稲刈りの終わってない田んぼ 

カテゴリ:未分類

だいぶ前にタバコ後の田んぼっていう記事を書いた事がありました。

阿南市下大野町付近 未だにタバコの栽培が盛んで

田植えが極端に遅い 7月後半に植えてるみたい


昨日 その付近を通ったらまだイネが立ってた。

DSCF2221.jpg

これは県道の北側 家並みの間にシャキッと立ってました。

DSCF2224_20121031220038.jpg

そして道を挟んで南側にはかなり広い範囲で稲穂が見えます。

こちらの地方ではほとんどが9月初旬には稲刈りが終わってますが

これほど遅いとは目を疑ってしまいました。

DSCF2227_20121031220302.jpg

穂を手に取ってみるとまだ青いですから

稲刈りはもう少し先のようです。


品種が良く分かりませんが、こんな稲作もあるんですね~。

菜の花(春雷)に追肥しました 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

初めての出荷用菜の花栽培 いろいろと問題を抱えながらも進んでます。

れいのネキリ虫ですが対策もせず放置してあったら

まだやられてる株がありました。

DSCF2238_20121102055212.jpg

どうも根っこが土から上に出てるのがやられてるような気します。

DSCF2236.jpg

草削りのついでに根元に土寄せしてみましたが

DSCF2231.jpg


少々気休めになるくらいでしょう。


ネキリ虫で欠株してるうえに、覆土が厚すぎて発芽の遅れた株は

生育がかなり悪く 全体としてばらつきがひどいです。

DSCF2243_20121102055717.jpg

それで成長の遅い小さな株に追肥してやることにしました。

速効的に効くように液肥を作ってみました。


10リットルのバケツに9割水を入れ 硫安をひとつかみ入れ

よく混ぜてから柄杓で根元にかけていきました。

私の手だとひとつかみは計ってみると45グラムくらい

9リットルの水に入れるとちょうど2百倍の液肥が出来るわけです。

DSCF2244.jpg

竹を立てて目印にしてこの後の変化を見てみます。


3分の1くらいやったところで

嫁さんが「今年は指導員の言うとおりにやるから、なにもしないほうがいい」

と言うもんだから残りはそのままにしておきます。


ほんとは尿素の4百倍液肥や、もっと薄くして葉面散布も試してみたかったけど

失敗があってはならないので、指導員が何か言って来るまでそのままにします。

阿南市農林水産課からのアンケート 

カテゴリ:未分類

先月の11日に阿南市の農林水産課からアンケートが来てたんだけど

そのままほったらかしにしてました。

確か締めきりが11月中だったように思いだして引っ張り出してきました。


中に入ってた簡単なパンフレット サムネイルです 画像をクリックすると大きくなります

人と農地の問題

最近の農家 高齢化が進み後継者もいないことから離農していく方が増えている

耕作放棄地もどんどん増えてくる事を国は危惧して

農林水産省では対策を考えてるみたい。

農業をつづける事が出来なくなった農地を集めて

集合型の経営体を作り これによって継続的に農業を続けられるようにする

そのために補助金などを出す制度のようです。

人と農地の問題2

若い新規就農者には研修期間中に年間150万円の給付金も出るようですし

人と農地の問題3

農地を集積するために 土地を提供する側と借り受ける側にも協力金が出るようです。


農林水産省のホームページで同じパンフレットを見つけました。


今回 市役所の農林水産課から来たアンケートは

この制度に向けて各農家がどのような考えを持っているのかをまとめるものです。

土地を貸しだしたいか 借り受けたいか など具体的に記入するようになってました。


この新しい制度 利用するかどうかは別として

耕作面積を増やしたいかどうかの意思表示はしておかないといけないかと思ってます。

ジャガイモ不調 

カテゴリ:野菜作り

9月24日に植えたジャガイモですが、葉が一向に茂ってこない

過去記事を見てみると 去年は10月3日 一昨年は9月15日と

ばらばらな時期にジャガイモを植えてます。

DSCF2246.jpg

今年はまだこんな感じですからね。

1週間前にあまりにもみすぼらしかったので すぐ横に油粕を施肥してありました。

原因は植え付け時期ではなく 無肥料で植えたからだと思います。

やっぱり肥料は大事ですわ。

有機肥料だからと思いきって株ごとに2つかみほどやりましたが

効きすぎて弱って来てるのもあります。

DSCF2259.jpg

油粕は有機肥料の中では速効性があり窒素成分5%とかなり高い

これから効いてくることに期待したいと思います。

DSCF2261_20121104051028.jpg

奥の方では葉色がかなり濃くなってきたのがあり

葉っぱも少し賑わしくなり始めてます。

今年は暖冬と言われながらも最近は寒い日が続いてる

霜が降りるまでの期間がどれだけ取れるのか、結果はあまり期待できないかもしれない。

菜の花の種 蒔きたしました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

種まきしてから20日近くなる緑肥用菜の花ですが

どうも発芽率が良くないようで、種が落ちてないのか

それとも種まき後の大雨で種が死んでしまったのか

いずれにしても生えてきてないところがあります。

DSCF2297.jpg

こちらは篠原の田んぼですが 青く見えてるのは菜の花と雑草です。

DSCF2299.jpg

これはその隣の木村の田んぼ 青いところが少ないでしょう


それで友人のために買ってあった菜の花の種が2リットルほどそのままなので

これだけ遅いともういらないだろうと我が家の田んぼに蒔きました。

今回は散粒器は使わず手で蒔きますので、増量剤にバーミキュライトを使いました。

DSCF2301.jpg

ヒル石を焼いて10倍以上に膨張させたものだから多孔質で

凄く軽くて菜の花の種とよく混ざります。

DSCF2305.jpg

流土の細かい菜の花の種の方をあとから上に入れて混ぜると良かったみたい。

DSCF2311.jpg

2Lですので量的に少なく なるべく薄く早足で蒔いて行きました。


そして東の方の田んぼでは 畔際の風があたりにくい暖かい場所で

本葉が出てきてましたね。

DSCF2306.jpg

菜の花緑肥 やっぱり一番難しいのは種まきをいかに薄く均等に蒔くかでしょう。

種の量をもっと増やせばよいようなものですが、1Lが5000円ですからね

来年は種まき方法をもっと工夫したいです。

菜の花(花かざり) 最終の間引き 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

日曜日にやった作業ですが、最終の種まきした分を間引いて

一本立ちにしました。

DSCF2278.jpg

孫が遊びに来てましたが、間引きする前の状態です

畝立てと種まきがあとになるほど慣れてきたのか、生育がピシッとそろってるでしょう。

欠株してるところも少なく、3粒蒔きの株を1本にしていくだけだから作業は早かった。

DSCF2279.jpg

本葉が3枚ほど出てるからタイミングはちょうどよい時期でしょう


欠株してるところは丈夫そうな苗を移植しましたが

前回にやった結果を見てみると根鉢が崩れると活着しにくいようで

DSCF2284.jpg

なるべく根っこの土を崩さないように慎重にやりました。

そして植えかえたらすぐに水やりをしないと葉っぱがしおれてしまいます。

DSCF2285_20121106031832.jpg

そしてまだ小さいのに茎がしおれてる根元を掘ってたら

居ましたね ネキリ虫

DSCF2293_20121106032441.jpg

見つけたのは1匹だけでしたけど また被害が出るのか心配です。

これから寒くなるとおとなしくなると思って防除はしません。

DSCF2295_20121106032826.jpg

作業を終えた状態 すっきりしました

これから大きくなっていくことに期待します

0.7反を半日がかりの作業でした。

ニンニク植えました 

カテゴリ:野菜作り

去年は小さなものしか収穫できず失敗に終わったニンニクですが

今年も再チャレンジします。

ちょっと時期が遅いかもしれませんが

去年は11月21日に植えてるので大丈夫でしょう。


収穫が6月になるので畑の方に植えます。

去年はかなり肥料不足なような気がしたので

今年は鶏糞を10mで1袋と過リン酸石灰を1mに1つかみ入れました。

DSCF2313.jpg

トラクターは爪の配置 内盛耕のままですのでリアカバーを下げて耕転

DSCF2315_20121107051401.jpg

今回は規模を縮小して10mのみ植えました。

種ニンニクも特別に買ってきたわけじゃなく そこらへんのスーパーで売ってるもの

DSCF2319.jpg

その場で鱗片を分けて 3条 20cmピッチで植えました。

DSCF2320.jpg

そして一つだけ楽しみなのが近所のAさんからもらった無臭ニンニク

DSCF2321.jpg

かなり大きいでしょう 肥食いだと思うので割り肥

DSCF2324.jpg

1.5mに鶏糞一袋と過リン酸石灰も多めに入れた

埋め戻してから鱗片を分けると8個植えましたがどうなる事でしょう

3月後半から稲作の方にかかりっきりになってまた雑草だらけになりそう

今度は失敗しないように追肥と除草を気をつけたいと思います。

菜の花(春雷)に本格追肥 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

最初に植えた出荷用菜の花 だいぶ大きくなってきました。

DSCF2331.jpg

殺虫剤アファームの効果はだいぶあったみたいで虫食いも少ないです

DSCF2335.jpg

ただ完璧じゃないようで やっぱりひどいのもありました

DSCF2336.jpg

農協の営農指導員から追肥するように言われ

肥料も持ってきていました。

DSCF2339_20121108070528.jpg

硝酸入り複合肥料と言う事は 通常はアンモニア態窒素肥料をやるのだけれど

アンモニアは土壌中の微生物によって硝酸態窒素に変化し

それから作物に吸収される。

つまり早効きする肥料と言う事でしょうか


条間に溝切りしてから施肥するように言われたとか

嫁さんにやってもらったら溝から外にもやってた

DSCF2350.jpg

だいじょうぶなんでしょうかね・・

菜の花(花かざり)の畝間にモミガラを入れる 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

出荷用菜の花を作ってる田んぼは、我が村では高い位置にあって

大雨が降っても水没する心配はないんだけど、

田んぼそのものの排水はあまり良くないようで

ドカ降りすると畝間の歩く部分に水がたまるんです。

水が引いてから歩いても、ドロドロで歩きにくい

前から勝浦町で菜の花栽培してる家は畝間にモミガラを入れていた。

DSCF2351_20121109055932.jpg

今年も早々と入れてましたが、その意味がわかりました。

雨降り後でも歩きやすいからでしょう。


それで我が家でも、たっぷりと残してあったモミガラを入れることにしました。

ちょうど嫁さんが仕事が休みになってるので近所に引っ越してきた妹と一緒に

昼間に入れてくれてたみたいです。

DSCF2353_20121109060256.jpg

暗くなるのが早くてこんな写真しか写せなかったけど

かなりの量を入れたみたいで安心できます。

お疲れさんでした。

皇帝ダリア 咲きました 

カテゴリ:皇帝ダリア

今年はほったらかしだった皇帝ダリア

去年の株から発芽して大きくなりました。

植えた時に牛糞をどっさりと底に入れてあったのが残ってたのでしょう

ぐんぐん伸びて3mの高さで花が咲きました。

DSCF2292_20121110055806.jpg

やっぱり最初のころ茎が太くないと高くならない気がします

今年はずっと太い茎で伸びあがってきましたからね

いっぱい蕾がついてるからこれからが楽しみです。

硝酸態窒素の害 

カテゴリ:肥料

最近 農業による地下水の汚染問題が起きているのを知っていますか?

化学肥料多用時代になってかなりの年月が経ちますが

これら農業に使われた肥料が地下に浸透して地下水を汚染してると言うのです。

何がどのように悪いのかを調べてみました。


作物に与える肥料は3要素 窒素・リン酸・カリがありますが

このうち窒素は植物の葉を大きくする葉肥だと勉強しましたね。

そして光合成に必要な葉緑素は 炭素 酸素 水素 窒素 から出来ていますが

炭素と酸素は2酸化炭素(CO2)から水素は水(H2O)からもらえるので

残りの窒素を与えてやることにより葉緑素が増えて青々としてくるんでした。


問題はこの窒素肥料が土中で硝酸態窒素に変化することにあるんです。

通常は尿素やアンモニアという形で与えられた窒素肥料ですが

細菌によって亜硝酸から硝酸へと変化してから作物に利用されます。

そしてこの硝酸は人体に2つの悪い影響があります。


一つは血液中のヘモグロビンと結びついてしまう事です。

水や野菜から硝酸が体内に吸収されると口の中の細菌などで亜硝酸に変化します。

この亜硝酸はヘモグロビンと結びついてメトヘモグロビンという物質に変化しますが

このメトヘモグロビンは酸素を運ぶ事が出来ないため酸欠状態になるのです。

アメリカでは1945年ごろ39人の乳幼児がなくなって、さらにヨーロッパでも

1960年ごろまでに80人の乳幼児が、このメトヘモグロビン血症でなくなっています。

別名「ブルーベビー症}と呼ばれ、胃酸の分泌の少ない乳幼児では

硝酸が亜硝酸に変化しやすく酸欠になった体

特に唇がチアノーゼで青く見えたからこう呼ばれたそうです。



もう一つは亜硝酸と2級アミンと言う物質が反応して発がん性物質の

「ニトロソワミン」が作られる事です。

この2級アミンは魚や肉のたんぱく質に含まれているのでいくらでも口に入れてるわけで

亜硝酸は 硝酸を含む植物を食べると口の中の細菌によって亜硝酸に変化したり

漬物などでは最初から亜硝酸の形で食べてしまう事もあります。

この二つが反応しやすい条件はPH3程度の酸性なのですが

胃の中はちょうどこの程度の酸性になっており、ニトロソワミンは体内で作られるわけです。


さあ、ここまで読むと化学肥料はとんでもない悪い事ばかりだ

有機肥料に変えないとだめだなって考えてしまいますが

有機肥料も土中でバクテリアによってアンモニアに変化し、

さらに亜硝酸から硝酸に変化してから植物に吸収されているので

全く同じ影響が出ると考えられます。

さらに畜産廃棄物も同じ事が言えるようで、これによる汚染も問題視されています。


現在 日本では地下水の硝酸態窒素量をアメリカと同じ1リットル当たり10㎎以下とする

基準が設けられているようですが、今のところ水道水ではこの基準値内のようです。

狭い島国の日本では常に地下水は流れているので影響は少ないようですが

各地の井戸では基準値を超えるところも出てきているようで、

これから気をつけないといけないところです。


野菜に関しては硝酸態窒素に関する規制は日本ではまだないようです。

実は硝酸態窒素の人体への影響は50年以上にもわたって研究されているのですが

未だにはっきりとは分かってなくて、学者の間でも意見が分かれているらしいのです。

そして日本では人体への影響の確たる証拠がないとして農林水産省では基準を設けていません。


露地で作られる野菜は適当に肥料が流亡してくれるので、

硝酸態窒素の含有量は少ないと考えられますが

ハウス物は降雨による流亡がないため気をつけないといけないですね。


農家としては過剰な施肥はなるべく避ける

これを念頭に置いて農業を行っていれば問題ないと思っています。

先日やった硝酸入り化成肥料 反当20kgであれば影響のないレベルでしょう。

田んぼで放射線測定 11月12日 

カテゴリ:放射線測定

今日は一日中那賀川の堤防沿いを走って一番下流にある中島港に

会社の製品を運んでおりました。

下流の方では地震津波対策で液状化も考慮に入れたスーパー堤防の工事が始まっています。

DSCF2374_20121112230530.jpg

これは南岸の辰巳工業団地のあたりですが重機がずらりと並んでますよね。


そして北岸は堤防に仮設の道路で拡幅しているところです。

DSCF2372_20121112230827.jpg

長い距離を片側通行にされるものだから時間がかかってしょうがないですわ。


毎月やってる放射線測定 夕方暗くなるのが早くて伸ばしていましたが

今日は暗くなりながらも計ってみました。


昨日のどしゃ降りの雨でまた田んぼに水が溜まってます。

DSCF2376.jpg

右手前のが測定用に1mの高さにした台

水田 地上1m  測定時間17時20分  0.07μシーベルト

DSCF2378.jpg

もうこの時間でも暗くてカメラのフラッシュが光ってました。

水田 地上5cm  測定時間17時30分  0.08μシーベルト

DSCF2379_20121112231634.jpg

畑 地上1m 測定時間17時40分  0.08μシーベルト

DSCF2383.jpg

畑 地上5cm 測定時間17時50分  0.10μシーベルト

DSCF2385.jpg

室内 測定時間21時  0.06μシーベルト

DSCF2386.jpg

やっぱり室内は低めに出るようです。

先月のお米売れ行き 

カテゴリ:お米販売

今夜は嫁さんにじゃんけんで負けた、と言うか負けてやった。

負けるとどうなるかと言うと、娘の塾の送迎をしないといけない

と言う事は晩酌が抜きか もしくわものすごく遅い時間の晩酌になる。

先ほど遅い晩酌が終わり、明日の早起きが出来ないかもと思って

今頃記事を書いてます。


今年から本格的に取り組んでる(つもり)のお米販売

先月は日本テレビの朝の番組Zipで紹介された影響か

まずまずの売り上げになりました。

uriage_20121114004001.jpg

全部で18件ありますが、予約米は別にメールでもらってるので

別に5件くらいあり、出荷量としては30kgにして13袋くらいでした

私ん所ではこれくらいがちょうどよいレベルかもしれない。

まだまだ余裕で在庫がありますが、この調子だと乾燥機の中に籾保存してる分を

早めに籾すりしないと在庫数の正確な確認が出来ないなと思ってました。


ところが今月はまだ3件の売り上げ、その内 2名の方がレピーターです。

サイトの訪問者もかなり減ってきた。

原因はグーグルアドワーズのクリック広告が無料のお試し券が底をついてきた。

追加でお金を入れないと宣伝できなくなってます。


お米のネット販売 そう簡単には行きませんよね。

販売用のホームページを作って、ショッピングカートも設定して

誰が見てくれるんですか?

ネットの中で見つけてもらうにはそうとうな努力が必要です。

検索順位を上げる事が一番大切ですが、他にも有名サイトにリンクしてもらうなど

やはりかなりの努力は必要になってくるでしょう。

それを体験し実感しながら立ち向かっていく、あたしゃー ここが楽しいんですよね。


結局のところ クリック広告のアドワーズに頼らないとだめみたいです。

ただ アドワーズの設定でもどのような検索語句(キーワード)で宣伝を出すかによって

成果につながるクリックを呼び込めるかも検討しておかないと

お金がかかるだけで成果が出ない事になります。


グーグルではどのようなキーワードで訪問した人がどんな商品を買っていったか

全部解析できるアクセス解析ソフト グーグルアナライティクスを提供していますが

使い方がよく分からないのでまだ使用していません。


お米の販売 そしてネット販売に関しては全くの素人

誰にも教わらず 自分の考えだけで進めてます。


まだ販売できるお米をかなり抱え込んでますので

これからいろいろと挑戦していきますよ~~。

野菜の状況 

カテゴリ:野菜作り

今年は出荷用菜の花に手間取って、何もかもが遅れた野菜作りです。

11月7日に植えたニンニクは発芽してました。

DSCF2405_20121115042201.jpg

無臭ジャンボニンニクの芽です なんとなく大きい気がします。


去年より20日遅く 10月22日に種まきしたダイコン

DSCF2393_20121115042441.jpg

左側はいつもの耐病総太りダイコン 

右側はYRくらま 寒さに強そうに思って種まきしたけど

耐病総太りの方が成長が早いようです。


ホウレンソウも本葉が出てきました。

DSCF2394_20121115042942.jpg


レタスとハクサイ

DSCF2400_20121115043213.jpg

ようやく活着したみたいで葉色が良くなってきました。


うまい菜

DSCF2398.jpg

ほんとにうまい菜っぱが取れるんかな? 少し虫食いがあります。


近所の人にもらって植えた「トッカカ菜」

DSCF2396.jpg

大きくなるから葉を掻きとりながら食べるように言われたけど

名前はたぶんこちらの方言 正式にはなんて言うんだろう?


二十日大根

DSCF2402.jpg

一番好調だけど もう二十日経ってるのにこんな状態


カブ

DSCF2403.jpg

これもなかなか大きくならない


長期予報では今年は暖冬のように言ってたのに

だいぶ違って平年より寒い日が続いてる。

これだけ寒いと野菜もなかなか大きくならないです。


ジャガイモだけはなんとか葉が茂ってきました

DSCF2406_20121115044801.jpg

でもまあ 去年に比べると貧弱なもの

あまり期待できないです。

菜の花 発芽率が悪い 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

田んぼにばら蒔きした緑肥用の菜の花 思いのほか発芽率が悪いです。

散粒器で去年の全く一緒の方法で蒔きました。

種の消費量も計算通りにいったので、種は落ちてるはずなんですが

待っても待っても出てこない気がします。

篠原の田んぼ

DSCF2408_20121116054546.jpg

全体に青いのは小さな雑草が生えてきてるからで

菜の花は発芽してるものの、まばらって感じです。


木村の田んぼ

DSCF2409.jpg

真ん中の方は発芽して賑わしいですが、手前の道路沿いはほとんど生えてない

後から蒔きたした分も発芽してこないみたいです。


オオジ

DSCF2411.jpg

排水用の溝は今回は役に立ってるみたいで 

種まきから後に何度もドカ雨が降りましたが、そんなに水はたまりませんでした。

だけどやっぱり発芽率は極端に悪い

青いのはやはり雑草です。

DSCF2414.jpg

畔際ですが菜の花の二葉がほとんど見えないです。


一枚だけ好調なのは石田西の田んぼ 0.4反とかなり小さいですが

DSCF2407_20121116055701.jpg

北側に市営住宅があって北風があたらないので、暖かいからでしょうか?

この田んぼだけはなんとか調子よく発芽しています。


不調の原因は種まき時期が遅かったせいかとも思いますが

去年より9日早く 10月17日に蒔きましたからそれほど遅くないはず

すぐ後のドカ雨のせいなんでしょうか?

それとも種自体が悪かった可能性もあるかもしれない

来年は播種量を増やすしかないでしょうかね。

菜の花(花かざり)に追肥と除草 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

最初に種まきした春雷ですが、追肥してから10日目で

かなり大きくなってきました。

DSCF2416_20121117013945.jpg

どうも私が自己流でやった硫安の液肥はあまり効果がなかったようで

DSCF2418.jpg

手前の畝の竹を立ててあるあたり

成長の遅れてるのが追いつくかと思ってましたが

やっぱりその差は縮まっていないようです。


そして最終に種まきした分は 雑草がかなり生えてきました。

DSCF2419.jpg

畝全体が青くなってますが、雑草そのものは小さな草で

そんなに大きくはならないと思ってます。

DSCF2422_20121117014516.jpg

手で持ってますけど、大きさを見るためだけで実際は削って取ります。

DSCF2423_20121117014638.jpg

例の三角ホーで削り取っていきます

右側に見えるのはこの前入れたモミガラです。


そして2回目の種まきした(花かざり)には

昼間に妹が追肥してくれたみたいです。

DSCF2428.jpg

条間に溝切りして施肥してますが、上手に溝の中だけに入れてました。


玉ねぎ植えました 

カテゴリ:野菜作り

今年はちょうど日曜日になりましたけど11月18日は

毎年 報恩講と言って各家庭をお坊さんが参って回る日です。

浄土真宗では1月16日が親鸞聖人の命日にあたりますので

それをとりこして(早めて)各家庭のお仏壇を参ってもらうのです。


お坊さんに付いて案内して回る役でしたが

上手に家庭菜園をしてる家がありましたね。

白菜とじゃがいも
DSCF2436.jpg

白菜は外葉がものすごく大きくもう結球し始めてます

ジャガイモもよく茂ってます。

白菜の向こうにダイコン レタス ホウレンソウ 豆 ネギ
DSCF2441_20121119040713.jpg

どれも見事な出来で感心しました。

肥料について聞いてみましたが、野菜専用化成を元肥と追肥に使ってるらしいです。


さて 昼を過ぎて3時ごろに終わりましたので我が家の畑に向かいました。

まずは芽が出てしまって畑に捨てた春作用のジャガイモ(キタアカリ)が

少々大きくなっていましたので、掘り上げて

DSCF2447.jpg

玉ねぎを植える予定だったところを高畝にして移植

DSCF2448_20121119041747.jpg

ジャガイモは二度イモと言って一年に二回作れる

今回のは時期が遅いけどだめもとで来年の種イモ用に作ってみる事にしました。


そしてその跡に玉ねぎを植えるので、元肥として

20mに鶏糞2袋 尿素1mに1つかみ PK4号は1mに2つかみ施肥

DSCF2450.jpg

乾燥を嫌う作物なので、トラクターのリアカバーを下げて低い畝を作り

今年は雑草で壊滅状態になったので、黒マルチをかけました。

DSCF2452_20121119042803.jpg

そして玉ねぎは大きすぎると保存性が落ちるのが分かってきたので

今回は 条間 株間ともに15cmにしました。

植え穴からも雑草が生えるとのことで、新兵器を作ってみたんだけど

DSCF2454_20121119043347.jpg

10ミリの鉄の棒で植え穴を開け 玉ねぎが大きくなっても大丈夫なように

マルチに5cmの切り込みを十字に入れておく機械のつもり


実際にやってみるとうまくマルチに穴があかない

DSCF2457.jpg

結局 トウモロコシを植える時に使った穴開け器を使いました

DSCF2460.jpg

今回は妹に手伝ってもらいましたが、密植にするとかなりの本数がいるようで

200本で3分の1しか植わってない、畝の残りはもっと植えるか迷ってます。

ダイコンに追肥 

カテゴリ:野菜作り

種まきが遅くてなかなか大きくなってこないダイコン

どうも気温だけが原因じゃないみたいです。

畝の中央のこぼれ種は 真下にかためて入れた鶏糞があるので

ほかのより大きくなってました。

それで追肥してやることにしたのですが

今回も窒素単肥肥料を使う事にしました。

窒素成分だけを見ると断然安くつきますからね

硫安 窒素21% 1100円  尿素 窒素46% 2000円

野菜専用肥料 そ彩3号 窒素15% 3000円

金額はだいぶ前のデーターですのでもう少し高くなってます。


それで ダイコンに硫安を使うか尿素を使うべきか迷ってます。

迷うときは試してみるのが一番 半分づつ分けてやりました。

DSCF2462.jpg

畝の真ん中に浅く溝を切り そこへ尿素は1mに1つかみ 硫安は2つかみ

施肥して薄く埋め戻しておきました。

DSCF2463.jpg

東側に尿素 西側に硫安 いちばん西側は無追肥 忘れないように書いておこう

他の野菜には パラパラと尿素を播いておきました。

さてどうなりますやら。

お米販売 送料を安くする 

カテゴリ:お米販売

11月に入ってぱったりと止まってしまったお米のネット販売

Zip効果も長続きはしなかったわけです。

それでクリック広告のアドワーズに入金して広告を再開

思ったほど訪問者も増えません。


前から不思議に思っていたのは、よそのショップでは送料がかなり安いんですね。

同じゆうパックでも他のサイトでは送料がかなり安いところが多いです。

それで郵便局に行って直接交渉していました。

個人で送るのに安くなるんだろうかと思ってましたが出来たんですね。


料金を後納にする事でどれだけの量を送っているか郵便局が把握でき安くできるようです。

後納の手続きは振込口座の登録など少し手続きに手間取りましたが、やっとできました。

現在は家に取りに来てもらって、料金は2割引きです。

毎回 後納郵便物差出票と言う一枚の紙にハンコを押して渡すだけ

お米を送るのも簡単になりました。

発送の時に書く用紙も自分の住所は郵便局で印刷してくれたのを

大量に持ってきてくれました。


毎月の送る量によって料金はもっと安くなるはずです

今年は実績作りをしておかないといけないです。


ショッピングカートも送料を個別に設定出来るところを見つけました。

これからそちらに乗り換えるつもりです。

価格の設定も再検討する必要があるようですが

あまり安いと農協出荷と手間を考えるとかわらなくなってしまいますからね。

もう少し時間がかかりますが新しく販売ページをやり直しています。


しかしなんで阿南のお米は高止まりなんでしょうかね~~。

お米販売 ショッピングカートに手こずってます 

カテゴリ:お米販売

昨日書いたけど お米販売の送料を安くできたのを

お米の販売ページに反映しようと努力してます。

出来れば全国均一ではなく、各都道府県で送料が変わるシステムにしたい。

それで新しく有料のショッピングカートに挑戦中です。


カラーミーと言うところなんだけど

最初の30日は無料で利用できるけど、それ以降は

初期費用 3150円 月額 875円の使用料がいるみたい。

ただ独自ドメインがもらえたり ショッピングモールに出店出来たりと

至れり尽くせりのサイトです。

誰でもネット販売のページが作れるように丁寧に説明がついています。

ただ完璧なページを作ろうと思えばかなりの時間が必要かと思います。


カラメルと言ってそのショッピングモールに出店してるお米の販売サイト

どれもこれも手の込んだ凄いサイトばかりでした 脱帽です。


そんなサイトには及びませんが少しでも見栄えの良い物をと悪戦苦闘してますが

なかなか設定が進みません。


それで今まで使ってるfc2ショッピングカートを再度見直して

範囲別送料設定と言うのを利用して、各商品ごとに各地方別の送料を設定できるようなりました。

少し複雑なので次回時間があれば説明を書きます。

ただ 商品を複数個注文されると指定されてない範囲になってしまうので

送料が0円になってしまったりするので、想定できる範囲で少し高めに出るような設定です。


さて ショッピングカートを見たら何度も見直してくれるようになるのか

しばらく様子見です。


それにしても我が家の販売ページの貧弱さにがっくりしてますわ。

菜の花(春雷)に2度目の追肥 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

だいぶ寒くなってきましたね 長期予報では今年は暖冬って言ってたのに

ぜんぜん話が違うじゃないですか、どうやって予報してるんですかね・・

そして日が短くなって、夕方会社から帰っての農作業は全くできません。


最近の管理人ですか・・・ 5時半に会社から帰宅したら仏壇をお参りして

5時40分から湯豆腐で晩酌開始ですよ。


ところで出荷用菜の花 早生品種の春雷はだいぶ大きくなってきました。

DSCF2470.jpg

もちろん 朝撮った写真です。

少し前から指導員に2回目の追肥をするように言われて肥料も持ってきてました。

DSCF2430_20121123204010.jpg

今回も窒素は5割が硝酸態窒素 リン酸を含まない肥料

DSCF2432.jpg

これをやると一斉に花芽が出てくると言うんだけど

そういう時期にやるからだと思います。

一応 0.7反に1袋 近所の人に頼んで施肥しました。


虫食いは あのアファーム乳剤を1回やったきりですが

もう寒いからなのか問題ないくらい回復しました。

DSCF2476.jpg

新しく出てきた葉っぱは全く穴があいてないです。

ただ ほんのわずかですがひどいのもありまして

DSCF2475_20121123205131.jpg

下葉は半分以上食われてますよね。

ほんの少数ですので、もう殺虫剤の散布は必要ないと思ってます。


そして あの小さな雑草が一杯になってた田神の田んぼの畝ですが

除草したのに雨が多いのでまた根を降ろしてるみたいで

DSCF2489_20121123205551.jpg

右が除草済みの畝 左はまだ手付かずの畝

手間をかけてる割にあまりぱっとしません。

小さな雑草ですのであまり気にしないようにしますか。

春雷の下葉かき 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

続けて菜の花の早稲品種 春雷の手入れですが

かなり大きくなってきたので嫁さんが下葉を取ってました。

004.jpg

菜の花は蕾を出荷するので、茎そのものが大きくなってもあまり意味がないのでですが

茎が大きくなってないと蕾もどんどんと出てこないわけで

初めてですからそこのところを見極めていきたいです。

006.jpg

私の手と比べるとここまで大きくなってますからね。


そして下葉を取ったあとは地際がすっきりとしました。

005.jpg

もう蕾がでかかってるのもあったそうで

来月から出荷できそうです。


最後に種まきした(花飾り)には最初の追肥をやってました。

001.jpg

さあ これからが忙しくなりそうです。

タマネギ再度植えました 

カテゴリ:野菜作り

先週の日曜日 黒マルチを貼ってタマネギを植えましたが

まだ3分の2ほど残ってましたので、再度植え足しました。


もう時期が遅いのかタマネギの苗はどこにも売っていません

ホームセンターのダイキに売れ残りの苗がありましたが

少し痛んでいるようで半額で売っていましたわ。

DSCF2532.jpg

100本で通常500円のところ 半額の250円でしたので10束 買ってきました。

なよなよとした苗ですので3分の1ほど切り落として植えていきます。

DSCF2533.jpg

黒マルチを貼った畝には400本植え足し 隣にもう一本畝を作ります。

DSCF2534_20121125223704.jpg

前回と同じく 20mに鶏糞2袋 尿素は1mに一つかみ PK肥料は2つかみ

トラクターの爪配置はそのままの内盛耕で リアカバーは前回より少し高めにしました。

ロータリーは4速で トラクターは超微速で2回耕転

DSCF2536.jpg

前に作ってうまく行かなかったマルチに穴あけする道具ですが

今回は植え穴を開けていくのと間隔をきっちり計れるので使ってみました。

DSCF2538.jpg

きっちり15cm間隔で3cmの穴が開いていきますので

苗を入れて周りの土をギュッと押さえていくだけ

DSCF2540_20121125224813.jpg

苗が古いのでうまく活着するかどうか不安ですので

マルチは掛けずにそのまま植えてます。

DSCF2543_20121125225158.jpg


今日は苗が足りなくなって後から100本買い足したので

全部で1100本 施肥と畝立てを含めて半日作業でした。

前回のと合わせると1300本

そんなに植えてどうするのかって?

来年は産直に出荷を少しづつ目指します。

里芋の収穫とダイコンの間引き 

カテゴリ:野菜作り

昨日はほかにも作業をやってました。

忙しくてずっとほったらかしになってたもう1か所の畑

里芋は雑草の中に埋もれてました。

DSCF2508.jpg

それでも株もとを見ると 大きな親イモが出来てます。

DSCF2506_20121127045204.jpg

一気に収穫せず 必要なだけ掘り出していこうと思ってます。


茎を切り落としマルチを剥がして 周りを掘っていきます

DSCF2510.jpg

どうも 里芋は種イモの上に大きな親イモが出来て

脇芽も親イモのように大きくなり そしてその周りに子芋が出来るみたいです。

DSCF2513.jpg

そして 今回植えた品種の赤目はその親イモも食べれるらしいですが

来年の種イモとして使おうと思ってます。

今年は親イモを種イモにしたら全部腐ってしまったので、保存に問題があると思い

出荷用菜の花を栽培してる畑の隅っこで土の中に埋めておきました。

収穫したイモの写真を撮り忘れましたが1株でまずまずの量が取れたと思ってます。


ダイコンなんだけど種まきが予定より半月遅れただけで成長がかなり遅いです。

どうしてもだめならトンネル掛けも検討してますが

取りあえず本葉が3~4枚出ましたので 間引きました。

DSCF2545.jpg

根っこは結構伸びてるようで、土の中で成長を続けてたんですね

DSCF2544.jpg

今からは虫の心配はないですけど タマネギの切り落とした葉を播いておきました。


吉原 楓 からの迷惑メール対策 

カテゴリ:未分類

世の中にはバカなことをやる人間も居るもんです。

最初は6600万円すぐに稼ぐ事ができるからと言うメールが来ました。


そんな出来もしない事を書いたメールを誰が読むもんですか

ましてや中に書かれたURLにアクセスする人もないでしょう。

こう言うメールは絶対にURLにアクセスしない事です。


お米の個人販売を始める前からブログのコメントなどで

私のメールアドレスは公開してましたから

いわゆるスパムメールと言う大量に送られる迷惑メールはよく来てましたが

ヤフーのフリーメールだから迷惑メール報告をしておけば以後は来なくなってました。


今回も気軽に考えて、いつものように迷惑メール報告をクリックしてたんだけど

次から次へと「吉原 楓」からのメールがやってくるんです。

なぜかこちらがやってる事が見えてるくらい、迷惑メールに何故するんですかとか

何故無視するんですかとか 言う内容で送ってくる。

今日は会社で暇を持て余す仕事をやってたもんだから、携帯でメールチェックしながら

送ってくる度に迷惑メールにしてやった。

でも、効果が全くないんですね。

発信元のアドレスを毎回変えてくるので、迷惑メールの設定が全く効かないんです。

今朝もメールチェックすると10件くらい来てました。


それで私の対策ですが

ヤフーメールのフィルターを設定したんです。

Yahoo!メールトップページ右上の[メールオプション]をクリックし、

表示されたページで [フィルターと受信通知設定]をクリックします。

追加ボタンをクリックします。

適当にフィルター名を入力したのち

Fromが 吉原 楓 を含むにして

メールをフォルダに移動のところで 移動先をゴミ箱を選択します。

保存をクリックして設定完了


さあ 来るなら来い

以上 吉原 楓 からの私なりの迷惑メール対策でした。



蕾が出来てきた 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

冬眠 暁を覚えず 違ったか 最近朝の目覚めが遅くなってしまって

記事をかけないときが出来てしまいました。


最近の菜の花(春雷)ですが、出てきましたよ 蕾

DSCF2503_20121129220225.jpg

次から次へと出てきてるみたい


そして下葉を一生懸命に取ってる嫁さん

DSCF2504.jpg

ちょっと見えにくいですかね 画面上の方です


下葉を取ると ワキガが出やすくなるからって

ちょっと~ 脇芽でしょう

DSCF2500.jpg

この脇芽を伸ばすと そこからまた花芽が出るらしい

さあ もうすぐ収穫が始まります。

明日は隣村の収穫を始めてる家に見学に行くそうです。

≪前月 |  2012年11月  | 翌月≫

ブログパーツ