カテゴリー : “菜の花(つみ菜用)” の記事リスト

菜の花漉きこんだ 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

以前は嫁によく言われた

「田植えと稲刈り前がくるとそわそわしてる」ってね

今年も田植えを4月5日くらいから始めようと思ってるので

なんか落ち着かないですね~・・

やることはいっぱいだけど

とりあえず満開になった菜の花のすきこみを始めた

菜の花漉き込み3

菜の花栽培仲間から 花を咲かせておくと肥料分が少なくなって

稲が倒れにくいからそのままにしてるんかって言われるけど

綺麗だからおいてあるし なるべく田植えに近くまで置いておくと

緑肥効果が活かせるから今頃の漉きこみにしてます。

031_20180313065939f20.jpg

やっぱり畝盛りを崩すのがうまく行かず 立て横に耕した

なんとかフラットに近くなったけど

もう一度耕転してからの田植えになります。

菜の花の収穫を終わります 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今回の菜の花栽培は極端な早蒔きしで

周りからは「そんなことしても無理」なんて言われたけど

雑草と害虫に悩まされながらも10月後半から収穫を始め

2ヶ月ほどは我が家だけの単独出荷を続けて

4ヶ月半の間収穫を続けられました。

まだ孫の花蕾が採れそうですが、

オクラの種まきと田植えの準備が迫ってますので

価格も120円まで落ち込んできたことから収穫を終わります。

忙しくしてたので動画など撮る暇もなかったけど

収穫と出荷の様子を残してみました。



菜の花 最終の種蒔き分収穫してます 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今年の野菜の高いのには消費者の方は困ってるでしょう

菜の花も同じように高騰して去年の今頃は150円だったのが

最近は一束320円ですから倍以上で出荷してます。

栽培仲間は喜んでますが収穫量が少ないので

結局のところ懐に入ってくるのはあまり変わらないかもですね。


我が家は10月26日から出荷を始めてるからもうじき4ヶ月目になります

品種と種蒔き時期を工夫して思惑通り長期間収穫を続けることが出来ました。

一番先に収穫をした早陽一号は去年の暮れから花ざかりになって

そのままにしてますがまだきれいに咲き続けてますよ

002_2018021822471670a.jpg

その後の京の春は3番の花蕾が色が悪くいつもなら出荷してないので

1ヶ月も収穫を続けられないのに今回は値段が高いので

ランクを一つ落として2ヶ月半ほど収穫を続けました。

005_20180218224720ab4.jpg

こんなにボロボロになってるけど2月10日ごろまで採ってましたからね。

そして本命の花かざりは8月末に種まきした分は

大きな株に育ったけど花蕾の発生は思った通り少なかった

それに雨が少なかったので尿素をやったら葉色が極端に悪くなり

009_20180218224720a1c.jpg

今やこんな状態ですがそれでもまだ収穫してますからね

孫の花蕾が少し出てるくらいでもうすぐ終わりそうです。


そして10月11日位に蒔いた花かざりは気温が低かったのと雨が極端に少なく

全然大きくなってこないので収穫できないかもとあきらめてましたが

最近時々雨が降るのと気温が上がった日があったので何とか見られるようになり

4日ほど前から本格的に収穫を開始してます。

011_2018021822472649a.jpg

これも少し葉色が悪くなってますが何とか持ちこたえてくれるでしょう

気温が低いと肥料が効きにくいですがNK808を10日毎に施肥

気まぐれに液肥をやったりしてます。

013_20180218230742438.jpg

株が小さいと花蕾も小さいし短いですが何とか束にして出荷を続けていこうと思ってます

3月3日のひな祭りが菜の花の特異日 普通ならこの前日あたりが一番高くなる。

それまで出荷が続けられるといいんですけどね。


前に記事に書きましたが青色申告は何とかでき上がって

2月16日の確定申告初日に行ったけど100人も待ってるとのことで

そのまま帰ってきました。

明日また行ってきますので結果を記事にしてみますね。

NHKが取材に来た 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

菜の花の収穫を始めてもうすぐ二カ月になりますが

順調よく進んでほぼ毎日5箱程度出荷を続けています。

少し前にNHK阿南支局記者の方から電話があって取材したいとの事

昨日午前中に来てました。

003_20171219165100653.jpg

一人で来てカメラマンと記者の二役をやってました。

束にする作業や収穫の様子などビデオに撮ってましたけど

編集が終わったようで明日の番組で放送されるようです。

朝は7時45分から夕方6時10分からとのことで

時間のある方は見てやってください。

徳島県内だけの放送だそうです。


収穫が終わった極早生の早陽一号

003_20171219165106363.jpg

菜の花が満開になってきたけど、それには興味なかったようで

カメラには収めてなかったなあ~


半年ほど前から孫と行ったゲームセンターのメダルゲームにはまってしまい

昼間に忙しくして疲れてるのに夕方から出掛けて遊んでばかり

体がよく持つもんだなと思ってます。

そんなわけでブログもぼちぼちのアップになってますヨン・・

早陽一号収穫終わり花かざり収穫開始 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

菜の花の収穫は早陽一号から京の春と順番にやるつもりが

京の春が思ったより早く出てきて1,7反分になったしまったら

かなり忙しくしていました。

よその家はまだ出荷してきてないので

ここ一カ月以上我が家のみの独壇場で

価格も250円と高値安定でずっと続いていますので

うれしい誤算と言うことになります。

早陽一号は去年と同じように色が悪かったけど

なんとか秀で出荷を続けてましたが

それもほとんど取れなくなったので5日ほど前から収穫を終わりました。

004_2017120407395813e.jpg

手前の方はもっと前から収穫を止めてたのでこんなに花が咲いてます。


花かざりは圃場の半分づつ収穫を始めてますが

かなり花蕾が出来始めてこれから本格的に出荷となります。

011_201712040740019e2.jpg

こちらもいつもより早蒔きしたので大きな株に育った。

002_201712040740051ba.jpg

二度の台風でかなり傷んだけど持ち直してきました。


さてオクラの収穫を早く止めた分 菜の花を早く始めたけど

虫や病気に悩まされ 雑草もいっぱい生えて苦労したけど

よそよりかなり早く出荷出来たのは正解だったかもしれない。

これからも忙しい日が続きそうです。

菜の花の出荷を始めてます 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

去年より早蒔きした菜の花は10月15日頃から収穫を始めたけど

一箱単位でないと出荷できないので田んぼに捨ててました。

ようやく出荷を出荷にこぎつけたのは10月26日からです。

先週の日曜日にやってきた台風21号でかなりの弱ってしまった菜の花

早陽一号
015_20171030073418815.jpg

CR京の春
010_20171030073426cf1.jpg

それまでの雨で葉っぱがかなり萎れてたのにものすごい大雨で大きなダメージとなり

倒れたり根元から折れたりで一株づつ起こしてたんだけど

また台風22号の影響でかなりの大雨が降った。

菜の花は大きくなるほど倒れやすく今年早蒔きした我が家はかなりの減収となるでしょう。


それに花腐れや死に花など出荷できない蕾もだいぶ出来て

それらは全部廃棄 でもまあ26日からは一日一箱のペースで出荷出来てます。

002_201710300740406c4.jpg

今年も色は薄いけど秀で荷受けしてもらって一束200円 一箱20束です。

束のするのも久しぶりでうまくいかないけどもう少しきれいにできるようになるでしょう。

菜の花 最終の種蒔き 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

去年と変わり映えのしない事ばかりで更新が止まってました。

8月29日から苗植えを初めてつぎつぎとずらしながら

種蒔きなど進めてきた菜の花ですが最終の種まきをしました。

スナップショット 1 (2017-10-13 8-14)

10月に入ってから雨が多くて延び延びにしたんですが3日ほど天気が続いたので

菜の花 中生品種の花かざりの種をシーダーテープで蒔きました。

今回も動画にまとめてあります。




早陽一号の苗植えとCR京の春の種蒔き 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

太陽熱消毒した畝に種まきした早陽一号は発芽率がかなり悪かったけど

何とか大きくなってきたので本圃に植えた

種まきから苗の完成までの動画


いつものように元肥に菜の花化成を反当160kg散布後

トラクターで耕転 管理機で畝立てしたのち苗を植えたけど

発芽率が悪かったせいで8畝中 4畝しかできなかった。

畝間は芯から芯で190cm

トラクターで畝立ての時は170cmにした。

残りはセルトレイの苗を植えていくつもりです。

京の春は時期的に今から種蒔きでいけそうだから

田んぼに直播しました。

その様子です


早蒔きの早陽一号は虫に食われた 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今年は超早出しを狙って8月10日に播いた菜の花の早陽一号

地床育苗は初めての挑戦ですが虫食いがひどい

012_201708310610521e7.jpg

種蒔き時にオルトランをやったけど葉っぱが穴だらけになって

3日ほど前にフェニックスをジョロでかけたが間に合わないのか

かなり食われてしまってます。

004_201708310610556e8.jpg

苗の数も心配で元肥を振って畝立て 苗植えまでやりたいけど

気温の高い間は雑草がいっぱい生えるだろうから躊躇してます。


それで家の庭で去年のように底面給水で苗を作っておくことにした

002_20170831061101ad2.jpg
水位のレベルを取るために四隅に足をたしてある

残りの種が少なくて8枚しかできなかった

去年は8月28日に播いてるからそれほど遅いわけでもないと思う


京の春と花飾りは田んぼに直播するつもりで

地力資材の散布と耕転も済ましてるけど

これもまた発芽が心配だから予備的に苗を作るつもりです。

早陽一号の種蒔きと発芽 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

稲刈りもあと一日で終わりそうで何とか落ち着いてきた

忙しい中 同時進行で菜の花栽培の準備も進めていました。

001_201708250442268aa.jpg

あの太陽熱消毒した場所に種まきしたのは8月10日

種まき機を使ったけど 発芽率がかなり悪い

厚蒔きになったと思い 手前手は手で散播したけど全く生えてない

それで21日頃に播きなおしたので小さい苗が見えます。

004_20170825044148726.jpg

苗の数が足りるか心配ですが、それなりに対応するしかない

失敗してもいけるようにセルトレイにも蒔くつもりだったけど

あまりにも忙しくて予備苗を作らなかったのをちょっと後悔してます。


狙い通り 雑草の発芽はほとんどなく

今のところ苗の徒長も見受けられない

発芽率の問題さえ解決すれば 菜の花早出しの一つの技術になるかな

稲刈りが終わったら畝立てをして本圃に植えてから

数が足りなければそれなりに考えるしかないでしょう。


予定としては早陽一号 CR京の春 華かざり の順番でずらして栽培のつもりで

稲刈りの終わった田んぼに石灰窒素散布後耕転

昨日は苦土石灰(反当120kg)とBMヨーリン(反当60kg) 鶏糞(反当300kg)

散布後 耕転してあります。 

太陽熱消毒やりなおし 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

以前に記事にした太陽熱消毒だけど

水をたっぷりかけたことから土の表面がカチカチになってしまい

このままでは種まきしても発芽率が悪いと考え

被覆を捲って耕し直しました。

スナップショット 1 (2017-08-04 6-09)

予定の時期までに間に合うか心配ですが

とりあえず 地温を計ってみると54℃近くまで上がってた

スナップショット 1 (2017-08-04 5-32)

一連の作業を動画にしました。


畑の太陽熱消毒 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

オクラを早く切り上げたので秋から始める菜の花を早めに準備する

セルトレイで苗をつくるには早蒔きすると徒長してしまって

使えなくなるので、去年は底面給水をやったけど

今年は地床育苗に挑戦してみようと思う。

畑の一部で苗を作ると水やりを少なくできるので徒長しないとの事

育苗期間は25~30日程度かかるから

その間雑草も生えてくるはずでこれがやっかいです。

それで太陽熱消毒をやってみることにした。

スナップショット 1 (2017-07-29 5-22)

管理機で田んぼの一番道路沿いに畝を作る

2回ほど土を上げて 畝幅は1,2mくらい

スナップショット 2 (2017-07-29 5-22)

用水の横は水が浸み出して土がダマになってしまい

乾いた側から引っ張りよせながら天場を均した

スナップショット 1 (2017-07-29 5-37)

十分湿らせておくと土の中のほうまで温度が上がり易いとのことで

灌水をたっぷりとした。

スナップショット 3 (2017-07-29 5-23)

オクラのトンネルに使った農ポリが余ってたので畝全体に掛ける

夏のカンカン照りで中の温度を出来るだけ上げて

雑草の種を焼き殺す

病害虫も死滅するようです。

スナップショット 4 (2017-07-29 5-23)

一応完成した。

2週間以上置いておくと太陽熱消毒が出来る

ただ最近は曇りの日が多くて効果が薄いかもと心配してます。


種蒔きは8月10日ごろを予定

うまくいかなかったら蒔き直す。

去年使った早陽一号 注文してもう届いてます。

それまでに時間があれば本圃の地力剤散布と元肥入れ

畝立てまで進めてこれも透明マルチを掛けてもいいかな・・

菜の花漉きこんだ 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

3月11日に収穫を終わった菜の花ですが

近所の人にあげるって話したらたくさん取りに入ってたみたいです。

記事にするのが遅くなったけど3月16日に漉きこみました。

スナップショット 1 (2017-03-21 8-29)

早陽一号を漉きこんだときと同じように畝間を跨いでやってみた。

大きくなった菜の花もトラクターの底に引っかかることなく楽勝でした。

スナップショット 4 (2017-03-21 8-30)

ただトラクターの幅では少し残るので再度耕転するのを

横方向にやったらやっぱりロデオの馬に乗ったのと同じになって

スナップショット 2 (2017-03-21 8-30)

ゆらゆらとうねりながらやりましたよ。

スナップショット 3 (2017-03-21 8-30)

結局2回漉きこんだことになり

結果はこんな感じで意外と残渣は隠れてくれましたが

まだまだ太い茎が出てるから

田植えまでには後に2回くらいは耕転しないといけないだろうな。

菜の花は収穫終わり 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

長いことブログの更新をお休みしていましたが

ようやく菜の花の出荷も終わりにしたので再開します。


003_201703110546475ac.jpg

左の黄色い花が咲いてるのが1月中ごろに収穫を終わった春雷で

去年もそうですが花がきれいなのでそのまま咲かしています。

真ん中は9月14日種まきの花かざり

だいぶ花が咲き始めてるけどまだしぶとく収穫してました。

大きく育ったので3番の花蕾も大きく、最近に出たのも色が濃いのは収穫してたけど

いよいよそれもなくなってきた。

右の少し色が濃いのは10月9日種まきの花かざり

種まきが遅いと樹が大きく育たず花蕾も小さい

007_20170311054650766.jpg

3番の花蕾は色が薄く まだかなり出てるけどあきらめることにしました。


菜の花の価格は比較的安定して推移した。

今のところ180円程度で他の農家さんは喜んでるみたいですが

我が家としては去年に比べるとかなり減収となりました。

なにしろ250円~300円の頃にドカなりしましたからね。


さて菜の花の出荷と同時に少しづつ進めてきた田んぼの耕転

四隅の手作業もまだ残ってるし

オクラの種まきを始めないといけない

まだまだ忙しい毎日になりそうですワイ

005_2017031105464998f.jpg

今年もにぎやかに咲いた菜の花 やっぱり春を感じますね。

早陽1号は収穫終了 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

色が悪く蕾も小さいので収穫量が少ないと

文句タラタラで続けていた極早生の早陽1号ですが

正月休みの間にだいぶ花が咲いてしまったけど

006_20170108071323c62.jpg

まだ花蕾は出てきてしぶとく収穫を続けてました。

003_20170108071325050.jpg

結局は毎日2~3箱収穫を続けて1ヶ月半取り続けたので

意外とよかったのかもしれない。

もう少し手入れをすればまだまだ収穫を続けられそうでしたが

少しづつ値段が下がってきたし、オクラの種まき準備があるので

漉きこむことにしました。

027_20170108071818d52.jpg

去年は畝の真上を耕転したらトラクターの下に菜の花が引っかかって

そのまま押してしまい塊になったことがあったので

今年は畝を跨いで耕したらうまくいきました。

028_201701080718199f1.jpg

2回耕して残渣が目立たなくなるようにした。


早陽1号はしぶとく収穫できたのに春雷は3番の花蕾が小さく

018_20170108072652ee4.jpg

正月休み前にメリット青をやったけど少しだけしか効果がなく

最近に尿素400倍で葉面散布してみました。

019_20170108072649e6c.jpg

小さくても何とか収穫をしていますがかなり少ない


そして中生の花飾りはようやく2番の花蕾を取り始めた

015_20170108073353898.jpg

白さび病が出てたので年末に殺菌剤のランマンをやった

収穫3日前までなので正月休みがちょうどよかったからです。

030_20170108072654fba.jpg

早陽1号にも使ったストロビーは収穫前日まで使えるけど

あまり効果がないような気がしました。

033_20170108073932639.jpg

かなり大きくなりすぎた葉を半分ちぎり落としてます

花蕾が見つけにくいからです。


正月休みの間は飲む機会が多くて毎日6合以上日本酒を飲んだ

アル中管理人健在なんて言ってられない

もうへとへとの状態だから葉ざかい期の暇な間に体力を回復したいね。

菜の花の出荷はほぼ予定通りに進んでる 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

色が悪くて出荷量も少ないとぶつぶつ言いながら

収穫を続けていた早陽一号は意外と長い期間採れた。

012_20161230061344e4d.jpg

もうボロボロになってますが、それでもまだ花蕾ができてきてます

010_20161230061346c5f.jpg

菜の花の出荷は28日で終わり、新年は1月4日からだから

もう漉きこんでオクラの種まきの準備にかかろうかと考えてたけど

まだ3箱ほど収穫できてるから、もう少し様子を見てみることにした。


春雷は12月8日から出荷を始めて今は子の花蕾をほぼ採ってしまった

001_2016123006205383d.jpg

今月終盤は早陽一号と春雷を同時出荷してたから忙しく一日6~8箱出荷

006_20161230062056279.jpg

孫の花蕾が出始めた頃で、出荷休みがちょうどいいタイミングになった。


そして花飾りはものすごく大きくなって

005_20161230062056f0d.jpg

こちらもたくさん収穫できそうな予感がします

003_2016123006205740e.jpg

親の花蕾は出荷せずに芯どめにして

ぼちぼち側枝の花蕾が大きくなり始めた頃です


出荷量や品質は思い通りには行かなかったけど

収穫時期をずらしていくやり方は正解だったかもしれない。


去年の失敗から早生品種を見送った家が多いらしく

出荷してくるのはまだ5軒くらいで量も少ない

今のところ秀が250円 ○秀が160円と好調だけど

1月中ごろからはがくんと落ちるかもしれないなあ・・

早陽一号(菜の花)は期待外れ 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今年はどこの家も種まきや苗植えが遅かったのか

2日ほど前に我が家以外に1軒が出荷してきただけ

だけどね出荷中の早陽一号は色が悪くほとんど○秀(Bランク)

それに収穫量が少なく まったくの期待はずれでした。

003_20161217090011cc1.jpg

葉っぱは賑わしいけど葉色はかなり薄い

尿素の葉面散布もあまり効果がなく 現在はやってません。

002_20161217090013114.jpg

それに花蕾が葉に隠れて分かりにくく

葉をかき分けながら収穫してるから時間がかかる

収穫始めも袋表記とはだいぶ違って遅かった。


別な田んぼの春雷(左)と花かざり(右)

001_20161217093311347.jpg

やっぱり葉の花の王道は花かざりだね 色が全く違って濃い

春雷のほうは12月7日から親の花蕾を採って出荷

この時に初めてわかったんだけど

秀が250円 ○秀が150円 と100円もの差がありました。

006_201612170933143b8.jpg

これから2番の花蕾を収穫し始めるから本格的になるはずだけど

これも色が少し落ちてきてます。

007_20161217093317aa9.jpg

畑のシェーバーで削った雑草のスズメノカタビラは完全に復活

肥料を横取りしてるんだろうな

004_201612170933146e5.jpg

花飾りは収穫前日数が足りてるので使った除草剤のバスタ

だいぶ効果があったようです。

009_20161217094321a8e.jpg

アップでみるとよくわかる


さて計画通り 収穫時期をずらしながらやってきてるけど

これからが忙しくなりそうです。

スズメノカタビラにバスタを使う 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

稲を作った後の田んぼでは去年と同じようにスズメノカタビラが生えて

畑のシェーバーで削ってもまた再生して大きくなってきた。

今年は雨が時々降るので管理機で畝の肩に土を掛けることもできず

009_20161202061434e25.jpg

こんなに伸びてきて条間に肥料をやってる時はいいが

畝間に肥料をやったんでは効いてこないと思う

それで菜の花栽培の講習会で話してたバスタを使ってみた

011_20161202061432cb4.jpg

噴霧機とカバーの付いたノズルは農家の店で買ってきた

バスタは作物の畝間や株間に使える茎葉処理型の除草剤で

菜の花にも登録があるけど 収穫21日前までしか使えない

だいぶ大きくなった春雷は間に合わないので

残りの花かざりの畝の肩に使ってみた。

014_20161202061433487.jpg

さて結果はどうなりますか?


別な田んぼの早陽1号は相変わらず色が薄く

2番の蕾も少しづつしか出てこない

6畝の田んぼで毎日1箱程度しか収穫できないから

大きく期待はずれです。

004_20161202061435d85.jpg

葉っぱばかりが賑わしくて収穫しづらいので

大きな葉は半分契落としてます。


今年はどこの家も出足が遅く 今のところ集荷場には我が家だけ出荷してますが

値段は思ったほど上がってなくてB品1束150円程度

年末需要に春雷の出荷が間に合いそうだからそれに期待しますか・・




菜の花 出荷を始めています 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

菜の花の出荷は11月20日から始めたけど

今のところ量が少ないので2~3日に1箱(20束)程度

001_2016112505532063e.jpg

出荷中の早陽一号は今のところ親の蕾が中心ですが色が薄い

ランクを落として出してますが、最初の頃は量が少ないので

市場から文句も出ないようです。

002_20161125055322405.jpg

畑では花が咲いてもまだまだ色が薄いのがあって

気温が高かったのと雨が多いのが原因でしょう

001_201611250553227d2.jpg

やっぱり早植えすると樹は大きくなり現在はこんな感じです

大きくても蕾は小さくて

004_20161125055325683.jpg

子の蕾はこんな感じで春雷のとでは半分くらいしかなさそう

品種の特性なんでしょうか

それに収穫時期も春雷に比べて遅かったように思う

袋表記とはだいぶ違うんじゃないかな


やっと気温が下がってきたので液肥や葉面散布で色をあげていこうかね。

菜の花 収穫開始 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

と言っても最初の頃は1箱単位でないと出荷できないから

今のところ家で食べるくらいです。

006_20161116062431a86.jpg 

8月28日に種まきして9月13日に植えた早陽一号

1週間くらい前からちらほらと蕾が出来始めて少しづつ取ってた

001_201611160624351ff.jpg 

今は子の蕾も出来てるのもあるけどほんの一部だから

集荷するにはまだまだ早い

010_20161116062437b98.jpg 

追肥は苗植え1ヶ月後から始めるように管理歴には書かれてるけど

我が家では半月後に尿素を反当20kg その半月後 S604

それ以降 半月ごとにNK808をやった。

11月14日の施肥だけど無理やり条間に入れた。

007_201611160624331bf.jpg 

もう一枚の田んぼは いちばん左が春雷(9/14種まき10/18苗植え)

真ん中あたりが花飾り(9/14種まき10/18苗植え)

いちばん右は小さくて分かりにくいけど花飾り(10/9種まき 11/2苗植え)

去年のようにスズメノカタビラがびっしり生えてきた。

条間に追肥の後 除草と土寄せを兼ねてサラダで耕起しながら

畝立て器で溝をきってある。

014_201611160624355d9.jpg 

妹が料理して持ってきた菜の花

ちょっとほろ苦くて美味だったな~。

畝肩の除草に畑のシェーバーを使ってみた 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

相変わらずオクラと菜の花にかかりっきりで

あまり変わり映えしないから記事の更新もお休みしてました。


最初に植えた菜の花(早陽一号)はだいぶ大きくなってきましたが

気温が高い時に植えたから雑草がかなり目立つ

畝間と条間は管理機で除草したけど畝の肩に雑草が残ってました。

006_20161105090233c76.jpg 

けずっ太郎で除草するにはかなりの体力がいるし時間もかかる

それで何かいい方法はないかと考えて

草刈り機につける畑のシェーバーを試してみました。

005_20161105090230170.jpg 

結果はこんな感じにできて

時間も6畝の田んぼで半日もかからなかった。

動画も撮ってみました。




楽天では2480円でした


菜の花 春蕾と花飾りを植えた 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

菜の花の話題ばかりになってしまうけど

9月14日に種まきした苗を植えました。

前回の雨ふりから少し経って田んぼが乾いてきてから12日に耕転

001_20161018044918f5b.jpg 

石灰窒素をやって稲わらを腐らせるつもりが時間がたちすぎて

いっぱい生えてしまった。

元肥は菜の花化成を春雷は反当160kg 花飾りは120kg

グランドソワーで撒いたから狙い通りには行かなかった。

次の日に速攻で畝立て

002_20161018044920bc9.jpg 

今回は枕を先に3筋ほど片倍土で掘り下げた

006_20161018044920ceb.jpg 

盛り上がった土をトラクターで均すように横向きに耕した。

007_20161018044922b78.jpg 

畝立てはいつものようにひもを引っ張ってその上を歩いておき

それを目標に管理機を走らすからまっすぐにできます。

2日後に雨の予報だからゆっくりもしていられないから

005_20161018050335437.jpg 

こんなものを作ってみました

鍬の柄が折れたのを使って先を少し細くしてペットボトルに差し込んだもの

横に出てる青い棒は株間を計るバカ棒

001_201610180502149e1.jpg 

こんな感じで植え穴をあけていきます

立ったまま作業ができるし 穴をあけて行くのもかなり早い

010_20161018050216aac.jpg 

セルトレイから下に根っこが出てると苗の根鉢が崩れやすいので

金属たわしでこすり落としてみた

簡単に苗を抜けるので植え穴に次々と落としていける

014_20161018050217b37.jpg 

15日に春雷 0,7反 株間はいつもより広く50cmで1200本

16日に花飾り 0,7反 株間50cm 苗が足りずに1000本 

夕方少し雨が降ってきてぎりぎりセーフ

もう少し降らないと表面だけしか湿らないなと思ってたら

夜中から朝方に土砂降りになって警報が出るくらいだった。

001_201610180515264f4.jpg 

次の日の朝はこんな感じ 雨の量のすごさが分かります。

苗が小さいからまた叩かれてしまって欠株ができるんだろうな・・



もう少し苗がしっかりしてたら買ってたと思う移植機
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

移植機 ハンドプランター なかよしくん HPS-3 [追肥機]【smtb-ms】
価格:14300円(税込、送料無料) (2016/10/18時点)



菜の花4回目の種まき 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今年の雨の多いのには参ってしまう

いつまで経っても田んぼの畝立てができない。

一回目の早陽1号は何とか田んぼに植えることができたけど

後からの春雷と花飾りは苗のまま庭にある

せめて4回目は田んぼに直播にしたかったんだけど畝ができないと仕方ない

011_20161009054319c4d.jpg 

だいたい7畝づつずらして栽培していくつもりだから

128穴のセルトレイで11枚 離れて通った台風だったけど

ドカ降りの雨でだめになった苗もあるので今回は14枚作った。

013_20161009054322711.jpg 

先に播いた花飾りは気温が下がってくるだろうと普通育てたら

やっぱり徒長してしまった。

同じ日に播いた春雷は底面給水で作ってるから

014_201610090543214f5.jpg 

それほど地際が伸びてないです。


田んぼの早陽一号は台風の影響ですこし強い風が吹いたら倒れてしまった。

003_20161009055136c80.jpg 

仕方がないので1本づつ起こして土寄せをしていった。

001_20161009055459af4.jpg 

これだけ地際が伸びあがっては倒れるのも仕方ないです。

菜の花は根っこが弱いのは前からわかってるけど

3回の土寄せでほんとに今回は手間がかかってます。

002_20161009055500cbc.jpg 

今までの経験でただ土を寄せただけでは風が吹くとグラグラして

茎のそばがすり鉢状に穴になって広がってしまうから

下葉を1~2枚土に埋めておくとしっかりする。

003_201610090555015b8.jpg 

一応全部土寄せできたけど、またドカぶりの雨があると

寄せた土が流れてしまうかもしれない。

害虫対策にオルトランを1回やってあるけど少し葉っぱに穴があいてきた。

もう少し大きくなったらフェニックスを散布するつもりです。

ネキリ虫防除にいつものガートベイトだけど雨で流れてしまわないように

できるだけ遅く使おうと思ってたけどそろそろ散布の時期でしょう。

上農は草を見ずして草を刈る 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

草を見ずして草を刈るなんておかしいですね。

草が生えてないのにどうやって刈ったらいいんですか

つまりは雑草が発芽する前に中耕しておくと言うことでしょうか。

このことわざまだ続きがあるんです。

「中農は草を見てから草を刈り、下農は草を見ても草を刈らず」

001_20161005042220cdd.jpg 

菜の花を植えてから20日過ぎですが

気温が高く雨もよく降るので雑草がかなり生えてきました。

条間を広く取って中耕除草できるようにしてたんですが

まだ苗が小さく株間の草もとり辛いからけずっ太郎を使った。

002_201610050422220b7.jpg 

前のは雨ざらしにしてたら柄が折れてしまったので

アルミの柄で刃も角刃のを新しく買ったので苗の際まで除草できる

最初の写真では上のほうが除草済みだけどわかりにくいかな。




菜の花(早陽一号)畑でも徒長した 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

秋野菜の種まき時期ですがずっと雨続きで

どこの家も畝立てができずに困ってます。

我が家も極早生の菜の花(早陽一号)は本葉が一枚しか出てないのを

9月12日に無理やりに植えたがその後雨ばかりで正解だったかもしれない。

023_20160928053908ee1.jpg 

9月24日の写真だけどほとんど大きくならず

台風で完全に冠水したのとその後もバケツをひっくり返したような雨で

消えてしまった苗もある。

019_20160928053911aa6.jpg 

深く植えたつもりが苗の元のほうが長くなって地際が細くなってる

徒長苗の特徴でしょう

021_20160928053910a9d.jpg 

土を両側から寄せて根元を埋めていったけど

よく考えたら土が流されるとまた前のようにぐらぐらになって

すり鉢状に根元の土に穴が広がる

020_20160928054555cc3.jpg 

それで片側からだけ土をかけて伸びた茎を押さえていった

欠株も捕植しておいた

007_20160928055008eb9.jpg 

昨日の写真だけど少しは大きくなった気がします。


今年は極早生(早陽一号) 早生(春雷) 中手(花飾り)を2回

4段蒔きにするつもりだったけど、予定の畝が出来そうにない。

002_20160928055010acf.jpg 

底面給水で作ってる春雷の苗 9月14日に種まきした。

あまり徒長はしてないけど、台風以降に上のカンレイシャをはずしたら

急な豪雨で叩かれて倒れる苗や土の跳ね返りがすごい

003_201609280550124e5.jpg 

気温が少しは下がったから大丈夫だろうと地べたに置いた花飾り

同じく9月14日に種まき

上から水をやるのでやっぱり徒長してしまいました。

あとは10月10日ごろ田んぼに直播するつもりだったけど

その頃までに田んぼが乾きそうもない。

百姓泣かせの天気がしばらくは続きそうです。


菜の花の苗(早陽1号)を植えた 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今年もお盆に蒔いたのは徒長してしまったので

8月28日に蒔きなおしたポット苗だけど

底面給水で育てるとほとんど徒長しなかった。

005_20160913073503571.jpg 

まだ本葉が出たばかりで小さいけど茎は伸び上がってません

002_20160913073505227.jpg 

二日ほど前に蒔き直したのを普通に上から水遣りをしたのは

かなり茎が伸び上がってしまい このままだと使えないようですが

予備苗としてそのままにしてます。

006_2016091307350593d.jpg 

少し前から底に溜めてる水を少なくして 水がなくなってから入れ足してたら

急に枯れてきた苗が目立ってきたので 早々と植えることにした。


昨日畝たてしたばかりだけど 夕方から雨と言うことで朝から苗植えを始めた

016_20160913074013270.jpg 

ビニールトンネルの骨に使うダンポールに印を入れて

株間は45cmでドリンクのビンを使って植え穴を開けた。

014_20160913074016664.jpg

気温の高い時期は根こぶ病が多発する可能性があるので

防除にネビジンを植え穴に入れていく

017_201609130740168a7.jpg 

苗にはランマンフロアブルを500倍に希釈してかけておいた

019_20160913075156812.jpg 

午前中は妹に植えてもらったけど苗の周りに土を盛ってある

雨が降ると周りが陥没するからとの事だった

021_20160913075158722.jpg 

昼から自分で植えたのは植え穴に苗を入れて周りをぎゅっと抑えてある

苗と周りの土が下がってるからあとから土寄せしやすいと思う

どちらがうまくいくのか 半月もすれば分かるでしょう

026_20160913075159954.jpg 

その後 雨は今にも降りそうなのにぜんぜん降らないから

動墳で潅水 ノズルを延長する部品を買ってあったから

左右2条づつ楽に水遣りができましたよ。

027_20160913075200176.jpg 

6畝と半分まで出来た

002_20160913080014c42.jpg 

その晩にバケツをひっくり返したような雨が降って

畝の肩が崩れてないか心配だったけど 今朝見に行ったら結構そのまま

003_20160913080017199.jpg 

苗もしおれることなく元気なようで うまくいくかもしれない

残りの分も植えたいけど今朝は雨で様子をみてます。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ランマンフロアブル 100ml
価格:969円(税込、送料別) (2016/9/13時点)


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ネビジン粉剤 3kg
価格:1389円(税込、送料別) (2016/9/13時点)



菜の花の畝立て 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

秋雨前線が近づいてきて今日の夕方からずっと雨模様

またまた畝立てが出来なくなると思い

まだ苗が小さいけど思い切って畝立てした。


9月9日に元肥を散布

003_201609120517375b8.jpg 

いつも枕付近が高くなるので先に管理機で2回ほど掘り下げて

枕の溝幅は管理機二回分にしたけど少し狭いようです。

004_201609120517397ad.jpg 

背負い式肥料散布機で元肥散布

菜の花化成280を100kg(反当160kg)だとこれくらい厚撒きになる

006_20160912051739300.jpg 

その後枕の畝立て機で上げた土をトラクターの逆転で引っ張り

全体を耕転

011_201609120517424de.jpg 

畝立ては昨日 オクラの出荷が終わって10時過ぎから始めた。

畝立て 

去年から管理機を使っての畝立てにしてるけど案外時間がかかる

002_20160912052707ea9.jpg 

一通り畝間を掘り下げて

006_20160912052710e6b.jpg 

畝の天場を均した

6畝の田んぼ 30m畝が8本

畝の間隔は190cm 畝間50cm 天場は90cmくらいあった。

一番左は半端になったので1条植えになりそう。



菜の花の地力資材散布 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

百姓は天気しだい、天気予報では3日からずっと雨模様なので

菜の花の地力資材の散布を始めました。

002_20160903052119de1.jpg 

5日ほど前にドカ雨が降ったけど 田んぼの周囲など畦際ディスクのあとを

つなげて表面水だけでも落ちるようにしてあったが

やっぱり柔らかくタイヤ後が深く付いてしまいます。

003_20160903052117de2.jpg 

BMヨーリン 反当60kg ロータリーを上げたままグランドソワーで散布

トラクター4,5km グランドソワーの開口メモリ 3,5くらい

苦土石灰 反当120kg トラクター4,5 開口メモリ 5

006_20160903052119dc3.jpg 

一畝飛ばしに田んぼの中を走り回ったけど 練り返してしまった感じです。

前日にもう一枚の田んぼにも散布したけど

003_20160903052120f92.jpg 

苦土石灰はこれくらい撒かないと120kgにならない

もちろん値段の安い粉状のにした。

008_201609030532385c5.jpg 

その後 鶏糞 反当300kg ロータリーを掛けながら

トラクター2 開口メモリ5 でちょうどよくなったと思う

009_20160903053240abf.jpg 

かなり練り返してしまったけど何とか終了

種まきは9月10日と月末を予定してるけど

雨が多いので畝立てが出来ないかもしれない。

シーだーテープも注文して届いたけど

あまりに遅れるようだったら また苗を作りますかね。

菜の花の苗 底面給水で作る 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

8月14日に種まきした早陽1号は結局徒長してしまった。

003_201608280544333bb.jpg 

徒長を抑えるために水遣りを朝だけにしたら3分の2ほど枯れて来て

使い物にならなくなったので、サカタのタネに電話して聞いた見たけど

これと言った対策もなくあきらめていた。

農協の指導員に相談したら底面給水にしたら徒長しないとのこと

水を上からやるのではなく下から吸わせるのがよいらしい。

苗作りは真夏と真冬が難しい

ブロッコリーのスーパーセル苗は底面給水で育て わざと老化苗を作る

いつまでも置いておけるし、圃場に植えると活着よい。

これに習って菜の花の苗も底面給水で育てるとうまくいきそうです。


001_2016082805443449f.jpg 

我が家にずっと前からある縁台(イッキャク)を改造しました。

3cm角の角材を縁台に取り付け、セルトレイが12枚並べられるように

少し延長した。

004_20160828054435440.jpg 

これで3cmの深さに水が溜められる

この上にトンネル栽培で使うビニールを広げ

005_20160828054436b57.jpg 

水が平均に溜まるように足の高さを調整した。

009_201608280601022c8.jpg 

大雨が予想されるので一部分切り離して 緊急に排水する部分も作り

011_20160828060103ac4.jpg 

雨で叩かれないようにカンレイシャを上にかけてあります。

さあ うまくいくのか これもひとつの経験でしょう

予定よりも2週間も種まきが遅れたが

田んぼも石灰窒素を撒いて耕運し 準備を進めています。




菜の花(早陽一号)の種まき 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

今年は菜の花の収穫期間を長く取ろうと考えて

ネットで検索して早陽一号と言う極早稲の品種を見つけた。

8月中旬に種まきして10月中ごろから収穫を始める。

001_2016081804172662b.jpg 

8月14日に蒔いたけど3日で完全に発芽した。

去年は早播きしたのが徒長してしまって使えなかったので

今回は水やりを朝と昼だけにして根っこの徒長を抑えてみる。

002_20160818041545d51.jpg 

オクラの隣の畑はスイカやかぼちゃを作ってたけど

8月10日に撤去した。

雨が少なく土が固くなってたのでマルチを剥がすのにかなり手間取った。

雑草の量が半端じゃなく多かったので畝たてが間に合うのか心配。

稲刈りの合間を縫って準備を進めていきます。


ブログパーツ