カテゴリー : “雑草” の記事リスト

カメムシ対策にカソロン粒剤を散布 

カテゴリ:雑草

菜の花の収穫に追われてなかなかできなかったけど合間に

冬場に撒いて半年間効果があると言う除草剤のカソロンを

カメムシ対策のつもりで撒いた。

均一に撒くために粒剤スプレイヤーを同時に購入したので

組み立てjから散布まで動画にしてみました。



以前に農協から配布されてくるグリーンレポートに載ってたんだけど

散布時期は雪の多い地方では11月になってたけど

こちらでは雪が根雪にならないので一番寒い時期を狙ってみました。

さて効果があるのか またレポートしてみますね。


【数量限定】カソロン粒剤6.7% 3kg

【数量限定】カソロン粒剤6.7% 3kg
価格:2,399円(税込、送料別)



水田除草剤 シリウスエグザは期待外れ 

カテゴリ:雑草

去年は田植え同時散布で「半蔵」を使ってほとんど雑草は生えなかった。

水持ちの悪い田んぼでも効果があるとの事で満足の結果だったんだけど

今年はたまたま農協で見かけた「シリウス エグザ」を使ってみた。

雑草図鑑の小冊子が気にいったから

同じ除草剤を使い続けると雑草に抵抗性が出来ることも考えての事でした。

水管理もしっかりと4日間は田面が露出しないようにしたのに

あちこちで雑草が生えてきた。

003_20150614164339314.jpg

新しく引き受けた田んぼは水持ちが悪かったけど

4日間は水を切らしてはないのに

やっぱり生えてしまってます。

002_201506141643368c5.jpg

ヒメミソハギとクサネムも少し生えてる

006_20150614164339b82.jpg

こちらはもっと水持ちが悪かった田んぼ

水を毎日追加してたからか いろんな種類がびっしり生えてるところもある


以前から作ってる田んぼも去年と同じようにしてるのに

016_201506141715076f6.jpg

アメリカセンダングサがいっぱい生えてしまった。

024_20150614171811184.jpg

こちらもきっちりと水を入れてたのにオモダカが一面に生えてしまいました。


さて除草剤は成分数が多いほど長く効くらしいのですが

一つ一つの成分量が少なくなってしまい 効きが悪くなることがあるらしい。

シリウスエグザは4成分だから 成分量が低すぎて効果が悪かったのかのしれない。


それにしても去年の半蔵とは大違いの結果となりました。

手で取るには限界がありますが 小さくて数が多いのはアイガモンで

大きなのは手で取っていきますか・・・

けずっ太郎で雑草を削る 

カテゴリ:雑草

菜の花の種まきの時に水やりの替わりに畝間潅水した田んぼは

雑草がいっぱい生えてきて三角ホーを横に使って草を削っていた

うまく行かないので手で雑草をむしりながら一本立ちに間引いてたんだけど

どうも時間がかかってしょうがない

それで前から気になっていた「けずっ太郎」を使ってみようと

農家の店やコメリなどで聞いてみたけど全く知らなかった

けずっ太郎に関しては現代農業のページで詳しく書かれています

結局楽天で購入 4日ほどして届きました。

001_20141005045502a7e.jpg

梱包を外したところ 歯が細いので雑草の根を軽く切る事が出来そうで

土との摩擦で歯の部分が摩耗しにくいように固い部材で出来ているようです。

003_20141005045953ac3.jpg

畑ではこんな感じで雑草の根っこごと削って行きます

あまり大きくなった雑草は無理なようですが これくらいなら大丈夫

004_201410050502031de.jpg

雑草が密生してる所では すこし振りおろす感じで叩いて切って行くとうまく行った

006_2014100505061251c.jpg

みるみるうちに雑草が取れて行きますので気持ちがいいです

うまく使えば株元のぎりぎりまで除草できます

こんなことならもっと早く買っておけばよかった

今まで手でやってたのは何だったんだろうって感じです。

007_20141005051117952.jpg

この距離 写真に残ってる時間をみるとわずか2分で出来てる

左側は手で苗の元だけ除草したところです。


さあ この道具を使って全部すっきり除草するぞって 明日から台風が来るそうです。


楽天では送料が安い店で買いました


キシュウスズメノヒエは田んぼの隅で越冬 

カテゴリ:雑草

今年は耕作面積がまた増えたから忙しい

一回目の田植えを4月6日に計画してるけど間に合うか?

夕方 田んぼの隅の残耕処理を手でやってる

007_20140326040634822.jpg

特にコンクリートで進入路を作ったあたりは手作業が多いです。


最近は畔際ディスクを秋にも掛けていますが、四隅は今頃だけしかやらない

そこに潜んでるのがキシュウスズメノヒエです。

006_20140326040635b2e.jpg

これは茎が生きているように見えますが、茶色く枯れた茎からも発芽してくる

田んぼによっては隅っこで大量に残ってる所もある。


手間を掛けてよりだして燃やしてしまえばなくなるのだろうけど

忙しいからやっぱりそのまま中の方に放り出してます。

これが代かきの時にちぎれて田んぼ全体に広がってしまうんです。

秋の耕転の時に四隅もきれいにしておけば完全にやっつけられるかもしれない。

去年使った除草剤の「半蔵」はキシュウスズメノヒエにも効果があるようで

手で除草しなくてもほとんど気になりませんでした。

もうあまり恐怖の雑草にもならなくなってきました。


009_20140326040636692.jpg

農協に注文してた鶏糞ペレット 80袋ある

前半田植え分だから残り60袋は半月先で注文するつもり

早く散布して耕転しなと一回目の田植えに間に合わない。


001_2014032604063719d.jpg

お寺の役員会に出席のため立江町を通ったら

早くも代かきしてました。

6枚くらいの田んぼだったけど、極早生のハナエチゼンを植えるんでしょう。

除草剤 ワイドアタックSCの効果 

カテゴリ:雑草

今年は田んぼの除草剤を変えて田植え同時散布の半蔵を使ったけど

ものすごくよく効いたと安心しておりました。

ただ強害雑草の一部が残草しましたので、6月28日に

ワイドアタックSCを散布しました。

液剤なので1000倍に薄めて噴霧器で雑草のあるところだけ

スポット散布にしましたので、通常の20分の1の使用量でした。


さてその効果ですが

クサネムにはほとんど効果なし

039_20130725052952.jpg

今年はクサネムがかなり残草しましたので、見つけたのには必ずかけたのに

下の方の葉のへりが少し黄色くなってるくらいで

クサネムが枯れたのは見かけませんでした。


クログワイですが、効果がはっきりしません

044_20130725053511.jpg

左の田んぼは我が家より少し遅れて植えたキヌヒカリですが

畔際はクログワイとオモダカがびっしりと生えてます。

我が家は少し残草してたはずですが今はほとんどありません。

ただ 生えてるのが枯れた形跡がないので効果としてははっきりしないのです。

今年は畔際いっぱいまで両親が植えたから稲刈りが大変そう。


そして気になるオモダカですが

052_20130725053931.jpg

元気な奴と

063_20130725054026.jpg

大きくなっても枯れてるのがありました。


1成分でしかも投薬量が凄く少ないワイドアタックSCですが

思ったほど効かなかったと言うのが正直な感想です。


田植え同時散布した除草剤 半蔵の効果 

カテゴリ:雑草

今年から効率よく除草剤を効かせるために田植え同時散布にしましたが

田植えから3日後に大雨が降って薬剤が流れ出てしまったかもしれない

除草剤の田植え同時散布も考えものなんて記事を書きましたが、たまたま天候が悪かっただけ。

田植え同時散布した半蔵の効果はものすごくよいと思います。


田んぼには草一本も生えてないと言いたいところですが

れいのキシュウスズメノヒエがどの田んぼにも残草してますので

草取りに全部の田んぼを歩きました。


041_20130604035201.jpg

これは4月23日に田植えした田んぼ

その3日後の大雨で苗が見えなくなるほど満水になり かなり落水した

除草剤が溶け出したころだから効果は半減するだろうと思ってました。

042_20130604035615.jpg

畔際では クログワイが発芽  3分の2くらいは枯れてましたが

完全にはやっつけられない これは他の除草剤でも同じ

044_20130604035850.jpg

これはオモダカ 去年大量に発生してましたが今年はかなり少ない

クログワイと一緒に中期剤で叩くしかないでしょう


014_20130604040154.jpg

これはクサネム 稲刈りの時稲より大きくなる雑草

豆のような種子がいっぱい付くので米に混ざらないように先に刈り取ってます。

高いところだけ発芽してると言う事は かなり発生を抑えてると思う

011_20130604040619.jpg

これはおなじみキシュウスズメノヒエ どんな除草剤も効かない

今回この草だけを取って歩きました。


そして5月連休の田植えした田んぼ

030_20130604040917.jpg

雨が降る事もなく 水位も十分に上げて除草剤をばっちり効かせた

それこそ草一本もないでしょう

004_20130604041223.jpg

ただキシュウだけは残ってました。


そして畔際でほんの少しだけ生えてたのが

010_20130604041405.jpg

アメリカセンダングサ これも稲刈りの時はかなり大きくなります

田んぼの中の方には一本もありませんでした。

そして畔際のクログワイ

024_20130604043409.jpg

よく効いて発芽したのが次々と枯れてるけどしぶといのは僅かですが大きくなってました



去年はだいぶヒエが発芽してお米に混ざったようで困りましたが

今年はまったく発生してません。

水持ちの悪い田神の田んぼも雑草はクログワイだけでしたので

田植え同時散布の除草剤 半蔵は納得の結果が出たと思います。







水田雑草 ゴヤとヒルムシロ 

カテゴリ:雑草

水田雑草にゴヤなんてあったっけ?

こちらの方言で クログワイの事をゴヤと呼んでいます。

今年も新しく引き受けた田んぼで発芽してきました。

029_20130524041733.jpg

まだ小さいですが、大きくなるとどんどん横に広がります。

DSCF0124_convert_20100605055334.jpg

これはだいぶ前に撮ったゴヤが大きくなった写真です


この雑草 除草剤が全く効かない

8年くらい前から田んぼで発生し始め 細い葉っぱだから影響ないだろうとそのままにしてたら

どんどん増えて 米の収穫量はガタ落ち

それでネットで調べまくってやっとわかった名前がクログワイでした。

徳島の方 この記事で分かるといいですね。


近所でもまだ分かってないらしく ほとんどの家で除草剤にゴウワンを使ってる

適用雑草にクログワイは入ってないのにね。

我が家では去年から発売された半蔵を田植え同時散布しましたので

発芽したものから枯れて行ってます。

030_20130524043610.jpg


そしてもう一つのヒルムシロ

こちらではそう呼んでますが ホントはキシュウスズメノヒエ

028_20130524043847.jpg

まだ少ししか発芽してませんが 放っておくとどんどん横に広ろがって

ムシロを広げたようになるからそう呼んでるんでしょう

田んぼから手で取り上げると

027_20130524044207.jpg

今年は代かきを念入りにして練り込んだから大丈夫だと思ってたけど

やっぱり稈の一部でも残ってると発芽してきました

これを完全に枯らす除草剤は今のところありません。

一昨年 クリンチャーEWを試したけど完全には枯れなかった。

つまりテデトールしかなさそうです。

ただクログワイ対策に使ってる中期除草剤サンパンチは

キシュウスズメノヒエに効果があって、枯れることはありませんが増えないでおとなしくなります。


そうそう ほんとのヒルムシロは葉っぱの幅が広い広葉雑草で

004_20130524045856.jpg

ヒルが葉っぱの上で昼寝をしそうなことからヒルムシロと呼ばれてるとか


現在の我が家の田んぼ

032_20130524050137.jpg

雑草の様子は条間をすかして見ればよく分かります。



ハイカットで大きなクログワイも枯れてきた 

カテゴリ:雑草

今年はなるべく除草剤の散布量を減らす方向に持っていこうとしてますが

難防除雑草のクログワイはほとんどの田んぼでありますので

6月18日に中期剤のハイカットを半量散布しました。

3日後くらいに大雨が降りまして、また流れてしまったかと思ってましたが

最近になって大きくなったクログワイが枯れ始めました。

DSCF0748.jpg

ここの田んぼはかなりの発生量だったので規定量の薬剤散布をしました。

効果が出てくるのは20日以上経たないと見えてこないようです。

DSCF0747.jpg

ここまで大きなのが枯れてきましたからね。


ただ水持ちの悪い田んぼですので一部出入り口付近の高いところは

イヌビエやクサネムが残草しました。

DSCF0745.jpg

赤い茎が見えるのがイヌビエ 小さな葉っぱが並んで付いてるのがクサネムです。

中期除草剤ハイカットはキシュウスズメノヒエにも効果あり 

カテゴリ:雑草

今年もクログワイ対策に中期除草剤を使いましたが

サンパンチと全く成分が一緒のハイカットを6月17日に半量散布しました。


時期的にぎりぎり遅く使ったので、天気の予測がうまく行かず

またしても3日目に大雨となってしまい、流亡したか心配しておりました。


最近になって畦際で気になっていたキシュウスズメノヒエが枯れ始めたんです。

DSCF0546.jpg

対象雑草に今年くらいからキシュウスズメノヒエも入ってきておりました。


この雑草 効果のある除草剤がなくてみんな困ってるようでしたが

去年試したクリンチャーEWはかなり効果があったんですが

液剤ですから動噴が必要で長いホースを引っぱるのは大変ですし

ヒエ以外の雑草にはあまり効果が期待できません。


このクリンチャーEWの主な成分はシハロホップブチルと言うのですが

ハイカットにはこの成分がかなり含まれているんです。

3年くらい前からこの除草剤を使ってますが

キシュウスズメノヒエに対しても効果があるのは実感してました。

手がつけられなくて放置しておくとどんどん田んぼ中に広がって

稲刈りの時分にはあちこちで穂の高さまで伸びあがってきてたのが

枯れてはないものの 小さくなって元気がなくなってましたからね。


今年は畦際を額縁状に散布しましたのでよけいに効果が見えるのかもしれません

完全に枯らす事は出来ないので先端の方の葉は生きています。

DSCF0547.jpg

でも前のように田んぼ中を暴れまくる事が無くなったので

少々田んぼに蔓延っていても安心できるようになりました。


クログワイに対しても効果はかなりあるのですが

もう少し期間が過ぎないと見えてこないようです。

DSCF0543.jpg

まだこんな感じで少し枯れ始めてきたところです。


もちろんそれ以外の雑草にもよく効いています。

難防除雑草のある田んぼには絶対お勧めだと思いますよ。



 
クログワイなら30cm、ヒエは3.5葉期(葉が3から4枚の時)クサネムなら20cmまで枯らせる中期水田... 

クログワイにサンパンチは出来るだけ遅く使え 

カテゴリ:雑草

昨日は朝からドカ雨で日中は少し小雨になったものの

1日中雨でした。


新しく小作を始めた田んぼで1枚だけクログワイの発生がひどいところがあります。

すぐ隣の田んぼもひどいですけど、田神の田んぼ(右)です

DSCF0092.jpg

今は水が深いので目立ちませんが、だいぶ前から気になってました。

ちょうど大雨で深水になってるから中期除草剤のサンパンチをやろうか迷ったのですが

地下に根茎をもつクログワイは深い所のが遅くに出てくるので

完璧に駆除するのが難しいのです。

大きくなっても30cmまでなら完全に枯らす事が出来ますので

収穫60日前までにやる事になってますが、ぎりぎり遅く使うのが得策かと思ってます。

DSCF0093.jpg

水が深くてもここまで大きく見えますからね。

そして密集してるところはこんな感じです。

DSCF0094_20120606062114.jpg

先の方が赤くなってるのは トップガンの効果の名残です。

田んぼの中の方は条間に沢山見えます。

DSCF0096.jpg

だらだらと発芽してくるクログワイには弱ったものですが

今月中頃まで待って サンパンチで一気に叩きます。


田んぼの雑草 

カテゴリ:雑草

さあ 気温が上がってくると雑草オンパレードの季節です。

除草剤は思いのほか効いているものの

畦際ではいろんな雑草を見かけました。

イボクサ
DSCF9917.jpg

これだけ大きいと除草剤も効かないみたい

ツルを横に伸ばしてかなり広がります

一年生雑草だからあまり心配はしてません。


キシュウスズメノヒエ
DSCF9921.jpg

我が家では毎年定番の雑草になりました。

畦際から田んぼの中に向かって進行中


スズメノテッポウ
DSCF9923.jpg

ほんとは冬田草なんだけど 畦際で残ってました。

たいした悪さもしないようで心配ないです。


クログワイ
DSCF9927.jpg

これは隣の田んぼですが 今年も元気よく大量に出てますね。



そして愛犬ボビーの散歩中 おかしな光景を見つけました。


ギョウギシバ
DSCF9978.jpg

ギョウギシバが田んぼの中に侵入しようとしてるところでした。

DSCF9979.jpg

形がよく似てる事からキシュウスズメノヒエに間違えられることもあるようです。

踏みつけられることに強くてあぜ道に生息していますが

中干し以降 田んぼにも侵入してきます。


雑草が増えてきた 

カテゴリ:雑草

今年も減農薬で行くぞ 水管理さえ間違えなければ問題ない

徐象剤を20~30%減らしました。

ところが出てきましたね、水持ちの悪かった田神の田んぼ

DSCF9839.jpg

手前のはヒエ 真ん中のはクログワイです。

ヒエは湿性雑草ですので、田植え後 田面を露出させなければ生えないはず

この田んぼは水持ちが悪く 田植え後5日目でもう発芽してましたからね。

クログワイは元気なのもありますが 枯れてるのも多い。

DSCF9841.jpg

除草剤の選定を誤らなければ枯らす事が出来ます。

最近使用しているトップガンLフロアブルは

対象雑草にクログアイが入っています。

DSCF9843.jpg

枯れてるのと青々として元気なのが混在してます。

まだまだだらだらと発芽してきますので

中後期除草剤サンパンチで叩くしかありません。


畦際でだいぶ土の高い所は かなりの雑草が生えてます。

DSCF9845.jpg

これは除草剤の定着期間に水を切らした場所です。

このほかは全く問題なしに行ってますので

減農薬のせいで雑草が発芽したとは考えていません。


6年間耕作放棄地だった田んぼはクログワイはなく

まったく雑草の無い状態です。

DSCF9849.jpg

そして後から植えた東の方の田んぼ

除草剤の使用量を三割減らしましたが全く問題なしです。

DSCF9851.jpg

去年のように田んぼの中にキシュウスズメノヒエが点在する事もなく

好調かと思っていますが 畦際には残ってましたね。

DSCF9852.jpg

見つけるたびに足で踏みこんでます。

こいつは空気が無いと生きていけない

泥の中に完全に沈めるとやっつけられます。


ラウンドアップした田んぼ 

カテゴリ:雑草

去年 恐るべしクログワイと言う記事を書きましたが

この田んぼ 今年もかなりのクログワイが発生してたんですね


稲刈りが終わってもなかなか耕さない

どうしたのかと思ってたら 田んぼ中 ラウンドアップを撒いたらしい

DSCF8266.jpg

確かに後から発芽してきたクログワイは赤くなって枯れています

それもかなりの量

DSCF8268.jpg

ラウンドアップは 葉から吸収されて根っこまで届き

根から枯らすと言うすぐれもの

もちろんその場所に生えている全ての物を枯らすので

非選択性除草剤です。

クログワイのような土中に根茎をもつ雑草は

防除が困難で 我が家でも手こずっています。

効果のほどは来年 田植え以降に分かるはず


ラウンドアップの主成分 グリホサートですが

微生物によって分解され 土への安全性は高いとされています。

「土への」と言う所がひっかかりますけどね。

DSCF8265.jpg

畦際のクログワイが密集してるところも

こんな風に完全に枯れていますが

果たして これで良いのでしょうか?

我が家では 最近の考え方として

どうしても必要な時以外は なるべく使用を差し控えるようにしてます。

除草剤ハイカットの効果 クログワイが枯れてきた 

カテゴリ:雑草

6月14日に散布したハイカットですが

2週間目位から効果が出てきてました。

クログワイはまだら状に色が赤くなってきてます。

DSCF6339.jpg

枯れて水没してるのとこれから枯れて行くのが混在したところです

DSCF6336.jpg

大きくなったクログワイですが元の方が黒くなってますので

やがて枯れるでしょう

このあとも追跡してみます。

DSCF6338.jpg

オモダカは黄色くなってます

これもかなり大きなものまで元気がなくなってますので

枯れて行くと思われます。

DSCF6343.jpg

コナギは同じように葉っぱが黄色くなりかけ

元の方が黒ずんでます。

DSCF6341.jpg

キシュウスズメノヒエも元気がなくなって

大きくなっていません

成分の中にあるシハロホップブチルは

クリンチャーと同じ成分なので

その効果が出てると思います

DSCF6344.jpg


散布時に通常よりもかなり深い水だったので

効果が出るか心配してたのですが

順調に効いて来てると思います。



 大きくなったクログワイ、シズイ、オモダカに!3.5葉期のノビエにも高い効果を発揮!水稲用除草...


キシュウスズメノヒエ その後 

カテゴリ:雑草

6月5日に散布したクリンチャーEWですが

薬剤のかかったキシュウスズメノヒエには

かなり効果があったみたいです。

DSCF6250.jpg

葉は枯れていますが軸はまだ青く

まだ効果がでるのかどうかわかりません。

DSCF6249.jpg

また全く効果が出てない場所もあり

薬剤の散布方法に問題があるのかもです。

DSCF6256.jpg

1反に100mlのところ 半分くらいしか使っていませんでしたから

こんな結果になったのでしょう。


やはりキシュウスズメノヒエは 畦際の残耕をなくす 

代かきでなるべく沈めるなどの耕種的予防に頼るか

手取り除草しかないのでしょうかね。


キシュウスズメノヒエにクリンチャーEWの効果 

カテゴリ:雑草

キシュウスズメノヒエがかなり多く発生した田んぼ

今月の5日にクリンチャーEWを散布しましたが

効果が少し出てきました。

DSCF6052.jpg

茎や葉が赤く変色しています。

雨のせいで水が深くなっていますが

かなり弱らせて来ているようです。

DSCF6050.jpg

ただ 元気なのもあり

薬剤がかかってなかったのかとも思いますが

効果のばらつきが心配です。

DSCF6048.jpg

畦際だけでなく 田んぼの中の方もちゃんと効果が出てます。

写真にはきれいに撮れてなかったので水が引いたら撮ってみます。



キシュウスズメノヒエの除草剤 

カテゴリ:雑草

去年は3回田んぼに入って手取りしたキシュウスズメノヒエですが

結局 もとのもくあみで今川の田んぼはかなり広がっています。

DSCF5916.jpg

畦際では格別元気が良いみたいで

茎も太く横にかなり伸びていました。

DSCF5917.jpg

もうこの状態では手で取るにはかなり時間がかかり

また取り残しが出来そうに思い

去年買っておいたクリンチャーEWを使ってみることにしました。

DSCF5910.jpg

1.8反の田んぼですので動噴を使うまでもなく

と言うより持ってないし

れいの電池式噴霧器でやることにしました。

噴霧量が少ないので希釈倍率を高めにして

5リットルにキャップ3杯くらいでやってみました。

DSCF5915.jpg

結局 1.8反で1本がちょっと余るくらいになってしまったので

薬の使用量としては半分くらいしか使ってないです。


田んぼは硫安の追肥後 水を入れてなかったので

ほとんど水のない状態です。

DSCF5911.jpg

小さな噴霧器ですので8条づつしか撒けません

DSCF5913.jpg

約1時間くらいで終わりました。

さて 効果のほどは半月ほど先に分かってくるでしょう。



  (配送区分A)水稲除草剤クリンチャーEW 100ml 

水田除草剤について 

カテゴリ:雑草

去年 かなり草が生えてしまった田んぼを紹介しましたね。

DSCF1885.jpg

除草剤は使っているんだけど こんなに生えてしまったんです。

なぜ 除草剤に失敗したのか 除草剤について書いてみます。



除草剤は大別すると 選択性除草剤と非選択性除草剤に分かれます。

 選択性除草剤は目的とする作物以外の雑草を枯らすもので
 水田では稲以外の雑草に効果がある農薬です。

 非選択性除草剤はそこに生えている全ての植物を枯らすので
 強い殺草効果があります。
 休耕地や道端など作物を作っていない所で使用します。


抑草効果と殺草効果

 土壌処理剤は抑草効果をおもに目的としているので
 雑草の発芽前に使用します。
 茎葉処理剤はすでに発芽してしまって成長した雑草を
 強い選択性で枯らす殺草効果があります。


使用時期による分類

 初期剤 土壌処理剤が主に使われているので田植え直後に
     使用して雑草の発芽を抑えますが効果がつづくのは
     2~3週間ですので中期剤との体系処理が必要です。

 中期剤 土壌処理剤と茎葉処理剤の両方が含まれる場合が多いです
     5葉期以前の苗には薬害が出る恐れがあります。

 後期剤 茎葉処理剤で取り残して大きくなった広葉雑草や
     カヤツリグサ科の雑草を枯らしますが
     イネ科雑草にはほとんど効果がありません。

 一発剤 最近よくつかわれていますが土壌処理剤と茎葉処理剤が
     含まれていて抑草と殺草の期間も長めに効果があります。


散布方法による分類

 粒剤  散粒機などを使って田んぼの中を歩き回って散布していましたね

 
 フロアブル 液状で水口施用や畦際からの施用が出来ますが
       幅が30m以上の田んぼは中も歩いて施用します

 
 ジャンボ剤 袋状もしくは錠剤(石鹸状)の形をしており
       畦から投げ込むだけですので簡単です。
       発泡しながら拡散します。


除草剤は田んぼの中で均等に広がる期間を見込んでますので

土にすぐには定着しません。

4~5日は田面が露出しないようにしないと最初の写真のように

なってしまいます。

除草剤の効かないもしくは効きの悪い雑草がありまして

我が村でもクログワイとキシュウスズメノヒエには

困っております。



周回植え 空回りなしの方法 再編集しました

恐るべしクログワイ 

カテゴリ:雑草

難防除雑草クログワイの記事は何度も書いてきましたが

今年の稲作も終盤になって

一発除草剤だけを使った近所の田んぼです。

DSCF3198.jpg

通常の除草剤が土中にイモを持つクログワイに

どれだけ無力が分かりますね。

DSCF3197.jpg

畦際だけでなく田んぼの中の方も沢山出てます

こういった田んぼは必ず収穫前にクログワイと共に倒伏します

細い葉っぱですのであまり収量に影響しないように思いますが

私の経験では 300kg台に激減します。

やっぱり 中期除草剤のサンパンチに頼るしかないですね。


クログワイ その後 

カテゴリ:雑草

中期除草剤サンパンチでほとんど枯れていたクログワイですが

また復活してきました

DSCF2952.jpg


地上部の葉は枯れても土中のイモはまだ生きているのかも分かりません


なんでも毎年連用することで根茎を弱らせ 発生位置が浅い所になるとか

つまりラウンドアップのように根から枯らすわけでもなさそうです


たしかに根茎は弱っているようで こちらの写真ではかなり小さくなってます

DSCF2950.jpg







余談ですが 嫁が石臼で育てていたスイレンが咲きました

DSCF2930.jpg

朝 6時に蕾だったのが7時には完全に開花してました

咲く瞬間が見てみたいものです

DSCF2929.jpg

夕方 また蕾に戻ってましたよ



草取り 

カテゴリ:雑草

今川の田んぼ れいのキシュウスズメノヒエがかなり残ってました

会社が終わってから草取りを始めました

硫安の窒素を吸って 大きくなってます

DSCF2583.jpg


深水にしてたせいで 根が浅く 引っ張ると一気に取れます

DSCF2580.jpg

ものすごい繁殖力で広がってますので 田んぼの中を片道歩くだけで

バケツ一杯になってしまいます

DSCF2584.jpg

前にやったクリンチャー粒剤は全く効果がなかったことになります

来年は 液剤のクリンチャーEWを絶対試してみるつもりです


近所のおばさんが通りかかって 稲刈りから後

一度耕してしばらくしてから 発芽したのを

小さな熊手で掘り起こしながら取ったら ほとんどなくなったと話してました。

みんな苦労してるんですね。


30分でこんなに取りましたよ

DSCF2585.jpg




ところで帰宅すると嫁がおかしなものを履いてるんです

中期除草剤サンパンチの効果 その2 

カテゴリ:雑草

大雨の後 我が家以外どこの田んぼもすっきりと水を落としてます。


前にレポートしたクログワイとオモダカの混在した田んぼですが

今日また写真を撮ってみました


かなりの数のクログワイとオモダカが生えていましたが

あまり大きくならないうちにサンパンチを散布した田んぼです


サンパンチ散布前

DSCF2226.jpg

27日後

DSCF2541.jpg

全く見当たりません



同じようにクログワイとオモダカが混在した別の田んぼですが

オモダカがかなり大きくなってサンパンチを散布した田んぼです


散布前

omodaka2.jpg


半月後

DSCF2542.jpg


畦際では


DSCF2543.jpg

稲が見えない状態から ここまで回復しました



クログワイだけが発生していた田んぼは

25日で 小さいのは完全に枯れてしまい

やや大きいのは黒くなっています

DSCF2540.jpg



我が家の田んぼでも大きなクログワイが枯れてきてます

DSCF2420.jpg

水が深いので分かりにくいですが ここまで大きいのが枯れてました



サンパンチは中期除草剤ですので 初期除草剤や一発剤との体系処理で

高い効果があるようです

いつも使っている除草剤を使ったのち 難防除雑草が残った場合

サンパンチを散布すればいいでしょう

収穫60日前までとなっていますので 気をつけましょう



近くの農協で注文すれば買えると思います

ネットではまだ販売されていませんが

全く同じ成分で同じ効能のハイカットと言うのがあります






サンパンチの効果 

カテゴリ:雑草

だいぶ前に記事にしたと思うんだけど

クログワイとオモダカが大繁殖した田んぼが有ったんですね

6月8日にこんな状態でした

omodaka2.jpg

オモダカが稲より大きくなって 数も稲よりずっと多いです。

クログワイが目立ちませんが 同じ数だけ生えてます。


この田んぼの持ち主に中期除草剤のサンパンチを教えてあげたんですが

たぶん1週間ぐらい前にやったんだと思います


あれだけ大きいオモダカが枯れ始めてます

DSCF2393.jpg

広範囲にみると まだ雑草の方が多いですが

ここまで枯らすとは すばらしい選択性ですね

DSCF2394.jpg



クログワイとオモダカ 枯れてきた 

カテゴリ:雑草

今川の田んぼの隣にクログワイとオモダカが

びっしり生えた田んぼが有ったんですね。


6月7日に このブログに出した写真です

DSCF2226.jpg

前日に 中期除草剤のサンパンチを撒いていますから

16日目になります。


雨の合間をぬって 愛犬ボビーの散歩に行ったついでに

同じ田んぼの写真を撮ってみました。


クログワイは 小さいのは無くなって見えません

大きいのは ずず黒くドビたようになってきてます。

DSCF2337.jpg


オモダカは小さいのはもう見当たりません

大きいのは 黄色くなって枯れてきてます


クログワイと混在してた場所ですがオモダカの大きいのだけが見えます

DSCF2339.jpg

もうしばらくすると 完全に無くなるんじゃないかなと思います。

去年もクログワイとオモダカが大発生して

収穫量がガタ減りになったと嘆いていましたから

今年は 大喜びでしょうね。


サンパンチとまったく同じ成分で効能も同じ

中期除草剤がありました





ウリカワがオモダカに 

カテゴリ:雑草

雑草に関して全く素人の管理人です。


今川の田んぼの隣の田んぼの持ち主と話したことがあり

前は マキノハで困ったことがあるとのことでした

マキノハはこちらの方言で ネットで調べるとウリカワの事らしいです。


それが今年も発生してるみたいで 前に写真を撮ってました 5月23日です。

DSCF1905.jpg

掘り上げてみると

DSCF1906.jpg

これはウリカワに間違いないと思っていたら

今日その人に会う機会があって 除草剤のサンパンチを散布したと聞いて

朝の間 お寺に行く前に今川の田んぼの草取りをしたので

ついでに前の場所を写真に撮ってみました

DSCF2224.jpg

雑草の数がかなり増えてますよね

近くでよく見てみると 矢じり型の葉が出てきてました

DSCF2226.jpg

大きな勘違い ウリカワじゃなくてオモダカだったんですね。

はたしてサンパンチがオモダカにどこまで効くのか

しばらく注目してみます。

雑草取り 

カテゴリ:雑草

前に近所の田んぼで雑草が大発生している記事を書きましたが

我が家も人ごとじゃなくなってきてます。


例のモグラが穴をあけた田んぼですが 初期に何度も干し上がったので

かなり雑草が出てきました。

もちろん一発剤のトップガンLフロアブルを施用してるんですけどね。

DSCF0119_convert_20100605054841.jpg

かわいい4枚葉の草は田んぼ一面に生えてます

後見えてるのがコナギとキシュウスズメノヒエ クログワイです

特に高いところには 背の高い草が生えてました

DSCF0121_convert_20100605055138.jpg

この背の高い草とキシュウを手で取りました

クログワイはかなり大きくなったのもあり

DSCF0124_convert_20100605055334.jpg

中期剤のサンパンチを近いうちに散布するつもりです


キシュウスズメノヒエ 復活してきた 

カテゴリ:雑草

もしかして完全にキシュウスズメノヒエをやっつけたかなと思ったのですが

やっぱり駄目のようです


除草剤のクリンチャーですが 展開葉が水中にあることと書かれていました

その通り 発芽した葉が水中の分にはよく効きましたが

すでに大きくなって葉が水面より上のものは効いていません

f1.jpg

また 後から発芽してきたものにも効果がないようです

f2.jpg

液剤のクリンチャーEWを茎葉に直に散布すれば効果があるかも分かりません

別な田んぼか来年にやってみます

今回はなるべく手で除草するつもりです


キシュウスズメノヒエ 枯れてきた 

カテゴリ:雑草

除草剤のクリンチャー散布後 全然効果が認められなかったので

雑草の種類がキシュウスズメノヒエかどうか心配してたんだけど

水位を下げてみて分かりました。

小さなのはほとんど枯れてます

DSCF1968.jpg

もうすでに大きくなって葉が水面よりかなり高くなったのは

あまり効果がないようですが新しく枝を伸ばせない状態みたいです

DSCF1972.jpg

残りの分は手で除草しようかと思ってましたが もう少し様子を見て

もしかしたら全部枯れるかも分かりません


もうひとつ クログワイも発芽して枯れてるのがありました

DSCF1971.jpg

クログワイによく効くサンパンチもクリンチャーの主成分

シロハホップブジルが同じ比率で含まれているようで

クログワイにも効いているのかも分かりません


キシュウスズメノヒエ その後 

カテゴリ:雑草

キシュウスズメノヒエに唯一効果があるとされる

除草剤のクリンチャーを散布した田んぼですが

今日で2週間になります。

ほとんど変化がありません

DSCF1911.jpg

それでネットで色々と調べたのですが

よく似た雑草が11種類くらいあるそうで

葉の形で詳ししく説明しているところがありました ここです

葉っぱを茎から葉鞘ごと取って 写真を撮ったのがこれです

DSCF1931.jpg

また新葉ですが巻いた状態で出ています

DSCF1934.jpg

照らし合わすと間違いなしにキシュウスズメノヒエだと思います。

なぜ除草剤の効果が出なかったのか不思議です。

あとはクリンチャーの液剤を試験的に使ってみて 手で除草するしかなさそうです。


除草剤と水管理 

カテゴリ:雑草

初期除草剤は田植え直後に 一発剤は苗が活着してから

施薬しますね

どちらも除草剤散布後は4~5日の間 除草剤が定着するまで

田面が露出しないように十分水を入れます

これに失敗すると このようになります

DSCF1885.jpg

全種類の草が生えてるって感じですね

もちろん最初から栄養を取られてますので苗も勢いがなく

草丈が伸びていません


もうひとつ こちらは除草剤の選定を誤ったのでしょうか

オモダカが群生しています

DSCF1882.jpg

近付いてみると早くも矢じり型の葉っぱが見えます

DSCF1884.jpg

去年オモダカが大発生した田んぼでは収量がガタ減りになったとか

中期除草剤のサンパンチはオモダカにも効果があるそうで

教えてあげたんだけどどうなる事か



ブログパーツ