腹の立つときゃ 

カテゴリ:み教え

今回は宗教の話です。

だいぶ前にお寺の研修会でいただいた小冊子に

「腹の立つときゃ」という題名のがありました。


この中に 因幡の源左さんの話が出てきます。

今年の春に村の人を連れて鳥取までお参りに行ってきました。

omairi.jpg

この源左さんは 篤信の浄土真宗の信者で妙好人と呼ばれています。


本の中に出てくる源佐さんの話を思い出して書いてみます。


鳥取県青谷町に住んでおられましたが ある日の事

村で久しぶりに一杯会をやろうと言う話が持ち上がりました。

飲み会をやるのは賛成だけど 酒の肴はイワシでも焼こうと言う事になり

誰が焼くかとなると だれも自分からやると言う人がなかったんですね。

それで人のいい源左さんに頼むことになり 二つ返事で引き受けてくれたそうです。


朝から源左さんがイワシと焼いていると 気になる人が見に来たそうで

「源左さん イワシと言えども魚には違いない オカシラ付きで焼いて下さいよ」

一人の人が言うと はいはい分かりました。

もう一人来て 「イワシは頭があると食べにくいので 頭を取って焼いて下さいよ」

この人にも 源左さんは はいはい分かりましたと答えたそうで。


さて 夕方 村人が集まり一杯会がはじまりました

皿の上には 2匹のイワシが乗っています

一つは頭があって もうひとつは頭なしです。

これを見てみんな話が盛り上がり 楽しく飲み会が出来たそうです。


普通の人だと 「人に魚を焼かせておいて 焼き方まで指図する」

って腹が立つものです。

別にイワシに頭があってもなかってもどうという事もないのに

人に言われると腹が立つものです。

 
他力の信心に目覚めた人は ここが違うんですね。

自己中心的考え方 中途半端なプライド これがなくなって行くほど

腹が立つのもおさまって 楽しい人生が送れそうです。

小松菜 生えそろいました 

カテゴリ:野菜作り

なるべく薄蒔きで均等になるように ひねり撒きした小松菜ですが

5日で発芽し 今はきれいに生えそろってます。

DSCF4353.jpg

あとは もう少し大きくなったら間引いていきますね


一方 ほうれん草ですが丸一日水につけで播種したのがこれ

DSCF4322.jpg

5日後に蒔いたのは水に浸けずに蒔きました

DSCF4329.jpg


生えそろいが物凄く悪いですよね。



なんだかんだ言いながらも コカブ 二十日大根 ダイコン 

どんどん収穫をしてます。

夕暮れ時に中2の娘がダイコンの大きいのを探してました

DSCF4346.jpg




米作り農家のこれから 

カテゴリ:未分類

今年のお米の買い取り価格は一段と下がりました

私の村では5反百姓の兼業農家がほとんどですので

文句を言いながらも米作りを続けています。


実際のところ 田植え 稲刈り 耕転 などの

機械仕事をよそに頼んでいる家は赤字経営です。


先日 NHKの番組でプロフェッショナル(第145回)

苦労の数だけ、人生は実る と言うのを見ました。


3年連続 食味コンクール金賞の米作り農家です

有機栽培で借金地獄から這い上がってきた方の物語

興味深く見させてもらいました。

あらすじはこちら  再放送は 11月8日(月)午前11時~ BS2 



今まで当然のように農協にお米を出荷してきましたが

果たして 価格はどのようにして決められているのでしょう


生産者(農家) → 農協(JA) → (コメ価格センター) → 卸売業者

→ 小売業者(スーパーなど) → 消費者  という流れですね。

米価格センターで入札が行われ 価格が決定しているようです。

コメ余り現象が続いていますので いくら価格を下げても売れない状態です。


地方の農協は今年の価格を予測して 前渡し金で農家から買い取り

価格が決定してから残りのお金を振り込んでくれます。


食糧法が2004年に大幅な改正され 誰でも届け出だけで米の卸売業者・小売業者に

なることができるようになり、これから大きく価格が崩れていったと思います。


これからの米作り まだ農協は対応してませんが

NHKのプロフェッショナルで紹介された 石井稔さんのように

おいしいお米を作る これしか生き残る道がなくなってきたように思います。

実際 近くの大農家でも有機栽培をはじめ 農協の倍以上の価格で販売し

成功をおさめているところもあります。


ただ単に米作りだけを続けているところは取り残されてしまいそうな気がするのですが

どうでしょう・・・

白菜 結球し始めた 

カテゴリ:野菜作り

種まきからもうすぐ2ヶ月になる白菜ですが

畝に埋め込んである割り肥に根が届いたのか

急に大きくなってきました。

DSCF4365.jpg

結球をはじめかかっているようです。

だけどね生き残った数本だけで 残りは移植苗ですので

大きさがばらばらになってしまってます。

DSCF4366.jpg

自家用に食べるには収穫時期がずれてちょうどいいかもです。





玉ねぎの仮植え 

カテゴリ:野菜作り

会社の友人から 玉ねぎの苗要らんか?って言われて

くれるんだったらもらっとくって話したら

1束100本で600円だって。

注文しすぎたから1束買ってくれって・・

しかたなく買ってやる事にしたら その日の夕方持ってきた。

DSCF4370.jpg

買ってから2~3日経ってるみたいで 萎れた苗


畑の準備は出来てないし 仕方ないので

二十日大根の収穫跡に仮植えしたけど どうなる事やら・・

DSCF4373.jpg

だいたい 11月20日以前に植えると失敗すると

井原さんの本にしつこいくらい書いてたな~。

菜の花 本葉が出てきました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

10月18日に種まきした菜の花ですが 

本葉が出てました。

DSCF4384.jpg

田んぼ全体に見た感じでも 雨の日が多かったので

ほぼ生えそろったと思います。


やっぱり予想していた通り 少し種の量が少なかったみたいで

生えてない所があります。


篠原の田んぼ

DSCF4380.jpg

大路

DSCF4381.jpg

それに手蒔きですので蒔きむらがだいぶあります。

去年は散粒機で蒔いて種の比重が軽い為に うまく広がらなかったのですが

やっぱり散粒機で増量剤を入れて 間隔を狭く歩けばよかったかなと

反省してます。


TPPと稲作 

カテゴリ:未分類

総理大臣の菅直人さんが参加の意向を表明して

世間を騒がせたTPPですが

一体具体的にどんなものなのか調べてみました。


TPPとはどんなもの

環太平洋戦略的経済連携協定と呼ばれるもので

トランス パシフィック パートナーシップの頭文字です。

関税の完全撤廃で参加国間では自由貿易となります。

最初は 太平洋を囲む小さな国同士で始まったようです

現在 シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド の4カ国が

参加していますが 米国、オーストラリア、マレーシア、ペルー、ベトナム の

5カ国が参加を表明していますので 9カ国になる模様ですね。


韓国はTPPには参加していませんが EUやインドと自由貿易協定を結び

家電製品などで飛躍的に輸出を増やしています。

日本もこのTPP参加を見送れば 工業製品の輸出で世界から取り残されるだろうと

政府の役人も経団連からも言われているようです。


日本の食糧自給率

自由貿易になると輸出は伸びますが 高い関税で守られている農作物が

安い値段で外国からどっと入ってくるはずです。

現在の日本の食料自給率は 40%と言われています。

今の時点でも経済封鎖や世界的な不作などで

日本に食料が入ってこなくなると 3食の内 1食しか食べられなくなってしまいます。

これが関税を撤廃して安い農産物がどんどん入ってくると

農家は採算が取れなくなるため 農業をやめてしまう所が増えるでしょう

ますます自給率は下がって行くはずですね。


政府は貿易自由化に合わせて農家を守り支援する事も考えているようですが

うまくいかないと日本の農業は壊滅するでしょうね。


お米の関税率

関税で守られている日本の農業 米だけは輸入しないようにしようと

最後まで頑張ったのですが ついに外国からの圧力で最低限の輸入を余儀なくされています

それでも政府は お米が最後の砦という考え方が残っているのでしょう

現在 輸入米に掛けられている関税は 778%です。

1000円の米を輸入すると7780円の関税がかかると言う事ですね。

ちなみに小麦は252% バターは360%です。


この関税が撤廃されると国外から安い食料がどっと入ってくるでしょう

消費者は喜ぶでしょうが 農業は壊滅的な打撃となるはずです。



これからの農業

日本もいずれはTPPに参加することになるでしょう

そうなると農業の形も今までと全く違った形になって行くかも分かりません

米作りに関しては 日本人に合った食味の米を作り続けてきたのだから

ぱさぱさの外米に負けないような気もするのですが・・・

いずれにせよ農家も今から力を付けとかないといけないでしょうね。

全く先の見えないご時世になってきました。

ほうれん草の収穫 

カテゴリ:野菜作り

野菜作り初挑戦は順調よく行ってます

ダイコン コカブ 二十日大根は 次から次へと収穫しています。

昨日は嫁がほうれん草を取ってきていました。

DSCF4431.jpg

9月の末に蒔いてあまり大きくならず酸度調整に失敗したかと

心配してたのですが、家で見ると意外と大きかったです。

DSCF4432.jpg

ほうれん草は無農薬でいけると本に書いてあったので

農薬は全然使ってませんが 虫食いは少ないです。

ただ収穫の時 土に大きな虫が居たと気持ち悪がって

何度も洗いなおしてましたよ。


水田後に蒔いたほうれん草はすごく好調です。

DSCF4430.jpg

発芽揃いもよく成長も早いような気がします

PHの調整が必要ないからでしょう。


報恩講の日でした 

カテゴリ:未分類

親鸞上人の祥月命日を御正忌報恩講と言って本山や各寺院で

1月16日に法要が行われますが

各家庭はそれより早く とりこして報恩講がつとまります。


我が村では今日がその報恩講でした。

こちらでは「ほんこう」と言って昔から大事な日になっていました。


5年くらい前から我が村の寺総代を務めさせてもらっておりますので

朝から会社を休んで村の会堂に行っておりました。


9時くらいから寺の住職とお坊さん3人に

おつとめ(正信偈)をあげてもらい

DSCF4437.jpg

そのあと 各家庭を回ってお参りをしてもらいました。


もちろん我が家の仏壇もお祭り物をして

内敷きも金色の派手なものをして お参りしてもらいました。

DSCF4439.jpg


夜には 来年の法事の書き出しを読み上げる

大事な役割があり

沢山の人に年回忌法要の書き出しを無事配る事が出来ました。


緊張の一日でしたが あいまに玉ねぎ苗を買ってきて植えたり

畑仕事もちゃっかりやってのけた一日でした。

玉ねぎ苗 植えました 

カテゴリ:野菜作り

ホームセンターのダイキに電話で問い合わせしたら

玉ねぎ苗は予約した人から販売してるので

ありませんと言われました。

でも実際行ってみたら有ったんですね。

安かったので2束買ってきました。
DSCF4440.jpg

もみじ3号 100本

DSCF4441.jpg

O・P黄 100本です。


どちらも498円 でした。


3分の1くらい葉を切り落として 1畝に植えました。

前に友達から買った苗と合わせて300本です。

DSCF4445.jpg


生育期間が長いので隣の竹が侵入してこないか

心配ですが 場所がないので一番端に植えました。


玉ねぎなんて食べた事はあっても育てた事ないので

全く先行き不安です。

DSCF4449.jpg

井原さんの本では 11月中ごろより早く植えると

抽苔(ちゅうだい)や分球が起こってよくない

と書かれていましたので今の時期まで待ってました。

当たって砕けろ 様子を見ながら育てていきます。


菜の花 生えそろいました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

最近2日に一度の割合で雨が降り まとまって降った日もありました

それで後発の発芽もあり 田んぼ全体としてはだいぶ見やすくなりました。

DSCF4462.jpg

上の写真は大地ですが 去年と比べるとかなり良い感じです。


去年の12月4日はこんな感じでしたからね~

F1000005_20091204224759.jpg

種の量は1.5倍くらい蒔いただけなんですが 

増量剤で薄く広く蒔けたからでしょう。

肥料にやった鶏糞は5倍くらいたくさんやりましたから

かなり派手に茂ってくるでしょう。


すでに本葉が勢いよく大きくなってきてるところもあります。

DSCF4468.jpg

他の田んぼも調子が上がってきました

篠原の田んぼの様子ですが1枚挟んで向こうが大路です。

DSCF4456.jpg

長男が新築した家の横のたんぼ 窪地です。

DSCF4459.jpg



白菜の害虫 

カテゴリ:野菜作り

順調よく生育してきた白菜ですが

最近 たくさん虫の食害の跡があります。

DSCF4476.jpg

虫を探しているのですが やっぱり見つかりません。

夜中でないとわからないかな~

でも 今日は発見しましたよ。

DSCF4482.jpg

カタツムリです。

放置するか ナメトックスと言う薬剤は効果ありそうなんですが

思案しています。


最初に蒔いた白菜は かなり大きくなってますが

アブラムシが沢山発生していました。

DSCF4469.jpg

これには ネットで見つけた方法

食用油と台所洗剤と水を混合したものを

霧吹きで散布してみました。

DSCF4480.jpg


ジャガイモの葉っぱの上では 

天敵のテントウ虫がアブラムシを食ってくれてましたよ

DSCF4483.jpg



ナメクジ・カタツムリ退治に【殺虫剤】ナメトックス 120g

初霜が降りました 

カテゴリ:野菜作り

今朝はかなり冷え込んだと思ったら 車の窓が凍っていました。

畑によって見るとほうれん草に霜が降りていました。

DSCF4484.jpg

これから葉の肉厚が増しておいしくなるんですよね。


ダイコンですが9月初旬に蒔いた分はほとんど収穫終わりましたが

少し残しておいたのは かなり大きくってました。

DSCF4485.jpg

もうちょっと置いておけばよかったかなと反省してます。


9月後半に蒔いたのは 完全無農薬ですくすくと育っています。

あと半月くらいで収穫でしょう

DSCF4487.jpg


ジャガイモの葉っぱが寒さで元気なくなってきたような気がしますが

となりの畝では ほうれん草と小松菜が大きくなりつつあります。

DSCF4489.jpg

こんな感じで初めての野菜作り 順調です。





≪前月 |  2010年11月  | 翌月≫

ブログパーツ