冬耕 寒耕  

カテゴリ:トラクター

こちらのほうでは稲刈りが終わって次の田植えまで水のない状態で耕すことを

総称して カンビキと呼んでいるようです

近所の田んぼは もう2~3回トラクターで耕し終わっています

我が家は9月に一度耕しただけで そのままです

DSCF1084.jpg

赤茶けた草が見えているのが我が家の田んぼです


今年もへの字稲作を続行するつもりなので 稲わらの腐熟分解はあまり必要ないと思い

2月後半か3月上旬に挽こうと思っています

出穂45日前のへの字追肥以降 有機物分解による窒素放出がタイミングよく行けばいいなと

思っていますが 都合よくいくものかどうか・・


菜の花の田んぼだけは別で2回の鋤き込みでワラは目立たず 菜の花だけが見えています

DSCF1086.jpg


向こうの赤い田んぼも我が家の田んぼです

田植えの時期 

カテゴリ:田植え

徳島県地方は地域によって田植えの時期はまちまちです

こちら阿南市でも各町によって違います

毎年ニュースで放送される見能林地区では 

3月末ごろからハナエチゼンとコシヒカリを植え始めます


私のところでもだんだん田植え時期が早くなって 

去年は4月5日頃から植えている家が3軒ほどありました

なぜこんなに田植えが早くなってきたかと言うと おコメの価格なんですね


毎年 稲刈り前に農協JAあなんから通知が来るのですが 

出荷時期がお盆より前と後で30キロにつき

500円くらい違います

もっと遅くなると 1000円ほど安くなるんです

それでみんな競争で早く植えるようになったというわけです


稲の気持ちを無視した人間のエゴですね


我が家は去年少し出遅れ気味で田植えしましたので 稲刈りが8月23日頃からになりました


今年は思い切って お盆休みの稲刈りを狙っていこうと思い 4月4日を予定するつもりです


への字稲作は登熟期間が長く 思い通りにはいかないかもしれないし

菜の花への字は 気温の上昇による有機物分解がタイミングよくいかないかもしれませんが

やっぱり仕事の都合上 私のエゴも通させてもらいます


大師匠 井原豊さんは 田植えはよそより遅くせよと書かれてます

遅く植えることで ウンカも病気も来にくいとか・・


出穂75日前の田植えがベストとか・・・ですが 

我が家の場合 出穂98日前の田植えになってしまいます




菜の花 満開です 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

今回は初挑戦の菜の花稲作 岡山の赤木さん御本人からコメントを戴き

どっきりするやらうれしいやらの管理人です


種の蒔き方を失敗して心配していたのですが 年末に雨が降って温かい時があり

新しく発芽してきたのがあって 賑わしくなってきました

DSCF1120.jpg

遠くから見るととってもきれいに見えます

近所でもだんだん評判になってきてるみたいで また今年も注目を集めそうです

後から発芽してきたのもだいぶ大きくなって きれいな花を咲かせています

DSCF1112.jpg

もう少し まんべんなく蒔けていたらもっときれいだろうなって言われています

月末に鋤きこんでしまおうかと思っていますが まだ思案中です


ちなみに赤木さんのブログは こちら田圃に遊ぶです

田起こし 

カテゴリ:トラクター

自然稲作研究会さんからコメントいただきましたが 稲刈り後そのままの状態で

一発代搔きを実現しているようで感心しています

手間と燃料がかなりの節約になり稲にも良い影響が出るように思いました


でもまあそこまで持っていける自信がなく 二回目の田起こしをしました

DSCF1127.jpg

9月頃一度耕しただけですが案外草は生えていません

ただ稲の株がそのままの状態のが見えます

DSCF1131.jpg

耕した後もまだワラや草が表面に出ていますが 3月にもう一度鋤き込むつもりです


戸別所得補償モデル対策とは 

カテゴリ:米戸別所得補償

田んぼに関する連絡事項は村の実行組で回覧のされます。

今回は 農林水産省 中国四国農政局徳島農政事務所からチラシが回覧されてきました。

img015.jpg

あまり意味がよくわからず 何度も読み直してみました

img016.jpg


img017.jpg


img018.jpg


結局のところ 主食用米10アールあたり1万5千円の定額交付があるということらしい

ただし 自家飯米や縁故米用として一律10アール分は差し引かれるということ


なぜ このような定額交付がされるのかと言うと

恒常的なコスト割れ相当分の助成 つまり お米が生産費用に対して

あまりにも安すぎるから農家が経営的に立ちいかなくなってきているので

補助をしてくれると言うことかな


変動部分として 過去3年の販売価格を下回った場合もその差額を補助してくれるとか


交付対象者としては 去年の販売実績か水稲共済加入者であること

交付金を受け取るには 加入申込書と交付申請書の提出が必要であるとか

提出時期が 4~6月だそうです


我が家のよう小規模の兼業農家でも交付金が戴けるのか またリポートするつもりです

≪前月 |  2010年02月  | 翌月≫

ブログパーツ