今年は への字で行くぞと決めた 

カテゴリ:2009年稲作

去年は 1枚の田んぼだけ 試しにへの字稲作っぽいことをやって見ましたが

今年は 全部の田んぼで への字稲作に挑戦します

どんな結果が出るか楽しみです

代掻きの前に水を入れる 

カテゴリ:2009年稲作

今年は 代掻きを一回で終わらせるつもり

田植えの予定が 4月12日だから それよりも5日早く代掻きをして

例の難防除雑草 クログアイの為の除草剤 草笛ジャンボをやるつもりです

田植えの5日前までなら 先にやっても効果がある事を農協からメーカーに聞いてもらって

確認しました


代掻きで重要なのが 入水です

代掻きの当日 水を入れたのでは 土が十分水を吸っていない為

水の量の設定がうまくいかないのです


今年の寒挽きは 5回

稲刈り直後の8月後半 11月  1月  2月  最終は3月18日 でした


本日 入水前の草の状態
F1010004_convert_20090413214019.jpg

隅に 去年困らされた メヒシバが残っていました

F1010005_convert_20090413215410.jpg

田んぼの中央部は 小さな冬の草が少しあるだけです


代掻きの方法 

カテゴリ:2009年稲作

いよいよ代掻き当日です  <2010年版代搔きも参考にしてください>

水の量は 土の高い部分がほとんど出てるくらいがいいでしょう

水をたっぷり含んでいるので 仕上がる頃にはちょうど良くなります

F1010006_convert_20090413215538.jpg

周回耕を後からにして 中の方から始めます

F1010007_convert_20090413215624.jpg

水がどんどん上がってくるのが分かりますか

周回耕の畔際は ロータリーチェーンケースの反対側で いっぱいにもっていきます

F1010008_convert_20090413215726.jpg

最終に周回耕 枕地を回っているところです

F1010009_convert_20090413215750.jpg

高低差が見えてきたら

F1010011_convert_20090413215908.jpg

ロータリーを逆転にして 高いトロの土を低い方へ引っ張りました
F1010010_convert_20090413215841.jpg

高低差直しを終わったら
F1010012_convert_20090413215941.jpg

はしごを引っ張って終わりです

少し濁りが引いてきたら 除草剤の草笛ジャンボを投入しました

F1010013_convert_20090413220021.jpg
F1010014_convert_20090413220125.jpg

後は 5日間 除草剤が土に定着するのを待って 田植えです

田植え後の水管理が ものすごく楽になると思います

4条植えの田植えの方法は こちら 

代搔きを2回すると雑草を沈めやすく浮わらも少なくなります

当ブログの記事 荒代搔き と 仕上げ代搔き も参考にしてくださいね




いよいよ田植えだ~ 

カテゴリ:2009年稲作

前日に農協で 苗を一回分もらってきてました

F1010015_convert_20090413231238.jpg

軽トラに30枚乗りました

田んぼの淵に並べて 箱苗用の防除剤をやります

去年までは お金の安い薬を使ってましたが いもち病に悩まされたので

今年は 嵐プリンス箱粒剤と言うのを使いました 反当り1キログラムで3920円です

イモチ 紋枯 メイチュウ コブノメイガ ウンカ に効果があるそうです

F1010016_convert_20090413220224.jpg

田植え機の設定で 大事なのが植え付け部を一番端にもっていくことです

途中から始めると 苗に段差がついてしまって植えむらができます

F1010017_convert_20090413231306.jpg

実際の田植えでは 最後に回る周回植えの為のゲージを竹で作って見ました

F1010018_convert_20090413220319.jpg

田んぼが良く均されているのも分かりますか




畔際の雑草 

カテゴリ:2009年稲作

長男が田植え機の運転をしてくれたので 去年のように枕地の均しをやりました

畔際で見つけた雑草が 例のメヒシバです

イネ科の雑草なので効果のある除草剤はありません

去年 かなり発生し クログアイについで苦しめられました

田んぼの中の方には見当たらないので 足で 踏み込んでいきました

F1010019_convert_20090414212345.jpg       F1010020_convert_20090414213212.jpg





への字稲作で大事なこと 

カテゴリ:2009年稲作

への字稲作は 初期の分げつを抑え 出穂45日前後から急速に増やすやり方ですので

疎埴 薄植え が大事とされています

今回 田植え機の設定を 50株植え(機械が古いので一番株間が大きい)

掻き取り量を最小 にしました


理想的な 1本から3本植えになったのですが 植わってないところが物凄く多い

連続してとんでるところがかなりできました

農協の苗で 6.5反に 58枚しか使わなかった

これでは 全然取れないかと思いながら 最後まで 薄植えにこだわりました

F1010023_convert_20090414212640.jpg      F1010024_convert_20090414212708.jpg

植えた後の田んぼは こんな感じで 寂しくみすぼらしくなってます


補埴をする 

カテゴリ:2009年稲作

今日は もう一日会社を休んで 植わってないところを補埴することにしました

朝の間に苗の箱を洗って 10枚づつの束にして農協に返してきました

8時過ぎから 田んぼに入って見ると 見るも無残に植えてないところが沢山あります

1.7反  2,2反  2.6反   三枚の田んぼを 一日で回れるはずがありません


1,7反の田んぼ 3分の1くらい回ったところで 挫折

嫁もダウン


風通しがいいだろうと 放置することにしました

予定よりかなり苗が余ったので 15枚くらい 捨てることにしました

田植え後の水位 

カテゴリ:2009年稲作

昨日 雨が降って田んぼの水位が上がりすぎました

田んぼの排水口を落ち口と呼んでいますが この落ち口をオーバーフローするように

板で調整してあります

田植え直後は 水位が少し高めがいいと思い そのように調整してありました

朝になって見に行くと 思いのほか深水で 苗が萎えてしまっていました

F1000001.jpg     F1000002.jpg

あわてて 落ち口の堰板を下げましたが それでも夕方見てみると 高すぎたみたいです



萎えた苗が元気に 

カテゴリ:2009年稲作

まだ水は深すぎるみたいだけど 萎えた葉の間から しっかりした芽が出てるのがありました

への字では 深水管理をして初期の分げつを抑えていかなければなりませんので

少々萎えても気にしないようにしています

F1000004.jpg       F1000005.jpg


バケツ稲を作る 

カテゴリ:バケツ稲

今年から バケツ稲を作ってみることにしました

会社からオイルの缶を貰ってきて ふたを外し 中をきれいに洗いました


今年 休ませている田んぼに行って 表面の土を少し取り

下の土をオイル缶の8分目まで入れました

F1000006_convert_20090416232338.jpg     F1000007_convert_20090416232105.jpg

家に持って帰り水を入れると ブクブクを泡を出して土の高さが下がったように思います

これでは雨が降ったとき 水が深くなりすぎるかとも思ったのですが

そのまま 苗を植えました

一本苗と三本苗にしました

F1000008.jpg             F1000009.jpg

肥料は への字肥効で行こうかと思っています

隣が植えた 

カテゴリ:2009年稲作

去年と同じように 少し遅れて隣が植えました

典型的なV字稲作ですので 比較するため写真に撮っていきます

植え付け本数がかなり少ないので こちらの田んぼはガラガラに見えます
F1000018.jpg



少し気になる苗を見つけたので 同じく写真に撮って見ました

一本苗でしっかりした芽が出てないのです  二三日観察を続けてみます

F1000017.jpg

バケツ稲を追加 

カテゴリ:バケツ稲

バケツ稲は 一本苗と3本苗を用意しましたが 両方とも深水で管理するつもりです

もう一つ 一本苗で浅水管理の稲を作ってみることにしました

土が水を入れると下がるのを考えて 最初から満杯にしてきました

F1000012.jpg


田植え直後の水管理 

カテゴリ:2009年稲作

毎年やってるのに失敗するのが 田植え直後の水管理です

どうしても深水になってしまい 大きく長い第二葉は萎えてしまい 黄色く腰がなくなっています

ひどい場合は 黒く萎縮してしまっています


でも 濃い緑色で第三葉が出てくるので心配はしていません

気になっていた苗も その第三葉が出始めました        他の苗も色がよくありません
F1000017.jpg             F1000019.jpg



田んぼ全体としても 隣の田んぼと色がかなり冷めてるのが分かりますか

私が小作させてもらってる篠原の田んぼと 隣の田んぼの写真です
F1000018.jpg




バケツ稲 3種類 

カテゴリ:バケツ稲

バケツ稲をどうやって育てるか まだ迷っているのですが

とりあえず 3種類の苗にしました


一本苗深水管理         3本苗深水管理          1本苗浅水管理
(水深5cm  最大10cm)                       (水深 1.5cm  最大3cm)
F1000021.jpg F1000022.jpg F1000020.jpg

度の苗も 緑色の濃い 第3葉が出ています


手賀沼トラストの話 

カテゴリ:2009年稲作

田植えの反省をしながら ネットサーフしてたら 手賀沼トラストと言うブログに出会いました

都会の方たちが協力し合って 農作業をしているのはとても親しみが持てるものです

昔は田舎でもこういうやり方で農作業をしていたものですが 機械化によってほとんど近所との

かかわりがなくなってきたのが現状です


手賀沼の皆さん これからも応援します

久しぶりの雨でした 

カテゴリ:2009年稲作

昨日から今朝にかけて 久しぶりにまとまった雨が降りました

唯一の水源 那賀川が水不足で 第一回目の取水制限が始まるところでしたので一安心です


またもや深水となってしまい         隣は毎年上手に水管理をしています
萎えた苗がたくさん見受けられます

F1000004.jpg                  F1000005.jpg



バケツ稲 4日目 

カテゴリ:バケツ稲

バケツ苗は 水がほとんど減りません

昨日の雨で まだ水位が上がりましたが そのままにしておきます

深水管理の苗は 第三葉が少し水から出てるだけです
F1000009.jpg F1000010.jpg


こちらは浅水1本苗です
F1000011.jpg



への字は元肥なしだから 

カテゴリ:2009年稲作

昨日は結局 大地(2.2反)の水を落としました

今川(1.7反)は畔際から落ちていたのでそのままにしておきました

萎えた苗も元気を取り戻してきました

F1000001_20090816232821.jpg

への字稲作では 元肥を一切やらないので水を落としても肥が流出する心配は

まったくありません


夕方に 水を適量入れましたが その時いやなものを見つけました

例のメヒシバが畔際だけでなく 田んぼの中のほうにまであります

トラクターで細かくされた茎が 流れて根を下ろし 発芽しています
F1000013.jpg       
放置すると どんどん横に広がって手がつけられなくなります

もう一週間ほど待ってから 手で取らなくてはならないようです

この草に効く除草剤は まったくありません





おさむ君の田んぼに田の草取り虫が来てた 

カテゴリ:2009年稲作

去年は 大地(2反)の田んぼに 「田の草取り虫」が来たんだけど

今年は 近所の友達の田んぼに早くも来たみたい

カブトエビと言う昆虫で 田んぼを濁らせ 雑草の光合成を邪魔して生えにくくして

そのうえ 雑草の芽や根っこを食べてしまうというから ほんとにありがたい「草取り虫」です


小さいのでなかなか見つけられないのですが 田んぼの中を動き回るので濁りっぱなしです

苗も葉っぱがべったりと水に着いて弱っているように見えますが 影響はないらしいです

わざわざ薬をまいて 除去する人もいるみたいですが 

ほんとは豊作になるのは間違いないんだけどなあ
F1000004.jpg



今年も定点観測することにしました 

カテゴリ:2009年稲作

去年は への字とV字の両方をやったので比較できましたが 

今年は全部の田んぼでへの字稲作の予定なので 3枚の田んぼ毎に測点を決めました

一本苗 2本苗 3本苗と並んだところです


F1000001.jpg F1000002.jpg F1000003.jpg

今川(1.7反) 大地(2・2反) 篠原(2.6反) の順です


まとまった雨が降りました 

カテゴリ:2009年稲作

先日の雨でも足りなくて 那賀川の取水制限がまた始まろうとしてました

そしたら 大雨が降りました

これで水不足もしばらく解消できるでしょう


どこの田んぼも深水になってますが 落そうとしません

うちも ここ一週間の減水率を考えると 別にあわてることもないと深水のまま放置です

今川の田んぼだけは 用水の方が高いのでオーバーフローできず 超深水のままです

F1000005.jpg

ものの本によると 五日程度水没しても苗は枯れないみたいです

ちょっと不安だけど 今のまま様子を見ることにしました



バケツ稲も水没しそう 

カテゴリ:バケツ稲

深水管理のバケツ稲は 水深10cmで ぎりぎり顔を出してる状態です

今日で5日間 極限まで水につかってます

大丈夫かな?

F1000006.jpg


≪前月 |  2009年04月  | 翌月≫

ブログパーツ