ショッピングカートの始め方の動画 ② 

カテゴリ:ネットショップの始め方

時間がなくてなかなかすすめられないショッピングカートの始め方

お米販売をネット上でできるように説明を続けていきます。

兼業農家の5反百姓でも全国のお客様を相手にショップを展開できる

ネットショップの便利なところです。

登録は簡単でも あとの設定するところがだいぶあり

なかなか進めませんが少しづつ設定を続けていきたいと思います。



実際にショップを作って 自分で注文を繰り返しながら

どこの設定をしていけばよいかを考えていけばよい

私の場合はそうやってショップを完璧なものにしてい行きました

ネット上で実働していますので それを踏まえて

これからも説明を続けていきたいと思います。

FC2ショッピングカートのはじめ方の動画 

カテゴリ:ネットショップの始め方

なかなか説明が難しくてそのままになってるネットショップの始め方ですが

動画の方が分かりやすいのでそちらで説明することにしました


お米の価格が低迷してる時代 小規模の農家が生きていくためには

大農家と違ったやり方 手間をかけておいしくて安心なコメを作ること

そしてそれを自分で販売する以外に道はない

お米以外の販売の方にも役に立つ動画にしたつもりです。



なるべく大きな画面で見ると分かりやすいのでフルスクリーンで見るといい


登録は下のバナーから登録してください

ほんの少しだけどこちらに紹介料が入ることになってます






なるべく早くショップができるように続きをアップしていくつもりですので

この機会に商品がなくても練習に登録してみてはどうでしょう

在庫数を0にしておいて販売できるようになってから増やしていけばよい

小さな兼業農家でもコメ作りが続けられる道を模索していきましょう

ショッピングカート 範囲別送料の設定 

カテゴリ:ネットショップの始め方

ネットショップの始め方は長い事お休みしてたけど

また少しづつ書いていきますかね


今回は範囲別送料設定の説明ですが

範囲と言うのは地域の事ではなくて 自分で設定した数字の範囲です。

分かり易く説明し難いので我が家の設定を参考に考えてみてください。


ゆうパックで発送を続けていると送料をかなり安くしてもらえましたが

120サイズまで均一料金になっていますので

5kgとか10kgのお米は同梱で送ると送料が安くなる

それを考慮にいれた設定が次の通りです。

syopsetumei.jpg

ショッピングカート管理画面の商品管理から

商品を登録するか編集する画面に進むと

sy.jpg

送料設定用情報と言うところが下の方に出てきます。

この中の範囲別送料用加算数値を2個まで同梱できる商品は5

同梱できなくて1個しか送れない商品は10に設定しておきます。


再び管理画面から ショップ設定から送料設定を選びます

sn.jpg

送料を有料に設定すると送料有料の設定が出てきます

sa.jpg

の範囲別をクリック

適用範囲追加をクリックすると

自分で設定した範囲の送料を設定できます

sg.jpg

我が家の場合 1~10までの範囲は一個分の送料を都道府県別に設定

郵便局からもらった運賃表を元に入れてあります。

11~20までは2個分の送料 21~30までは3個分の送料と設定しておく


さて注文が入った時 商品ごとに設定した範囲別送料加算値が5の場合

1個の注文は5になるので 1~10の範囲内で1個分の送料

2個の場合は10になるので1個分の送料

3個の場合は15になるので11~20の範囲内になるので2個分の送料

4個も同じ範囲内だから2個の送料


範囲別送料加算値が10の商品(お米30kg)の場合

1個の注文では1~10の範囲内で 1個分の送料

2個の注文では11~20の範囲内で 2個分の送料になります


では範囲別送料加算値が5の商品と10の商品を一個づつ購入した場合

15になるので11~20の範囲内で2個分の送料

範囲別送料加算値が5の商品を2個と10の商品を1個の場合

20になるので 11~20の範囲で2個分の送料となります。


少し話がややこしいですがどの商品の組合わせでもきちっと送料計算が出るように

先に想定しておく事が出来るのが範囲別送料設定です。


送料無料の商品は範囲別送料設定で0~0に0円を設定しておいて

商品の範囲別送料加算値を0にしておくと簡単に出来ます。


この設定をうまくしておくと注文が入った瞬間に送料の自動計算ができるわけで

ショッピングカートの肝の部分ですので自分なりによく考えてみてください。


ショッピングカート 支払方法の設定 

カテゴリ:ネットショップの始め方

前回送料の設定で自分で注文しながら確認すればよいと書きましたが

支払方法を設定しておかないと注文の確定まで進めませんでした。

範囲別送料の設定は先で書くことにして、今回は支払方法の設定です。

ka-to siharai

ショップ設定からお支払方法の設定をクリック

ka-to siharai2

代金引き換えや銀行振り込みなど 取り扱える支払方法にチェックを入れて行くだけ

代引き手数料も設定して 一番下の登録をクリックする


これで一応ショップの注文が確定できるところまで進めますが

自動返信メールに振込先の口座を設定しておかないと実用にはならない


自動返信メールと言うのは お客様が買い物を確定した直後に

相手のメールアドレスに注文の内容などを送り その時に振込口座も伝える

ショップの方に最初から振込口座を公表してしまっては

わけの分からない振り込みがあって混乱する事を防ぐために

注文ごとにメールで知らせるようになっている

ショッピングカートのかなめの部分です。


銀行口座は振り込みがあった時点で自分あてにメールが来るようになってないと

いちいち振り込みがあったから見に行ってたら大変だし

タイミングが大きくずれてしまう事もある。

私の場合 楽天銀行に口座を開設し自動通知メールを設定してあります


ゆうちょ送金はゆうちょ口座同士の振込手数料が無料になるのを利用したもので

手数料無料が重宝されてお客様の利用も多いです。

ゆうちょダイレクトに登録しておけば入金のお知らせメールが来るように設定できますし

携帯やスマホからも振り込みの確認ができます。


自動返信メールについてはまた先で書いてみるつもりですが

銀行口座が用意出来てる方は簡単に出来ますのでちょっとだけ書いておきます

管理画面上部のショップ設定から自動返信メールの設定をクリック

出てきた画面の下の方に決済別コメントと言うのがありますので

ここの銀行振り込みやゆうちょ送金に口座番号を入力して

一番下の登録をクリックすれば完了です。


ショッピングカート 送料の設定 

カテゴリ:ネットショップの始め方

さてショップの形がだいぶ出来てきました

あとは送料と代金の支払い方法が設定出来れば

ショッピングカートとしての機能は完成します。


お米を送るのはゆうパックがお勧めです

なぜかと言うと袋のまま送れるからです。

他の宅配業者はほとんどが箱に入れないと送れない

きちんと箱に入れて送る方は別な宅配業者でも良いと思う

我が家では5kgから30kgまですべて袋のままで送ってます。


そして送料は必ず通常よりも安く出来ます。

料金を後納(こうのう)にする事で最初から少し安くしてもらえました

持ち込み割引と複数割引を差し引いた程度でしたが

それでも家まで取りに来てもらってその上に安くなるのだったら

後納にしておくべきです。

2年目からは前年の実績が残っているので、郵便局との交渉次第でかなり安く出来ます。

後納の手続きは郵便局に問い合わせると営業の方がしてくれましたので

こちらは振り込みの口座を準備する事と数枚の書類にサインするだけです。

少し時間が掛かりますので早めに手続きした方が良いみたい。


さてショップに送料の設定ですが

ka-to15.jpg

ショップ設定にマウスをのせてプルダウンメニューから送料の設定をクリックします

最初に出てくるのが送料の有無です

送料を有料にするか無料にするかを選んで登録するをクリック

お米の場合は5kgが60サイズ 10kgが80サイズ 30kgが120サイズ

そして各都道府県でそれぞれに送料が変わってきますので

設定がかなりややこしくなります。

いっその事 お米の値段に平均的な送料を含めておいて送料無料にするのが簡単です。


今回はきちんと送料が計算できるように設定してみましょう

送料を有料にすると下段にいろんな設定方法がでてきますが

どれも難点がある

試しに都道府県別の送料を設定して自分で注文してみると

たとえば30kg一袋なら設定した送料が表示されるけど

2袋でも送料は一袋分しか出てこない


最近設定が出来るようになった重量別の送料設定では

最大注文数を2袋までにしておけば出来るかもしれない

重量をそれぞれ5kgを4kg 10kgを9kg 30kgは30kg

に設定しておいて

重量範囲が~4kg以下は60サイズ1個分の送料を各都道府県に設定し

~8kg以下は60サイズ2個分の送料を都道府県別に設定する

これで5kgが1袋と2袋の送料が完成

~9kg以下は80サイズ1個分 ~13kgは60サイズ+80サイズの送料

~17kg以下は80サイズ1個分+60サイズ2個分

と言うようにそれぞれの組み合わせを想定してその都度送料を計算し設定しておく

想定外の送料はとてつもなく高いものにしておく

ka-to16.jpg

で重量の範囲を追加できる 設定の入力は数値を入れた後リターンキーで完了する

これで注文の際 最後のカートの精算で送料が計算されて出てきます

実は計算してるのではなくすべての組み合わせを設定してるだけなんですけどね


少し話がややこしくなりました、範囲別送料設定については次回書いてみたい


ショッピングカートの基本設定3 

カテゴリ:ネットショップの始め方

さて商品登録が終わったらショップの体裁をやり直します

っとその前にショップ設定からショップの公開設定を選び

ka-to11.jpg

ショップ設定にマウスをのせてをクリックでショップ公開設定に進みますので

表示設定を公開にするを選び 登録をクリックしておく


それからPCテンプレートの設定を行います

ka-to9.jpg

の表示設定でPCデザイン選択がテンプレートを利用するになっている事を確認しておいてください

簡単ページを利用するになっている場合は切り替えて一番下の登録をクリックしておくこと


のPCテンプレート設定をクリックします

デザイン設定の画面が出てきます

ka-to10.jpg

PCの設定にマウスをのせるとまたプルダウンメニューが出てきますので

の公式テンプレート追加をクリックします


テンプレートと言うのはある程度ショップのデザインが出来あがったものの事です

いろんな形のデザインがありますので自分の好きなのを選んでください

ka-to12.jpg

をクリックするとテンプレートのプレビューを見る事が出来ます

実際のショップがどのように表示されるかチェックできるわけです

気に入ったものがあればの追加をクリックしましょう

いくつでも追加ができます

実際のショップに利用するには PC設定→PCテンプレートの設定で

ka-to13.jpg

テンプレートを利用するをクリックでショップに反映されます

私がお勧めはのカスタムでショップ最上部のロゴ画像なども自分で書き換えられます

少し難しいのでまた先で利用するようにして別なテンプレートを選んでおきましょう

カスタムのテンプレートは公式テンプレートの追加の中にあります。


さて一応 ショップの原型は出来たはず

管理画面の左上

ka-to14.jpg

のカートプレビューをクリックすれば別画面で自分のショップを確認できます。


次は送料の設定に進みます


ショッピングカートの基本設定2 

カテゴリ:ネットショップの始め方

ショップとしての体裁が出来るまで少し続けて書いておきます


今度は商品の登録です

ka-to4.jpg

にマウスをのせるとがプルダウンメニューで出てきますので

そのまま 商品登録をクリックします


商品登録は例題として入力してみました

の所に書き込んでいますので見てください

画像はすべてサムネイルです クリックで大きくなります
ka-to5.jpg
ka-to6.jpg
ka-to7.jpg

商品説明はトップページやカテゴリ別の表示で商品がずらりと並んで表示される時の説明で

商品説明詳細は その商品をクリックしたときの個別に表示される説明です


画像の登録は 先に商品を写真に撮り パソコンに取り込んでおく事が必要です

画像の登録のところでファイル選択をクリックすると

別窓でパソコンのフォルダーが表示されます

ka-to8.jpg

のところで写真の入ったフォルダーを表示して

登録したい画像をクリックすればファイル選択の横に表示されます


最後に最下段の登録するをクリックした時点で画像も登録されています。


管理画面左サイドバー上部のプレビューで商品が出てるか確認してください


ショッピングカートの基本設定1 

カテゴリ:ネットショップの始め方

ネットショップのはじめ方はカテゴリーでまとめています

じっくりと読み直しながら進めてくださいね。


さて前回ショッピンカートに登録するところまでやりました

まずログインからやってみましょう

2種類のログインの方法があります。


fc2ショッピングカート これをクリックしてみてください

右上の管理画面にログインをクリック メールアドレスとパスワードの入力をすると

いきなりショッピングカートの管理画面に入る事が出来ます。


もう一つはfc2IDから入って行くこともできます

FC2ID これをクリック

やはりメールアドレスとパスワードを入力し 画面中央に出てくるこれ

Untitled2.jpg


管理画面のすぐ下のハンマーのマークをクリックすると

ショッピングカートの管理画面に入って行く事が出来ます


さて管理画面が表示できましたでしょうか

画面上部の商品管理 売り上げ管理など ずらりと並んだあたりは

マウスをのせるとプルダウンメニューが現れて選択できるようになっています

Untitled3_20131127050131db6.jpg


そして管理画面 スクロールして行って真ん中から下あたりに

初期の設定を親切に教えてくれる部分があります

カート管理1

クリックと書かれたところを順番にクリックして

設定を進めて行くと分かりやすいです。


まずはSTEP1デザイン設定で飾り付けをしようをクリック

出てくるのはデザイン設定の中の表示設定

管理画面上部のデザイン設定にマウスをのせるてプルダウンメニューからも行けます

カート4

画像はサムネイルです 画像をクリックしてください

さて出てきたデザイン設定ですが最初は3か所だけ入力します

ka-to3.jpg

ショップ名はもうすでに決めて表示済みのはずですが

いつでも変更が出来るのでここで変更してください

SEO対策(検索で上位に表示されるようにすること)で一番簡単で効果があるのは

このショップ名だと思います。

たとえば 今回作り始めてるショップ名は「中田農園ネットショップ」にしてますが

これを「徳島の農家からコシヒカリ直販 中田農園ネットショップ」にすると

「徳島 コシヒカリ 直販」 で検索された場合 必ず上位に表示されるはずです

検索エンジンはそのサイトの題名を1番目 そのサブタイトルを2番目と

重要性を分けて判断してるようです。

ここでのサブタイトルは商品名に当たるので商品名も工夫がいりそうです。


 のところは全部入力しておくこと

公開メールと公開電話番号は携帯からショップに来た人に表示されます。


そしてのところはまだショップを公開にしてないのでメンテナンス中になってますね

それでもカートプレビューをクリックすると実際のショップを見る事が出来ます。


さて3か所書き込みが終わったら一番下の登録をクリックしておきましょう

これをしておかないと変更されてないので気を付けてください






Fc2ショッピングカートに登録する 

カテゴリ:ネットショップの始め方

さて実際にネットショップの制作に取りかかりましょう

練習のつもりでもよいのでとりあえず登録をしてみる


Fc2ショッピングカートをクリックしてみてください

機能の紹介やはじめかたなどの説明を読んでおいて

画面中央のネットショップをはじめる(無料)をクリック

Fc2ショッピングカートを利用するにはfc2IDと言って

fc2のブログや他のサービスと共通するアカウントに登録しますので

その登録画面が出てきます。


メールアドレスと画像認証の数字は半角文字で入力します

一番下の利用規約に同意してfc2IDへ登録するをクリック


仮登録完了が出てきたら 登録したメールアドレスのメールをチェックします。

fc2ID仮会員登録通知と言うメールが来ていますので

その中のURLをクリックします

プロファイル入力画面が出てきますので パスワード 性別

秘密の質問は▼をクリックしてプルダウンメニューから選ぶ

答えが思いだしやすい質問にしておくこと

生年月日 郵便番号を入力して 登録をクリック

登録完了の画面が現れたら成功です。

もう一度 メールをチェックして 登録完了お知らせのメールが来てるので

プロファイル変更のURLをクリックして

ニックネームを分かり易いものに変更しておきましょう

ニックネームの項目の変更をクリックして

ニックネーム以外の職業 居住国 都道府県なども入れておく

プロファイル変更が出来たら 左サイドバーのサービスの追加をクリック

いろいろ出てくるけど ショッピングカート通常版追加をクリックします

ショッピングカート詳細変更画面になりますので

とりあえず必須項目だけ入力しましょう

登録/変更をクリックすると ショッピングカートに登録が出てきます。


カートIDとショップ名を決める必要がありますが

カートIDはこれから始めるショッピングカートのURLに含まれますし

変更が出来ないのでよく考えて決めてください

練習で始めるなら深く考えずに適当でもよいです。

そしてショップ名は分かり易いものがよいでしょう

利用タイプは一般利用を カートプランは無料ショッピングカートを選んで

利用規約に同意して登録するをクリックします


登録が完了しました が出ましたかね


次回は基本設定をやっていきます

ネットショップの始め方 ② 

カテゴリ:ネットショップの始め方

ネットショップでよく見かけるのがショッピングカートです

ショッピングカートと言うのは直訳すると買い物かご

もしくは買い物かごを乗せる台車の事です。


通常 スーパーなどで買い物をする時買い物かごを持ち歩き

欲しい初品をかごに入れ レジに持っていき精算します

これと同じ事がネットショップで出来るようにしたのがショッピングカートです。


たまにお米を販売してるホームページで商品の紹介をしたのち

必要な商品をメールでご注文くださいと言うところもありますが

メールで注文が来たら送料などの計算をしてお客様に返信

その後 買い物を確定をするかのメールをもらうなど

なんどかメールのやり取りをする必要があります。


この一連の作業を自動化して買い物をその場で確定できるようにしたものが

ショッピングカートの機能だと思っています。


自分がネットショップに出品したものの中からお客様が必要なものをかごに入れ

精算する段階では必要な情報(住所氏名 決済の方法など)を入力してもらい

送料の計算も自動で計算してその場で買い物を完了させる事が出来る

確定すると自動返信メールでお客様に振込口座などを即座に連絡すると共に

自分のメールアドレスにも買い物があった事のメールが届くようになっている


このショッピングカートの機能を自分で開発してホームページに持たせようとすると

大変な時間と労力を要するはず

そこでショッピングカートそのものをレンタルしてる所がいくつかあります

今まででは現在使ってるFc2ショッピングカートが一番使いやすかった。

もちろん無料で使えるし 有料バージョンもあります。


ただこのショッピングカートを上手に使いこなそうとすると

設定をするところがたくさんあります。


ショップ名を決定し ショッピングカートのデザイン

決済方法や送料の設定 自動返信メールの内容を決めたりとか

完璧なものにするには細かな設定も必要になります。


このfc2ショッピングカートではカスタムページを作る事によって

別に販促用のホームページを持たずに単独でもネットショップを完結できる

そしてカスタムページは簡単に編集ができるので

HTMLの知識も必要なく専用のソフトも要らないので誰でもが出来ると思います


次回 ショッピングカートの登録と初期設定を書いてみたい 乞うご期待


ネットショップの始め方 ① 

カテゴリ:ネットショップの始め方

自己流で始めたお米のネット通販

少しづつですが進歩してきましたので一度まとめてみます。

パソコンの知識が少ししかなく、ホームページを作るソフトがなくても

ショッピングカートだけでも売り上げを上げる事が出来ました。

そのノウハウを少しづつ書いてみます。


インターネットで店を開くのは実店舗に比べて格段に費用がかかりません

店の敷地不要 建物不要 賃貸料不要 です

必要なのは自分でショップを作れなければプロの方に作ってもらう費用

案外 これが高額なんですけどね。

ショップを置いておくサーバーの使用料

ネットショップを作っても自分のパソコンの中だけに置いておいたのでは

他の誰も見る事ができない

だから常時インターネットにつながった大型のコンピューターに置いてもらい

誰でもがインターネット回線を通して見る事が出来る

これがサーバーです。


費用をかけずに始められるネットショップ 他にもメリットがあります

24時間営業 顧客は日本国中 そして留守番不要

現在 最近に買ったスマホで職場からでも対応できるようになりました。


デメリットもあります

開店しただけでは全く商品は売れない

ある程度経費をかけて宣伝が必要です

ショッピングモールに出店するのも有名なところはかなり高額

SEO対策(グーグルやヤフーの検索にかかり易くする)にも費用が掛かる

直接販売でないので送料がかかる

現金の決済方法 先払いか後払い それに手数料もかかる


一つ一つクリアーしてきたつもりですので

まだまだ子供の遊びみたいなショップしか出来てませんが

今までのやり方をまとめてみたいと思います。


最近はじめたご近所農家のお米ミルキークィーンの販売

販促用のホームページを作らず ショッピングカートのみで販売

それでも実績を上げる事が出来ましたので

ショッピングカートのみでネットショップを作るやり方で話を進めて行きます



ブログパーツ