菜の花鋤き込みました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

田植の予定が4月4日なので今日が31日前です

菜の花稲作の師匠 岡山の赤木歳通さんは田植えの20日前に

鋤き込むのが一番良いと書かれてますが

明日から雨の日が続きそうなので 今日思い切って鋤き込みました

DSCF1226_convert_20100303220722.jpg

夕方 会社が終わってから暗くなるまでに終わらせようと

菜の花を倒すだけのつもりで 早走りしました

最初はロータリーは1速 走行は2速でしたが

あまりロータリーに絡まないようなので ロータリー2 走行3で

快適にできました

何度目かの 顔出しですね


DSCF1228_convert_20100303222937.jpg

後は10日位してから 菜の花の生えてなかったところに

菜種かすでも振って 再耕転するつもりです

米戸別所得補償モデル対策の説明会に行ってきました 

カテゴリ:米戸別所得補償

政権が民主党さんに代わって 農家にとっては耳寄りな話

米戸別補償制度が新年度から始まりますね。

実行組を通じて配布された資料を持って 説明会に行ってきました。

JAアグリ阿南で行われました
DSCF1248.jpg

夕方 6時半くらいからでしたが100人以上来ていましたね


この米戸別補償制度は 恒常的に生産に要する費用が販売価格を上回る

米作り つまり儲からない稲作に対して

国から農家に直接所得補償をしてくれるというものです

ありがたい話ですが 条件があります

生産調整実施者であることです

具体的には 自分の持っている水田の約30%を転作し生産調整達成とします


そんなことできるか~い ってあきらめていませんか?

我が家でも 手持ちの田んぼ 小作もあわせて80アールくらいの90%は

お米を作ってましたので 生産調整未達成ですね。


ところが 今回 もうひとつの制度 水田利活用自給力向上事業と組み合わせることで

交付金をもらえるんです。

水田利活用自給力向上事業 とは 生産調整達成できてなくても助成金が貰える制度です

本来 生産調整の為に休耕しなければいけない田んぼに米を作っても

新規需要米(飼料用など)として作れば 反当たり8万円の交付金が貰えます。

主食用米として販売した場合の収入に少し足りないくらいの額でしょう

これで田んぼを休まさずに米を作り 戸別補償もいただけると言うわけです。

大豆や麦なども交付対象作物になっており それぞれに金額が違ってきています。


仮試算がでています 地方によって違いがあるとは思いますが徳島では


1ヘクタール(1町)の田んぼの場合 反収472kgとして

全て主食用米を作った場合 943,999円

生産調整を達成し 転作部分は自己保全(何も作らない)場合 750,799円

生産調整達成 転作部分は飼料用米を作る場合  990,846円

今回の制度をフルに活用すれば絶対お得でしょう

飼料用米だと検査がないから くず米を混ぜて出しても大丈夫か?とか

収量が平均よりもかなり少なくても補償の対象から外れないか?とか

いろんな質問が出され 2時間近くで終わりました。

出席のお役人さん お疲れさんでした

DSCF1252.jpg


制度の利用を迷っていたり 出遅れて分かりにくい方コメント下されば

もう少し詳しく書いてみたいとおまいます。



菜の花 二回目の鋤き込みしました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

最近天候不順で雨が多く ここ3日程の晴れ間があったので

菜の花 2回目の耕転をしました。
菜の花 2度目の鋤き込み

1回目から10日ほどしかたってないので あまり脆くなったようには

見受けられませんでした

思ったほど土の中に入ってくれず ちょっと心配です

DSCF1268.jpg

太く成長したものは根まで太く そのままの格好で残ってしまいました

DSCF1269.jpg

これでそのまま代搔きしても大丈夫なんでしょうか?

まあここまできたら 当たって砕けろだ~~い

とりあえず 少しは見やすくなった田んぼです

DSCF1270.jpg



農地利用権設定に行ってきました 

カテゴリ:米戸別所得補償

例の米粉戸別補償モデル対策の書類を書き始めてますが

小作をしてる田んぼでまだ役所に届けてないのがありまして

きょう 市役所の農業委員会に手続きに行っていきました。

阿南市役所

農地を借りて耕作をする場合 農地利用権設定の届を出さないといけないようです。

ヤミで小作をしてる場合 小作権の発生や農地を戻してくれなくなったり

色々なトラブルがあるため これを防止する目的もあるようです。


農地を貸して下さってる方と一緒に行きました

手続きは簡単で 農地を借りる人の住民票 貸す人の固定資産税納税通知書の写し

後は印鑑があれば手続きができます。

役所の方の説明を聞きながら 2通の書類に書き込んで終わりです。


ところで小作料ですが 1反あたり7千円くらいだそうです

圃場整備地の場合は 1万円くらいだと聞きました。

私の場合 2.3反で30kgのお米 3個を毎年渡しています。

ちょっと多かったかな・・ でもまあ そのままの条件で書いてきました。


コンクリートの畦畔 

カテゴリ:2010年稲作

いよいよ用水に水が来ました

毎年 3月中旬には水が来ます


今年は準備万端と思いきや 今川の田んぼで漏水しているところが

2か所もありました

DSCF1280.jpg DSCF1277.jpg

L字型塩ビ管の水口と古い水口跡のコンクリートの隙間からです

去年 なかなか田んぼが乾かなかったのはこのせいだったのでしょう


今日 早速対策をしました

用水側に ねじ式のふたをとりつけました

塩ビ製で 掃除口と呼ぶそうです


また古い水口跡は 田んぼ側をモルタルでまいて漏水を止めました

明日 結果が出るでしょう


もうひとつの大きな田んぼ 大地も用水から水が入ってきてたのですが

半月ほど前に対策済みです

DSCF1282.jpg

コンクリートの継ぎ目をモルタルで厚く補強しました

水口の水漏れ対策 

カテゴリ:2010年稲作

L字型塩ビ管を取り付けた水口ですが モルタルの間から水漏れしていました

用水側にねじ式の掃除口と言うのを取り付けたのですが

水が少しある状態だったので モルタルがうまく付いていせんでした

水口の掃除口

塩ビ製の掃除口と言うのは 田んぼの水口にはもってこいの部品だと思います

掃除口

ゴムパッキンが付いているので軽く締めただけで水が止まります

ただ 塩ビ管の太さと一緒の口径なのでソケットが必要です

125mmの掃除口で外径140mmくらいになりました 

掃除口とニップル

用水の水を完全に迂回することができなかったので

モルタルはあきらめて使い残しのコーキングで止水してみました

コーキング

これでも水が少しだけ漏れてきてますので 秋になってからまたやり直すしかなさそうです

DSCF1290.jpg


継手に直接付ける掃除口です!つまみ付掃除口(呼125用)


田んぼに入水 

カテゴリ:代搔き

いよいよ田植えが近付いてきました

明日 第一回目の代搔き(荒代)をするつもりです


代搔きのコツに単純なようですが水を入れるのを

必ず前日までに入れておくことが重要かと思っています


代搔き当日にあわてて水を入れながらやると

土が十分水を吸ってないので 均等に柔らかくできません


そんなわけで今日 会社から帰って各田んぼに水を入れてます
田んぼに入水

ただ 用水の水が少なく50%くらいしか水を流してないみたいで

かなり時間がかかってしまい全部の田んぼに入らないかもしれません


自分はせっかちな性分ですが百姓はあわててはできません

朝から水が入るのを待って ゆっくりと代搔きを始めようと思っています



荒代搔きをしました 

カテゴリ:代搔き

去年の記事を読みなおしてみると代搔きの方法

詳しく書いていました。


今年は荒起こしの回数が少なかったので浮わらが心配で

代搔きを2回することにしました。


荒代と植え代です


今日はその荒代を全部の田んぼでやりました


朝から水の量がちょうどよく入っていた篠原の田んぼから始めました

DSCF1318.jpg

今回はトラクターのロータリーカバーを少し調整してみました

補助カバーのフラップカバーを代搔きに合わせてみました

トラクター ロータリーカバー

DSCF1322.jpg

枕字を荒らさないように 倍速ターンもオフにしました

ただ 前輪駆動は入れておきます

倍速ターン


まずコンクリート畦畔の際をロータリーを上げたまま走り

畦際の草をタイヤで踏み込んでいきます

DSCF1336.jpg


いろんなところのホームページやブログで代搔きは

周回耕から始めた方がいいように書いていたので

今回は周回耕から始めました

DSCF1325.jpg

中の方は隣接耕じゃなく ひと畝飛ばしで掻きます

DSCF1326.jpg

最後になって気がつきました

周回耕を先にやってしまったので 枕字が荒れたままになってしまい

DSCF1328.jpg

もう一度 周回耕を掻くことになりました

やっぱり田んぼの中の方から始めた方がよさそうです

水の量がまだ多いかなと思いましたが浮わらもなくうまくいったと思います

代搔き

田植機のバッテリー 

カテゴリ:田植え機

今年から共同で使っている田植機に替えることにしました

なるべく疎埴にしたいので村の田植え機だと45株にできるからです。


試しにエンジンをかけようとしてもバッテリーがあがっててかかりません

しばらく充電してみましたがダメでした。


仕方がないので買い替えることにしました


田植機は1年に一度使うだけですの手入れが悪いとバッテリーは3年に

一回くらいはダメになりそうです


小さな4条植えの田植機ですので 軽自動車クラスのバッテリーです

田植機バッテリー

30A19Lと言う型番が付いていました

安いのを探そうとダイレックスへ行ってみました

DSCF1344.jpg

同じ型番のバッテリーは5980円でした

ダイキでは もうひとつランクが上のが同じ値段でしたのでそちらを購入しました

DSCF1346.jpg

ネットショップではまだまだ安いのがあったのですが

注文してから届くまで 田植えに間に合わないと断念しました



激安!!バッテリー 普通車等に最適! 30A19L【アトラス】普通車用バッテリー 30A19L


10mmのスパナとプラスドライバーで取り付けられます

DSCF1349.jpg

畦際ディスク 

カテゴリ:トラクター

近所の友達がトラクターで荒起こしをやってました

コンクリート畦半のトラクターで耕せないところは

畦際ディスクできれいに掻きだしていました
畦際ディスク

まえから欲しかった部品ですが 我が家のトラクターは

取り付けられないとクボタさんに言われ 

泣く泣く断念しています
DSCF1333.jpg

コンクリートの際を見事に掻きだしながら耕してますよね


我が家のディスクを動画にしてみました





≪前月 |  2010年03月  | 翌月≫

ブログパーツ