元がドロドロで歩きにくいと文句タラタラ

002_20131219050910b6e.jpg

向こうの方に黄色のコンテナを乗せたまま放ったらかしの台車

タイヤに泥がいっぱい付いて動かせなくなってる。

原因は畝間を均すためにミニ耕運機で耕したから

左側の畝は耕してからだいぶ期間が経ってるので固くなってる。

もちろん畝間にもみ殻を入れたところは歩き易い。


田んぼは毎年同じ深さで耕すから固い耕盤層が出来てしまい

透水性が悪く この上で土を耕してフカフカにしても水を含んだままになる

だから完全に乾くまでは歩くと下の水が上がってきて練ってしまうんです。


この固い耕盤層を破壊するのにサブソイラーと言うのがあるらしい

長い爪の付いた機械をトラクターのロータリーの代わりに付けて

田んぼの中をひっかいて 深さ40cmくらいまで土に切り込みをいれる

田んぼで畑作をやる時には排水性でかなり効果があるだろうな

貧乏百姓の我が家では知識としてだけ知っておきます。

不耕起栽培について 

カテゴリ:未分類

畝間がどろどろになった記事を書いたけど

耕してフカフカになったのに排水性が悪いと大雨でドロドロになった

ところが一番最初に畝間を均したから耕してないところは何ともなかった。

よその田んぼをみても何度も耕してる所は水が溜まってて

まだ一度も耕してない田んぼは水が溜まってない。


不耕起栽培と言うのをやっておられる人もあるようで

この前書いた自然農法とはの記事の中で福岡正信さんの動画を見ると

田んぼは耕さず種もみを直播 その上にワラを広げ雑草の発芽を抑え腐れば肥料になると言う

我が師匠 青木恒男さんも青木流野菜のシンプル栽培 と言う本で不耕起栽培を紹介してました。


青木さんは普通の水田だった所にビニールハウスを立てて花や野菜を作ってますが

深く細かく耕してフカフカの土にして畝立て 大雨でハウス内まで冠水すると

畝はドロドロになりその後乾くとカチカチになったそうで

結局 試行錯誤の末 不耕起栽培にたどりついたそうです。


不耕起にすると前作の野菜の根っこや雑草の根っこがそのまま残り

これが腐ると無数の根穴が出来てるわけで

これが排水性や保水性を良くしてる

そして有機物が残る事によって団粒化構造になって行くと言う事

だから根っこで耕してもらってるも同じです。


ところが機械で耕すと強制的に空気を土の中に送り込むので

急激に好気性菌が活発になり酸素を消費して有機物を分解する

窒素を放出しますが結果的には土壌中の有機物は激減する

つまり耕すほど土は痩せて行くんです。

かわりに化学肥料の残渣ともいえる塩基が高くなる

また作物が出来にくい環境となるみたいです。


不耕起栽培は

透水性が良くて水やりしてもすぐにしみ込んでくれる

だから肥料も小肥で済むみたいで

降雨による流亡の少ないビニールハウスでは塩基濃度が上がるばかり

不耕起栽培はハウスの中に向いてるかもしれません。






緑肥の菜の花 咲き始めた 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

今年は9月24日から日曜ごとに3回に分けて種まきした緑肥用の菜の花

最初に種まきしたのは開花し始めてます。

004_201312220647295ce.jpg

出荷用の菜の花と同じようなやり方だから生育が早いのかもしれない

002_201312220647309ff.jpg

田んぼ全体として写真ではきちんと畝になってるのが分かる

006_20131222064731231.jpg

鶏糞だけの肥料だから葉色はかなり薄い

007_201312220647324ef.jpg

それでも色の濃いのもあって これくらいだと出荷できそうな色をしてます


他の田んぼも同じように開花し始めて

010_20131222065503922.jpg

篠原の田んぼは2.3反 尿素をちょっとやれば出荷できそうな勢いです

008_20131222065505c3e.jpg

窪地0.7反 何度か大雨で冠水したけどけっこう育ってると思う

009_20131222065505a16.jpg

石田西の田んぼ こちらはドカスカの育ちだけどだいぶ花が咲いてます


いつもは1月頃から咲き始めるのに今年は早めに種まきしたので開花も早い

全面に種まきしてないので茎数はかなり少なく

大きくならないと緑肥効果があまり期待できないかもしれない

これでもだめなら考えを変えないといけないかも

今回は最後まで様子を見て 田植え前に鶏糞散布で肥効の調整するつもりです。

花かざりも蕾が出来てきた 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

シバレルネ~ そう言えば22日は冬至らしい

一年で一番昼が短い日 これを境にだんだんと日没が遅くなって行く

太陽が低い軌道で通るので夕日が眩しい時期です。

001_20131223055242acc.jpg

3日ほど前 車で走っててあまりにまぶしく頭にきてカメラを向けた写真


さて高二の娘が弓道で徳島県二位になり団体も優勝したので全国大会に母親も一緒に行った

日曜と言うのにあたしゃーまた一人で畑仕事


大きさを心配してた春雷も蕾をつけながら大きくなってきた

015_20131223054454817.jpg

特に手前の籾殻を鋤き込んでしまったあたり だいぶ回復してきました

脇芽の出荷も一回だけ出しましたが、後からのを待ってる状態

017_20131223054455749.jpg

元気な奴は10個ほど脇芽を出してるのもあるけど

少しまだ小さいので大きくなってくるのを待ってます

待ち過ぎると花が咲いてしまいアウトだけどね。


019_20131223054456c5b.jpg

気になるのが葉っぱが黄白色になってるのがちょくちょくある

たぶん尿素をやった時の肥料焼けだと思う

あまり数は多くないので指導員には見てもらってない。


021_201312230544579a2.jpg

後半種まきの花かざり 畝間にもみ殻を入れる作業続けました

こちらもだいぶ大きくなってきたので少し安心してます。

024_20131223054518b4a.jpg

調子のよいところではこんなに大きくなってました

そして蕾も出来てきてます

022_201312230545166b8.jpg

まだ来年の正月中ごろからの出荷になりそうですが

少しは期待が持てそう


今年中には会社を退職して専業農家になる予定でしたが

少し先延ばしになって段取りがくるってしまった。

嫁さんも仕事してるので二人が仕事の合間を縫って収穫するしかない

来年は忙しくなりそうです。

ショップのメールアドレスを変更した 

カテゴリ:お米販売

少しづつ改造を続けながらやってるネットショップ

前から気になってたのが自動返信メールのアドレスがヤフーのフリーメールにしてた事


どうも自分で注文してみると自動返信メールがなりすましメールと判定されてる

それでfc2に問い合わせてみるとフリーメールだからそうなると言われ

プロバイダーからもらったメールに変更することにした。

ほとんどヤフーメールを使ってたので、パソコンを初期化した時

プロバイダーのメールが使えなくなってそのまま放置してたんだけど

認証IDだの認証パスワードだのメールパスワードと全く分からなくなっており

ただNTTから来た書類だけが残ってたのでこれをもとにプロバイダーのOCNに

なんとかログインできるようになって、それから苦労してメールも使えるようになった。

アドレスが最初にもらったのをそのままにしてたので分かり易いのに変えた

その前に銀行のワンタイム認証のアドレスを変更

今まで使ってたアドレスで変更を確定しておかないと変更後はできないかもしれない

後から気が付いたけど変更じゃなくて追加で良かったみたい

メールアドレスは30個までもらえるらしかった。


それからショップの中にあちこちメールアドレスの表記があるからこれを変更

かなり時間が掛かりましたが何とか終了しました。

ショップそのものを有料版にしようかとも考えましたが、

もう少し軌道に乗ってからの方がよさそう

今のところ問題なく使えてますからね。


それより最近ばったりとお米が売れなくなった。

何でだろう? クリック広告のお金が出て行くばかり

やっぱり素人ではアピールの仕方が悪いのかもしれません。

鶏糞稲作は低コスト稲作 

カテゴリ:2013年稲作

少し前に村の役員さん達と忘年会をやりましたが、その時に聞いた話

70代の方で今でも精力的に稲作りに励んでる方が

米は安いし肥料代もばかにならないから化学肥料の替わりに

鶏糞を30袋田んぼに入れて米を作ったって言うんです。

一発肥の稲ひとふりの価格が3300円くらいだったと思うけど

これを2袋から3袋 どこの家も入れてる。

ダイキで1袋98円の鶏糞を買ってきて30袋だと経費は半分以下

これで4石採れたと言うのだから凄い事です。

鶏糞1袋は15kgだから反当450kg入れた事になる

稲は倒れませんでしたかって聞いたら倒れなかったと言ってた。

ただ品種はキヌヒカリでコシヒカリではなかった。

私の経験ではコシヒカリだと畳を敷いたようになってたでしょう。


ほんとに考えてみれば化学肥料よりだいぶ安くついて有機栽培になり

コメの味は良くなるは収穫量は増えるは 言う事なしの栽培法かもしれません。


我が家は秋に10袋 春に緑肥がうまく育たなかったさらに10袋入れてる

秋に入れた分は菜の花緑肥の肥料としてだから春までに効果はなくなってる

菜の花がうまく育たなかったら種代も鶏糞代も無駄になった事になる

最近は秋の大雨で失敗する事が多くてやり方を変えないといけないかと思ってたところでした。


この鶏糞稲作 問題は田んぼに散布の方法だと思うんです。

一昨年は袋を半分ほど切って手で持って田んぼの中を全部歩いて回った。

体力的にしんどかったので去年からグランドソワーで散布してます。

ただグランドソワーなどの機械散布はペレットでないと詰まってうまく撒けない

同じ鶏糞でも価格は倍以上になりますがそれでも化学肥料よりは安い。


あとは田んぼに撒く時期と量です。

早く撒くほど肥料効果は薄れる 代かきの直前が一番有効で効いてくる時期も

への字追肥の時期と同じ頃の出穂45日前ごろになる

ただ今まで化学肥料で初期の茎数を取ってた人が晩期茎数確保型になっても

辛抱できるかどうかですね。

鶏糞を入れてるのに 最初茎数が取れないからあわてて肥料を振ると確実に倒れる。

理屈が分かってなくて鶏糞稲作をやると失敗するのは目に見えてます。


鶏糞の散布量ですが鶏糞の窒素量は大まかに約3%

10袋入れると4.5kgの窒素量になるけど

実際稲に利用されるのは60%くらいと言われるのでそれを考えに入れておかないといけない

コシヒカリの平均的な窒素要求量は7kg程度だから15袋くらいが良いかもしれない

30袋だと確実に倒れるでしょうね。

袋に書かれてる窒素含有量をチェックして 後は経験的に施肥量を変えて行くのがよい


鶏糞は肥料として効果は高いけど土壌改良剤的な効果は期待できない。

つまり土づくり 地力を上げるのには向いていない

一方 牛フンは肥料としての効果は薄いけど地力は確実についていく

それは一緒に入ってる敷料によるものでしょう

最近はオガクズやカンナくずを牛舎の下に敷いて敷料にしてる

これが木質だから炭素率が高く腐りにくい

田んぼに入れるとこれが長く効く 地力となってくれるわけ

牛フンの窒素含有量は0.6%くらいだから 田んぼに入れるのはトン単位で入れるのが良い

ただ散布の方法が問題だけどね。



検索から見に来られた方の為に書き添えておきます

後から聞いた話では 鶏糞を30袋も入れた時期は秋だったそうで

4月の田植えまでには肥効も薄れてきてちょうど良かったのかもしれません



グランドソワーで鶏糞を散布したのを動画に撮りました




今年から使ってるEM菌入りの発酵ペレット鶏糞

 土が喜ぶ!植物が喜ぶ!つぶつぶ君(20Kg)

夏は地力 冬は肥料 

カテゴリ:野菜作り

おまえな~ 化学肥料は土を悪くするから有機肥料を使え

なんて言ってるけど出荷用の菜の花はバンバン化学肥料を使ってるやないかい

って言われそうです。ほんと確かにそうです。


だけどね~ 大師匠の井原豊さんがどっかの本に書いてた

基本的に有機栽培が良いけど、気温の上がらない冬は有機質の分解が進まないから

化学肥料で作物を育てるのがよい


確かに菜の花の条間に入れた有機物は全く効果が見られない

なんでも試してみたがる管理人ですから、やったところとやらないところを比較してます。


さて、会社に通勤の途中 おかしな畑を見つけた

015_201312270409599e4.jpg

たぶんブロッコリーを作ってるんだろうけど ものすごいドカスカの出来

017_20131227041001d33.jpg

もう少し近づくとその差が良く分かる


この場所は日中も仕事で良く通るからずっと注目してたところ

一年以上も前に2t車で牛フンを運んで来て2か所くらいに山盛りにしてた

しばらくしてトラクターでそのまま耕そうとしてたけどうまく行かない

若い人がやってて途中から年寄りが来たからたぶんその人の親だろう

スコップで牛フンを広げかけたけどうまく行かない

結局 そのまますき込んだ

何度か耕すと牛フンは分からなくなって 秋口に畝立てしとった

ブロッコリーを植えたのはいいが牛フンの固まりになったあたりだけ良く育ってる

思いっきりドカスカですわ。


何が書きたいかっていうと 有機肥料でもどっさりやるとかなり効果があると言う事

実際に我が村でも1反の田んぼに牛フンを軽トラで運んで来てテミで撒いてた人がいた

土が見えなくなるほど牛フンを入れてたので聞いてみると軽トラ10台分入れたとか

5t以上は入れてただろう

ここでホウレン草を作ってたけど 素晴らしい出来のホウレン草でした。


有機肥料 使い方によれば冬でも効果が十分取れるかもしれません

夏は地力 冬は肥料の考え方はちょっと変えないといけないかもね。

ディスクロータリー耕を見た 

カテゴリ:2013年稲作

年末押し迫ってきましたが、まだ29日まで仕事です。

今日も那賀川の堤防を走ってたらトラクターでディスクロータリーを掛けてた

006_201312280524323ba.jpg

回転する円盤が数個並んで土を起こしていくのがディスクロータリー

大きな塊で土を起こすので空気が入り易い。

何度か書いてるけど気温の低い冬場は好気性菌による発酵型で有機物を分解する

つまり土の中に閉じ込められると好気性菌は活動しにくいので

荒く起こして中の方まで空気が入り易くするのが良い。

ロータリー耕ではここまで荒く出来ないから雨が降るたびに空気が入りにくい状態になってしまう

008_20131228052434c40.jpg

ディスクロータリーでは山盛り耕に出来てるから雨が降っても溝に溜まるだけで

土はすぐに乾くようです。


これで稲ワラや雑草が分解されると春の田植え以降 地力としてその効果が発現される

こう言う耕し方をしておけば乾土効果ははっきり実感できるかもしれない

それに否ワラ分解の時のガス湧きもなくなり稲の根には良いはずです。


我が家のように貧乏百姓はロータリーのリアカバーを上げて

ロータリーの中に土が溜まらないようにしてロータリーの変速を1で耕すと

かなり大きな塊で耕す事が出来ます。

爪の向きを内盛り耕にしておけば この写真のように山盛り耕にも出来る

地力をつけるのは知力でやろうよ。

菜の花 今年最後の収穫 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

農協が29日からしばらく休みになるので出来るだけ収穫しました。

前日にほとんどは嫁さんが収穫してくれてたので残り二畝

朝の出勤前 まだ暗いので先日買っておいた頭に付けるライトを使って収穫

001_20131229034518abd.jpg

朝から雪がちらちらと降ってたけどハサミを使わずに素手で折りながら収穫

手が冷たい

004_201312290345223a2.jpg

去年もそうだったけど 肥料をやってるのに新しく出てくる蕾の色が薄い

春雷の欠点かもしれない

005_20131229034524c4d.jpg

雪が積もり始めると蕾の状態が分かりにくく

払いのけながらでは時間が掛かってしょうがない

だいぶ取り残しが出来たと思う

003_20131229034521be2.jpg

もう少しのところで雪がかなり降ってきた

まあなんとか収穫終了

昼の間に束にする作業は嫁さん一人でやって出荷完了です。


さて来年は花かざりの出荷も始めるから忙しい

怒涛のごとく作業をやらないと間に合わないだろうな

安部首相の靖国参拝に思う 

カテゴリ:未分類

年末 ようやく休みになりましてのんびりとスーパー銭湯に行ってきました

一年の垢を落としてやろうと韓国式垢すりを頼んだんだけど

その韓国人と話したのが首相の靖国参拝の事


「一国の総理大臣が国の為に命を落とした人たちにお参りするのは当たり前

別にどこからも文句言われる事じゃない」って言ってた。


それでまあ 私の考えなんだけど


尖閣諸島国有化以後中国と険悪な状態の続いたまま

韓国は今のばか大統領が日本こき下ろしをやってる最中

こんな時に靖国神社に参拝するのは ハチの巣に手を突っ込んだようなもの

周辺国から批判される事は火を見るよりも明らかだったはず

それでもなお今の時期に靖国参拝をしたのか


靖国神社は明治初期に天皇の考えで作られた神社で

明治維新から第二次世界大戦まで国の為に命を落とした人々246万6千余りが

祭られている神社です。

首相は「ご英霊に対して尊崇の念を示し、『御霊やすらかなれ』と手を合わせた」と語った

「戦場で散った英霊のご冥福をお祈りし、リーダーとして手を合わせる。世界共通のリーダーの姿勢だ」

とも言った  それなんですよ

世間では軍国主義の復活とか強硬姿勢の表れとか言われてるけど

国家を代表する立場の安部さんが国の為に命を落とした人たちを参るのは

当たり前の事じゃないでしょうか


他国がいちゃもん付けるのは内政干渉じゃないの?

日本の国の中でやってる事に首を突っ込まないで欲しいですね。

国内でも批判はあります。

一番問題なのは政教分離原則に違反している事

小泉首相が靖国参拝をした時にも問題になっていた

だけどそれを超えても安部さんの靖国参拝はあっぱれと言いたい


今までどこの国に向いてもぺこぺこと頭を下げて顔色を見ながらの外交だった

もうそろそろ卒業してもよさそうに思う


韓国のおばさん大統領が「一流じゃない」発言をしたけど

一流じゃない国が発言できる事かね

中国も日本こき下ろし 尖閣諸島領海不法侵入も変化なし

安部さんの靖国参拝からもっと激しくなると思った周辺国の対応

意外と口先だけのものだったように思う。


靖国参拝で「もの言える日本」に少しだけステップアップしたと感じるのは私だけでしょうか




≪前月 |  2013年12月  | 翌月≫

ブログパーツ