への字施肥しました 

カテゴリ:2010年稲作

今年はどこの田んぼも生育が遅れ気味です

特に4月初旬に植えたところは低温の影響をもろに受けて

分げつが進まず 後から植えた田んぼに追い越されています

我が家の田んぼは 分げつが少ないほどよいので

まったく気にしていません

ただ出穂の予測がずれるかもしれないのが心配なだけです


予定どうりのへの字施肥ですが

6月1日に今川の田んぼと窪地

今日は篠原の田んぼに硫安を施肥しました


F1000019.jpg

今川 1.7反  硫安40kg  反当たり 23kg

窪地 0.7反  硫安12kg  反当たり 17kg

篠原 2.3反  硫安40kg  反当たり 17kg


窪地は去年休耕してたので地力を考えて 少なめに

篠原も田んぼの地力を考えて 少し控え目にしました


篠原の田んぼは 中を歩いてみるとクログワイがかなり発生しており

大きくなっていました

F1000020.jpg

娘が修学旅行でデジカメを持って行ったので今回携帯撮影です

サンパンチの使用期間が収穫60日前までになったので

近いうちに使ってみるつもりです


キシュウスズメノヒエ 復活してきた 

カテゴリ:雑草

もしかして完全にキシュウスズメノヒエをやっつけたかなと思ったのですが

やっぱり駄目のようです


除草剤のクリンチャーですが 展開葉が水中にあることと書かれていました

その通り 発芽した葉が水中の分にはよく効きましたが

すでに大きくなって葉が水面より上のものは効いていません

f1.jpg

また 後から発芽してきたものにも効果がないようです

f2.jpg

液剤のクリンチャーEWを茎葉に直に散布すれば効果があるかも分かりません

別な田んぼか来年にやってみます

今回はなるべく手で除草するつもりです


開帳型分げつが始まった 

カテゴリ:2010年稲作

1週間前に硫安10kg施肥した大地ですが

畦際でさみしかったところも分げつをはじめました


1本苗はもちろん扇子を広げたように分げつしています

f3.jpg

ただ少し植えつけ本数が多いと束状の分げつで

思ったような田んぼの姿になってきません

f4.jpg

それでも隣のV字稲作と比べるとだいぶ違うかな

f5.jpg



雑草取り 

カテゴリ:雑草

前に近所の田んぼで雑草が大発生している記事を書きましたが

我が家も人ごとじゃなくなってきてます。


例のモグラが穴をあけた田んぼですが 初期に何度も干し上がったので

かなり雑草が出てきました。

もちろん一発剤のトップガンLフロアブルを施用してるんですけどね。

DSCF0119_convert_20100605054841.jpg

かわいい4枚葉の草は田んぼ一面に生えてます

後見えてるのがコナギとキシュウスズメノヒエ クログワイです

特に高いところには 背の高い草が生えてました

DSCF0121_convert_20100605055138.jpg

この背の高い草とキシュウを手で取りました

クログワイはかなり大きくなったのもあり

DSCF0124_convert_20100605055334.jpg

中期剤のサンパンチを近いうちに散布するつもりです


菜の花の肥効 出てきた 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

ここ数日 晴天が続き気温もうなぎ昇りです

いとも簡単にあきらめてしまった有機栽培

菜の花の田んぼが賑わしくなってきました

DSCF0130.jpg

写真では分かりにくいですが菜の花の良く茂っていたところが

色も少し濃くなり分げつも進んできています


それで分げつのさみしいところに菜種油かすをやることにしました

油かす 2割くらい水に浮くんですね

落水しながら草取りしました

中期剤サンパンチの効果で大きなクログワイも枯れていました

DSCF0137.jpg

数日前に足を痛めて引きずりながら田んぼを歩いてたら

めったに来ない嫁が田靴を履いてやってきたんですね



 

菜の花の田んぼに追肥ししました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

昨夜一晩落水しておいたので田んぼにほとんど水はありません

前の日に農協で買ってきた菜種かすを30kgやりました。

DSCF2207.jpg

菜の花が茂ってなかったところで分げつのさみしいところに

やっただけで田んぼ全体にはやっていません。


菜種油かすは袋から出すとこんな感じで案外サラッとしてます

DSCF2209.jpg

水に沈まないのが田んぼの隅に偏るのが怖くて落水しておいて

朝早く5時くらいから撒きました

DSCF2212.jpg

近くで見るとこんな感じでうまくいったかなと思っています

DSCF2213.jpg

夕方まで田んぼになじませてから入水するつもりで

昼間は れいのキシュウスズメノヒエを手で除草しました

こんなに広がってるところがいっぱいあり

DSCF2222.jpg

まだ完全に取りきれてません

田んぼの中を歩くと 今年はうまく植わったと思ってたのに

やっぱり大きな窓が開いていました

DSCF2220.jpg

有機肥料は初めての経験ですのでどうなっていくのか見当もつきませんが

今の状況から見て 出穂までうまくいきそうな気がします。


一株の分げつ数 

カテゴリ:2010年稲作

隣のV字稲作の田んぼ そろそろ肥効が落ちぎみです

DSCF2214.jpg

手前の方で1本苗が分げつしてるのを見つけました

DSCF2216.jpg

分げつ数は8本くらいです


我が家の田んぼはこれから分げつが盛んになるはずです

DSCF2210.jpg

こちらの1本苗も分げつ数は7本ぐらいです

DSCF2217.jpg

田んぼの様子が全く違うのは 分げつ数じゃなくて

一株の植えつけ本数だったんですね


親鸞聖人750回忌お待ち受け法要に行ってきまた 

カテゴリ:行事

田んぼブログに突然の宗教の話題で申し訳なしです。


実は村の寺総代に任命されて5年近くなり、行事のたびに

お寺に行っております。


我が家のお寺は浄土真宗本願寺派の末寺 道浄寺です。

来年 本山の本願寺(西本願寺)で行われます

親鸞聖人750回忌を意識してもらうための法要で

四州教区徳島南組の会所(えしょ)となりました。

DSCF2227.jpg

午後1時半からの予定ですが 朝の10時からお手伝いに行き

本堂の幕張から受け付け駐車場の整理まで総代さんでこなしました。

DSCF2228.jpg

150人以上の参拝者の元 荘厳におつとめがあげられ

DSCF2229.jpg

DSCF2230.jpg

3時過ぎから九州から来ていただいた布教しによる

節談説教がありました。

DSCF2232.jpg

ときどきお説教は聞きに行ってましたが 今日のお説教はものすごくよかったです。

最後に寺の住職から挨拶があり

DSCF2233.jpg

充実した素晴らしい催しになったと思います。



酒を飲むと田んぼの話か宗教の話しかしない管理人の一面でした。

ウリカワがオモダカに 

カテゴリ:雑草

雑草に関して全く素人の管理人です。


今川の田んぼの隣の田んぼの持ち主と話したことがあり

前は マキノハで困ったことがあるとのことでした

マキノハはこちらの方言で ネットで調べるとウリカワの事らしいです。


それが今年も発生してるみたいで 前に写真を撮ってました 5月23日です。

DSCF1905.jpg

掘り上げてみると

DSCF1906.jpg

これはウリカワに間違いないと思っていたら

今日その人に会う機会があって 除草剤のサンパンチを散布したと聞いて

朝の間 お寺に行く前に今川の田んぼの草取りをしたので

ついでに前の場所を写真に撮ってみました

DSCF2224.jpg

雑草の数がかなり増えてますよね

近くでよく見てみると 矢じり型の葉が出てきてました

DSCF2226.jpg

大きな勘違い ウリカワじゃなくてオモダカだったんですね。

はたしてサンパンチがオモダカにどこまで効くのか

しばらく注目してみます。

色が濃くなってきた 

カテゴリ:2010年稲作

への字追肥から1週間目です

あいにくの小雨模様だったので 愛犬ボビーを散歩に連れて行ったついでに

写真を撮ってきました

篠原の田んぼは 色が隣より少し濃くなってきました

DSCF2238.jpg

ただ茎数では まだまだ負けています

隣の田んぼ

DSCF2239.jpg

篠原の田んぼ

DSCF2240.jpg


大地は東と西で分げつの違いがありますが やはり隣より色濃いです

DSCF2241.jpg

茎数はまだまだ少ないので出穂までに間に合うのか心配です

DSCF2243.jpg

散歩の帰り あのオモダカが大発生した田んぼの前を通りましたが

稲よりもオモダカの方が高くなってきてました

DSCF2253.jpg


への字追肥から1週間目 

カテゴリ:2010年稲作

観測点の様子ですが


菜の花の大地は除草剤を使ったり硫安を10kg流し込んだり

半有機栽培になってしまいましたが

DSCF2258.jpg

3本>20本  1本>8本  2本>11本

カラースケール5.5 草丈 33cm 平均的茎数 12本

隣との比較

DSCF2261.jpg

西側は良く茂ってるのだけど 東側はまだまだ少ないです

DSCF2262.jpg


篠原の田んぼ

DSCF2266.jpg

2本>11本  3本>15本  1本>6本

カラースケール 5.5  草丈 33cm  平均的茎数 14本

隣との比較

DSCF2271.jpg



今川の田んぼ 

カラースケール 5 草丈 30cm  茎数 15本 


窪地

カラースケール 5.5  草丈 37cm  茎数 25本


窪地は 去年休耕してるので雑草の肥効が出てるのかもしれない


分げつとは 

カテゴリ:2010年稲作

草取りを仕事が終わってから毎日続けてます。

今日でようやく大地が終わりました。


浮苗が根をおろして分げつしてるのを見つけたので掘り上げてみました

分げつとは 茎が枝分かれして数を増やしていく事を言うんです

DSCF2272.jpg

もちろん1本苗ですのでみごとに開帳しています


6本に分げつしていますが どんなふうに分げつするのか根元を見てみます

DSCF2273.jpg

苗の下部の不伸長節部から発芽したものが分げつになる

写真では根元から発芽したのが分げつになったのが分かります。


6本をばらばらにしてみました

DSCF2277.jpg

分げつからそれぞれにまた分げつしてますね

2次分げつです



稲はこうやって仲間を増やし 沢山の種子を作り

子孫を残していくんですね。


分げつは最初 葉鞘が伸びてきてその中から新しく芽が出てきます

ちょうど割り箸を割ったように増えていきます。



深水と開帳した分げつ 

カテゴリ:2010年稲作

去年の記録を見ているとへの字追肥から後 

茎数が増えすぎて何度も心配していました


今年は窪地が休耕したおかげで雑草の残渣が多く

どうも過繁茂になりそうで 最近深水にしてました


ところが深水管理にすると 株がものすごく開帳してきたんです

DSCF2285.jpg

植えつけ本数が多いのも開帳してきました

DSCF2286.jpg


必ずしも深水のおかげで開帳したともいいかねますが

への字稲作で 株間を広く 植えつけ本数をなるべく少なくするのは

この開帳した姿にするためです

1本植えでも調子が悪いと開帳しないんですよね


篠原の田んぼは地主さんが水管理してくれてますが

最近 こちらも深水で

同じように開帳が始まってます

DSCF2283.jpg

なぜそこまで開帳した分げつにこだわるかって?

茎 1本1本が充実して太くなり 受光体制もよくなり

風通しが良いので病気にもかかり難い 根張りももちろん良いはず


この姿を求めて 欠株しても薄植えにこだわってきたんですよね

深水管理と開帳は関係あるのか もう少し経験が要りそうです


我が村の巨木 

カテゴリ:未分類

我が家のすぐ前に大きなクスノキがあります

すぐ横に神さんを祭って 楠の木神社としています

DSCF2235.jpg

この神さんは元々我が家にあったものを楠の木のもとに移した

と言われており 我が家が中心になって

5軒くらいで毎年お祭りをしています


最近 市役所の方がやってきて

立て札を建てたいと話したそうで

快くOKしました

それがこれです

DSCF2234.jpg


木の大きさは 隣に止めてある1600ccの車と比較して下さい

DSCF2252.jpg

DSCF2251.jpg

田植え機を置いてある奥が我が家です


今年は半作か? 

カテゴリ:2010年稲作

今日は朝から雨です

四国地方は梅雨入りになるでしょう


気になってたことですが

去年に比べると田んぼの様子がおかしいです

色が思ったほど上がってきません


左 篠原の田んぼと隣の田んぼ

DSCF2296.jpg

大地と隣の田んぼ

DSCF2300.jpg

篠原の田んぼは への字追肥から11日目ですが

カラースケール 5.5くらいです


色が濃くならないということは 分げつも少なめです

DSCF2295.jpg

出穂まで後1ヶ月くらいになったのに

こんな状態で大丈夫でしょうか?

茎数不足で収量がガタ減りにならないか?

去年 増えすぎたのを思えば ちょうど良くなるかもしれない

ちなみに隣の慣行稲作は こんな状態です

DSCF2298.jpg


大地も菜の花が全然茂ってなくて 色 茎数ともに寂しかった

東側も油かすの肥効が出てきて 色が濃くなってきましたが

分げつ数は凄く少ない状態が続いています

DSCF2315.jpg


今川の田んぼも同じように 分げつ不足気味です

DSCF2312.jpg


去年休耕した窪地だけはなんとか 増えてきました

DSCF2292.jpg

DSCF2293.jpg

後一カ月 ハラハラドキドキが続きそうです



苦土入りPK40号施肥しました 

カテゴリ:2010年稲作

いつものように葉が垂れてきました。

今年は色が思ったほど上がらないので 垂れ葉は極端ではないです。

DSCF2332.jpg

それで 去年あまってしまったPK肥料をやることにしました。

苦土入りですので 米の食味もかなり良くなります。


ところがです


昨日 冷蔵庫の缶ビール(500cc)が足の上に落下して親指の先がえぐれたようにぶっすり切れてしまいました。

やっと 会社で鉄板に挟まれて怪我した左足が治ってきたのに 今度は右足です。


それで背負い式の動力散布機を使ってみようかと納屋の奥にしまってあるのを見てたんです。

DSCF2325.jpg

ミストと呼んでる機械で 5年くらい前にいもち病の粉剤をナイアガラと言うホースで散布したことがあります。

手元にパイプを付ければ動力散布機として使えるかなと思っています。


救世主 登場  





またしても 嫁さんがやってくれることになりました








DSCF2328.jpg
DSCF2329.jpg
DSCF2330.jpg

菜の花の大地 以外は全部 反当たり10kg施肥しました。


私も長靴で田んぼに入り 一緒に肥え振りをし始めたんですが

一筋行ったところで長靴が脱げてしまい、それも傷のある右足

カットバンしか巻いてない傷口が泥水の中に・・・

最近 田んぼでは長靴派になってたんだけど やっぱり田靴にすべきかな~・・


クログワイとオモダカ 枯れてきた 

カテゴリ:雑草

今川の田んぼの隣にクログワイとオモダカが

びっしり生えた田んぼが有ったんですね。


6月7日に このブログに出した写真です

DSCF2226.jpg

前日に 中期除草剤のサンパンチを撒いていますから

16日目になります。


雨の合間をぬって 愛犬ボビーの散歩に行ったついでに

同じ田んぼの写真を撮ってみました。


クログワイは 小さいのは無くなって見えません

大きいのは ずず黒くドビたようになってきてます。

DSCF2337.jpg


オモダカは小さいのはもう見当たりません

大きいのは 黄色くなって枯れてきてます


クログワイと混在してた場所ですがオモダカの大きいのだけが見えます

DSCF2339.jpg

もうしばらくすると 完全に無くなるんじゃないかなと思います。

去年もクログワイとオモダカが大発生して

収穫量がガタ減りになったと嘆いていましたから

今年は 大喜びでしょうね。


サンパンチとまったく同じ成分で効能も同じ

中期除草剤がありました





への字追肥から2週間 

カテゴリ:2010年稲作

四国地方は梅雨入りしてから2日間は雨が降ったのですが

今日はカラッと晴れ上がりました。


への字追肥から2週間目の田んぼの状況です


今川の田んぼ 右側がそうですが2週間遅れで植えた隣の方が

かなり茎数が増えてますね

DSCF2343.jpg


平均的茎数 19本 カラースケール6 草丈 52cm



隣の田んぼ
DSCF2345.jpg

今川の田んぼ
DSCF2344.jpg

豪快に開帳してますが 茎数は隣の半分以下です



大地(おおじ) 菜の花の田んぼですので10日前に油かすを部分的にやりました

DSCF2352.jpg

左側の隣の田んぼにだんだん追いついてきました。

観測点では  3本>27本  1本>14本 2本>20本

平均的茎数 20本  カラースケール5.5 草丈 46cm

DSCF2353.jpg

DSCF2356.jpg


東側の油かすを施肥したところもだいぶ良くなってきましたが

まだ分げつ不足です

DSCF2351.jpg




篠原の田んぼ 

DSCF2369.jpg


2本>18本 3ほん>24本 1本>13本

平均的茎数 28本  草丈 48cm カラースケール 5

篠原の田んぼ
DSCF2371.jpg

隣の田んぼ
DSCF2370.jpg

隣とでは 苗の姿が全然違いますね



窪地

DSCF2372.jpg

平均的茎数 31本  草丈 55cm  カラースケール 6

この田んぼが一番勢いがあるみたいです

DSCF2374.jpg

子ゴリラのガッツポーズってところでしょうか・・


少量追肥しました 

カテゴリ:2010年稲作

菜の花の大地には 油かすを

今川と篠原の田んぼには硫安を

分げつの少ない部分だけに 追肥しました。


DSCF2381.jpg

出穂30日前になる頃なので迷ったのですが

やっぱり追肥することにしました。

出穂する頃には窒素肥効が切れてこないと食味を落とすと言われますが

去年は 篠原の田んぼで出穂後まで色が青々としていたのに

食味は凄くよかったので 気にせずにやってみました。



で~~

まだ足の傷が治っておらず 今回は田靴を履いて施肥したんです

DSCF2377.jpg

へのへのもへじさん この靴ね・・!


1枚目の田んぼが終わる頃 田靴の中がおかしな雰囲気に

DSCF2379.jpg


穴があいてたみたい

それも傷のある右足だけ・・・


もういいやと思って あと2枚も施肥して

家に帰ったら 脱げないんですよ 田靴が・・

DSCF2382.jpg


傷はだんだん痛くなってくるは 嫁は中から呼んでるは

10分くらい悪戦苦闘してやっと脱げました


やっぱり 長靴がいいかな~



稲作依存症 

カテゴリ:未分類

村で田んぼに熱心なおばさんが3人くらい居ます

休みのときに田んぼにいると何度も田回りにくるんですね。

熱心なだけに80近い歳でも化学者みたいに詳しいですよ

窒素 燐酸 カリ 語らせるとプロ級です。



実は 私も への字稲作をやるようになってから同じようになってしまいました。


朝 出勤前に全部の田んぼを時計回りに見て回ります

運転席側から見えるからです


仕事が終わってから また 田回りをして帰り

着替えて 田んぼに出かけます。


わずか半日で稲の様子が変わるはずがないのにね


晩ご飯の時に嫁に言われましたよ

「あんたは 田んぼに向いてない」ってね


よそは田植えから水だけ入れてほったらかしでも採れてるのに

毎日田んぼに通って まだ嘆いてるじゃないって・・


それで 言ってやったんです

「わしゃ 村一番においしいコメを 
 村一番たくさん採りたいんじゃ」
  

ってね


そしたら 嫁が 「一番じゃないとだめなんですか」って

ん・・ どこかで聞いたような

そういえば民主党の蓮舫さんは台湾だけど

うちの嫁さん 西安出身だし


明日から 1週間里帰りです





ここで お礼です

左上のバナー にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ ですが

ランキングの半農生活部門で 見事3位になりました

いつの間にか皆さんの応援を戴いてありがとうございました。







サンパンチの効果 

カテゴリ:雑草

だいぶ前に記事にしたと思うんだけど

クログワイとオモダカが大繁殖した田んぼが有ったんですね

6月8日にこんな状態でした

omodaka2.jpg

オモダカが稲より大きくなって 数も稲よりずっと多いです。

クログワイが目立ちませんが 同じ数だけ生えてます。


この田んぼの持ち主に中期除草剤のサンパンチを教えてあげたんですが

たぶん1週間ぐらい前にやったんだと思います


あれだけ大きいオモダカが枯れ始めてます

DSCF2393.jpg

広範囲にみると まだ雑草の方が多いですが

ここまで枯らすとは すばらしい選択性ですね

DSCF2394.jpg



葉色カラースケール(水稲用葉色板) 

カテゴリ:未分類

稲の生育診断 どうやってますか?


茎数と葉色で稲の生育の目安にしてますね。


茎数は 実際に田んぼに入って数えてみれば分かります

葉色も周りの田んぼと比較すれば だいたいの見当はつきます

でも はっきりと数値化すれば離れた田んぼや前年の

反省材料の指標となるでしょう


当ブログでもよく使ってますが 葉色カラースケールと言うのがあります

DSCF2400.jpg



単葉測定法は 水田から平均的な色の葉を一枚取って

葉色板の上で判定します

DSCF2406.jpg


実際にはこんな感じですね

DSCF2407.jpg

群落測定法は田んぼの中に葉色板をおいて判定します

DSCF2405.jpg

今回 吊るす紐がなかったのですが 実際はもっと中に置きます

DSCF2408.jpg


ブログを始めた頃 農協に買いに行ったのですが

「葉色カラースケール 下さい」って言ったら

目を白黒させていました。

ここら辺の百姓は カラースケールなんて使ってないのか?って

不思議な気持ちになりました。




ネットで販売してるのがあります



楽天では

葉色カラースケール

葉色カラースケール
価格:4,980円(税込、送料別)





 
葉色カラースケール
葉色カラースケール
価格:4,800円(税込)
 


篠原の田んぼ 良くなってきた 

カテゴリ:2010年稲作

今年は半作か?なんて書きながら ちょうど良くなるかも

って思ってみたりもしてました。


どの田んぼも茎数は順調に増えてきてます


昨日は篠原の田んぼの草取りをしたので写真を撮ってみました


これは6月13日の写真です

DSCF2296.jpg


そして 昨日の6月20日です

DSCF2422.jpg

かなり茎数が増えてきました

田んぼの中の方は もっと増えているように思います

DSCF2423.jpg

れいのキシュウスズメノヒエが少しありますので

草取りに入りました

田んぼの中の方も開帳した分げつで

茎数も27本くらいになってきました

DSCF2417.jpg

ただ やはり欠株してるところが目立ちます

DSCF2416.jpg


隣は2週間遅れて植えてるのに 茎数が30本を超えてます

今年はきつい中干しはしてないようですが

それでも 下葉の枯れが始まってます。

DSCF2424.jpg

こちらは 等距離で撮った篠原の田んぼです

DSCF2425.jpg


稲の活力の違いがはっきり分かるでしょう


10cmくらいの深水にして 少し分げつを抑制してますが

もうしばらく続けます。

への字追肥から3週間 

カテゴリ:2010年稲作

鬼の居ぬ間に命の洗濯を  ・・・  甘いわな~


娘が部活で足首を捻挫 会社を早めに切り上げて

夕方5時前には近くの かじかわ整形外科へ

終わったのが7時半 人気の医院かもしれないけど

あまりにも長すぎで もうくたくた

そんな訳でブログ毎日更新記録 昨日でストップしてしまいました


さて 各田んぼの様子ですが


今川の田んぼ 写真で右 茎数は隣を追い抜いたかもしれない

DSCF2426.jpg

平均的茎数 40本 草丈 61cm カラースケール 6.5

もうそろそろ硫安の肥効が落ちてこないといけないのに

また一段と色が濃くなってきました

水が緑色をしてるのは 5日ほど前に分げつの悪いところに

硫安を少量追肥したのが 出てるのでしょう


田んぼ全体としては まだ条間がはっきり分かるくらいで

問題ないと思っています

DSCF2427.jpg


株元の写真を並べてみました

今川の田んぼ                   隣の田んぼ

DSCF2430.jpg DSCF2431.jpg


大地  ここも左の隣の田んぼに追いついてきました

DSCF2440.jpg

恐るべし菜の花肥効 じわじわとかつ大胆に効いてきました

平均的茎数 25本  草丈 60cm  カラースケール 6.5

豪快に開帳してます

DSCF2438.jpg

ただ 若干葉先が垂れ始めました 

たぶん分げつを制限するために深水にしてるからでしょう

現在 水深8cmくらいです

DSCF2439.jpg

こちらも条間は はっきり見えます

DSCF2444.jpg


篠原の田んぼ 

DSCF2454.jpg

硫安の肥効が落ちてきたみたいで 少し色むらが出てきました

平均的茎数 29本  草丈 57cm  カラースケール 6.0

ここも太い分げつですが まだ条間は見えてます

DSCF2448.jpg


窪地 いちばん肥効が落ちてきたかな

DSCF2451.jpg

平均的茎数 33本  草丈 61cm  カラースケール 5.5

モグラのせいで初期に水を切らしたせいか 雑草が目立ってきました

DSCF2452.jpg

開帳した分げつが少しまとまってきたので 穂ばらみが近いと思います

DSCF2453.jpg


だらだらと長く書いてしまいましたが 

去年に比べると 順調よくいってると思います


イボ取り地蔵 

カテゴリ:未分類

中二の娘 母親代わりに掃除洗濯と頑張ってます

食器洗いは時々私もやってますけど・・



ただ 朝起きるのが遅くて 今朝も雨が降ってたので

学校まで送って行きました。


夕方迎えに行く途中 アジサイがきれいに咲いていました

DSCF2475.jpg

ここらへんでは珍しい 北向きのお地蔵さんがあるところです


その名も いぼとり地蔵

DSCF2474.jpg

なんでも 3日ほどお参りを続けて

花立ての水をいぼにつけると ぽろりとイボが取れるとか


最近 くちこみで静かなブームになってるようです


菜の花の分解 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

梅雨の晴れ間をぬって 夕方会社が終わってから

菜の花の田んぼの草取りをしてました


田んぼの中を歩くと 前よりも土が柔らかくなった感じで

ふわふわの土に長靴がずぶずぶって感じで入ります

それに長靴が入りこんだ所に泡が出てくるんです

それもぼこぼこと音がしそうな大きな泡です

DSCF2469.jpg

畦際では アオミドロが発生していかにも稲作にもってこいの感じがします

DSCF2471.jpg

土の中では 菜の花の腐熟が進んでるんでしょうね



穂肥をやりました 

カテゴリ:2010年稲作

今年は大師匠 井原豊さんの勧めるマグホスを

穂肥としてやってみることにしました。

勘違いしないでください 慣行稲作の穂肥とは全く違います。


10日ほど前にPK肥料(燐酸 カリ)をやってますので

施肥量は反当たり10kg程度にしました。


一昨日です 農協に肥料の注文をしたのですが

マグホスと言う肥料はないらしく

リンマグ(苦土過リン酸)と言うのを代わりに持ってきました。

DSCF2489.jpg 
DSCF2488.jpg

篠原の田んぼに30kg(反当 13kg)

窪地に10kg(反当 14kg) 施肥しました


今川の田んぼには 過リン酸石灰を20kg(反当 12kg)を

やりました。

DSCF2487.jpg

去年もおいしいお米ができましたが

今年はさらにおいしいお米を期待しての施肥です


窒素成分は全く入ってないので 収量アップにつながるかは

結果を見てみないと分からないですね。







中干し 

カテゴリ:2010年稲作

村の田んぼは あちこち中干しを始めました

もちろん 元肥えの肥効が落ちてきて色も薄くなってます

色の差がはっきりと分かるようになってきました

DSCF2502.jpg


いつも大地と比較させてもらってる田んぼは 小ひび程度です

DSCF2506.jpg


今川の田んぼの隣は 大ひびが入ってます

DSCF2503.jpg

慣行稲作では 元肥えが効いて増えてきた茎数が

増えすぎないように落水して 中干しをするんですよね


茎数が増えないと収量が上がらないと考えて

中干しをしない家もあります


結局 最後は一株の穂数は20本もないくらいですよ


農協の管理歴では 50株で27本 60株で23本になってます

それ以上 分げつしても枯れてしまうか穂がつかないまま終わる

無効分げつになるってこと  あんまり分からずにやってるみたい


上の写真では 一株 30本を超えてますからね



もうひとつ 大きなひびを入れてしまった田んぼ

白い 太くて長い水根が  茶色い 細くて短い畑根に変わってしまいます

土の中の事も考えながら 中干ししないと後で大変なことになります



への字稲作の場合は中干しはしませんが 垂れ葉がまだありますので

土を固くするためにも 間断灌漑にもっていこうと思っています

超深水 

カテゴリ:2010年稲作

私が肥料をやると必ず大雨になる

ジンクス通り ドシャ降りの雨です


なかちゃんで一時期有名になった那賀川も

どんどん水かさが増してきました

DSCF2517.jpg

向こうに見えるのは 青色発光ダイオードの日亜化学です


昨日は中干しの記事を書きましたが

中干しをしないで分げつを抑える方法として

逆転の発想 超深水にして分げつを抑えてやろうと考え

この雨を利用して 田んぼの水位を一気に上げました


今川の田んぼ

DSCF2521.jpg

大地

DSCF2526.jpg


篠原の田んぼは コンクリートの畦畔を超えそうです

DSCF2528.jpg

超深水を3日間くらい続けて見ようかと思ってます







ところで 下の写真 何だと思いますか?

DSCF2534.jpg

嫁が中国から持ち帰った






鶏の足 です


ちょっと固くて 食べにくかったな~~

中期除草剤サンパンチの効果 その2 

カテゴリ:雑草

大雨の後 我が家以外どこの田んぼもすっきりと水を落としてます。


前にレポートしたクログワイとオモダカの混在した田んぼですが

今日また写真を撮ってみました


かなりの数のクログワイとオモダカが生えていましたが

あまり大きくならないうちにサンパンチを散布した田んぼです


サンパンチ散布前

DSCF2226.jpg

27日後

DSCF2541.jpg

全く見当たりません



同じようにクログワイとオモダカが混在した別の田んぼですが

オモダカがかなり大きくなってサンパンチを散布した田んぼです


散布前

omodaka2.jpg


半月後

DSCF2542.jpg


畦際では


DSCF2543.jpg

稲が見えない状態から ここまで回復しました



クログワイだけが発生していた田んぼは

25日で 小さいのは完全に枯れてしまい

やや大きいのは黒くなっています

DSCF2540.jpg



我が家の田んぼでも大きなクログワイが枯れてきてます

DSCF2420.jpg

水が深いので分かりにくいですが ここまで大きいのが枯れてました



サンパンチは中期除草剤ですので 初期除草剤や一発剤との体系処理で

高い効果があるようです

いつも使っている除草剤を使ったのち 難防除雑草が残った場合

サンパンチを散布すればいいでしょう

収穫60日前までとなっていますので 気をつけましょう



近くの農協で注文すれば買えると思います

ネットではまだ販売されていませんが

全く同じ成分で同じ効能のハイカットと言うのがあります







ブログパーツ