仕上げ代搔き 

カテゴリ:代搔き

田植え3日前が来ましたので仕上げ代搔きをしました

荒代では高低差直しをしてなかったので

先に逆転ロータリーで高低差をなおしました


水の量をかなり少なくしておくと高低がよくわかります

DSCF1356.jpg

副変速L クリープH 主変速4 ロータリーを逆転に入れて

エンジンの回転数をなるべく落とし 浅くかけてひっぱりました

DSCF1357.jpg

ロータリーを速く回すと泥がこちらのほうに飛んできます

田んぼの中はめちゃくちゃになってしまいます

DSCF1365.jpg

後は前回と同様に ひと畝飛ばしに中の方を掻き

DSCF1364.jpg

その後 周回耕です

DSCF1368.jpg

最後にはしごを引っ張ると きれいに仕上がりました

DSCF1369.jpg

去年は代の掻きすぎで浮苗が多かったので 

今年は早走りでロータリーも1で簡単にしました

ダマができてるところもありましたが 梯子を引っ張ると

気になるほどでもなくなりました

DSCF1360.jpg

さて 田植え本番ではどうなるんでしょうかね



 イネの作業便利帳新版


四隅が高くならないトラクターの耕し方 

カテゴリ:トラクター

毎年の事ですが代搔きの前に四隅の土を

スコップで掘って中の方に放り投げています


トラクターはロータリーで土を掘り起こしながら

田んぼを耕してますので どうしても四隅が高くなります


我が家のトラクターは旧式ですので 

自動耕深もついておらず四隅が高くなるのは

仕方ないと思っていました


でも あったんですよ 裏技が・・


隅を耕す時 ロータリーを下ろしたら

前進を始める前に 1秒ほどロータリーだけを回転させるのです

そうすることによって ロータリーが尾輪で設定された

深さまで沈みます

後ろのカバーも同じように沈み込んでますので

耕し始めが高くならなくなります。

実際にやってみた写真です まったくフラットになってるでしょう

DSCF1354.jpg


トラクター初心者の方は カテゴリー トラクター

我流 トラクターの使い方などが入っています。








農協の苗 

カテゴリ:田植え

毎年の事ですが苗はJA阿南で買ってます

今年の苗はまずまずの出来で背丈も色も

よかったと思います

農協の苗

催芽モミで140グラム蒔きだそうです

軽トラ一回分 30枚を夕方貰ってきました
DSCF1387.jpg



田植えの方法 

カテゴリ:田植え

いよいよ田植え当日です

田植え機は古いですが 植え方は正統派でいきます


4条植えですので 30cm×4=120cm

2列分プラス畦際の幅20cm

田植え機の中心を目標にするため60cmプラスして

120cm×2.5+20cm=3.2m

畦から正確に測って 杭を立てます

中の方を 往復植えします

DSCF1414.jpg

周回植えのための幅が正確に残ってますよね

DSCF1401.jpg

往復植えの最終は ここまで植えるという目標に

田植え機の幅×2+20cmで2.6mに杭を立て

その内側に収まるように植えます

DSCF1402.jpg

往復植えが終わったら 枕地を均して 周回植えです

田植え機が最後に田んぼから出るように入口の横から植えます

DSCF1405.jpg

角まで来たら90度向きを変えて 畦際までバックし

隅から植えはじめます

DSCF1408.jpg

もう一周 内側の周回植えを回って 田んぼから出れば

ほとんど隅を残すことなく田植えができました

DSCF1412.jpg


田植え機の調整や浮苗などのトラブルの対策は

カテゴリー 田植え機 にまとめましたので見てやってください

今年も全田んぼでへの字にしました 

カテゴリ:田植え

田植えの詳しい結果を書こうと思っていたのですが

パナシが忙しくてなかなか書けませんでした

パナシの話って~~



毎晩 飲みっぱなしでした

長男の新築祝いで飲みすぎ 次の日 親戚が来て飲みすぎ

昨日は近所の友達が来てまたまた飲みすぎ・・

今夜こそアルコールを断つぞって言ってたら

嫁が湯豆腐をしてたのでまた飲んでしまいました


で~ 今年の田植えですが田植え機を替えました

村の共同の田植え機です

我が家の田植え機は50株までしか疎埴にできないので

改造を検討したのですが 機械屋さんに無理と言われ

村の田植え機だと45株までできるので 

そちらで植えることにしたのですが・・


例のごとく苗の掻き取り量最小

浅植え 45株の疎埴 に設定し


田植えスタートしたのは良かったのですが

浮苗 転び苗がすごく多いんです


去年 田植え機 の記事を書いたときに勉強したことを

思い出して 植え付け部が悪いことに気がつきました

早速修理屋さんを呼んで直してもらいました


今年は薄植えでも 欠株は少なく10%くらいだと思います

ただ 掻き取り量最小でも5本くらい植わっているところもあり

平均 3本植えと言ったところでしょうか

全部で7反の田んぼで 72枚くらい苗を使いました



浮苗 転び苗が多い場合 

カテゴリ:田植え機

田植え機の植えつけ爪は

苗を掻き取り 土の中へ苗を持っていきますよね

それだけでは苗は植わらないので

植えつけフォークと言う部分が苗を

植えつけ爪から離して土の中へ押し込みます


この部分がうまく動かないと 浮苗や転び苗が

多くなります

浮苗 転び苗

修理するには この可動部が動くように

のぞき窓を開けて ドライバーとハンマーで

叩きながら動かし 潤滑グリスを入れるとOKです

実際は修理屋さんがやってくれましたけどね

taueki.jpg

うまく動いてない時は 植えつけ爪に苗が残ってきますが

植え付けフォークがちゃんと動くと苗は爪から土に押し込まれます





苗箱粒剤 

カテゴリ:2010年稲作

去年は極端な薄植えの為 苗箱にやる防除薬がかなりあまってました

嵐プリンス箱粒剤は1キロ4000円もするんですよ

今年は全然買わずに済みました

嵐プリンス

菜の花の田んぼはできるだけ無農薬でいこうと思っているので

施薬していません

稲ミズゾウムシちゃんが喜んで来てくれるでしょうけど・・

田植え直後の各田んぼの様子 

カテゴリ:2010年稲作

4月5日 田植えが終わって少々水を入れた状態の田んぼです

今川 1.7反

DSCF1426.jpg



大地 2.2反 菜の花稲作

DSCF1430.jpg


篠原 2.3反

DSCF1431.jpg


窪地 0.7反  長男の家は完成して入居してます

DSCF1432.jpg


今回も浮苗が風下に吹き寄せられてました

DSCF1428.jpg


活着根 

カテゴリ:2010年稲作

田植え後あまりにもみすぼらしいので枕(周回植えの部分)だけでも

補埴をしようと仕事が終わってから少しづつやっています


私の補埴のやり方は 植わってないところに隣の株を引きぬいて

1本づつに分けて植えています


今日で田植えから4日目ですが 植えた苗を抜きにくくなっていました

水で洗ってみると 既出根の上の方に活着根が出ていました

DSCF1442.jpg

地温が15度になってから田植えをしなさいとJAの水稲栽培管理歴に書かれてますが

ここ数日急激に冷え込んで うまく活着できるか心配してました

やっぱり稲は強いですね

気温と活着 

カテゴリ:2010年稲作

徳島は4月に入ってからいつものように気温が上がらず

1日の平均気温が15度を上回る日は今日で3日しかありませんでした


4月1日に植えた近所の田んぼではうまく活着できず

苗が黄色よりも白っぽくなり緑色が抜けてしまったところもあります

DSCF1455.jpg


我が家は4月4日に植えてますのでまだ見やすい状態です

気温の事を考え いつもなら深水にするところを

ところどころ島が見えるくらいの水管理にしました

苗がなるべく萎えてしまわないようにしてみました

我が家の苗の状態です

DSCF1458.jpg

今日は久しぶりに最高気温22度で温かくきれいに晴れました

夕方 補埴の続きをしていますが2日前と比べて

活着根は増えてきたように思います 既出根の上の方に出ています

sm1


今度は嫁がやってくれました 

カテゴリ:2010年稲作

DSCF1464.jpg

中2の娘が言うんですね

”お父さん この田んぼは植えないの?”って

???植えてあるっちゅうに・・


今朝 水を入れて止めるのを嫁に頼んで

会社から再度念押しの電話して

なにーー!! 忘れてたか・・!

おかげで帰ってみると水だけが見える田んぼでした


でもまあ こんなかわいい孫が来てたら怒れなかったよ

DSCF1465.jpg



かなりの雨が降りました 

カテゴリ:2010年稲作

今日は最近にしてはまとまった雨が降りました

昨日の嫁の失敗よりもひどいくらい田んぼには水がいっぱいです

DSCF1473.jpg

落ち口からはどんどん水が出ていますが間に合わないようです

DSCF1466.jpg

落ち口の堰板をオーバーフローするように設定してありますので

雨があがったら通常道理に水位は下がるはずですが

今は水没した苗がかなりあります

DSCF1470.jpg

DSCF1468.jpg

深水になったのがいい機会ですので明日除草剤をやろうかと思っています

水田除草剤 

カテゴリ:2010年稲作

今回はトップガンLフロアブルをやりました

DSCF1481.jpg

去年までは難防除雑草のクログワイ対策で草笛ジャンボと言う

初期除草剤を使ってたのですが薬効が長続きせず

後半で色々な雑草が発生しでいました


今年は農協で相談してクログワイに効く一発剤と言うので

トップガンにしたわけです


クログワイを取り残したとしても中期剤のサンパンチがあれば

完全に枯らすことができます

去年 近くの田んぼで20cmくらいまで伸びたクログワイが

完全に枯れたのを見ました


今まで何のためらいもなく使ってきた除草剤

果たして 体に悪影響はないのか? 疑問に思えてきました


菜の花稲作の田んぼは 雑草の発芽の状況を見てから使うことにしました





マット苗の葉齢 

カテゴリ:2010年稲作

前から気になりながらよく理解できてなかった

苗の葉齢

JAの水稲栽培管理歴では2.5葉で田植えと書かれていました

5日前に撮った写真です

葉齢

その管理歴の説明を見ながら 写真に書き入れてみました


これから できれば田んぼの稲の葉齢もチェックしながら

リポートしてみたいと思っています


米戸別所得補償モデル対策 その後 

カテゴリ:米戸別所得補償

MAFF農林水産省から通知が来ました

例の米戸別所得補償モデル対策事業の事です

一番大事な内容は 次の事です


img019.jpg

先月に説明会に参加して 年老いたおじいさんが

”反収が少ないけど新規需要米に適応できるか”しつこいほど質問して

お役人も”その田んぼで収穫できた米を全部出してくれれば大丈夫です”

って あれほど言ってたのに

今になって 合理的単収分を出荷して下さいだって


あのな~~ 民主党さんよ !

中学校の生徒会じゃないんじゃーー!

1ヶ月で決めた事をコロッと変えるなよ

真剣に考えて真正面から取り組んできたお百姓さんを

コケにしとんか・・!!



だいたい選挙前に言ってた公約をいくつ実行できたんじゃい


誰かが言ってた 民主党が政権を取ってたら日本がだめになるって

最近つくづく思うようになった管理人でした


Ⅴ字(慣行稲作)の田植えをしました 

カテゴリ:2010年稲作

毎年 近所の田んぼの機械仕事を引き受けています

田起こし 代搔き 田植え 稲刈り 全部やっています

と言っても小さな田んぼで 5畝しかありません


今日は会社の仕事が終わって5時半ぐらいから

田植えをしました


V字稲作の場合は 坪60株植え 植えつけ本数5本くらいですので

見た目 きれいに植わりました

DSCF1487.jpg

掻き取り量標準だと欠株もなく浮苗も少なかったように思います

きれいに植わると気持ちいいですね


植え方もまだまだ息子に負けてないなとナットクの田植えでした

低温が続いています 

カテゴリ:2010年稲作

相変わらず気温の低い日が続いてます

特に今日は寒く 最高9度 最低5度でした

田植えから11日ですが 去年の写真と見比べてみても

まったく勢いがなく 色もかなり悪いです

緑色の新しい葉が見えますが田植え時の葉は色が抜けてしまってます

DSCF1494.jpg

これがへの字の欠点なのか一本植えの苗が枯れかけています

厚植えだと生き残る苗が多いはずです

DSCF1493.jpg

菜の花稲作実践中(大地)の隣が昨日代搔きしました

明日くらいに植えるでしょう

側条施肥のⅤ字稲作ですのこれからまた比較させてもらいます

DSCF1492.jpg



やっと春らしくなりました 

カテゴリ:2010年稲作

今日は久しぶりの快晴です

気温も17度まで上がりポカポカ陽気になりました


昨日まで冷たい雨に打たれた苗ですが少々元気になったみたいです

篠原の田んぼ
DSCF1502.jpg

菜の花稲作 実践中(大地)
DSCF1504.jpg


でもまあ違う角度から撮った写真ではいかにも貧弱に見えるでしょう
DSCF1507.jpg


しばらくの間 この状態で辛抱しないとね

豪快に開帳した分げつを期待して しばらくは深水管理にします


雑草の発芽 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

不安でいっぱいですが 今のところ一切農薬を使ってない

菜の花稲作に挑戦中です


田んぼの均平もいつもよりうまくできて納得してたんですが

最近の寒さで深水にできず 丘ができてたところに

雑草が発芽してました

DSCF1508.jpg

何の草か見当もつきませんが 今のところ少ししか見えません

深水管理で雑草が生えないのは去年のバケツ稲で経験済みです

10cmの深水を続けたら クログワイ以外はまったく生えませんでした


気になるのは 浮き草が発生しかけていることです

DSCF1513.jpg

田んぼ全体に広がったらどうしよう

かえって雑草を抑えるからいいのかもね


隣が植えました 

カテゴリ:2010年稲作

今日 隣の木村さんが植えました

今年は我が家が1週間早く植えましたので

2週間遅れの田植えになります


典型的なV字稲作(慣行栽培)です

もちろん最近はやりの側条施肥ですので

確実にV字肥効が現れるはずです


写真は 手前から小作している篠原の田んぼ

隣の田んぼ 菜の花稲作の大地の順です
DSCF1517.jpg

両サイドの我が家の田んぼは 一応植えてるんですけど

苗が萎えてるので貧弱に見えるでしょう

今年も まだまだ差をつけられるでしょうね



モグラ対策 検討中 

カテゴリ:モグラ

一枚だけ毎年モグラが穴をあける田んぼがあります


去年は長男が家を建てるので休耕した 窪地です

隣がずっと休耕して いわば耕作放棄地ですね
DSCF1531.jpg

この田んぼからコンクリートの畦畔の下をくぐりぬけて

穴をあけてくるんです

5年くらい前に重機でコンクリートの下を深く掘って

畦波を入れたので 表面からはコンクリート30cm+畦波30cm

60cm近く底に入ってるはずなんですが やっぱりダメです


昨日の朝 いっぱい水を入れて

DSCF1530.jpg

夕方には 空っぽでした

DSCF1528.jpg

探してみると ありましたねモグラの穴が

DSCF1529.jpg


今日は忙しくて対策できませんでしたが 早急に何とかしようと思っています



後日 見事に撃退した記事は こちら

稲作掲示板を作りました 

カテゴリ:未分類

当ブログも開設から3年を過ぎようとしています

最近では沢山の方の訪問を戴き ますます励みになってきております


お米作りは地方によって 品種や田植えの時期が違い
 
それぞれに特徴があると思いますが 色々湧いてくる疑問を

投稿して情報のやり取りの場にできればと思っています。

稲作素人の管理人ですが 質問にはできる限り調べてお応えしたいと思います。


また ブログを持たない方も稲作の記録を掲示板を使って

防備録のつもりで残して下さってもいいかなと思います。

気軽な気持ちでご利用ください。


掲示板へは 稲作掲示板 ← クリックでいけます



何か一言足跡を残すつもりで書き込みをお願いします



今年もモグラ君に負けか・・ 

カテゴリ:モグラ

急がないと田んぼが干上がってしまうので

昨日 農家の店 ジェックに行ってきました
DSCF1532.jpg

モグラ対策グッズを見て回りましたが

振動で撃退するものや忌避剤それにモグラ取り機まで

色々とありました
DSCF1533.jpg DSCF1534.jpg DSCF1535.jpg

結局 ソーラーモグラ撃退器を買って帰りました


田んぼに設置ですが 表土から少し入ったところが固くて

ショウセンと言う鉄の棒を使って穴をあけ

そこに差し込みました


最初はフル充電しないといけないとか書いてあるので

本体とソーラー部分の接続は 一日置いて今日つなぎました

DSCF1542.jpg   DSCF1543.jpg

昨日 モグラの穴をふさいで水を苗が隠れるほど入れてあったのに

今日帰ってみると完全に干しあがり 天気も良かったせいか

ひびが入っていました

DSCF1544.jpg

こちらの方の方言では 干上がった状態の事を”ひっつく”

なんて言ってますが完全にひっついてしまいました

これから水持ちが凄く悪くなるだろうな~


しばらく モグラ大戦は続きそうです


現在 3.2葉期 

カテゴリ:2010年稲作

2.5葉で植えた苗ですが低温とへたくそな水管理で

萎えたままで過ごしてきました

DSCF1547.jpg

田植え時の葉は茶色く変色しとろけてしまいそうですが

新しく緑色の元気な葉が出ています

これが何枚目の葉になるのか抜いてみました


種もみのついている側が奇数になるはずです

DSCF1551.jpg

葉っぱがとろけて亡くなってない苗を見つけました

数えてみると 第四葉が出始めてるところですね


1本苗と5本苗の発根の仕方も比較してみました


5本苗は同じ株の苗と絡み合いながら根をのばしますので

ねじくれて短い根っこですね

DSCF1549.jpg


1本苗は何の邪魔物もないのでまっすぐに広く根をのばしています

DSCF1554.jpg

薄植えがいかに稲の為に良いかこの時点でよく分かります



とにかく 今のへの字の田んぼは見るからに貧弱ですが

根っこは伸びてきているので 安心しています


モグラ撃退器の効果 

カテゴリ:モグラ

モグラ撃退器正式稼働から3日目 いまのところ穴をあけられてないです

実際は地表から2cmくらいまで振動部を差し込むように書かれてますが

田んぼの水に浸かってしまいそうでかなり浅くしました

DSCF1582.jpg


昨日は一日中雨が降ったのですが だいたいすぐに穴をあけられるのに

今日もまだ田んぼには水が満タンにたまったままです

DSCF1566.jpg

ひょっとしたらモグラ君を追い払えたのかもしれません




ネットで調べるともっと安いのがありました 

効果の範囲は変わらないのでお得かも





ソーラー式 モグラ撃退器II SV-2911 モグラが嫌う音波振動で簡単駆除!簡単設置!ソーラー式...



田植えから3週間目です 

カテゴリ:2010年稲作

天候不順でどうなる事かと心配していた苗の様子ですが

やっぱり復活してくるもんですね


無謀にも無農薬に挑戦中の菜の花稲作ですが

去年のバケツ稲で深水管理すれば雑草が生えないのは

経験済みです

苗の先がかろうじて出るほど深水管理を続けてきました

DSCF1598.jpg

左は隣のV字稲作です 右の菜の花の田んぼはかろうじて苗の先が見えるでしょう


こちらは 通常のへの字稲作の篠原の田んぼです

DSCF1600.jpg

先日の雨から水を入れてなかったので かなり土が見えてますが

右のV字稲作に比べると貧弱な苗に見えますよね

まあ 日照不足と低温で枯れかけてたのがまだましになった方です

初期生育を抑えるへの字稲作にはちょうどいい試練かもね




鴨が来た 

カテゴリ:2010年稲作

おととしくらいから毎年のように鴨が田んぼにやってきます

かわいらしくていいのですが 苗を踏み荒らしてしまうので

困っています。

DSCF1613.jpg

な二を食べているのか つがいの鴨が田んぼの中を歩き回って

時どき泳ぐ仕草もしていました

DSCF1612.jpg

阿南市は豪雨です 

カテゴリ:2010年稲作

今夜のNHKニュース7の気象情報で 

だいぶ前からファンになってる 半井(なからい)さんが

「徳島県阿南市では1時間に120mmの大雨となり」とか


全国版で言われるほどの大雨でした


昨日と今日の菜の花の田んぼの様子です

DSCF1598.jpg  DSCF1619.jpg

長男の家は駐車場入り口まで水が来て 窪地の田んぼは見えません

DSCF1614.jpg


もちろん道路も冠水して田んぼとの境目が分からなくなってました

DSCF1616.jpg

苗は3~4日くらい水没しても大丈夫なようですが

無農薬の菜の花稲作 ぎりぎり呼吸してる状態から

完全に水没したら大丈夫なのか非常に心配です


苗よあなたは強かった 

カテゴリ:2010年稲作

あれだけ降った雨ですがまだ用水の水はけがよい為

今朝はほとんど引いていました

夕方帰って見てみると元気に立ち上がっています

DSCF1628.jpg

ところどころ深いところは萎えた苗もありますが

なんとか葉の先が水面に近いと復帰してきそうです

DSCF1632.jpg

全体的にはまだ深水ですが 晴天で気温も上がってきて

雑草が心配ですので無農薬の大地はそのままでいきます

DSCF1627.jpg

モグラ対策 納得の結果 

カテゴリ:モグラ

先日の大雨で モグラ撃退器は完全に水没してしまいました

ソーラー部は泥水で汚れていました

DSCF1639.jpg

振動部のパイプを外してみると水が少し入っています

これではICの基盤がだめになっただろうとあきらめかけたところ

「ピューー」って音がしたんですよね

モグラを驚かせるための振動が音になって聞こえたんです


パイプの水を捨てて 再度田んぼに設置しました


もう1週間以上穴をあけられていませんので

モグラの撃退に成功したと思います 

設置した時の記事


こんなことならもっと早くやっておけばよかった






モグラ撃退器!ソーラー式 モグラ撃退器 II 【SV-2911】



ブログパーツ