今年の結果 

カテゴリ:2011年稲作

今川の田んぼだけは集合乾燥のライスセンターに

持って行きましたので 結果が出るにはだいぶ時間がかかります。


オオジ 篠原 窪地 の合計が99袋できました。

オオジの少し残ったのも見込んでの数です。


オオジ 2.3反  篠原 2.3反  窪地 0.7反 ですので

反当収量は 2970kg÷5.3=560kg 約3.7石

になりました。

前に計算した収量予測からは大きく後退しましたが

自分としては過去最高の収穫量です。


過去記事を読みなおして 

トレサビリティーとしてまとめてみたいと思っていますが

今川の田んぼの結果が出てきてからにします。


手植えを計画中 

カテゴリ:2011年稲作

もう来年に向けて気持ちは動き始めてます。

一番小さな田んぼ 窪地(7畝)で

手植えをしてみようと計画中です。


農協のひょろひょろ苗を植えても意味がない

昔のように成苗を手植えしたい。


井原さんの本に書かれてるのをなるべくそのまま

実行していくつもりです。

DSCF7588.jpg

稲刈りの時に分げつが大きく倒伏の度合いが弱いのを

選んで手刈りして束にしておきました。


古い足踏み式脱穀機がありますので

天気が定まれば 脱穀してみようと思っています。

コンバインで収穫した籾は発芽率がかなり劣ります。


畑に直播した地球苗を育てるつもり

昔と違う所は水を張らないで畑苗にする所です。


株間36cmに1~2本植え

230粒着いた長い穂を見てみたいものです。

グーグルからの手紙 

カテゴリ:お米販売

お米販売のページは作っては見たものの

訪問者は当ブログからだけですが

さっそく1件のお買い上げをいただきました

ありがとうございました。


お米の消費者からの訪問を増やすべく

ホームページに検索されやすい語句を入れたり

試行錯誤しておりました。


そんな中 数日前にグーグルから手紙が来たのです。

グーグルに広告掲載を7500円分無料お試し券が入っていました。

img038.jpg

これはタイミングよく送ってきたものだ

さっそくグーグルアドアーズに登録

模索しながら宣伝用の語句など入力していき

検索のキーワードを

「コシヒカリ 販売 徳島 」などと設定

最後にプロモーションコード入力に無料お試し券に書かれたのを入れ

ようやく完了しました。


同じキーワードを入れて検索してみると

自分のブログが上位に表示されていますが

右側に設定した宣伝が表示されていました。

DSCF7637.jpg

まだまだ研究しないとアドワーズは使いこなせないと思っていますが

とりあえず一歩づつ前進していきますよ・・

田んぼから持ち去るもの 

カテゴリ:地力

だいたい農業と言うのは その土地にある栄養を吸って

育った植物の一部を持ち去って行われる行為だから

持ち去った分を肥料で補ってやらなければ

持続的に続けていく事が出来ないわけでしょう


田んぼで稲を作った場合 ワラはコンバインで切って還元します

持ちかえった籾は 籾すり後の籾がらを田んぼに帰すべきでしょう。

そして玄米を白米にした時にできる米糠も田んぼに帰してやれば

持ち去るのはデンプンだけです。

デンプンは炭水化物ですから 水と二酸化炭素から

光合成によって生成されるわけですよね。


我が家ではもみ殻は均等に田んぼに撒く事はできませんが

もっぱら袋を引きずりながら田んぼに入れています

去年の写真ですが
DSCF3736.jpg


ニワトリの餌は主に米糠が使われているようですが

この鶏糞を菜の花の肥料として田んぼに撒く事で

米糠を還元したと考えています。


田んぼで出来たものは 出来る限り田んぼに帰す

ほんとに必要なものだけ持ちさる農業にしたいものです。





ショッピングカートの問題点 

カテゴリ:お米販売

お米の販売 2件目のご注文をいただきました

ありがとうございます。

最初にご注文いただきました辻様

ブログを書かれているようで拝見しました。

辻ちゃん農園(初めての農業)読んでみてびっくり

我が家に比べてかなり規模の大きい農家の方で恐縮です。


お米販売のページも本格運用になってきましたが

肝心のショッピングカートがうまく設定できてないようで

自分で何度もトライしてみると

①10kgと5kgを同時に買うと送料が加算されない

②2個以上買っても1個分しか送料が加算されない。

③送料が個別に設定出来ない

④レジに進む(決済)まで行くと カートの中身の変更がやりにくい

⑤送料の表示がないので 決済しないと分からない


②は1個づつしか注文できないようにして解決 ほんとはもっとちゃんとしたいけど

④はカートの確認と言うリンクをサイドバーに追加して解決

⑤は ゆうパックの送料をリンクして解決

①と③はとりあえずメールで連絡して解決するしかないようです。


グーグルアドワーズ 完璧にサイトにお客さんの誘導していただいているようです

今のところ 一日の予算500円 クリック単価の上限50円 <みみっちいね!

2日で23人くらいの集客ですが成果にはつながっていません。


ホームページもFAQを作ってみたり 少しづつ手を加えていますが

何の勉強もせずノウハウを持たないまま独自の考え方だから

うまくいかないのかも分かりません。

石灰窒素の効果 

カテゴリ:2011年稲作

今年の稲刈りも終わり来年に向けての土づくりがはじまってます。

稲作名人のAさんの田んぼは稲刈り直後に

石灰窒素散布して耕起してあります。

DSCF7670.jpg

まだ20日くらいしか経ってませんが

ワラの分解が進んでいるのがよく分かります。

DSCF7671.jpg

稲わらは炭素率C/N比が75と高く

バクテリアがワラを分解するときに窒素を必要としますが

C/N比40を境にそれより大きいとチッソが足りなくなって

腐熟が進みにくくなります。

石灰窒素を施用することによって C/N比30くらいまで落としているんです。

稲わら分解促進のためには石灰窒素がかなり効果があるみたいで

特に気温の高い状態では 微生物の働きが活発になり

腐熟が進むのが早いのでしょうね。


一方 Nさんの田んぼは稲刈り後同じように耕起してありますが

何もやらずにただトラクターで挽いてあるだけです

DSCF7668.jpg

ワラはそのままの状態で草も生えてないでしょう

チッソ飢餓の起きた状態だからです。


そして 我が家の田んぼですが

そのまま放置してあったら 台風の大雨のせいで

DSCF7667.jpg

ワラは片方に吹き寄せられて 無残な状態です。

今度 新しく引き受けた田んぼもこんな状態

DSCF7666.jpg

これは元のようにわらを広げるのが大変ですよ

ただAさんのように石灰窒素の施用はしません


ワラを腐らす必要はありませんから

への字稲作では 初期の生育を抑える方がよいので

チッソ飢餓が起こっても問題ないからです。


じゃがいもの緑化 

カテゴリ:野菜作り

2度の台風で夏野菜は壊滅状態になりました。

かろうじてオクラとナスの収穫を続けています。

サトイモも破れ傘になってしまい 大きく傷みました。


涼しくなってきたので秋野菜に再度挑戦するつもりです。

田んぼに溜まった水がまだ引かず 

トラクターを出すようにならないので

畑の耕転も少し先にするとして

じゃがいもの緑化だけでも先に進めます。


春に収穫したのを種芋にしようと考えていたんだけど

メークイーンは秋作には向かないとの事

新しく種芋を買ってきました。

DSCF7672.jpg

品種はニシユタカ 1kg480円は高いのか?

れいのウッドデッキの上でしばらくお日様に当てて

緑化するつもりです。


早くも芽がいっぱい付いていました

DSCF7673.jpg

この芽は勢いが弱く 全部掻き取って

緑化と共に新しく出てきた芽がよいらしいです。

DSCF7675.jpg

つるつるにきれいにしてやりました。


絶体絶命の話し 

カテゴリ:み教え

農閑期に入ってきて少し余裕が出来てきました

またちょこっとづつ仏教の話も書いていきます。


昔 インドのある国では犯罪者を死刑にする時

ゾウに踏み殺させていたんです。

このゾウが逃げ出したんですね

草原を一人の旅人が歩いていましたが

逃げ出したゾウに物凄い勢いで追いかけられました。

人間を踏み殺すように仕込まれてるから大変です。

草原だから隠れるところもなく ひたすら走ってると

古井戸なのか穴があいているのを見つけました。

穴の入口から藤のツルが下に垂れています

これをつたって下へ逃げ込みました。

これで一安心だと思って横を見ると

4匹の毒蛇が舌を出しながらこちらを狙っています。

もっと下へ逃げようと穴の底を見ると

大きな大蛇が口を開いて待っています。

これはだめだと思って上をみると

先ほどのゾウが足踏みしながら牙を振っています。

そして藤ヅルを白と黒の2匹のネズミがかじってるんです。

もうあかん 絶体絶命

その時 藤ヅルの根元に蜜蜂の巣がありまして

そこから蜜が落ちてきて 旅人の口に入ったんです。

その甘さに恐怖も忘れてもっと飲みたいと思ったとか


これが今の人間の姿なんですよ

旅人は    自分自身

ゾウは    毎日過ぎてゆく時間

井戸は    人生

藤ヅルは   命

大蛇は    死の世界

4匹の毒蛇は 肉体を構成する要素(地 水 火 風)

白黒のネズミ 昼と夜

蜜      欲望 よこしまな思い


これらを表しています。

考えてみれば人は何年先か何十年先かは分かりませんけど

みんな必ず死んでいくのですから 絶体絶命の運命なのです 


でも今の欲望を満たそうとしている

生活 家族 人づきあい お金 etc

それらの事に一喜一憂して人生を送っています。


もっと根本的な事に気づかされるお話でした。

鶏糞と放射性物質 

カテゴリ:2011年稲作

去年 今年と菜の花の肥料に鶏糞を使ってきました

田んぼや畑で使う有機肥料は鶏糞が一番安価で

効果がありそうです。

今年も田植え直前に部分的に振ったところは

効きすぎて早くから倒伏し始めました。

DSCF7393.jpg


窒素肥効もさることながら

有機肥料だから他の微量要素も沢山含まれて

米をおいしく仕上げているんだと思っています。


でも怖いのは ニワトリが何を食ってるかです。

主に食ってるのが トウモロコシ 大豆かす 魚粉 米糠 

これがどこから来てるのか定かでない

牛肉の放射性物質が問題視されましたが

いつ ニワトリにも現れてくるかも分かりませんからね


来月には菜の花の種を蒔きますが

有機肥料で放射能の入っている可能性が

完全に0の物を考えたいと思っています。




田んぼの歩畝割 

カテゴリ:未分類

新しくよその田んぼを引き受けましたので

忘れないように反別を記録しておきます。


西から

吉田 1.2反 (小作)

田神 0.7反 (小作)

窪地 0.7反 (我が家)

篠原 2.3反 (小作)

石田 0.4反 (小作)

大地 2.3反 (我が家)

石田 0.4反 (小作)

石田 0.9反 (小作)

今川 1.8反 (小作)

石田 1.4反 (小作)

藤野 1.1反

藤野 1.7反

今川(和) 1.5反

朝川 0.7反

朝川 1反(2枚)
            計 1町8反1畝

大農家から見放された小さな田んぼばかり

手間がかかるばかりで収益につながらないかも分からないけど

とりあえず耕作放棄地を出さないように頑張ってみます。

秋野菜の準備 

カテゴリ:野菜作り

我が村 どこの家も兼業農家です

したがって週末農業 

土日になると田んぼの仕事をしています。

私はその土日も会社に出勤してますので

田んぼの事をするのは帰ってから暗くなるまでの間

今年から小作する田んぼが増えて 1町1反になると言うのに

全く時間が取れない。


「あんたはお寺の用事しか休まんね」って嫁に言われますが

今日は お寺の総代会で昼から会社を休んでました。

3時ごろ終了


畑作を予定してる窪地と借りてる畑の耕転をしました。

夏野菜 ことごとく失敗した畑は 草だらけ

DSCF7680.jpg

なんともお恥ずかしい有様です

サトイモを残し 全部草のまま耕転しました。

例のごとくロータリーに巻き付きましたけど


DSCF7684.jpg


高速でロータリーを回すとほとんど取れ

残りは鎌で切りながらきれいにしました。


田んぼの方は 台風の大雨でワラが偏ってましたので

手ミと備中ぐわで 田んぼのワラの落ちてない所に撒き

DSCF7682.jpg

まだ少し水が溜まってましたが強引に起こしました

DSCF7683.jpg

今回はロータリー1 車速2 深さ8 で深く荒く起こしておきます。

DSCF7686.jpg

仕上がったら こんな感じです。


半月ほどしたら 細かく挽いて畝作りをしたいと思っています。

トラクターのダッシング 

カテゴリ:トラクター

大雨でかたよったワラを広げる作業と

トラクターで耕転作業を少しづつ続けています。


新しく請け負った田んぼ 他に比べて早くから乾いていたので

かなり固くなってました。

ダッシング

作土が固いとロータリーの爪が食い込みにくく

その分 回転によってトラクターを前へ押し出す力が働きます

これがダッシング現象ですね。


今回は作業をはじめてすぐにこの現象が起きてるのが分かりました

ロータリーを下ろすとトラクターの車速が少し早くなったように感じますし

下に向かっての食い込みが悪い為 耕深が浅くなってしまいます。


対策は ロータリーの回転を1  トラクターのチェンジも1

ゆっくり耕すことで解決しました。


ちなみに耕す深さが浅くなったのは 尾輪の入り込みぐわいで分かりました

車速1

DSCF7691.jpg


車速2

DSCF7693.jpg


ダッシング現象

チェンジがニュートラルでも 回転してるロータリーを下ろすと

急に走り出す事があるので気をつけましょう


トラクターでワラを引っ張る 

カテゴリ:2011年稲作

夕方ごとに野良作業を進めていますが

5時半から6時半までの1時間ですので

なかなか進みません。

今日は篠原の田んぼ(2.3反)です

DSCF7694.jpg

見てください吹き寄せられたワラの量

左の方に見える手ミで持って行くには多すぎる


たまたま通りかかった見知らぬおじさんが

「今年はどこの家も同じように困ってる

ワラをそのまま鋤き込むとそこだけ土が高くなる」

とか話してました。


それでね トラクターで引っぱって行くことにしたんです

どうやるかって言うと ロータリーで引っぱるんです

ただ単にロータリーを下ろして前に走ったんでは

爪が回転してしまって引っぱれません。


新発想 ロータリーを止めて引っぱります

どうやったかと言うと

ロータリーのシャフトジョイント部分にロープを通し

頑丈そうなあたりに結んでおきます。

DSCF7697.jpg

実際にやってみるとロープのゆるみ分だけ回った後

思った通りロータリーを止める事が出来ました

DSCF7699.jpg

ロータリーの高さを微妙に調整しながら引っぱると

面白いほどワラが動いてきました。

ただワラを落とす時にかたまって落ちますので

その塊をもう一度引っぱりなおします。

DSCF7700.jpg

最初の写真のあたり トラクターで引っぱると

こんな感じになってきましたよ。

DSCF7701.jpg

それにしてもなんでこんなに水があるのかって思ったら

昨夜もドシャ降りの雨があったらしい

酒飲んで爆睡してるから全然知らなかった


全部ワラを引っぱり終わってから 水のない側から

耕転作業開始

DSCF7711.jpg

薄暗くなってしまったので 今日はここまででした。

お米販売 その後 

カテゴリ:お米販売

今年から本格的に開始したお米の販売ですが

全く費用を掛けず ノウハウを持たないネット販売ですので

売り上げは伸びてきません。

現在 5件の売上です。

販売結果

9月4日注文の方は18日配達希望ですのでまだ発送していません

ショッピングカートの管理画面で売り上げ管理ができます。


サイト宣伝のためのグーグルアドワーズは

3000円使って成果につながったのは2件

全く割に合わないので現在一時停止してます。

もう少し最適化する必要があるようです。


4日ほど前にSEO対策(検索順位を上げる)つもりで

リンクしてもらったお米情報com

ここからの訪問者がまずまずあって売り上げにつながっています。

グーグルの検索順位が上位にあるかどうか簡単に調べる方法が

グーグル ページランクです。

ページランクチェッカーで調べる事が出来ます。

お米情報comはランク3 ちなみに私のブログはランク2でした

上位の所にリンクしてもらうとSEOに効果的と言うわけです。


お米販売のホームページですが 検索にかかりやすい名前と思い

いろいろ変えたりしましたが 検索で見に来る人のキーワードが

お米 通販 などが多かったので

結局 お米の通販 かずさん家の菜の花米 にほぼ決定してます。


お米の価格ですが 10kg3500円にして

銀行振り込み手数料をこちらで負担しますとしてあったら

振込手数料を差し引かずに振りこんできた方がありまして

あわてて10kg3000円 振込手数料はお客様負担に切り替えました。


ほかにも1kg程度のメール便で遅れるようなものを考えていますし

30kgも販売しようかと考えていますが

送料が個別に設定出来ないので いっその事 全国一律にして加算

10kg4000円 送料無料のような設定にするつもりです。


米袋に宣伝の工夫も必要かと考えたり

メルマガみたいなものも作ってみたいと思ったり

夢は膨らむ一方です。


管理人のひとりごと② 

カテゴリ:管理人のひとり言

今回も読まない方が身のためだよ



これは 実話です



皇帝ダリア 復活 

カテゴリ:皇帝ダリア

前々回の台風で倒れた皇帝ダリアですが

嫁さんが支柱をしてくれたおかげで 元気を取り戻してます。

DSCF7716.jpg

今回は比較対象にするものを写してませんが

高さは丁度私の胸の高さくらいです。

やはり下葉を枯らしながら伸びてますので 

こんな生育の仕方なのかも分かりません。

後2ヶ月 3メートルの高さまで伸びるのは無理でしょうね。


花が咲くのを期待しましょう

京都に行ってきました 

カテゴリ:行事

今年の4月から西本願寺で始まっている

親鸞聖人750回忌大恩忌法要にお参りしてきました。

私の所属寺 道浄寺から大型バス3台で団体参拝です。



コンバインロスが分かる 

カテゴリ:コンバイン

田んぼの耕転作業

隅に吹き寄せられたワラをトラクターで引っぱる事が

出来るようになってから飛躍的に早く進める事が出来てますが

夕方の1時間だけ しかもまた雨が降りはじめたので

まだ半分くらいしか出来てません。


前に雨の中稲刈りした田んぼに行ってみると

籾が発芽してました。

DSCF7820.jpg

ちいさく青いのがそれですね

間違いないだろうと思っていますが 

一応抜いて洗ってみたら やっぱり種もみが付いていました

DSCF7818.jpg

雨が降りながらの悪条件で稲刈りしたので

コンバインロスがかなり出てしまったのがよく分かります。

今度からは失敗のないように コンバインロスの注意点で勉強しましたね。

コンバインは刈り取った稲から籾を全量回収してるわけではなく

コンバインの収穫ロスで説明したように少しは後ろに落としています。

だから 隣の田んぼにも落ちた籾からやはり発芽してました。

DSCF7822.jpg

もしやと思って 水が溜まったまま稲刈りしたオオジに行ってみると

マクラ地のあたり 耕起してない所で発芽してました

DSCF7824.jpg

これはだいぶひどく籾が落ちたみたいですね。

コンバインロスをチェックすることで今年の反省材料にし

来年の稲刈りをより効率よくしたいものです。

サラダが来た 

カテゴリ:野菜作り

5日ほど前に嫁が耕運機を買うって言い出したのよ

裏庭に作ってあったゴルフ練習場を止めて

再度 畑にするらしい。

それでね 中途半端に小さいのを買っても

うまく耕せなくて後悔するよって言ってやった。

自分でネットで調べて注文したらしい。


洗濯物の干場に置いてあった大きな箱

DSCF7825.jpg

これがそうです

ホンダ耕運機サラダFF300L


朝から二人で梱包を解いていった

DSCF7828.jpg

二つ折りにしていたハンドルのボルト

間にクッションみたいなワッシャーがあって

これを使うかどうか悩んだんだけど

DSCF7832.jpg

結局 他に部品として短めのボルトと鉄のワッシャーがあって

交換して組み上げました。


雨が降ったりやんだりで試運転は出来ないので

納屋に移動

DSCF7835.jpg

見ればわかるけど ロータリーが前面に付いてるから

足元を気にせずに耕す事ができ

4つある爪の内側が正転 外側が逆転するから

機械が跳ねずに深く耕せるとの事

ニッチ・リッチ・キャッチと言う所で買ったらしい

後部に培土器などを取りつける為の標準ヒッチを取りつけて

エンジンオイルも充填済みで送ってきました。

かなり大きくて重いけと 送料無料でしたし

注文して振込したら2日後には届いてました。


晴れて試運転が出来るのが楽しみ

嫁さんが畑を始めるのも楽しみです。



サラダの動画が見える ↓



菜の花の種が来た 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

まだ雨の日が続いてます 田んぼの耕転は一向に進みません

百姓は天気しだい 焦ってみても仕方ないですね。

昨日国華園から注文していた寒咲菜花が届きました。

DSCF7866.jpg

国華園で直接買っても値段は同じ 楽天だとポイントが付いて得なような気がします。

今回 1町分 10袋 買いました。


ところでまだ思案してる菜の花の肥料

この前 京都に参拝した時に一緒になった従弟が 菜の花を蒔くそうで 

肥料は石灰窒素を使うとか

なるほど ワラを腐らす事も出来るし一石二鳥です。

でもワラ腐熟の為の肥料と言うのがひっかかって

一応 農協に聞いてみたらって話したんだけど


例の石灰窒素をやった田んぼですが

DSCF7850.jpg

かなりの草が生えてます

一方 同じ日にただ耕しただけの田んぼは

DSCF7847.jpg

雨で水が溜まってますが 生えてるのは稲株から出たヒコバエだけ

って言う事は 十分 菜の花の肥料として使えるかもとか考えてます。


それから 去年菜の花を蒔いた友人の田んぼ

種まきに失敗し 真ん中の方にかたまって生えただけ

しかも無肥料だからちんちくりんでした。

稲の育て方も 通常のV字稲作

ところがです 稲刈りしたら籾の量がその田んぼだけすごく多かったとか

個別乾燥のライスセンターに持っていってるけど

田んぼ毎の収穫量は不明

V字稲作をやってる人に朗報かもしれない

ただ菜の花が育ち過ぎると への字稲作でないと絶対倒れると思いますけど。


輸入物の種(イタリア製)だから 遅くなると売り切れになると思います



   緑肥・有用植物たね 寒咲花菜 1袋(1L入)

ジャガイモの仮植え 

カテゴリ:野菜作り

毎日雨 台風がまたやってきそうだし

まだまだ雨ふりが続くんでしょうね。


緑化するのに外に置いてあるジャガイモですが

一向に青くなってこない。

畑の準備は全く出来ないし

それで去年のようにプランターに仮植えする事にしました。

今の間に少しでも芽を伸ばしておこうと考えたからです。

DSCF7853.jpg

種芋で買ってきた時の白い芽は掻き取ってありましたが

しっかりとした緑色の芽が出てきてます。

嫁さんにキッチンスケールを借りてきて

50グラムの大きさに切ります

重さは1個だけ測れば後は感でいけます。


前に吉川さんが書かれてたように

大きなイモは頂芽をはねて

DSCF7855.jpg

縦に切ります

DSCF7859.jpg

まだ大きい場合は 

真ん中で切ります。

DSCF7860.jpg

小さなイモは頂芽を残して

縦に切ります。

DSCF7857.jpg

後はプランターにびっしり並べて

覆土して出来上がりです

DSCF7862.jpg

少し中が黒くなって腐りかけのもあったので

発芽しないのもあるかもしれない

畑に移植する前に分かった方がロスが少なくて済むでしょう。

今川の田んぼの結果が出ました 

カテゴリ:2011年稲作

一番地力がなく しかも化学肥料だけでやってきた

今川の田んぼですがライスセンターから結果が来ました。


水の落ち口のない田んぼですので 最後まで水が入った状態で

稲刈りをしましたが 天気が良かったせいか

籾の水分量は 19.7%でした。

米の量は 31袋ですが 一緒に持って行った

オオジの残り分2袋を引いて 29袋=870kgでした


1.8反ですので 反当 870÷1.8=483.3kg

483.3÷15=3.2石  普通の出来でしょう。


元肥なし

4月18日 田植え

6月1日  硫安36kg(反当20kg)施肥

6月18日 尿素10kg(反当5.6kg)施肥

7月9日  過リン酸石灰20kg(反当11kg)施肥

7月26日 出穂

8月30日 稲刈り


毎年 肥料のやり方を変えていますが

今年はもうひとつ納得がいかなかったですね~


サラダの試運転 

カテゴリ:野菜作り

台風一過 朝あれだけ吹きぶりだったのに

夕方にはカラッと晴れていました

裏庭は細い姫砂で水は全く溜まっていません。

さっそくサラダを持ち出して 試運転してみました。


最初は前輪を少しだけ上げて浅く耕します

DSCF7876.jpg

雪駄履きでは畑仕事やる気になってない

でもまあ 正逆同軸のロータリーだから簡単に耕せます。

マクラ地はトラクターと一緒で少し残りますが

女性の力でも簡単に回れます。

DSCF7877.jpg

2回目の耕運では前輪を上げて 深く耕します。

DSCF7880.jpg

ゴルフの練習場にしていた場所ですので

固く締まっており あまり深くするとやはり機械が跳ね気味でしたね

途中から履物を替えて 本格的にやってましたよ

DSCF7883.jpg



ところで 午前中 お寺に行ってました




硫安亡国論とは 

カテゴリ:未分類

2日間 ブログ更新できませんでした。

あの~ やっぱりそれ 管理人の得意な奴

飲み会で 泥酔状態  しかも2日連ちゃんですよ。

さすがに今日は飲めないだろうと思ったら

やっぱり晩酌はやってましたね。


ところで前から書きたかった話題

槌田龍太郎と言う方が書いた 硫安亡国論です。


昭和23年ごろ 戦争に敗戦した日本は大変な食糧難で

経済も低迷していました。

国が推し進めた政策が 石炭と米の増産だったのです。

石炭を増産して工業を発展させると 必然的に出来てくるのが

石炭や石油を燃やす時に発生する亜硫酸ガス

これを固定する時に出来る 硫安でした。

これを米の肥料にすると すごくよく効いて収穫量は飛躍的に伸びていきました。

国策は見事に当たったように見えましたが

そのうちにレンゲも育たない田んぼが増えてきたんですね。


硫安は 硫酸アンモニウムの略で

植物がアンモニア態窒素を吸収すると

後に残るのは 硫酸です。

土を酸性に変えてしまうので

これを中和するために石灰を撒く事が進められ

硫酸と石灰はよく反応して中和できますが

副産物として 石膏が出来てしまうのです。

この石膏は流亡しにくく 田んぼや畑は石膏だらけになって

まったく作物の育たない状態になってしまうと言うわけです。


槌田龍太郎は あえて国策に反対する文章を書いて

硫安の乱用を抑止しようとしたんですね。


井原豊さんは 本の中で水田で硫安を使っても問題ない

むしろ 硫酸が変化して出来た硫黄が米には栄養になり

米の味を良くするはずだと書かれていたように思います。


さあ 米や野菜にはレスポンスよくさっと肥効が現れて

扱いやすいと考えていた硫安ですが

この話をどうとらえるかですね。





大幅に遅れてます 

カテゴリ:野菜作り

去年の記事を読みなおすと 9月7日に

ダイコンの種まきをしてました。

今年は台風の影響がずっと響いて

田んぼの耕転すら終わっていません。


もちろん畑は一度耕してありますが

手つかずの状態です。


葉物野菜は嫁さんに任せて

ダイコンとジャガイモを植えていこうと思ってます。

もう少し先では 去年うまく行った玉ねぎも大量に植えるつもりです。


れいのホンダ耕運機サラダに取りつける畝立て機を注文してあるので

届きしだい 施肥と畝立をやろうと思ってます。


有機肥料の鶏糞ですが 飼料の90%以上が外国産で

放射能汚染の心配は皆無に等しい事が分かりました。

とりあえず畑ではつかって行こうと考えています。









硫安の長所 

カテゴリ:肥料

デジカメが行方不明になってしまって

写真が撮れなくて困ってます。

しばらくは文章ばかりの記事になりそうです。


前回書いた硫安亡国論とは

吉川さんからコメントいただいたように

使用をためらわれる方もあると思いますので

井原豊さんがなぜ好んで硫安を使われたかも書いておきます。


窒素の単肥肥料には硫安だけでなく尿素もあり

窒素含有率 硫安21%に対して尿素46% と

尿素の方が少ない量で良く効きます。


また硫安は アンモニアが植物に吸収された後

硫酸根(化学的に陰イオンを根と呼びます)が残ります。

このため土壌を酸性に変えてしまうのですね。

また老朽化水田では硫化水素を発生し 根ぐされの原因にもなります。

尿素は無硫酸根肥料ですので中性で扱いやすいです。


ではなぜ硫安を使うのかですが

作物の肥料は 三要素 窒素 燐酸 カリ 以外に

カルシウム 硫黄 マグネシウム を足した

六要素が大事だとされています。

イネの場合は この上にケイ酸も大事でしたね。


このカルシウムと硫黄が硫安には含まれています。

悪さをすると考えられている硫酸ですが

硫黄は植物の根では 硫酸イオン(硫酸根)の形で吸収されます。

また 硫酸カルシウムが土壌に残ります。

過リン酸石灰(リン鉱石を硫酸処理したもの)には

硫酸カルシウムが多量に含まれますが

石灰などに含まれる水に溶けにくいカルシウムよりも

水溶性の硫酸カルシウムが作物には吸収されやすいわけです。


硫黄は吸収した窒素をたんぱく質に変える働きをし

カルシウムは人間の骨が固くなるのと一緒で

植物の茎葉を固くし デンプンを糖に変える働きもあります。


土壌を酸性にしてしまう硫安ですが

イネは弱酸性を好みますので あまり害はなさそうですし

畑では 過剰に使わない限り問題なさそうです。

畑に石灰を降るのは 硫安を多用していた時の名残でしょう。


昨日 農協で菜の花の肥料を聞いてきましたが

菜の花化成(12-8-10)などという肥料まであるみたい。

2300円程度でしたが これを反当8袋やれと言われました。

お金が高いだけの高度化成 ぼったくりですね。

1000円の硫安が 安上がりで良く効くと思いませんか?



収穫量が見えてきた 

カテゴリ:2011年稲作

左サイドバーに貼り付けてある 収穫量のアンケート投票ですが

もうすぐ2年が経過します。

いつの間にか 76人の方から投票いただきました。


投票結果は だいたいの所 450kgから550kgが多いですね。


円グラフで見るとよく分かります。


地域ごとの違いが分かればよいのですが

そこまで詳しくも集計できないので

この結果をもとに目標収量が見えてきませんか


コメントいただいてる中に

650kgが長野県では標準です。96%一等です と言うのは驚きでした。

やっぱり昼夜の温度差が大きい地域では かなりの収量になってるんでしょう。


まだ 投票されてない方 無記名ですので奮ってご参加ください。



管理人のひとりごと③ 

カテゴリ:管理人のひとり言

今日は下ネタの為 女性の閲覧厳禁






≪前月 |  2011年09月  | 翌月≫

ブログパーツ