カテゴリー : “菜の花(緑肥)” の記事リスト

菜の花緑肥失敗です 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

今回田んぼに蒔いた緑肥用の菜の花は春咲きの安い種に変えた

開花期は3月頃と言う事だったけど最近ようやく花をつけ始めた

だけどまるで勢いがない

我が家の窪地
20150325_161303.jpg

茎がすとんと伸びただけで葉っぱがほとんどない

これでは緑肥とは呼べないでしょう

篠原の田 2,3反
20150325_161539.jpg

こちらは草丈も伸びてない

月末まで待ってみるつもりだったけどそれほど変わり映えしないでしょうよ


東の方の田んぼグループは何度も冠水したけど発芽はしてまして

20150325_161839.jpg

それもやっぱり成長してない

20150325_161957.jpg

大きくなってきそうな雰囲気もあるけどそれほど待てないでしょう


出荷用に作ってた菜の花はオクラの種まきと同時に収穫をあきらめたので

20150325_161702.jpg

今やこんなに花が咲いてます

もしかしたら保育所が見に来るかもしれないので

月末まで漉き込みは遅らせてみる。


もう一つ 別な田んぼ2枚に蒔いたハゼリソウ

全く発芽の兆しなし

20150324_150849.jpg

種代1リットル2500円 なんだったんだろう

20150324_152058.jpg

冬草のスズメノカタビラが枯れてきたのを一気に漉き込んでます。

緑肥は気候によって大きく影響されるので

次回からはあきらめようかと考えております。

緑肥の菜の花大きくなってこない 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

今回から春咲きの菜の花に種を変えて蒔いたけど

初期に何度も冠水して不調の菜の花

発芽はしてるけど大きくなってこない

20150204_084726.jpg

いちばん東の田は発芽はしてるんだけどこんな状態

鶏糞の代わりに米ぬかを撒いたけど効いてないのか

それとも雨の影響で根が傷んでいるのかでしょう

20150204_084733.jpg

その横の田は落ち口のない田んぼだけど案外発芽して

少し大きくなってきてるのには意外でした。

20150204_084747.jpg

茎数は少なく見えるけど こんな感じで伸びてきてます。


我が家の窪地は葉色は悪いけど大きくなってます

20150204_085156.jpg

とまあ田んぼによって生育がまちまちです。

あと2ヶ月でどれだけ成長するのか

品種を変えたのが失敗だったのかもしれませんが

3月末の漉き込みまで様子を見るしかないですね。

緑肥の菜の花は湿害で赤くなった 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

いつもより早播きして少しでも大きく育てようとした菜の花

東の田んぼのグループは何度か大雨で水没してしまった

20141223_145828.jpg

この写真だと雑草のスズメノカタビラだけしか生えてないように見えるけど

写真をクリックして大きく見ると菜の花が見える

水没を繰り返した田んぼも消えてしまう事なくある程度生えています

20141223_145840.jpg

やっぱり湿害が出ると葉が赤くなって大きくならない

今までの経験ではそのままにしておけば回復してくるはず

春咲きの菜の花は初めてだからどうなるのかちょっと心配です


比較的高い場所のグループは順調

篠原の田んぼ

20141223_150127.jpg

溝切りもきっちりしてあったから大雨でもあまり冠水しなかった

20141223_150233.jpg

まずまず育ってるかな

れいの籾殻を焼いた後では

20141223_150220.jpg

周りとぜんぜん成長の度合いが違います

出荷用に使えないかと尿素を3日前に撒いてやった

右の方だけだけど すぐ色が濃くなった。


窪地も調子が良い方だと思う

20141223_150337.jpg

ここもきっちり溝切りをしましたからね

3月の末くらいに耕転する予定だから

それまでに大きくなるんだろうか

何とも言えないです。


冴えないのが我が家のオオジ

20141223_150011.jpg

発芽率がかなり悪いし それほど大きなのもない

ここはプレミアム阿波美人として初挑戦するつもりだから

農協の方針に沿って稲作を進めていくつもりです。


さて冬の間は辛抱の時

今の間に稲作の計画を練っておきますか・・

関連タグ: 菜の花, 緑肥,

緑肥の菜の花はスズメノカタビラに負けてる 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

今年は種代の安い春咲きの菜の花を蒔いたけど

種まきはいつもの年より早めの9月20日だった。

その後 大雨が何度も降って水没を繰り返したせいなのか

なかなか大きくなってきません。

008_20141108052353a24.jpg

窪地は生えてはいるんだけどまた小さいので分かりづらい

014_2014110805264660d.jpg

篠原の田も沢山発芽してる割に雑草のスズメノカタビラに負けてる

013_201411080528145d3.jpg

籾殻を燃やした跡では雑草が生えてないので大きくなってます

種まきの時期を遅らせると雑草より早く発芽するから良いかもしれんけど

生育期間が短くなるのでこれまた大きくならんかもしれん


そして東の方の田んぼ

019_201411080531046c9.jpg

青く見えてるのは全部我が家の耕作田

こちらの田んぼは低いので大雨のたんびに浸かってしまう

022_201411080533318c4.jpg

よく発芽してる所でも葉が赤くなって湿害から抜け出せない

025_2014110805345528e.jpg

発芽率が極端に悪い田もあり 今回もまたぱっとしないかもしれない

天候に左右される緑肥は考えものかもしれません

出来具合で田植え前の鶏糞散布の量を調整すれば良いようなものですが

さて 手間をかけただけの結果が出ないのはつらいです。

関連タグ: 緑肥, 菜の花,

大雨で緑肥の菜の花は水没 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

大型で強い台風18号が日本列島を駆け抜けて行きましたね

徳島県では少し離れて通ったから大した事ないと思ってたら

夜中にかなりの雨が降ったみたいで風も相当吹きました。

朝から田んぼを見回ってみると

001_2014100705481340c.jpg

案の定 低いところの田んぼは水がいっぱいです

やっぱり排水の用水が水はけが悪すぎる

003_20141007055040b91.jpg

せっかく発芽してきた菜の花は完全に水没

丸一日で8割くらいは水が引いたので助かるかも

004_2014100705524281f.jpg

このグループでも一枚だけ高い田んぼは水はけがよい

菜の花がこれだけ大きくなってるのがよく分かります

006_20141007055515cde.jpg

そして我が家のオオジも水がいっぱい

落ち口が手前にもう一ヶ所あるので朝に開けて落してきた

009_20141007055758672.jpg

畔際ディスクをかけた溝を排水口につないであったのでそちらの側は

ちゃんと土が出てます 水もどんどん落ちてました。

011_20141007060038b5b.jpg

排水の溝切りをした田んぼはきっちり水が落ちてきれいに土が見えてました

013_20141007060337f2a.jpg

写真をみれば排水の溝が役に立ってるのが良く分かりますよね


夕方にはほとんどの田んぼは水が引いてましたから

何とか助かるかも知れんけど 次の台風19号も気になります

せっかく播いた種 うまく生きてて欲しいけど天気だけはしょうがないね。

緑肥の菜の花 発芽した 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

過去記事を振り返ってみるとだいたい10月中ごろに種まき

発芽はその5日から1週間後でした。

去年は少し早く 9月24日種まき 10月1日発芽

さて今年は9月20日に播いたけど その後雨が降らないので

なかなか発芽してこないようで心配してました。

種まきから3日後くらいからハトの大群がやってきて種を食べてる

005_201409270534414df.jpg

毎日やってきてくちばしの動くスピードの速い事

もうこのままいったら種はハトの胃袋に全部入ってしまうかもって思ってたら

9月24日に日本海側を通過して行った台風の影響で大雨が降った

おかげでようやく発芽しました。

003_20140927054033435.jpg

ただ場所によってはあまり芽が出てないところもある

005_20140927054203188.jpg

種まきの量を反当1kgしか播いてないからだろう

薄播きでももっと平均に播ければ問題ないはず

もっと歩く間隔を縮めて平均に播けるようにするのが課題だね

まさかハトが食べてしまって発芽が悪いのかもしれない


他の田んぼに播いたハゼリソウはまだ発芽していません

010_201409270553119a3.jpg

もうすぐ向こうに見える神社で祭りがあるので道路の雑草を綺麗に刈ってあります。


よそ村から田んぼを作りに来てる所では

011_20140927054737c15.jpg

トラクターに付けた播種機で種まきしてたけど いっぱい発芽してました

何の種かは不明 裏作に営業用の種まきでしょう

緑肥用菜の花の種まき 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

2~3日前から咳が出て鼻水は出るわ頭も痛い 風邪かな?

オクラの収穫を半日やって 残り半日で2反分出荷用菜の花の

畝立てと種蒔き その合間に田んぼの耕転を少しづつやってきた

朝の5時半から夕方6時半まで明るい間はびっしり仕事したからな~

体がギブアップしてるんかもしれん


風邪でも動ける間はやる

田んぼを再耕転

002_20140920041044605.jpg

稲刈り後 あまり乾いてない時に一回だけ耕した田んぼは

土がゴロゴロしてて種蒔きには向いてないので

全部の田んぼをもう一度耕すことにしました・

003_20140920041337053.jpg

今回は出来るだけ細かくと思い ロータリー3 トラクター3 固いところは2速

最後の方の田んぼはロータリー2で行けた 細かさに合わせて変えた

土が乾いてカチカチになってるから案外負荷がかかり 耕深は浅め

006_20140920041744aa0.jpg

こちらは最後に稲刈りした田んぼだから まだ稲ワラがよく目立ってます

007_20140920041913755.jpg

その後 サラダで溝切り

菜の花は大雨で湿害を受けやすいのでできるだけ水はけをよくしておく

008_20140920042026fd8.jpg

大きな田んぼでは3本ほど落ち口に向かって溝切り

ただ今までの経験からすると雨の量が多いとあまり意味がなかったような気がして

今回は2枚の田んぼだけにして 他は畔際ディスクをかけた溝を排水につないでおいた

027_20140920042657944.jpg

今年は種代が安い春咲きの菜の花を農協で買った

前回の記録を見てみると散粒器のメモリ2.7でちょうど良かったって書いてたけど

メモリ2.5から2くらいまで絞っても種が足りなくなる

今確認してみたら一袋500gだった

1kgのつもりでやってたから足りないのは当然だわ


8.3反 5枚の田んぼを耕して種まきは途中までやってある

今までやってきた緑肥の種まきより25日以上早く播いた事になる

吉と出るのか凶と出るのか 気温が高いほど大きく育つと考えてるんだけどね



緑肥の種が来た 菜の花とハゼリソウ 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

天気予報ではだんだんと気温が下がってくると言うけど

日中はまだまだ暑い

オクラは気温が下がると成長が遅くなるはずなのに

まだまだ生り続けてるので半日はかかりっきりになる

後の半日で種まきの準備を進めています。


菜の花の種ですが、国華園の寒咲ナバナは1kg6000円になり

かなり高いので普通の春咲きの菜の花 農協では2500円

他の緑肥も試してみようとハゼリソウ(アンゼリア)も一緒に農協で購入

種が来たのでもらってきた

006_20140912044842053.jpg

量が多いので大きな紙袋に入ってます。

菜の花の種 11kg ハゼリソウ 3kg

004_20140912045026b13.jpg

ハゼリソウは炭素率が少し高めで窒素過多になりにくいようで

稲の緑肥としては少し追肥が必要かもしれません。

今年から新しく引き受けた田んぼに播いてみます。


006_20140912045350fa4.jpg

田んぼの耕転も少しづつですが進めているんですが

1回では土が荒くて種まき出来ない

もう一度耕してからだと今月中にできるのか

出荷用の菜の花もまだ種まき出来てないからね。


少し雨が降ったけど田んぼはだんだん乾いて来て調子よいと思ってたら

003_20140912045712e1b.jpg

低い田んぼでは水がいっぱい入ってます

排水の為の用水の水位が上がって落ち口から逆に入った

我が村では稲刈りはみんな終わって残ってるのはキヌヒカリが少しだけ

土地改良区に用水の水の量を半分か3分の1に減らすように文句を言ったら

夕方には水が来なくなった。


近所からまた田んぼを作ってくれないかと話があり

1,7反 3枚の小さな田んぼを引き受けた。

もう限界かもしれないけど 大農家が見放した田んぼは

作ってあげないとかわいそうだからね。

さてしばらくは忙しいヨン・・

菜の花緑肥の肥料に米ぬかを使う 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

稲の緑肥に菜の花を使うようになってから5年目になります。

毎年種まきが遅れ気味でうまく育たない事が多い。

今年は稲刈りが終わった田んぼから順番に耕転して行ってます。

菜の花の肥料に鶏糞を使ってるけど 田んぼに撒くのが大変だから

グランドソワーを使って撒くようになった。

機械撒きだと普通の発酵鶏糞は詰まって撒けないと思い

値段は倍以上するけどサラサラの鶏糞を使ってる。


少しでも経費を抑えたいと考えていたら、精米所から米ぬかをもらえるようになった。

機械で撒いても詰まる事もないし、ニワトリの餌だからちょうど良い

窒素量は少し少なく2%台

001_20140825090119d84.jpg

厚手のビニール袋に入ってますが 40kg程度だと思う

002_20140825090122573.jpg

グランドソワーに入れるとこんな感じ

ちょっと脂っぽく感じるけど 肥料分としては十分効くと思う

004_20140825090122d93.jpg

トラクターの運転台からみたらこんな感じで落ちて行きます。

これで反当200kg以上は落ちてるはず

006_20140825090124fcd.jpg

1反と少しだけ撒き終ったけどまだまだ必要

時々もらいに行って 足りない分は鶏糞を撒きます。


さて9月中ごろまでには種蒔きしたいんだけど

また雨で延び延びになるかもね。

緑肥用菜の花 満開です 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

去年は同じタイトルで記事を書いたけど1ヶ月遅かった

今回は9月の末から種まきをしたので25日早く撒いたことになる。

001_20140219062121e3f.jpg

我が家のすぐ前で撮った写真 

種まき機で播いたから草丈はかなり高くなってます

013_20140219062123e0b.jpg

こちらは長男の家の前 菜の花が咲いてる田んぼはすべて我が家の耕作田


2.3反の篠原の田んぼは遠目で見ると見事です

006_20140219062531957.jpg

手前はヒマワリ緑肥を失敗した田んぼ そのままにしてあります

ただ 種蒔き直後に大雨が降ったせいで発芽の悪い部分もあり

007_20140219062533087.jpg

道路沿いは少しさみしいです。

種まき機で播くと種の量は5分の1くらいで済むけど

やっぱり散粒器で播いて茎数を確保する方が良いみたいです。

保育所の見学も申し入れがあり 鋤き込みは来月後半の予定です。

緑肥の菜の花 5分咲きです 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

今回は畝立てして種まき機を使って播いた菜の花ですが

いつもの年より早く開花してきました。

001_20140114053004b2c.jpg

我が家の家の前から撮った写真

今時分枯れた草しか目に入らない時期に菜の花は派手です。

去年よりかなり早く開花してるように思う。


手間暇かければうまく行くなんて記事を書いた事もあったけど

実際はそうでもなく 大雨で何度か冠水したので調子が悪い

023_20140114053537744.jpg

家のすぐ近くの7畝の田んぼはこんな感じ

024_201401140535395b6.jpg

高畝にして2条播きだから茎数は散粒器を使ってばら蒔き下のに比べて

かなり少ないと思う その分大きくなってくるはずなんだけどね。

006_201401140540270c9.jpg

こちらは2.3反の篠原の田んぼ 遠目ではにぎやかだけど近くではこんな感じ

やっぱり散粒器で播いた方がにぎやかになるはずでした。


東の方の田んぼは低いのでもっとひどく

007_201401140540295ba.jpg

こんな状態ではとても緑肥としての効果は期待できないです。

3月後半まで様子を見ますか


一番東の田んぼはにぎやかなところがある

011_201401140546060f3.jpg

種まき機のボトムシールがおかしくなって種がかなり余分に落ちた場所

次回も緑肥を種まき機で播くのだったら点播きではなく スジ播きにすればよいかもしれない


そしてばかでかくなった場所があります

015_20140114054608f7b.jpg

葉色も濃く 出荷できるかもしれないほどの勢いです。

くず米を残してたんだけど 倉庫に入りきらずに田んぼに撒いた場所

これだけの効果があるとは意外でした。


出荷用の菜の花の条間にもくず米を試しに入れてみたけど変化がなかった。

なぜだろうって考えてたんだけど

気温が高い時に入れたのとトラクターで耕転して土と混ざった事が良かったのかもしれない

やっぱり有機肥料は使い方で効果が変わってくると言う事か


今回もうまく行かないのであれば 菜の花緑肥もあきらめるしかなさそうです。

緑肥の菜の花 咲き始めた 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

今年は9月24日から日曜ごとに3回に分けて種まきした緑肥用の菜の花

最初に種まきしたのは開花し始めてます。

004_201312220647295ce.jpg

出荷用の菜の花と同じようなやり方だから生育が早いのかもしれない

002_201312220647309ff.jpg

田んぼ全体として写真ではきちんと畝になってるのが分かる

006_20131222064731231.jpg

鶏糞だけの肥料だから葉色はかなり薄い

007_201312220647324ef.jpg

それでも色の濃いのもあって これくらいだと出荷できそうな色をしてます


他の田んぼも同じように開花し始めて

010_20131222065503922.jpg

篠原の田んぼは2.3反 尿素をちょっとやれば出荷できそうな勢いです

008_20131222065505c3e.jpg

窪地0.7反 何度か大雨で冠水したけどけっこう育ってると思う

009_20131222065505a16.jpg

石田西の田んぼ こちらはドカスカの育ちだけどだいぶ花が咲いてます


いつもは1月頃から咲き始めるのに今年は早めに種まきしたので開花も早い

全面に種まきしてないので茎数はかなり少なく

大きくならないと緑肥効果があまり期待できないかもしれない

これでもだめなら考えを変えないといけないかも

今回は最後まで様子を見て 田植え前に鶏糞散布で肥効の調整するつもりです。

緑肥の菜の花も開花してきた 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

去年の失敗を繰り返さないように今年は畝立てして種まきした菜の花

しかも種まき機で点播きにしたから出荷用と同じようなやり方

001_20131205054844141.jpg

これは長男の家の前 まだまだ小さいけど蕾を付けてます

002_20131205054846b60.jpg

そして伸びあがって咲いてるのもあるけど分かるかな

003_2013120505484713e.jpg

アップにするとよく分かる

1月頃から本格的に咲き始め 3月まで楽しめそうです

鶏糞を150kg入れただけだから葉色はかなり薄い

尿素を条間に入れてやれば出荷できるくらいになりそうだけど

収穫する手間がない

004_201312050548480d8.jpg

こちらは発芽率が悪く 後から播き足した田んぼ

種まき機も調子が悪くて種がたくさん落ちて条播きになってしまってました

生え方を見て来年の参考にしたい

006_2013120505484960e.jpg

ここは篠原の田んぼ(2.3反)

去年よりうまく行ってるけど手前の方が発芽が悪い


そしてもう1枚 高畝にした田んぼがあり2条播き

009_201312050600261da.jpg

出荷用の菜の花とほとんど同じやり方

無農薬 無化学肥料だけど大きくなってきました

013_2013120506002869e.jpg

試しに3畝だけ条間に米ぬかを入れてみた

菜の花の有機栽培 これで出荷できれば面白いかも

011_201312050600289fa.jpg

大きな株にはすぐ横に米ぬかを置いてあります。


緑肥用だから気軽に考えて

菜の花緑肥 その後 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

やっぱり種まきは早いほど良い

9月25日頃種まきした窪地

001_20131106034039774.jpg

きれいに生えそろって少し大きくなってます

うまくすれば営業用に出荷できるかもしれない


その西側の篠原の田んぼ 2.3反

002_20131106034041124.jpg

手前の方が少し発芽率が悪いがそれでも何とか生えそろってます

去年と同じような草がびっしりと生えてるのは田んぼのPHに関係ありそうだけど

いまだに計った事がない

003_201311060340423b7.jpg

西側の道路沿いはこんな感じで大きくなったら見ごたえがありそうです


そして10月の10日から15日頃に種まきした東の田んぼのグループ

010_201311060350057f4.jpg

発芽はしてるんだけど遠目ではほとんど分からないくらい小さい

台風の影響で丸一日以上水没したけど なんとか生えてるみたい


一番東の田んぼは ごんべえのボトムシールがきれいにはまってなかったところ

種がエンドレスベルトの穴以外にも乗ってかなりたくさん落ちた部分

012_20131106035008ad0.jpg

そこだけ青くなるほど発芽してる

やっぱり種の量が多いほど良いと言う事か

014_20131106035009b4b.jpg

全体にはこんな感じでまだ目立って発芽してるようには見えない

まあ このまま様子を見るしかないですね。

手間暇かければうまく行く 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

田んぼに播いた緑肥用の菜の花

今年も去年もうまく育たなかった

今回は全部の田んぼで畝状に耕し 種まきもごんべえで播いた

前回と前々回がうまくいかなったのは種まき直後の大雨と

雨の為に種まきが遅れたことに原因があったと思う


台風の影響で大雨が降ったけど次の日の朝の写真

006_20131018035349947.jpg

水は溜まってるけど種を播いたところまでは溜まってない


雨の量はかなり降りましたので出荷用の菜の花の田んぼはかなりの水です

008_201310180353513e9.jpg

いつもなら水没して種は生きてるのか なんて心配ばかりしてましたからね

やっぱり手間をかけただけの事はあったと思う

日曜に播いた種ももう発芽の兆しです

013_20131018035353c36.jpg

水の落とし口のない今川の田んぼも高畝にしたら

012_20131018035351522.jpg

夕方にはもう乾いて来てましたからね



そして早くに播いた篠原の田んぼはきれいに生えそろってきました

014_20131018035354319.jpg

まあ たかが緑肥にこれほど手間をかける事もないとは思いますが

それでも毎年悩まされてる湿害から解放された気分ですっきりです。

やっぱり田んぼに溝を切っただけとは大違いですね。

菜の花緑肥 ようやく種まき終了 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

毎日バタバタとしながら続けてきた種まきですが

最後の1枚 水の溜まってた今川の田んぼ

033_2013101601005448b.jpg

日曜日に鶏糞散布しながら耕転

営業用の菜の花を播いたすぐ後で 畝立て板は狭くて高畝のをそのまま使いました

水の落ち口のない田んぼだから高畝にした

034_20131016010055ff7.jpg

その後 ごんべえで種まき

ひたすら畝の上を押していく

039_201310160100572fa.jpg

日曜日に種まきは終了したけど 他の田んぼで柔らかすぎのところがあり

月曜の朝 散粒器で播いた

これでようやく緑肥用の種まきは終了しました。


去年は10月17日に種まきしてるからちょっと早いだけになりました

散粒器で播くと僅か数時間で1町を播いてしまったみたい

種まき機だと1日4反が限度だろうね


早くに播いた田んぼはもう発芽して大きくなり始めてる

この田んぼも台風の影響で雨が降ったからすぐ発芽するでしょう


緑肥の種まき続けてます 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

9月24日から始めた緑肥用菜の花の種まき

何度か大雨が降ったり 営業用の菜の花の種まきと並行してだから

まだ終わってないんです。

006_201310110425388c6.jpg

東の方の田んぼのグループ

種まきを優先だから畔の草もそのまま

真ん中の田んぼは用水に水を落とすつもりで入水口を開けてたら

突然に水を送ってこられたものだから満水になってしまい

10日経ってもまだこんな状態

とりあえず水のない田んぼから鶏糞散布と耕転を日曜日にして置いた

007_20131011042539efe.jpg

もう一枚 用水から浸み出してくる田んぼは柔らかく

トラクターが動きにくいところはロータリーを上げ気味で耕した

008_201310110425416bd.jpg

後は種まきだけど時間がない

夕方会社から帰ってからだと1時間もすると真っ暗になってしまいます。

それで朝も種まきを続けてます。


去年の失敗を繰り返さないように今年は念入りに

どの田んぼもトラクターに畝盛り用の土寄せ板を付けて

畝状に耕し 種まきもごんべえを使って確実に播いてる

003_20131011043618856.jpg

夕方遅くまで種まきした続きを朝にやりました。

004_20131011043619477.jpg

ごんべえで播くと去年まで散粒器で種まきしたのに比べ

種の使用量が播種間隔が36cmだと10分の1で済みます

こちらの田んぼは間隔を10cmに詰めてみたけど それでも5分の1の量です。

ただ田んぼを歩くのが9倍くらい歩かないといけない

トラクターの耕転跡3回分を散粒器だと一気に播けますが

種まき機では一畝3条播きにしたから耕転跡3回分は9往復しないといけない


そして田んぼが湿ってるとごんべえの車輪に土が付いて重くなる

006_2013101104362016c.jpg

ひどいところではこんな状態

播種ベルトにつながってるギヤにまで土を巻き込んでしまいました


後半の種まきももう少し3反くらいで終わり

種まき時期も去年は遅かったからなるべく早くと頑張ってます


あの水が溜まってた田んぼもなんとか見やすくなってきた

007_20131011043622a3e.jpg

まだ柔らかそうで今朝も雨が降ってるのでもう少し先になりそうです。


さて播かぬ種は生えんと言うけど 播いた種は確実に発芽するんだろうか

これだけ念入りにして失敗すれば考えを変えないといけないかも

寒咲花菜 発芽した 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

9月24日に最初に播いた緑肥用菜の花

種まきごんべえがひっくり返って種が固まりになって落ちた場所

007_20131001043328bef.jpg

2日ほど前から発芽してるなと思ってました

住宅の南側の小さな田んぼなんだけど

005_20131001043325818.jpg

あれから雨も降ってないし 一雨来るまでは発芽しないだろうと思ってた

今朝 よく見てみたら芽が出てました

006_201310010433319f0.jpg

ごんべえで点播きにしたはずなのにばらばらと生えてるのは

種のホッパーについてるシールゴムと一番底のボトムシールが

うまくはまってなかったので種が外側にこぼれてたせいだと思う。

004_20131001044839a6c.jpg

四隅までちゃんと発芽してるみたいで何とか安心


田んぼが湿っぽい時に播種したから発芽したんだろう

他の田んぼはまだその兆しがありません

しばらく雨も降りそうにないし もう少し先になりそうです。


畔際にヒマワリの種を少し余ったので播いてみたけど

発芽してました

008_20131001043329403.jpg

そのまま様子を見て 来年の参考にしたい

緑肥用菜の花の種まき 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

去年は緑肥用の菜の花がうまく育たなかった田んぼが多かった

種まきが遅れたのも原因の一つだろうと思う

早くやりたいと焦るけど予定がいっぱいでなかなか進まない

とりあえず少しづつでも始めて行きました。


今年 出荷用の菜の花を作ってた田神の田んぼ(0.7反)

017_20130924044835df6.jpg

畔の草を先に刈っておきたいけどとりあえず種まきを優先

今年は確実にする為 リアカバーに畝盛り用の鉄板を付けてきた

ただ耕すだけで畝盛り出来るから 鶏糞散布しながら畝状に耕す

018_2013092404483643f.jpg

案外トラクターのスピードが出せないものだから

鶏糞の散布量が増えすぎて 途中からメモリを絞った

トラクター2 ロータリー4 エンジン回転2200 深さ5

散布量のメモリ 8で丁度良いくらい なかなか調整が難しかった

きれいな畝は必要ないので終わってみればこんな感じ

022_20130924044839760.jpg


もう一枚 石田 西の田んぼ(0.4反)

ここはヒマワリを播いたけど失敗 ほとんど発芽しなかった

023_20130924050126a8d.jpg

ヒマワリはほとんどの田んぼで発芽しなかったのであきらめるしかなさそう

こちらの田んぼは新しく畝盛り用の鉄板を作りなおしてきた

畝幅を少し広くしたので畝高も低めに作ってあります

024_20130924050128fc4.jpg

最初はリアカバーが高すぎて土が溜まらないから細かくならない

かなりリアカバーを下げると畝の形になり

025_20130924050129a50.jpg

リアカバーを効かせてないのが手前 効かせたのが奥

027_20130924050130bec.jpg

これだけ土の細かさと畝の形が違いました

仕上がりはこんな感じ

028_20130924050132b8d.jpg

終わってみれば僅か20分で終了


その後 種まきはせっかく買ったごんべえで播いた

出荷用の菜の花の種まきに使えるようにエンドレスベルトを新しく買った

株間45cmではS4-9が丁度良いみたい

緑肥に使うにはもう少し株間を詰めて35cmに設定

ギアと反対側のリンクの設定を変えるとできる

029_20130924051320066.jpg

これで種代はかなり節約できるはずだし

覆土と転圧もできるので発芽率はかなり良くなるはず

036_20130924051322cb2.jpg

畝幅を広くしたので3条に播きたかったけど

時間が遅く暗くなったので2条播き


今年は手間を少し掛けてるからうまく行くんだろうか

芽が出てこないと何とも言えないね。



今回も緑肥の種は国華園で買いました

 【花種】【花たね】【大量】【花菜】花たね 大量たね 花菜 寒咲花菜 1袋(1リットル入)

菜の花 満開です 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

ここのところ暖かい日が続いたので

緑肥用に播いた菜の花は急に大きくなって

花も満開です。

月曜日には羽の浦保育所からたくさん遊びに来てたらしいけど

忙しくて写真は撮れませんでした。


008_20130314053351.jpg

夕方しとしと雨が降ってる中で写真を撮ったので

少し色が悪いですが 東の田んぼのグループ(4.5反)


だいぶ賑わしく見えますが 排水の悪い今川の田んぼは

011_20130314053748.jpg

生え切れが沢山出来てるし 数も草量も少ない


れいの石灰窒素だけで種まきした田んぼは

012_20130314053954.jpg

奥の方も石灰窒素を使ってるから

生えなかったのは石灰窒素が悪いからじゃないと思う


そして西の方の田んぼ オオジは全くさえない

015_20130314054341.jpg

篠原の田んぼも同じように悪かった

新しく借りた木村の田んぼは何とか生えそろってくれました

016_20130314054457.jpg

今回は鶏糞も200kgほど入れて 種も散粒器でしっかりと播いたのに

天候の具合でこれほどにも悪くなるとはがっかりです

今月末に鋤き込み予定。

菜の花 咲き始めた 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

田んぼに播いた菜の花

去年は1月23日に開花の記事を書いてるけど

今年は調子のよい田んぼではもうだいぶ花が咲いています。

005_20130120060004.jpg

調子がよいのはこの田んぼだけ それも小さい0.4反しかない


全部で6反くらいある西のグループ 全く調子が出ない

007_20130120060354.jpg

毎年 発芽率が悪いと書きながら最終的には何とか生えそろってましたが

今年はそうは行きそうにもないです。


市営住宅を挟んで東の田んぼのグループはだいぶましな感じがします

008_20130120060726.jpg

そしてどの田んぼも少しづつ開花してきました。

菜の花は花を咲かせながらどんどん大きくなって行きます。

3月に入って気温が上がり始めるとまだまだ大きくなりますよ


それにしても我が家のオオジ(右)と新しく借りた木村の田んぼ(左)

014_20130120061226.jpg

なんでこれだけ成長の差があるのか不思議ですわ

連作障害なんて出るはずもないしね・・

田んぼの菜の花は絶不調 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

去年も緑肥用の菜の花は不調だったけど 最後にはまあまあ育ちました。

今年も回復してくるだろうと思ってたけどそうでもなさそうです。

篠原の田んぼ
DSCF2629.jpg

田んぼ一面が青くなってしまいました

小さな雑草がびっしりと生えてます。

雑草の名前ですが、たぶん「スズメノカタビラ」と言うんだと思います。

肥料が効いていると言う事でしょうか?それともPHが違ってきてるのかな?

肝心の菜の花はまばらに大きくなってますし、発芽してないところが多いです。

DSCF2631.jpg

我が家のオオジも発芽がかなり悪い

DSCF2635_20121204053635.jpg

大きくなった菜の花はほとんど見えないです。

後から播きたしたのも生えてきてないようです。

去年のオオジ 12月4日の写真
DSCF8483.jpg

こんな感じでしたから かなり違います。


ただ東の方の田んぼのグループはまずまずの発芽で

石田中の田んぼと今川の田んぼ
DSCF2638.jpg

石田東のたんぼ
DSCF2641.jpg

こちらの方はなんとか育ってほしいです。

今年は菜の花をしっかり育てて緑肥効果を十分出そうと思ってたのに

まったく思い通りに行かないものです。

化学肥料を減らすには春の鋤き込みの時に鶏糞をかなり入れないといけないでしょう。

菜の花 発芽率が悪い 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

田んぼにばら蒔きした緑肥用の菜の花 思いのほか発芽率が悪いです。

散粒器で去年の全く一緒の方法で蒔きました。

種の消費量も計算通りにいったので、種は落ちてるはずなんですが

待っても待っても出てこない気がします。

篠原の田んぼ

DSCF2408_20121116054546.jpg

全体に青いのは小さな雑草が生えてきてるからで

菜の花は発芽してるものの、まばらって感じです。


木村の田んぼ

DSCF2409.jpg

真ん中の方は発芽して賑わしいですが、手前の道路沿いはほとんど生えてない

後から蒔きたした分も発芽してこないみたいです。


オオジ

DSCF2411.jpg

排水用の溝は今回は役に立ってるみたいで 

種まきから後に何度もドカ雨が降りましたが、そんなに水はたまりませんでした。

だけどやっぱり発芽率は極端に悪い

青いのはやはり雑草です。

DSCF2414.jpg

畔際ですが菜の花の二葉がほとんど見えないです。


一枚だけ好調なのは石田西の田んぼ 0.4反とかなり小さいですが

DSCF2407_20121116055701.jpg

北側に市営住宅があって北風があたらないので、暖かいからでしょうか?

この田んぼだけはなんとか調子よく発芽しています。


不調の原因は種まき時期が遅かったせいかとも思いますが

去年より9日早く 10月17日に蒔きましたからそれほど遅くないはず

すぐ後のドカ雨のせいなんでしょうか?

それとも種自体が悪かった可能性もあるかもしれない

来年は播種量を増やすしかないでしょうかね。

菜の花の種 蒔きたしました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

種まきしてから20日近くなる緑肥用菜の花ですが

どうも発芽率が良くないようで、種が落ちてないのか

それとも種まき後の大雨で種が死んでしまったのか

いずれにしても生えてきてないところがあります。

DSCF2297.jpg

こちらは篠原の田んぼですが 青く見えてるのは菜の花と雑草です。

DSCF2299.jpg

これはその隣の木村の田んぼ 青いところが少ないでしょう


それで友人のために買ってあった菜の花の種が2リットルほどそのままなので

これだけ遅いともういらないだろうと我が家の田んぼに蒔きました。

今回は散粒器は使わず手で蒔きますので、増量剤にバーミキュライトを使いました。

DSCF2301.jpg

ヒル石を焼いて10倍以上に膨張させたものだから多孔質で

凄く軽くて菜の花の種とよく混ざります。

DSCF2305.jpg

流土の細かい菜の花の種の方をあとから上に入れて混ぜると良かったみたい。

DSCF2311.jpg

2Lですので量的に少なく なるべく薄く早足で蒔いて行きました。


そして東の方の田んぼでは 畔際の風があたりにくい暖かい場所で

本葉が出てきてましたね。

DSCF2306.jpg

菜の花緑肥 やっぱり一番難しいのは種まきをいかに薄く均等に蒔くかでしょう。

種の量をもっと増やせばよいようなものですが、1Lが5000円ですからね

来年は種まき方法をもっと工夫したいです。

緑肥用菜の花 発芽しました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

だんだんと日が短くなってきました。

ちょっと曇ってると会社から帰って農作業は30分も出来ないほど

暗くなるのが早いです。

気温も急に下がってきましたが、種まきして8日目の菜の花

だいぶ発芽して来ました。

DSCF2148.jpg

いつもの名前で覚えてもらってますか 我が家のオオジ

そして比較していたKさんの田んぼも今年から菜の花を蒔きました。

DSCF2152.jpg

ディスクを1回しかかけてなかった田んぼは畔際に雑草が残ってます。

そして心配していた種の蒔きムラもあるようで

畔際は発芽がだいぶ悪いようです。

DSCF2147.jpg

サラダで作った排水用の溝は大雨が降った時に落ち口あたりを

追加で掘り上げたので、うまく機能しているみたいです。


そして低い田んぼのグループ 東の方にありますが

こちらも一時期雨の水が溜まってしまったけど順調に発芽してます

DSCF2144.jpg

もう少し待って 種があまり落ちてなかった場所に追加で種まきしてもよいんだけど

しばらくは様子を見てみます。

やっぱり散粒器のハンドルはかなり早回ししないと

菜の花の種は比重が軽そうだから遠くまで飛ばないのかもしれません。


大雨で種は生きているのか 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

菜の花の種まきをして次の日は朝から雨

「お~ こりゃすぐに芽が出て良いわい」と思ってたら

今回は 朝降りと女の腕まくり(大したことない)と言うわけには行かなかった。

2日間降りましたからね、それも2日目は大雨でした。

DSCF2067.jpg

夕方5時半の写真ですが、かなり水が溜まってます。

お米の発送が忙しく 溝切りの最後の部分をつなげてなかった

暗くなるまで排水の溝をつないでいきましたけど

さて 種は生きてるんですかね。


3日もすればわかるから再度種を購入して蒔きなおしも考えときます。

菜の花(緑肥用)の種まきをしました 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

テレビで紹介されたお米販売ですが 

販売用のホームページの訪問者がその日は10倍くらいになりました。

皆さんから祝福のコメントを頂いていますが、結果はまた記事にしてみます。


その日のうちに注文が入り 発送に追われて予定の種まきは少ししか出来ませんでしたし

ブログ記事を書くためにユーチューブ初挑戦で動画をアップしましたが

地デジの番組を動画にするのはコピーガードのようなものがかかっており

これを解除するのにだいぶ時間がかかった。

パソコンがだいぶ古いので動作がかなり遅いのもあり、終わったのが夜中でした。


でも頑張りましたよ 6時から種まき開始

DSCF2051_convert_20121017043232.jpg

前の日に暗くなりながらも1反分蒔いてあったから

残り1町分 出勤までに蒔き終わりました。


何度も書いてるけど菜の花の種は小さく色もこげ茶色で

散粒器を使って蒔くとどこまで蒔けたか全く分かりません。

それで去年の記事を頼りに トラクターの耕転幅3つ分あけて歩き

散粒器の開口目盛は2.5でひたすら歩きまわりました。


途中で嫁さんが手伝いに来たので

せっかく出来るようになったユーチューブで動画にしてみました



案外土の柔らかいところは歩きにくいんですよね。


あとは芽が出てくるのを待つだけ

蒔きむらがあってもシャーナイね・・

種まき準備 最終の耕転 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

会社が忙しくなって休めない

今日も社長から日曜出勤できないかとか残業の事も言われた

どれもできない まだ菜の花の種まきが終わってないですからね

結局 昼間に無茶苦茶頑張って全ての仕事をやり終えて

4時から帰宅して 最終の鶏糞散布と耕転をやりました。

DSCF2002.jpg

1.8反の田んぼ 30袋用意しました。


近所の人に聞いた話

東京の大学に行ってる息子が休みで帰ってたので

田んぼに肥料を3袋やっとけって言ったら

田んぼの真ん中に3袋分ふりかえしてあったとか・・


鶏糞も真ん中に積み上げときゃ勝手に広がってくれるとありがたいですがね

今回も袋を切って抱えながら振りまきました。

DSCF2003.jpg

田んぼに入れる堆厩肥は牛糞と鶏糞がありますが

鶏は腸が短いので未消化の成分が多く肥料としてよく効きます

窒素成分で牛糞は0.8%に対して鶏糞は1.4%もありますからね

反当200kgの鶏糞を入れれば窒素量2.8kg まあまあ肥効が期待できます。

DSCF2004.jpg

結局 28袋もふりましたが時間的に1時間くらいかかりました。

その後 耕転

DSCF2007.jpg

またまた真っ暗になり 枕地はディスクがよく見えないので朝にやることに

さあ 日曜日は3回目の畝立てと田んぼの溝切り そして種まき

予定がびっしりですが何とかこなせそうです。

緑肥用菜の花 種まき準備 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

日曜日は畝立てで丸一日体力を使ってくたびれた

月曜日は会社で丸一日修理作業で くたくた

火曜日は無理を言って休ませてもらい、鶏糞散布と耕転作業

体力の限界に挑戦中です。


前日に買ってきておいた鶏糞 15kg入り50袋

DSCF1920.jpg

軽トラに乗せるにはこれくらいが限界でしょう

2回買ってきましたから全部で100袋散布しました。

取りあえず放射線線量チェック

DSCF1919.jpg DSCF1923.jpg

同じ場所で鶏糞の上の方が低く出た 0.08μシーベルト


大きな田んぼは軽トラを乗り入れて 真ん中から両サイドに向けて

鶏糞を散布していきますが、半分くらい切った袋を抱えて振り撒いて行くだけ

DSCF1933.jpg

土がゴロゴロしてるので歩きにくいし かなりの重労働でした

均一にはなかなかできないし、ほんとにトラクターに散布機が欲しいところです。


耕転は深く細くを目標にロータリー4 トラクター2 深さ7でやってましたが

いろいろ試してみて リアカバーを少し強めに押さえたらロータリー2でも

十分細かくなってましたね。

DSCF1940_20121010034045.jpg

前回すっとばして耕転したのでヒコ生えがだいぶ出てますが

綺麗に鋤き込んでいけました

DSCF1941.jpg

畔際ディスクは角度を変えて2回かけました

DSCF1943.jpg

菜の花の湿害対策のため 溝切りを兼ねての事です


鶏糞散布と耕転作業を次から次へとこなしていきます

DSCF1948.jpg

夕方5時でトラクターの燃料がなくなって鶏糞も100袋全部散布終わり

鶏糞は7.4反 耕転は6反 一日作業でした。


まだ明るいからいける ホンダの管理機サラダで溝切り

DSCF1955_20121010035221.jpg

今回も水の落ち口に向かって放射状に切りました。

DSCF1956.jpg

もう一日あれば全部出来るはずですが、会社も忙しくなって休めないかもしれない

いつになったら種まき出来るやら まだまだ忙しい日が続きそうです。

石灰窒素を試してみる 

カテゴリ:菜の花(緑肥)

今年も石灰窒素を撒いた田んぼ小さな草がたくさん茂ってます。

DSCF1651.jpg

普通に耕起しただけの田んぼは

DSCF1650.jpg

こんな感じですからね


農協の指導書 水稲栽培管理暦には稲刈りの後石灰窒素20kgを施し

稲わら分解促進させるとあります。


稲わら腐熟の効果のほかに施用直後は農薬としての効果があり

特にヒエに対しては休眠覚醒を起し田植え時分の抑草効果があるようです。

農薬として働くのはその成分の中のカルシウムシナミアドで

水と反応してシナミアドに変化するがその毒性で雑草や虫を殺す事が出来る

1週間から10日もするとシナミアドは分解されてアンモニア態窒素に変化する

つまり農薬と窒素肥料の両方を持ち合わせたものです。

良いことだらけのように思いますが値段が高い

我が家では一度も使ったことがなかったです。


今年はこの肥料成分を利用して菜の花の元肥にしてみようかと思ってます。

それで1回目の耕起をやり残した2枚の田んぼに撒いてみました。

DSCF1716.jpg

今回はコメリで買ってきた石灰窒素 ペルカとか書いてますね。


雨で耕起出来なくなって残してた田んぼ2枚で1.3反に1袋20kgだから

ちょっと量的には少なめですが夕方散布し

DSCF1719.jpg

すぐにトラクターで耕起

DSCF1721.jpg

5時半から始めて6時10分に終了 40分の作業でした。

菜の花の種まきは1週間以上期間を開けないと種が死んでしまう可能性があります。

他の田んぼは鶏糞を使う予定ですので それに合わせて再耕転し播種します。



ブログパーツ