クローズアップ現代「どうなる福島の米」を見て 

カテゴリ:未分類

当ブログでは 東日本大震災に関して一度も書いた事がありませんでした

口先だけ見せかけだけのお見舞いは無意味だと考えているからです。

現地の方々はほんとにお気の毒だと感じておりますが

一体我々に何が出来るんでしょう。


最近よく言われている頑張ろうニッポン

これもあまり好きじゃない言葉です。


自分が治るかどうか分からない病気で入院してたら

見舞いに来た人が ベットの上から見下ろしながら

頑張ろうねって言ったって

「頑張りたいのは山々だけど どうしようもないじゃないか」って

思ってしまうんじゃないでしょうか

病院に見舞いに行った時は 絶対見下ろしながら話してはダメ

しゃがみこんで 同じ目線で相手の痛みを感じ 共感しながら話すべきです。


頑張ろうニッポン 大きな旅客機に書かれているのを見た時

その塗装費用を寄付してあげればって痛切に感じた時もありました。


そして今夜見た「どうなる福島の米」ですが

昼夜の温度差が大きく 気候風土が米作りにピッタリな福島

美味しい米をずっと提供し続けてたはず

原発事故以降 風評被害を恐れて今年の作付を止めようとしていた農家に

仲買業者が必ず買い取るから約束して お米を作ったんだけど

予備検査で一ヶ所だけ高い放射線が検出され

他は基準値以下 不検出の所もあるくらい

でも米が全く売れないで困ってる。

米農家も仲買業者も 何の悪い事もしてないのに

なぜ こんなことになるんでしょう

ほんとにお気の毒です。


「がんばろうニッポン」あの言葉はどこへ行ったんですか

放射線安全宣言が出された今 福島のお米を進んで流通すべきでしょう


「がんばろうニッポン」口先だけに終わらせたくないですね。

お米販売 ドキッとするメールを頂きました 

カテゴリ:お米販売

昨日はブログ更新が途絶えましたね

常連の読者の方はもう察しがついてるはず

あの そう それ いつものやつ

町に飲みに行って 夜中に泥酔で帰ってきました ヨン


ところで お米の通販ですが

最近売り上げが落ち込んできてテンション下がり気味でしたが

こんなメールを頂きました。



メールありがとうございました。

さてお米、いただいてみました。
感想を一言でいうと、
『他の人にはオススメできません。サイトの宣伝もやめて下さい。』です。


え~、うちの高校生のムスコ、米が大好きなんですね。
で、好きなだけに評価がムチャクチャ厳しい。
めったに『おいしい』と言いません。良くて『まあまあ。。』。

その彼がですよ、中田さんのお米を食べて、
『あぁ、おいしいわ。オレ、これ好き。』と言ったんですよ。
もぅ、ビックリです。
確かに、ふっくらしてるのに決してべとつかず、
米本来のおいしさを十分に味わう事が出来ました。
ごちそうさまでした。

今年の新米からスーパーでの購入をやめたのですが、
スーパーと同程度の価格帯で、かつおいしい米を通販でとなると、
なかなか良い所が見つからず、苦労しておりました。
そしてようやく巡り会えた中田さんのお米。
このおいしさでこの価格、もう他で米を買う事が出来ません。

中田ファームさんがたくさんの人に知れ渡り、人気爆発。
購入希望者が殺到し、私が購入する分が無くなってしまっては、
本当に困ります。

よって、
『他の人にはオススメできません。サイトの宣伝もやめて下さい。』です。(笑



最初読み始めた時はドキッとしましたね

でもまあ 結局べた褒めされてうれしかったです。

ネット販売を始めて良かったと感じる時ですね。


お客様から 30kgを10kgづつの小分け発送希望がありまして

夕方会社から帰ってやってみました。

精米したお米を10kg3袋に分け

スーパーで貰ってきた空箱に入れてみました。

DSCF8238.jpg

2個しか入らないので 上に乗せて



DSCF8240.jpg

空箱を半切りにしたのをかぶせてみました

ガムテープで張り合わせ 完成です

DSCF8245.jpg

考えてみると注文されるのはほとんど女性の方で

30kgの袋は重すぎるわけです。

でもこの小分け作業 案外手間がかかりますし

袋代もかさみます

箱の中に隙間が出来ますので 30kg白米でしたら

郵ぱっく100サイズで送れるのに

120サイズになってしまいました。

ショップの方に小分け発送をアップしようと思っていましたが

ちょっと考えものです。

散粒機とは 

カテゴリ:未分類

最近また雨の日が多くなってきてます

雨と言っても しょぼしょぼ雨

田んぼに水が溜まるほどは降りませんので

発芽した菜の花にとっては丁度良い程度でしょう


かわいい双葉がだいぶ生えそろってきました

DSCF8250.jpg

写真ではもう少し大きくならなければはっきり分かりませんかね


良く目を凝らしてみると トラクター耕転後3個分空けて歩いてる

その中間あたりが たくさん生えています

重なりすぎの感じですが

他は ほぼ平均にきれいに生えてます。


散粒機で蒔いたからでしょう

手で蒔いたのでは 絶対にこのように平均には蒔けません



散粒機は 横に付いているハンドルを回すことにより

その下の円盤が回転し 一番上のタンクから落下してきた

種や肥料 薬などが遠心力によって 平均に広がって撒けると言うものです。


散布は幅はだいたい6mと言われます 

トラクターのロータリーが1.4m幅ですので 4個分空けると丁度よかったのかもです。


田んぼで主に使う目的は 除草剤の散布で

反当 1kg粒剤や3kg粒剤の除草剤を 田んぼに平均に蒔くのは

手撒きでは至難の業です。

散粒機だと 開口調整レバーさえ一定に保っておけば

全部平均に撒くことが出来ます。

最近の除草剤は 発泡によって拡散するジャンボタイプや

液状のフロアブルタイプなどが出来てきたので

散粒機を使う事が少なくなってきましたね。


でも こんな機械がある事を知っておくと便利な時もありますよ。





皇帝ダリア 咲きました 

カテゴリ:皇帝ダリア

先月後半から急に伸びあがってきて

蕾も出来ていた皇帝ダリアですが

写真がなかなか撮れてなくて 記事にしてませんでした。

昨日の朝見てみると 一輪咲いていました。

DSCF8258.jpg

後ろの槇の剪定が出来てないので ちょっとカッコ悪いです

やっぱり朝の寝起きの顔でこれもかっこ悪いですが

かなり高くなってるのが分かりますか?


DSCF8263.jpg

蕾もだいぶできてますので

いっぱい花が咲くのでしょうね

花の少ない時期 これからが楽しみです。

ラウンドアップした田んぼ 

カテゴリ:雑草

去年 恐るべしクログワイと言う記事を書きましたが

この田んぼ 今年もかなりのクログワイが発生してたんですね


稲刈りが終わってもなかなか耕さない

どうしたのかと思ってたら 田んぼ中 ラウンドアップを撒いたらしい

DSCF8266.jpg

確かに後から発芽してきたクログワイは赤くなって枯れています

それもかなりの量

DSCF8268.jpg

ラウンドアップは 葉から吸収されて根っこまで届き

根から枯らすと言うすぐれもの

もちろんその場所に生えている全ての物を枯らすので

非選択性除草剤です。

クログワイのような土中に根茎をもつ雑草は

防除が困難で 我が家でも手こずっています。

効果のほどは来年 田植え以降に分かるはず


ラウンドアップの主成分 グリホサートですが

微生物によって分解され 土への安全性は高いとされています。

「土への」と言う所がひっかかりますけどね。

DSCF8265.jpg

畦際のクログワイが密集してるところも

こんな風に完全に枯れていますが

果たして これで良いのでしょうか?

我が家では 最近の考え方として

どうしても必要な時以外は なるべく使用を差し控えるようにしてます。

ダイコン 大きくなってきました 

カテゴリ:野菜作り

種まきから1ヶ月を過ぎたダイコンですが

最近の雨で急に大きくなってきました

DSCF8279.jpg

2本立ちで残しておいたのも 1本に間引きました

この間引き菜が美味しいんですよね。


今年は虫食いはほとんどなく

完全無農薬でいけました。

種まき時期をかなり遅らせたからでしょうか

それとも周りの雑草がほとんどなくなったからでしょう

DSCF8282.jpg

小松菜も無農薬で 元気に育ってます

ナメクジを発見したので 葉ごとちぎって捨てましたけどね

DSCF8280.jpg

ぼちぼち玉ねぎの苗を植えようかと考えています。

菜の花 2回目の種まきをしました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

ネット販売の菜の花米は大好評でうれしい批評を頂いております

最近でも月30kgの年間予約を希望されるメールが来ましたが

もうすぐ売り切れの状態ですので対応できませんでした。


それで今年は全田で菜の花を作る事に変更

昨日は残り1.8反に種まきしました。


また週末の天気が悪そうなので 会社を休んで朝から田んぼの耕転です

畦際ディスク 今回はうまく行きましたがどうも角度がよくなさそうです

DSCF8290.jpg

全部耕した後 サラダで溝切りです

DSCF8296.jpg

だいたい水の落ち口から放射状に溝を切りました

DSCF8297.jpg

三角鍬で最後はつなげておきます

DSCF8299.jpg

種まきですが 今回も散粒機を使用しました

さあ時期がかなり遅くなりましたが

うまく発芽するんでしょうか

生育期間が短すぎて 大きくならないんじゃないかとか

心配はありますが 後は田んぼに任せるだけです。





玉ねぎ 植えました 

カテゴリ:野菜作り

菜の花の種まきした後 時間がだいぶありましたので

玉ねぎ苗を買ってきて植えつけました


前に玉ねぎ用に残しておいた畝には雑草が生えてきたので

トラクターで耕転し サラダで畝立てのやり直ししましたが

他の野菜の土寄せも兼ねてやりましたので

4個ある耕転爪の2個を外し

DSCF8320.jpg


後輪の幅を狭くするために ピンを抜いて

タイヤの向きを変え

DSCF8315.jpg

幅の狭い状態にして 土寄せと畝立てをしました

DSCF8310.jpg

今回 玉ねぎ用には 1㎡に尿素1つかみ PK40号1つかみを施肥

全部田んぼで余った肥料です。

DSCF8327.jpg

1.2m畝に 条間25cmで 3条植え  株間15cm です

DSCF8332.jpg

去年は 300本植えてかなりあまりましたので

今年は200本 とりあえず植えました

品種は極早生の濱の宝です

DSCF8352.jpg

さて今回もものになるのでしょうか

お米の通販 完売しました 

カテゴリ:お米販売

今年から始めたお米のネット販売ですが

在庫数も少なかったため 完売となりました。


せっかく来ていただいたお客様に申し訳ないですし

リピーターの方もだんだん増えてきていたので残念です。

来年の収穫以降 本格的に営業していくつもりです。


お米の個人販売は思ったほど難しくなく

私のような小規模農家でもネット上で販売できる事がはっきりと分かりました。

これまでの経緯はお米販売のカテゴリーにまとめてあります。


当ブログ読者の方は ほとんどが農家の方と考えておりますが

同じようにネット上で個人販売をやってみようと思われる方の

参考になればと思っております。


来年挑戦してみようと思われる方もしくは可能性を持っておられる方は

写真を出来るだけ残しておいてください。

最近はデジカメですので いくら写真を撮ってもフィルム代が要らない訳で

なるべく数多く写真を残しておくと その中から選んでホームページ構築に役立ちます。

もうひとつ大事な事は 特徴をもったお米を作る事です。

美味しさはよそに負けないとか減農薬で安全なお米とかですね。

消費者が求めているお米に近づける努力は必要でしょう。


お米の食味については 永遠の課題 どことも苦心してます

食味コンクール上位に入賞している農家などは 

有機肥料 葉面散布 ハデがけ乾燥 などかなりの手間をかけてます。

そこまで頑張らなくても美味しい米は誰でも出来る

への字栽培にすれば コロッと食味がよくなりますからね。

そして 田植え一月前に苦土石灰をやってみようと思ってます。

苦土石灰に付いてはいつか記事にします。


ホームページの作り方に関しては もう少し簡単な方法で

誰でも出来るやり方を探してみようと思っております。

逐次公表していきますので参考にしてください。


ただぼんやりとお米を作って 機械代も出んわと歎かずに

智慧の農業 考えて努力する百姓を目指しませんか!



クイックレベラー組み立ててみました 

カテゴリ:未分類

落札後 翌々日には届いていたクイックレベラーですが

毎日忙しく ほったらかしになってました

お米の販売がひと段落しましたので ようやく組み立ててみました。


尾輪バーに取り付け金具から始めましたが少し隙間があるようで

ちょっとガタがありますが問題ない程度でしょう

DSCF8338.jpg

バネの取り付け金具とか順番に組み立てていきました

写真の状態は 反対向きに取りつけていました

DSCF8339.jpg

組み上がった状態です

DSCF8347.jpg

吉川さんの写真より少し角度がきついように思いますが

ピンの位置を変えることにより もう少しゆるく出来そうです


土寄せの状態です

DSCF8343.jpg

大量に土を引く場合は補助板の角度を変えるとこんな状態です

DSCF8342.jpg

そしてDXタイプの特徴 

使わない時は反転して 上に持ち上げておくことが出来ます

DSCF8350.jpg

レバー1本で上げ下げができますが

少し重いのでおろす時が大変そうです。


土引き状態から代かき作業への切り替えは

トラクターからロープで出来ます

手で持っているバーを引っ張るだけです

DSCF8345.jpg

簡単な構造でよくぞここまで出来るなと感心するくらい

うまく工夫されていました。

気になるのは尾輪との間隔がぎりぎりで

実際にやってみないと分からないけど 土が溜まりそうでした。




ほうれん草 蒔きました 

カテゴリ:野菜作り

今年は嫁が家の裏庭で野菜を作ってるので

葉物野菜はあまりやらないつもりだったのだけど

ほうれん草がうまく発芽しないからやってみてと言われました

それで去年の経験から 1昼夜水につけておいてから蒔きましたよ

DSCF8354.jpg

水を切って半日したら発芽してるのもありました

玉ねぎ用に作って置いた畝に蒔きましたから

施肥も同じ 1㎡に尿素とpk40号をそれぞれ一つかみです。


条間 25cm 4条蒔き 蒔き溝を作って置いて

DSCF8355.jpg

株間 3~5cmくらいのつもりで蒔きました

今回は種が乾き気味だったので指にくっつかず蒔きやすかった

DSCF8356.jpg

薄く覆土して たっぷりと散水

朝の忙しい時間にしたので 出勤時間がかなり遅くなってしまいました。

DSCF8360.jpg

種まき時期としては 少し遅すぎかも分かりません

でも今年は暖冬のようだから大丈夫かも


サトイモの収穫 

カテゴリ:野菜作り

5月中ごろ逆さ植えしたサトイモですが 先週収穫しました。

深さ20cmで植えていたので小芋が表面に出てくることもなく

2度の台風でぼろぼろになってましたが

それでも大きなイモがたくさんついていました。

DSCF8302.jpg

親イモもかなり大きくなっていました

DSCF8305.jpg

イモの下から いろんな虫がでてきましたが

虫嫌いの嫁が もろともせずに収穫してましたよ

DSCF8304.jpg

来年は最初から施肥栽培のつもりですので

底にどっさり肥料を入れて マルチ掛けでやってみるつもりです。

ヒコバエに土をかける必要がないので

雑草対策にマルチは欠かせないですからね。

TPP参加に思う 

カテゴリ:未分類

国内では賛否両論真っ二つに分かれたままで

野田首相 TPP参加を表明しましたね。


以前にTPPと稲作と言う記事を書いた事がありましたが

高い関税に守られてきた農家は壊滅的な被害を受け

現在の食料自給率40%を大きく下回ってしまうでしょう

農協や他の農業団体はこれを盾に大反対をしてるわけです


かと言って工業製品の輸出は 他国からの関税が障害になって伸び悩んでいますし 

日本がtppに参加しないと他の国から大きく遅れをとってしまうわけですよね。

経団連などは強く参加を勧めてるわけです。


ちょっとまてよ

賛成派 反対派 ともに自分の利益にプラスになるかどうかだけで判断してないですか

日本の将来にとってtppに参加するのがよいのかどうかが根本じゃないかな

日本の将来なんておおげさじゃなくても 自分の子や孫が大きくなった時

幸せな生活ができる日本にするには どちらを選択した方が良いかを考えないとね。


もうひとつ言っておきたいのは 仕組まれた罠がある事です

世界を牛耳ろうとするユダヤの罠です。

安い農業製品で農家を弱らせ 食料自給率をどんどん下げていき

いきなり値段を上げたり 不作を理由に輸出を止められると

日本はどうなるのでしょうね

関税撤廃を餌に日本をドツボに追い込んで 思い通りに動かそうとする

ユダヤの影がもうちらほら見えてるのに早く気が付いて欲しいものです。

tppに参加すると非関税障壁になると言って

国民皆保険制度を廃止せよなんて事も予測されていますが

外国企業が日本政府を相手取って裁判を起こす事も考えられるわけで

もうすでにアメリカを牛耳ってるユダヤに思いのままにされるのは

目に見えています。


日本の将来 どうなってしまうんでしょうかね

これはひとりひとりが真剣に考えないといけない問題かもしれません

tppを分かりやすく説明しているサイトがありました。

産直店のお米の価格 

カテゴリ:お米販売

ネット販売が完売して落ち着いてしまっていましたが

消費者の方から「やっと美味しいお米にめぐり合えたのに

これから何を食べたら良いのですか」なんてメールを貰いました。


売り切れましたごめんなさいだけではあまりにも人情がなさすぎる

替わりになるような安くておいしいお米を販売できないか調べてました。


どこの農家も今の時期 飯米(自分で食べる分のお米)しか残してません。

それで近くの産直店に行ってお米を買ってきて食べてみたんです

まずまず美味しいお米もありました。

嫁は我が家の米には絶対かなわないと言うのですけどね。


その米の価格なんですけど

1kg350円でした

DSCF8379s.jpg

他にも 1kg 330円

DSCF8377s.jpg

300円のもありました

DSCF8373s.jpg

だいたいJAの運営する産直市では 10%くらいを支払っているようですが

原価はどれくらいなるんだろう。

電話番号が入っているので電話で確認して検討してみようと思っています。


それにしても 私がネットで販売してるのは

1kg300円を基準にして、それに送料を上乗せした価格にしていますので

やっぱり通販で販売するには安い方なんでしょうか。

我が家の場合 菜の花を肥料にしただけで

特別に有機栽培(化学肥料を使わず完全無農薬)にこだわっていませんので

価格もこんなところかなと思っています。

ただ中間業者を通さないだけ 安く出来てると考えてますけどね。


さて 安くておいしいお米 販売できるかどうか

農家から直接取引で何とかならないか検討中です。

菜の花 本葉が出ました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

去年も同じタイトルで記事を書いてましたが

やっぱり10日遅い種まきでしたので

10日のずれがあるみたいです。

DSCF8396.jpg

菜の花の周りの小さな双葉は他の雑草のようで

思ったほど密度が濃くないような気もします。


篠原の田んぼ

DSCF8398.jpg

オオジ

DSCF8399.jpg

田んぼの土が白く乾いている所は出来が悪く

生えむらがあるのは 乾き具合が違うからでしょう

良く生えている所は こんな風になってます

DSCF8397.jpg

後から種まきした分は まだ10日くらいしか経ってないので

ところどころで発芽してる程度で

DSCF8401.jpg

遠目で見ると全く変化なしみたいです

DSCF8402.jpg

菜の花は豪雨には弱いですが 全く雨が降らないのもよくないみたいで

最初の頃は 一雨ごとに発芽が進んできますので

今日の昼からの雨に期待したいです。

ほうれん草 発芽しました 

カテゴリ:野菜作り

時期的にだいぶ遅いと思いながら種まきしたほうれん草ですが

ようやく発芽しました。

DSCF8383.jpg

ようやくと言うこともないですか 播種から5日目ですからね

やっぱり1昼夜水に浸けて 発芽抑制物質を除去しておくのがよいみたいです。

なんとか大きくなってほしいものです。


ひとつ想定外で心配してるのが玉ねぎ

DSCF8384.jpg

うまく活着しないで しなびたようになってます

極早生の品種は吊り玉で保存が出来にくいとか言われますし

もう少し中性の品種を植えたそうか考えています。

DSCF8387.jpg

まあまだ植えてから10日も経ってないからこんなものかもしれません


チンゲン菜はなかなか大きくなってきませんが

無農薬でも全く虫食いなしできれいです

DSCF8388.jpg

小松菜はかなり大きくなって どんどん収穫していますが

こちらも無農薬で ほんのちょっとだけかじられています。

DSCF8389.jpg

ダイコン 根っこが見えてるのがありますが

4cmくらいにはなってるかな

DSCF8393.jpg

みんな時期遅れの感じでの野菜作りですが

なんとか順調に行ってる模様です。


管理人のひとり言 ⑥ 

カテゴリ:管理人のひとり言

昨日は一日中雨 菜の花菜の発芽には役立つかもしれませんが

なんか気分が滅入ってしまって 記事が書けない

そんな時はやっぱりこれでしょう


前回の頭の体操 若葉マーク農家さんがすぐに正解を送ってくれました。

メールしましたので見てくださいね。

ほかにも拍手コメントで下さった名無しさん これも正解でした。


今回はちょっと難しいよ~~  やっぱり頭の体操です

ニンニク 植えました 

カテゴリ:野菜作り

少し時期遅れかも分かりませんが ニンニクを植えてみる事にしました。

今回は嫁と娘が手伝ってくれました。

玉ねぎの晩生品種も植えるつもりでしたので 

1m角に尿素とpk40号を一つかみづつ施肥

サラダで耕転して 畝立をやり直し

120cm幅に3条蒔き 株間15cm程度にしました

DSCF8423.jpg

三角グワで植え溝を作って置き 種球をばらしたのを芽を上にして並べて

土をかぶせていきます。

DSCF8420.jpg


玉ねぎの方は 極早生の品種が保存性が悪いと言う事で

晩生品種のもみじ3号を200本植えました。

DSCF8427.jpg

やっぱり女性は几帳面なのでしょうね

きっちり苗を立てながら植えていましたよ

やり方は前回と全く一緒です

DSCF8418.jpg

どんどん植えてくるので 畝の準備に大忙しでした

DSCF8419.jpg

見る見るうちに仕事がはかどったので 

ダイコンの草取りもやってもらいました

DSCF8426.jpg

条間に最終の追肥 尿素をパラパラと撒いておきました

ついでにジャガイモの土寄せもやって

DSCF8425.jpg

畑仕事は終わり 3時間くらいで出来ました


アンケートに答えてお小遣い稼ぎ 

カテゴリ:未分類

だんだんと日が短くなってきて

会社から帰っても野良仕事は全く出来ません

気温も急に下がってきました。

百姓も裏作をやってなかったら農閑期ですね。


暇な時には変わったこともやってみませんか?

管理人がずっとまえから続けている

アンケートサイトを紹介しておきます。


アンケートに答えるとお小遣いが貰えるサイトです。

登録しておくとメールで知らせが来るので

サイトにログインして アンケートに答えていくというものです。


最近はちょっと忙しかったのとめんどくさいのがあって

時々しか答えてませんが それでもまずまずの成果が出てます

アンケート2

1回に付き2~6円くらいです

本アンケートに答えると100~200円くらいもらえます。

最近の結果はこんな所です。

アンケート1

登録は簡単ですし 銀行振り込みで支払いもしてくれます。

私の場合はポイントサイトに交換しておいてまとめて換金してます

振り込み手数料がなるべくかからないようにするためです。


マクロミルと言うモニタサイトです

登録は下のバナーからしていただくと

初回のアンケートで30円貰えますし 管理人にも紹介謝礼が頂けます

マクロミルへ登録

よその皇帝ダリア 

カテゴリ:皇帝ダリア

蕾がいっぱい出来てたから 満開になるとさぞきれいだろうと思ってたら

散りながら咲いていくんですね。

あまり花の数が変わらない我が家の皇帝ダリアです。

DSCF8428.jpg

最近 気がついたのですが会社の近くで

咲いてたんですね 皇帝ダリア

DSCF8430.jpg

しかもかなり花を着けてるんですね

たぶん途中で芯を止めてあるんでしょうか

下の方の枝の間からも花が出てました。

DSCF8432.jpg

ちょっと明るすぎて見にくいですが

ほんとにきれいでしたよ。


への字とV字の施肥費用 

カテゴリ:への字稲作

数日前に農協から来年の稲作に向けて

肥料の注文書が届きました。

一緒に入っていたのが去年と同じですが

平成24年度水稲早期栽培管理歴です。

肥料の価格表と見比べながら 肥料に掛かった経費を計算してみました。


通常のV字稲作の場合

2月 土壌改良剤 米太郎(ケイカル+BMヨーリン+鉄) 200kg  1030円×10

4月 基肥一発肥料 イネひとふり 40kg  3300円×2

9月 稲わら分解  石灰窒素   20kg  3300円

合計 約2万円です

我が村では 土壌改良材と石灰窒素を省いて 基肥一発肥料を60kgやってるところもあり

それだと 合計 約1万円です。


への字稲作の場合

我が家の今年の施肥体系を振り返ってみると

土壌改良剤 なし  元肥なし 

中間追肥 硫安 20kg 1100円  尿素 5kg 2000円÷4

穂肥 過リン酸石灰 10kg 1450円÷2

合計 約2300円


菜の花稲作の場合

我が家の今年のやり方だと

菜の花の種 5000円  鶏糞 多く見て3000円

硫安 15kg 825円

合計 約 8800円


さて 経費をかければその分収穫量がますのであれば良いのですが

ほとんど差がないか への字の方が勝っているようにも思えるのですが

そうそう それに苗代

V字稲作の場合 23箱×600円=13800円

への字の場合  10箱×600円=6000円


結局 農協の指導通りに作れば  33800円

への字で作れば 8800円

あまりにも差が出ましたね~



来年は苦土石灰を使うつもり 

カテゴリ:肥料

今年は菜の花の肥料に鶏糞を使わかなった

高度化成もしくは無肥料で菜の花を育てています。

有機質資材の良いところは 微量要素をたくさん含んでいる所だと思っていますが

今年はそれに欠けるわけです。

もちろん菜の花を緑肥にすれば 有機肥料になるわけで

高度化成が有機肥料に化けるわけです。

それでも お米の味が今年のような食味にならなかったら

ネット販売どころでなくなります。


それで今からもくろんでいるのが苦土石灰です。


大師匠 井原豊さんは米の食味は穂肥窒素が効きすぎたり

カリが多すぎると悪くなると書かれています。

それよりもカルシュウムやマグネシュウムの効いたお米が

美味しくなるとされていました。


一昨年はリンマグを使ってみたりしましたが

ちょっと価格が高かったので考えものです。


それで来年は 田植えの1ヶ月前に

苦土石灰を20kg施肥しようと思い付いたわけです。


だいたい苦土石灰とはカルシウム・マグネシウムの炭酸塩からできた

ドロマイトと言う鉱物を焼いて作った石灰肥料です。


苦土とは にがいつちと書きますがマグネシュウムは舐めると苦いので

そう呼ばれています。


この苦土石灰はアルカリ性ですので 畑で酸度調整の為によくつかわれます。

ところが近所の農家さんに聞いたところ 

お米も野菜も苦土石灰を撒いてやると美味しくなるとの事でした。

なるほどと納得してしまいましたけど。


マグネシュウムは前に書いたことあるけど

葉緑素の主な成分で作物体内の成長の盛んなところに移動しやすく

またリン酸やケイ酸の吸収も助けるので倒伏にも強くなるようです。

カルシュウムは細胞を活発にし 茎葉を固くし デンプンを糖に変えて

甘味を増す効果があるようで 倒伏にも強くなると言うわけです。

ただ過リン酸石灰のように硫酸カルシュウムの形ではないので

吸収するには少し問題があるようで ゆっくりと効いてくるようです。


さあ良いとこだらけの苦土石灰 V字稲作でも使ってみてはどうですか?

価格は 20kg 540円と安かったですよ。


ただ 苦土石灰は強いアルカリ性を示しますので

弱酸性を好むイネにあまり多量に使うのは好ましくありません。





納屋を建て替えることにしました 

カテゴリ:未分類

我が家の納屋に付いては何度も記事にしてきましたが

前回に書いたようにいよいよスレートの寿命が来たようで

建て替えることにしました。

考えてみれば 私が中学に入った頃に 村に有った消防小屋を移築したので

相当古いと言う事になります。

鉄骨はまだしっかりしていますが スレートの葺き替えは無理でしょう。


今度は母屋と同じ幅にしますのでだいぶ広くなる計画です。

将来的に籾乾燥機を2台設置するつもりですので

これくらいの広さは要るだろうと言う事になりました。

耕作面積も広げた事だし 本格的に百姓に取り組むつもりです。

2歳くらい年上であろうルーキーファーマーさんのように

定年退職後の農業に従事する体制を整えておこうと思っているわけで

と言っても私の勤務する会社 定年がないんですよね。

だから60歳を過ぎれば 農業の方にウエイトをずらしていこうと言うわけです。


それでね 納屋の片づけを1日やってました。

これも前に書いた事がある古い農器具を出してきました。

DSCF8460.jpg

除草機ですね

DSCF8458.jpg

こちらは2連の除草機です

どれも完璧に動きました

いまでも現役で使えそうです。

必要な方には差し上げますよ。

DSCF8461.jpg

これは田植え定規

DSCF8463.jpg

早乙女さんがくるくるとまわしながら田植えをしていたのを思い出します


他にも斗升(トマス)

DSCF8462.jpg

味噌を作る時の大豆を煮る鍋

DSCF8456.jpg

など出てきました。


最近は暗くなるのが早く

仕事が終わってから投光器を付けての作業で

少しづつ解体していくつもりです。

また忙しくなるでしょう。


ニンニク 発芽しました 

カテゴリ:野菜作り

植えるのがかなり遅くて心配してたニンニクですが

わずか10日で発芽しました。

DSCF8477.jpg

特に種用として買ったわけでもなく

スーパーで買ってきた安物のニンニクですから

中国産 芽止め処理をしてるかもしれないと思ってましたが

なんとかうまく行きそうです。


他の野菜ですが

ダイコンが急に大きくなってきたような気がします

DSCF8468.jpg

根が見えてるところは かなり太くなったようで

もうじき収穫できるかなと思っていますが

今年はなるべく太らせて漬物にするつもりです。

DSCF8467.jpg


チンゲン菜も大きくなってきました

これも遅くに種まきしましたので 完全無農薬で虫食いなしです

DSCF8473.jpg


ほうれん草 本葉が出始めました

納屋を片づけた時に肥桶に残っていた高度化性を条間に施肥してあります

DSCF8469.jpg


玉ねぎ 順調に根を下ろしたみたいです

DSCF8476.jpg


そして ジャガイモですが最近の気温が下がったのもあって

葉っぱに元気がなくなってきました。

DSCF8471.jpg

葉が赤いのは病気なのかも分かりませんが

ぼちぼち収穫時期なのでしょう

今回は思ったほど葉が繁茂しなかったので期待薄です。

≪前月 |  2011年11月  | 翌月≫

ブログパーツ